FC2ブログ

TOEIC満点 Jet Bullの英語学習ブログへようこそ

当ブログにご訪問ありがとうございますm(__)m


この記事はトップページとして固定してあります。

最新の記事はこの次の記事になっています。


YouTubeの猛牛ちゃんねるでTOEIC対策動画講座を配信しています。
YouTube動画講座のひとつ↓


こんな実演動画も作ってみました↓
TOEIC連続満点の僕がPART5をどう解いているのか初見の問題で実演



【公開済みのYouTubeTOEIC対策動画のまとめ記事】

TOEIC PART5 解き方基礎

TOEIC PART5 瞬殺パターン解説

TOEIC PART5 瞬殺パターン練習問題

TOEIC PART5 SVパターン解説

TOEIC PART5 SVパターン練習問題

TOEIC PART5 代名詞

TOEIC PART5 接続語問題

TOEIC PART1 頻出単語動画シリーズ

サクッとわかる!TOEIC PART5 文法問題シリーズ


【当ブログ記事まとめ】

反応がダントツで良かったお勧め記事2つ

英語学習におけるカメとアキレス
この記事を書いてから、実際にお会いする方に「カメとアキレス読みました~」と言って頂けることがかなりありました。
とりあえずこの記事はTOEIC満点を狙うのにマストです!!(大嘘)

中級→上級レベルのリスニング強化法
これは2番目くらいに反響が大きかった記事です。
僕自身としては、「実はこのブログの中で一番役に立つのでは?」と思っている内容です。





自画自賛的にお勧め記事(多分役に立つ)

スコアに差がつくノートの取り方
普段の英語学習で(あと、学習全般でも)、案外気づいていない方が多い内容だと思います。

TOEICリスニングの復習を効率的に

TOEICのPart 2は2分

リスニングを効率的に学習したい方へお勧めです。

英語が聞こえているのに理解できない現象
僕のリスニングの考え方のひとつです。

単語暗記 苦肉の復習策
これは画期的!!!と自画自賛した学習法。
後に植田一三大大大大×∞先生も同じことをしていたと判明。

10分間暗唱

暗唱は何に効くのか

暗唱しましょう。暗唱。暗唱は最強の学習法です。

澤トレ動画と音読の効果
「英語をイメージでとらえるには?ということを上手に表現してるね!」と、とある大先輩に褒めて頂いた記事。





TOEIC関連お勧め記事

新形式TOEICでの変更点「トリプルパッセージ」

新形式TOEICでの変更点「意図問題」

新形式TOEICでの変更点「問題数」

新形式TOEICの英文量

TOEICで同じ回答は連続いくつまでありえるか


このあたりは、TOEICの入門的な記事ですね。





自画自賛的にお勧め記事(役に立つかは不明)
Idiomを考える
Idiomって、勉強しているだけで面白いっす。

英語の絵文字
なにこれ。

ゴロゴ13
英語の勉強法に、不正解ってのはありません。

夏休み6日目
ブルあるある。




更新がストップしてしまったブログ・・・↓
付和雷同。英語講師迷走日記。

内容は、英語学習者としてではなく、英語の講師として思ったことを書いていくブログにしようと思っていました。
が、現在は更新ストップ中です。でも時々更新しようかな。


お読みいただきありがとうございます!
ランキング応援のクリック↓頂けると大変うれしいですm(__)m

英語 ブログランキングへ


テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

TOEIC®PART5 文法問題の解き方「能動態と受動態」

TOEIC PART5(空欄穴埋め問題)の文法問題のうち

動詞の形を選ぶ問題」に関しての記事です。


動詞の形を選ぶ問題というのは、選択肢が以下のように

「同じ動詞の変化形などが並ぶ問題」のこと。

(A) invite
(B) to invite
(C) inviting
(D) be invited

このような問題は

① 空欄前後を見る
② ①で解けなければSとVを探す


という順番で解いていきます。

②の時点で気にすべきことは4つ

1. Vの数
2. 単数と複数
3. 態
4. 時制

3. 態 が今回の内容です。

動詞の形問題で「能動態か受動態か」を考えるのは非常に重要。

多くの方がこの観点を忘れてしまうのですが、超頻出!です。

ポイントはとても簡単。

☆空欄直後に目的語がある → 正解は能動態
☆空欄直後に目的語がない → 正解は受動態


このように選べばいいだけです。

なぜそうなるのか?

詳しくはこちらの動画で解説していますので参考にしてみてください。


注意点

この解き方は、

「空欄に入れる動詞の使い方を知らない」

という状態を前提としたものです。

空欄に入る単語、つまり選択肢に並ぶ単語の使い方を知っているのであれば、

その使い方に沿って「態」を選ぶ必要があります。


TOEIC学習初期のうちは

「選択肢の単語を知らない」

ということが非常によくあります。


今回のようなテクニックは、そんなときのためのものですね。

単語を覚えていくと、徐々にこういったテクニックが不要になってきますが、

それまではこの観点を意識して問題に取り組むといいでしょう。



以下は上級者向けの補足

お気づきだと思いますが、

受動態で直後に目的語(もしくは補語)がくる動詞 
=SVOO, SVOCの形を取る動詞

というのは結構あります。


SVOOの形を取る代表的な動詞と言えばgiveやofferなど。

SVOCの形を取る代表的な動詞にはcallやappointなど。

こういったものは、単純に「直後に名詞があるから受動態!」と選ぶことはできません。

単純に考えすぎるとミスしてしまうので、常に文の意味まで考えるようにするのがいいでしょう。

僕自身はいつもきっちりと文の意味を取っています。

蛇足かもしれませんが、念のための補足でした。




こんな感じで、TOEIC対策の動画をYouTubeの猛牛ちゃんねるは配信しています。
TOEICの学習をしている方はこちらのチャンネルページからチャンネル登録を(^^)/

いつもお読みいただきありがとうございます!
よければ応援のクリックお願いします(^^)/

TOEIC ブログランキングへ

テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

TOEIC®PART5 文法問題の解き方「単数か複数か」

TOEIC PART5(リーディングの空欄穴埋め問題)で、

めちゃくちゃシンプルなわりに、結構な中上級者もつい忘れてしまうポイント

があります。

それは、「主語と動詞の単数複数の対応」です。

今回の内容、ポイント自体はシンプルすぎてあと数行で説明が終わってしまうくらいです。

要は、

主語が He なら動詞はareにはなりえない。

とか

主語が The employees なら動詞は has にならない

とかそんなことです。
(上の説明を読んで意味が分からない方は、中学校の文法を復習する必要があります)


初級者の方向けに詳しく解説したのがこちらの動画↓




これ、意外にめっちゃ忘れてしまうんですよ。

かなりの上級者でも。

気にしていさえすれば必ず解けるレベルの人が間違ってしまうんです。

「あ~、そうだった~、しまった~」っていうんですよ。

しまった~、ケアレスミス! で、スコア下がるのもったいない!じゃないですか。

だから強調しますが、

文法問題(特に品詞問題と動詞の形を選ぶ問題)の時は必ず主語と動詞をチェックして、その単数と複数を確認しましょう。

ちなみに中上級者の方でついつい「やっちまったぜ」的に単数複数の見落としをするのは、

・選択肢に「態」「時制」の異なるものがあり、それに惑わされている
・主語に関係詞節などが続いて、主語と述語動詞が離れており、つい見逃す


の2パターンがほとんどです。

急ぐことなく(I can't stress this enough!!です)、主語と動詞の対応を必ず確認するといいですよ。








こんな感じで、TOEIC対策の動画をYouTubeの猛牛ちゃんねるは配信しています。
TOEICの学習をしている方はこちらのチャンネルページからチャンネル登録を(^^)/

いつもお読みいただきありがとうございます!
よければ応援のクリックお願いします(^^)/

TOEIC ブログランキングへ

テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

猛牛ちゃんねる制作メモ⑯ 動画解説してほしい文法項目募集

猛牛ちゃんねるでは、
「英語文法の解説動画」の数を少しずつ増やしていく予定です。

そこで、
もし「こんな文法項目の解説があったら嬉しい」というものがあったら教えて頂けると嬉しいです!
当ブログのコメント(公開コメントでも隠しコメントでも)、もしくはtwitterの@ツイートやリプライなどでお待ちしています。

ちなみにこのシリーズの動画はこんな感じのもの↓

「関係代名詞whichとwhatの違いを解説している動画」





動画シリーズのコンセプトは、

日本人が英語学習でつまずきがちな文法ポイントをズバッと解説!

です。

長期的には「中学1年~高校3年までの文法ポイント全てをズバッと解説!」したいのですが、まずは「つまずきポイント」のみ。

当面は
そこそこ英語が得意な中学生(or高校生)でもつまずく文法ポイントをメインに扱いたい
と考えています。

そこそこ英語が得意な中学生がつまずく文法ポイント=大人も困るポイントですからね。

それはTOEICにもほのかにつながっているわけです。

とまぁ僕は考えていますが、でも思いつくものは何でもアイディアを教えて頂けると幸いです。

ただ、勝手ながら、頂いたアイディア全てを動画にすることはできないので、必ずしも動画にならない可能性がある点はご了承いただいたうえでアイディアをどしどし頂けると幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします(^^)/




こんな感じで、TOEIC対策の動画をYouTubeの猛牛ちゃんねるは配信しています。
TOEICの学習をしている方はこちらのチャンネルページからチャンネル登録をお願いします(^^)/

いつもお読みいただきありがとうございます!
よければ応援のクリックお願いします(^^)/

TOEIC ブログランキングへ

テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

猛牛ちゃんねる制作メモ⑮ できるだけ「間」のない動画を作る

猛牛ちゃんねるで動画を制作する時、最も気を付けていることは、

「間」のない動画にする

ということです。

「間」がないってどういうことか。

しゃべりに「間」がない、ということです。




普通、人間がしゃべるときには「間」があります。
「あの~」とか「えっと」のように、考えるときに使う言葉もあります。
「言い淀み」や「言い間違い」、「言い直し」などもありますね。

これらの「間」「あの~」「言い淀み」などをできるだけ排除した動画を作るように心がけています。


例えばこの「TOEICまで後1週間、何する?」というテーマの動画。



大変嬉しいことに
「この動画に無駄がなくて良い…先送りなんてできない」
「お世辞じゃないけど頭いいですね。これだけ流暢に無駄のない話ができる人いないですよ」
というコメントを頂いています。

この約15分の動画、編集前は36分の動画でした。

36分の動画から「間」や「言い淀み」などをカットしまくって、15分に収めているのです。
頭が良いから流暢なのではなく(泣)、編集してるから頭が良く見えるんですね(ニヤリ)。

本来の自分の能力であれば伝えるのに36分かかるものを、半分以下の時間で同じ内容を伝えているわけです。

なんて効率的な動画なんだ!(^^)!
(自画自賛)


この動画はたまたま上のようなコメントを頂いたので例として挙げました。
でも「間」をカットしている割合で言えば他の動画に比べて少ない方です。

編集前から編集後で動画の長さが3分の1か4分の1になっている動画がほとんどです。

編集に手間はかかりますが、
「何回見てもいい感じのペースの動画」を目指して作っています

好みの問題があるので「そんなに間のない、せわしない動画は見たくない」という方もいるでしょう。
でも、自分が「こういう動画があったらいいな」と思っていますし、「こういう動画の良さを理解してくれる視聴者の方はいるはずだ」と思っているので、このように作っています。

偉そうなことを言いましたが、有名YouTuberはみんな息をするようにこの編集をしていますね。
それに比べると自分の動画はまだまだ無駄が多く感じるので、今後さらに動画改善の努力をしていきます。
まだYouTube初めて半年のひよっこチャンネルですが、温かく見守って頂ければ幸いです。
これからもっと良い動画を作ってチャンネルを大きくしていきたいと思っています。
応援どうぞよろしくお願いしますm(__)m



さて、明日は土曜日ですが、
明日も動画を公開します。

テーマは「関係代名詞whichとwhat」の動画。

公開したら、いつも通りtwitterでも流します。
よければ見てやってください(^^)/

そしてもし「これは役に立つ」と思われたら、拡散応援よろしくお願いします!
(いつもtwitterでのRTなどありがとうございます)







TOEIC対策の動画をYouTubeの猛牛ちゃんねるは配信しています。
TOEICの学習をしている方はこちらのチャンネルページからチャンネル登録をお願いします(^^)/

いつもお読みいただきありがとうございます!
よければ応援のクリックお願いします(^^)/

TOEIC ブログランキングへ

テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

猛牛ちゃんねる制作メモ⑭ 文法解説動画を増やす予定です。

whichの主格と目的格の違いについての動画を先日アップしました。


この動画は、TOEIC色が弱いですね。

今後、ちょっとずつこういうTOEICからは離れた動画もアップしていく予定です。

単純な「英語解説」動画を少しずつ増やしていきます。


猛牛ちゃんねるを、

TOEICの試験対策ができるYouTubeチャンネル
でありつつ、
一般的に英語学習がつまづく項目をさらっと学べるYouTubeチャンネル
にもしたいのです。




手を広げすぎか?と思うのですが、でもやりたいのでやっていきます。

つまづく項目って、そのままにしておくと読解スピードにも悪影響があったりして、TOEIC学習者にとっても何とかしたいところだと思いますしね。





今後製作予定なのは今のところ以下のようなものです。

・関係代名詞whichとwhatの違い解説動画

・関係代名詞whichと関係副詞whereの違い解説

・仮定法とは?

・形式主語、形式目的語とは?

・分詞(exciting?excited?)

・時制12個を一気に解説

・副詞と形容詞の違い解説

・自動詞と他動詞とは?

・過去形と現在完了形の意味の違い

・否定疑問文への返答の仕方解説+トレーニング

・能動態←→受動態 変換トレーニング




全部作るかは分かりませんが、多分徐々に作っていきます。

ちなみにこのうちのいくつかは先日AkkoさんのTOEIC勉強会で、Carinaさんなどからいただいたアイディアです(^^)


というわけで、引き続き猛牛ちゃんねるの応援どうぞよろしくお願いします!
ときどき、ふと気づいたときに動画をSNSで拡散していただくと嬉しいです(^^)/
(いつもありがとうございます!)




TOEIC対策の動画をYouTubeの猛牛ちゃんねるは配信しています。
TOEICの学習をしている方はこちらのチャンネルページからぜひチャンネル登録を(^^)/

いつもお読みいただきありがとうございます!
よければ応援のクリックお願いします(^^)/

TOEIC ブログランキングへ

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

TOEIC®L&R TEST 標準模試2(やどかり出版)200問分の動画解説を作ります。+今後の動画アップ予定

いつもTOEIC対策YouTubeチャンネルの猛牛ちゃんねるをご覧いただきありがとうございます!

今週から、猛牛ちゃんねるでは
「TOEIC®L&R TEST 標準模試2」(やどかり出版)の読者の方を対象とした動画解説
をアップしていきます(つまり、読者特典のようなものですね)。

著者の神崎先生と色々話し合ったのですが、
3月末までには200問全ての動画を作成することにしました。

動画本数は合計で56本になる予定です。(多!)
多分、200問全てに動画解説がついている模試本はこれまでになかったと思います。

TOEICL&R TEST 標準模試2を持っていらっしゃる方は、復習するいい機会です!
この機会に本棚の奥底から引っ張り出して解き直し、解説動画を見ていただけると嬉しいです(^^)/


そして、やどかり標準模試2をお持ちでない方は、ぜひ買って解いてみてください。
(ちなみに、この模試は典型的な本番の難易度とほぼ同じレベル感です)



さて、現在、猛牛ちゃんねるでは月水金(時々土曜日)に動画を1本ずつ、週に3本ずつアップしています。

今後しばらくは、
月曜日と金曜日→これまでと同じように「文法問題」「PART3対策シリーズ」などをアップ
水曜日→「やどかり標準模試2」の解説動画をアップ(できるだけ多く)
土曜日→余裕があるときは何かしらの動画をアップ

という予定です。

ちなみに「やどかり標準模試2」の動画はアップ次第、こちらのページにリンクを貼っていきます。

以上が今後の予定です!

引き続き猛牛ちゃんねるの応援よろしくお願いします(^^)/






TOEIC対策の動画をYouTubeの猛牛ちゃんねるは配信しています。
TOEICの学習をしている方はこちらのチャンネルページからチャンネル登録を(^^)/

いつもお読みいただきありがとうございます!
よければ応援のクリックお願いします(^^)/

TOEIC ブログランキングへ

テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

TOEIC®L&R TEST 標準模試2(やどかり出版)解説動画一覧

TOEIC®L&R TEST 標準模試2(やどかり出版)の解説動画一覧です。


動画のリンクは順次貼られていきます。
2019年3月末までには全200問の解説がアップされる予定です。

PART1
Q1~Q6解説動画

PART2
Q7~Q10解説動画
Q11~Q14解説動画
Q15~Q18解説動画
Q19~Q22解説動画
Q23~Q26解説動画
Q27~Q31解説動画

PART3
Q32~Q34解説動画
Q35~Q37解説動画
Q38~Q40解説動画
Q41~Q43解説動画
Q44~Q46解説動画
Q47~Q49解説動画
Q50~Q52解説動画
Q53~Q55解説動画
Q56~Q58解説動画
Q59~Q61解説動画
Q62~Q64解説動画
Q65~Q67解説動画
Q68~Q70解説動画

PART4
Q71~Q73解説動画
Q74~Q76解説動画
Q77~Q79解説動画
Q80~Q82解説動画
Q83~Q85解説動画
Q86~Q88解説動画
Q89~Q91解説動画
Q92~Q94解説動画
Q95~Q97解説動画
Q98~Q100解説動画

PART5
Q101~Q103解説動画
Q104~Q107解説動画
Q108~Q111解説動画
Q112~Q115解説動画
Q116~Q119解説動画
Q120~Q123解説動画
Q124~Q127解説動画
Q128~Q130解説動画

PART6
Q131~Q134解説動画
Q135~Q138解説動画
Q139~Q142解説動画
Q143~Q146解説動画

PART7
Q147~Q148解説動画
Q149~Q150解説動画
Q151~Q152解説動画
Q153~Q154解説動画
Q155~Q157解説動画
Q158~Q160解説動画
Q161~Q163解説動画
Q164~Q167解説動画
Q168~Q171解説動画
Q171~Q175解説動画
Q176~Q180解説動画
Q181~Q185解説動画
Q186~Q190解説動画
Q191~Q195解説動画
Q196~Q200解説動画





TOEIC対策の動画をYouTubeの猛牛ちゃんねるは配信しています。
TOEICの学習をしている方はこちらのチャンネルページからチャンネル登録を(^^)/

いつもお読みいただきありがとうございます!
よければ応援のクリックお願いします(^^)/

TOEIC ブログランキングへ

テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

TOEIC® PART5 文法問題の解き方:Vの数を確認

TOEIC PART5の文法問題において、意外に重要なのが「Vの数」です。

「Vの数」に関する動画↓


(この記事は、上の動画のまとめ&補足です)


「英語の文には通常、Vは1つしかない(1つはある)」という事実が正解を導く際のポイントになる
(V = 述語のこと。なお、接続詞などがある場合は2つ以上になることもある)
ということなのですが、このように書くと非常に分かりにくいですね。

でも、「1つの英文にはVは1つ」というのはそんなに難しいことではありません。

次のような英文が「文法的におかしい」と分かるのであれば、それは「1つの英文にはVが1つ」という原則を理解しているということです。


以下の文、どこがおかしいか分かりますか?

(1) He is is a teacher.
(2) He is a teacher is happy.
(3) She hiring a new employee.
(4) She hired a new employee asked him to come.


(1)~(4)まで、全て英文としては間違っています。

(1) He is is a teacher.
これは、isが1つ余分ですね。
He is a teacher. であれば、V(述語)が1つなので文として成立します。

(2) He is a teacher is happy.
これは、後半のis happyがおかしいですね。
前半のHe is a teacherだけでSとVが1つずつあります。
その後ろにそのままisを続けることはできません。

(3) She hiring a new employee.
これは、Sheという主語の後ろにhiringというing形が来てしまっているのがおかしいですね。
動詞のing形は、単独でVになることができません。
ing形がVになれないため、この文にはVが1つもないことになり、英文として成立しないのです。
例えばこの場合、She is hiring a new employee.などとすれば英文として成立します。

(4) She hired a new employee asked him to come.
この文では、hiredというVがあるにもかかわらず、後半にaskedというVがあります。
接続詞などがない限り、1つの文にVは1つだけしか置けないはず。
Vが2つあるこの文は文法的におかしいのです。
ちなみに、例えばasked の直前に接続詞の and を置いて
She hired a new employee and asked him to come.
「彼女は新しい従業員を雇って、彼に来るように頼んだ」
などとすれば英文として成立します。


さて、上の4つの文、おそらくほとんどの方がすぐに「この英文はおかしい」と指摘できたと思います。

そんなに難しくはないですよね。
少なくとも、ほとんどの方が He is is a teacher. が間違った英文だということは分かったと思います。

「1つの英文には、Vは1つだけ」というのは結構シンプルなルールなのです。


でも、そんなシンプルなルールがPART5の文法問題で頻繁に問われるのです。


例えばこんな問題。

Ms. Wilson hopes to move to France ------- her aspiration of becoming a chef.
(A) pursue
(B) will pursue
(C) pursues
(D) to pursue

この問題、一見難しそうに見えるのですが、実は簡単です。
「1つの英文にVは1つだけ」というルールを考えれば、すぐに解けます。

こたえは・・・












(D) to pursue です!
この文の主語はMs. Wilson、V(述語)はその直後のhopesですね。
既にVが1つあるので、単独でVとして機能する(A)~(C)は不正解なのです。
結果として、残った(D)が正解ということですね。

この説明だけではよくわからないという方は、上の動画の6:24くらいから詳しく解説しているのでそちらをご覧ください。


「1つの英文にVは1つ」というルールは、選択肢を減らす根拠のひとつとして役立つことも頻繁にあります。

例えば、以下の問題を見てください。

After the curtains opened, the actors of the play ------- with a standing ovation.
(A) meeting
(B) were met
(C) has been met
(D) was meeting


この問題、SとVを確認してみましょう。
コンマ以降にVがないことに気づけたでしょうか。
もし気づけた場合は(A)が不正解だと分かりますね。
コンマ以降にVがない=空欄にはVが必要です。
(A)のmeetingは単独ではVとして機能しないため空欄に入れることはできず、不正解になるわけです。

ちなみにこの問題の答えは(B)です。
詳しい解説と訳はこちらの動画をご覧ください↓




以上のように、PART5の文法問題では

1つの英文には原則的にVは1つ

というルールがポイントとして登場します。

ぜひ覚えておきましょう!



こんな感じで、TOEIC対策の動画をYouTubeの猛牛ちゃんねるは配信しています。
TOEICの学習をしている方はこちらのチャンネルページからチャンネル登録を(^^)/

いつもお読みいただきありがとうございます!
よければ応援のクリックお願いします(^^)/

TOEIC ブログランキングへ

テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

第237回TOEICL&R公開テスト 感想

本日、TOEICを受験された皆様、お疲れさまでした!

今日僕の受けたフォームは15:02終了フォーム。
PART1は「本を読んでる女性」「プレゼン」「ボートから降りる人」「外を歩く人々」「お道具箱」「コインランドリー」な写真たちでした。
これらの写真に見覚えがあれば、僕と同じテスト(フォーム)を受けています。

ではパートごとの難易度です。

Part 1 普通
Part 2 難しい
Part 3 普通
Part 4 普通
Part 5 やや難しい
Part 6 やや易しい
Part 7 single passage 難しい
Part 7 multiple passage 普通



PART1
「普通」って書きましたが、ここしばらく「簡単だな~」というレベルが続いていたので、いつもよりはちょっと難しいかもですね。

PART2
僕は今回、難しく感じました。
答えがひねってるなぁとかそういうことじゃなかったと思います(たぶん)。
単純に、なぜか自分の英語エンジンがかかってこなかったんですね。
1問は全く答えがわからず勘でマークしました。
多分他の問題は全部正解しているのですが、「これが答えだ!」って分からず、消去法でマークしたものが多かったです。
質問は聞き取りにくかったけど、誤答選択肢がしっかり聞き取れたので正解できた、という感じですね。
自分としては納得のいかない解き方でした。
そんな感じで、今回は分析する余裕がなかったです(^^;)

PART3, PART4
いつも通りと言えばいつも通りではないかなと思います。
トピックはどんどん現代的になっていますね。
Uber Eatsをほうふつとさせる(連想したの自分だけ?)傘のサービスの話とか。
なんか斬新な辞書の話とか。。。
これはどちらもPART4でしたが・・・。
最近はアプリとかソーシャルメディアが普通にTOEICに出てくるので、このあたりの流行にも敏感になっておいた方が楽でしょうね。
僕はTik Tokとか見たことないので、そういうのが出てきたら苦労するかも。
いや、存在は知っているので大丈夫でしょうか。
問題は、「そんなものの存在自体を知らない!」みたいな話が出てきたときかな。

PART5
今日は、なんだか文法問題のような語彙問題のような、判断しにくい問題が結構出ていましたね。というイメージ。
でも実は見直す時間がなかったのであまり記憶にないです。
めちゃくちゃ難しいかと言われるとそんなことはないと思います。
ちゃんと語彙も文法もバランスよくわかってる人が順当にスコアを稼げた良い問題だったという印象。←何様

PART6
1問だけ文挿入問題で迷ったんですけど、「えいや!」って選びました。
そのほかは特に難しくなかったと思います。

PART7 single passage
記事っぽいもの(articleじゃないけど記事っぽいものも含め)が多かったですね。
問題はひねりがなかった(いい意味で)ですが、文章を読むのは難しいと感じた初中級者の方は多かったのではないでしょうか。

PART7 multiple passage
特に難しいとは感じませんでしたが、「え、そこが答えの根拠?細かすぎない?」みたいなものもありましたね。
こういう問題は、文書全体を読み、かつちょっと見直す余裕がある人しか正解取れないですよね・・・。
こんな問題、満点狙いの人以外正解しなくていいですよ・・・とか思ってしまった←おい



感想は以上です!
皆様お疲れさまでした!

今日の受験で、
「あ~、やっぱり単語をもっと覚えなきゃ」
「リスニングが全然聞き取れなかった!」

色々な感想を持ったと思います。
その「もっとできるようになりたい」という気持ちを大事にして、英語の勉強を頑張りましょう(^^)/


今後もTOEIC受験する予定がある方は、
TOEIC対策動画配信中
猛牛ちゃんねるもどうぞよろしくお願いします!

現時点で最新の動画↓ 僕自身がPART6を解いているところをまるまる実演しています。


いつもお読みいただきありがとうございます!
よければ応援のクリックお願いします(^^)/

TOEIC ブログランキングへ

テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

TOEIC® PART5のテクニック 瞬殺パターン③ ペアを見つけようタイプ

TOEIC PART5で出題される文法問題には、問題を見て5秒~10秒で解けるような瞬殺パターンがあります。

このブログではこれまでに2つ紹介していますが、今回は3つ目について。

瞬殺パターン①はこちらの記事
瞬殺パターン②はこちらの記事

瞬殺パターンの3つ目をこちらの動画で解説しています↓



動画の内容はこちらの記事でもまとめていますが、
動画の2:47あたりからこの瞬殺パターンの練習クイズがあります。

よければチャレンジしてみてください。



今回のパターンはとてもシンプル。

以下の組み合わせを利用するものです。

both A and B「AとB両方」
either A or B「AとBどちらか」
neither A nor B「AもBもない」
whether A or B「AでもBでも」
not only A but also B「AだけでなくBも」
between A and B「AとBの間」


これらは、全てペアで熟語的に使われることが非常に多いものです。

例えば

文のどこかにbothがあったら、後ろのどこかにandがある確率が高い

みたいなイメージですね。
(もちろん、100%ではないですが)

これを利用して、選択肢が

(A) both
(B) so
(C) neither
(D) either


こんな感じになっていたら、文の中に「選択肢の相方となる単語」があるかどうかをチェックします。

(A) bothであれば、相方単語はandです。
空欄の後ろにandがあれば正解になるでしょう。


(C) neitherの相方単語はnorです。
空欄の後ろにnorがあれば、(C)が正解になりそうですね。


という感じです。

もちろん、本来であれば文を全て読み、意味を取っていくのが確実な方法ではあるのですが、まずはこのように解ければよしとしましょう。
この解き方で時間を稼ぎ、パターンに当てはまらない問題に時間を使った方が効率がよいからです。
中級者、上級者の方はちゃんと意味を取った方がよいでしょう。この形で100%正解を取れるとは限らないからです)

さて、実はこの「ペアを探すんだよ」というパターンに入るかな?どうかな?と個人的に思っているものが一つあります。

こんな問題です↓
Our store will be closed for renovation ------- May 1 to May 7.
(A) on
(B) between
(C) from
(D) about


こたえは・・・













(C) from です。

Our store will be closed for renovation from May 1 to May 7.
「当店は改装のため、5月1日から5月7日まで休業します」


ここでは
from A to B「AからBまで」
という熟語がポイントになっています。

日付の前だからといってうっかり(A) onを選ばせようとする問題はTOEICでよく出るのですが、そのうちのひとつにこんなパターンがあります。

このfrom A to Bも、ある意味「ペアを探せば解けるタイプ」ではありますね。

選択肢を見ても「あ!これはペアを探すタイプの問題だ!」というのは分かりませんが。
(それはbetween A and Bもそうか・・・)

いずれにせよ、from A to Bもよく出題されますし一般的にも頻出表現なので、覚えておくといいでしょう。



こんな感じで、TOEIC対策の動画をYouTubeの猛牛ちゃんねるは配信しています。
TOEICの学習をしている方はこちらのチャンネルページからチャンネル登録を(^^)/





いつもお読みいただきありがとうございます!
よければ応援のクリックお願いします(^^)/

TOEIC ブログランキングへ

テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

TOEIC直前1週間の過ごし方(無対策・ほぼ無対策の場合)

TOEICをとりあえず申し込んでみたけど、色々と忙しくてついに1週間前!

なんてことは結構ありますね。

僕もよくそんな方から質問されます。

TOEICまであと1週間しかないんですけど、何かできることはありますか?

・・・

知らんがな!なんでこれまで勉強してないんや!


って言いたい気持ちを抑えて、僕がそういう時に話すことを動画でまとめました!


この記事では、この動画の内容をもっと簡潔に文字でまとめています。

動画をすでにご覧になった方は、何をするかの確認をここでしましょう。


これまで無対策の人がTOEIC直前1週間ですべきことは以下の2点

① 問題形式に慣れる
② 忘れていた英語知識を少しでも思い出す




具体的な方法↓

① 問題形式に慣れる

・模試を4つ(4テスト分)用意する
・そのうち1つの模試の和訳を見る
(ここで問題形式や問題の流れを確認。設問を中心に読むと流れをつかみやすいです)
・和訳を見た模試を、本番と同じように2時間で解く
(すでに和訳を見てるのに、問題を解くの?と思った方は、上の動画の6:00あたりからの話を聞いてみてください)
・残った3つの模試の和訳をざ~っと見る

この手順で、問題形式に慣れましょう。

② 忘れていた英語知識を少しでも思い出す

せっかくなので、TOEICの問題を使って昔中学校や高校で習った英語の知識を復活させましょう。
使うのはPART2(リスニング問題)とPART5(リーディング問題)です。
この2つのパートを使うのは、どちらも1問1問が短いからです。
1問が短い→スキマ時間に少しずつ進めやすい→TOEICまでの平日に行いやすい
という考え方です。
これらの問題を解いて、答え合わせをしながら「そういえばこんな言い回しを昔習ったな」という感じで昔覚えた英語の知識を思い出しましょう。
この問題演習をする中で全く見覚えのない単語などを覚える必要はありません。
(1週間でそこまでの余裕はないと思います)





ちなみに、上で模試を4つ用意しましょうと書きましたが、以下のような公式問題集がよいでしょう。
2冊買えば4模試分になります。
アマゾンリンクになっていますが、もしこのブログ記事を読んでいるのがリアルにテスト1週間前だった場合、今からアマゾンで注文しても遅いので、直接書店に行って購入して下いね。







以上の内容を踏まえて、

無対策の人が1週間ですべきことのタイムライン

1週間前の土曜日・日曜日
模試1回分の和訳を読み、同じ模試を2時間計って解いてみる
模試3回分の和訳を読む

月曜日~金曜日
PART2、PART5をスキマ時間を使って解きまくる
(上で買った公式問題集の問題を解きましょう。全て解いたら、同じ問題を繰り返し解いてOKです)

テスト前日の土曜日
模試の和訳を読みなおす+平日にやったPART2、PART5の復習




TOEIC1週間前にすべきことは、以上です!




こんな感じで、TOEIC対策の動画をYouTubeの猛牛ちゃんねるは配信しています。
TOEICの学習をしている方はこちらのチャンネルページからチャンネル登録を(^^)/

いつもお読みいただきありがとうございます!
よければ応援のクリックお願いします(^^)/

TOEIC ブログランキングへ

テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

TOEIC® PART5の解き方基礎②

TOEIC、PART5の基本的な解き方についてその②です。
その①の記事はこちら

この記事では
PART5の文法問題の解き方の手順
について詳しく扱っています。

文法問題は4つのステップで解きます。

手順① 選択肢を見る(文法問題かどうかの確認)
手順② 空欄前後を読む
手順③ 文のSとVを見つける
手順④ 文全体の意味を考える



以下詳しく記事内で説明しますが、おおよそ同じことを以下の動画でまとめています。

(ゆっくり話しているので1.5倍~2倍速視聴推奨)



手順① 選択肢を見る

ここでは、選択肢を見ることによってその問題が「文法問題」か「語彙問題」かを判断します。

本文を読む前に選択肢を見るようにしましょう。

(文法問題と語彙問題の見分け方についてはその①の記事参照)

このステップで「文法問題だ」と判断できたら、手順②に進みます。

もし「語彙問題」であれば、文頭からざっくり意味を取る方法で解くといいでしょう。



手順② 空欄前後を読む

文法問題の中には、空欄前後だけを読めば正解にたどり着けるものがあります。

特に「品詞問題」や「代名詞問題」は空欄前後だけで解ける場合が多いです。

ここで正解を絞ることができれば、手順③にはいかず、回答します(マークシートに答えを記入します)。

この時点で正解を選べない場合、手順③に進みます。



手順③ 文のSとVを見つける

S=主語、V=述語(動詞)です。

文法問題の多くは、文のSとVを見抜くと正解にたどりつけます。

「SとV」と言っていますが、要は文の構造を見抜くということです。

慣れている方であればSVOC全てを見抜けると思うので、より回答がしやすくなります。

特に、「品詞問題」や「動詞の形問題」がこの段階で解けることが多いです。

SとVを見つけた後は、

・Sに対応するVはあるか
・SとVの単数・複数は一致しているか
・Vの態は正しいか(能動態・受動態は正しいか)


などの観点で正解を絞ります。

このあたり、詳しくは以下の動画でまとめています。





手順④ 文全体の意味

文のSとVを見抜いて、文構造を把握しても解けない場合は、文全体の意味を理解して解くしかありません。

初級者(600点くらいを目標としている方)は、この手順をする必要はないかもしれませんん。

ここまでやって正解にたどりつけない場合は、おそらく文の意味を考えても正解できない可能性が高いからです。
(一応トライするのはありですが、時間との相談というところです)

中級者(730~860点くらいを目標としている方)は、この手順④もやるべきでしょう。
読解力があれば意味から正解にたどりつける可能性もあります。

上級者(すでに860点以上の方)は、必ず文の意味もしっかりとるようにしましょう。
既に高いスコアを持っている場合は、むしろこのページの手順は無視して最初から文の意味を取って正解を取りに行く方法の方がよいかもしれません。





以上、TOEIC PART5文法問題の具体的な解き方の手順でした!


こんな感じの内容で、TOEIC対策の動画をYouTubeの猛牛ちゃんねるは配信しています。
TOEICの学習をしている方はこちらのチャンネルページからチャンネル登録を(^^)/

いつもお読みいただきありがとうございます!
よければ応援のクリックお願いします(^^)/

TOEIC ブログランキングへ

テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

TOEIC® PART5の解き方基礎①

TOEICのPART5の解き方(というか考え方)の基礎について

この記事の要点
・PART5には「文法問題」と「語彙問題」の2種類がある
・「文法問題」と「語彙問題」の解き方の違い
・「文法問題」と「語彙問題」を見分ける癖がつくと、PART5にかける時間を短縮することができる
・「文法問題」と「語彙問題」の見分け方


これらについて、動画でも配信しています↓

※話すのが遅いので、1.5倍速視聴くらいでちょうどいいかもしれません



・PART5には「文法問題」と「語彙問題」の2種類がある

さて、TOEIC学習を始めて少し期間が経った人に、
PART5には「文法問題」と「語彙問題」の2種類があるんですよ
と伝えると
そりゃそうですよね
という返答が返ってきます。
でも、
ちなみに、その2種類は何が違うんですか?
と尋ねると
えっと・・・
と困る方も多いですね。
これ、知っておくと結構役立つんです。



・「文法問題」と「語彙問題」の解き方の違い

まず、文法問題というものの代表例に代名詞の格の問題があります。
文法問題の例
Xxxxx xxxxx xxxxx wash ------- hands xxxxx xxxxxx.
(A) they
(B) them
(C) their
(D) theirs


こんな感じの問題です。-------が空欄で、xxxxxは知らない単語だと思ってください。

つまり、目に見えているのは空欄前後の wash ------- hands と、選択肢だけだと考えてみてください。

多分ほとんどの方が(C) theirを選ぶんじゃないでしょうか。
wash their hands「彼らの手を洗う」って形が成立するので。

このように、空欄前後だけで解けるときもあるのが、文法問題です。
空欄前後だけで解けない場合も、文の構造(主語と述語などの構造)を見極めれば解けることが多いですね。


さて、これに対して語彙問題はこんな感じです。
語彙問題の例
Xxxxxx xxxxxx thoroughly ------- their hands xxxxx xxxxx.
(A) wash
(B) dry
(C) examine
(D) evaluate

※ thoroughly = 徹底的に、入念に

これだと、
手を入念にwash(洗う)
手を入念にdry(乾かす)
手を入念にexamine(調べる)
手を入念にevaluate(評価する」
どれでも行けそうな気がしますね。


これが語彙問題です。
今は隠れている文の前半や後半の文脈次第で答えが決まる感じです。
例えば、「(化粧品CMなどの)手のモデルさんのオーディションの話」だったらもしかしたら(C)や(D)かもしれません。

というように、文法問題と語彙問題には違いがあります。
このような違いから、
文法問題は「とりあえず空欄前後を見てみる」
語彙問題は「とりあえず意味を取る」
というような解き方をするのがお勧め
(というか、ひとつの方法)です。
この解き方でやっていくと、もちろん練習は必要ですが、文法問題を短時間で解くことができるようになります。



・「文法問題」と「語彙問題」を見分ける癖がつくと、PART5にかける時間を短縮することができる

文法問題はPART5の30問中、およそ半分の15問程度出題されますが、この文法問題を時間短縮して解くことができれば、PART5全体の回答時間の短縮になりますよね。

ちなみに、動画でも言っていますが、
初級者の方はPART5の対策をする際、語彙問題よりも文法問題の学習を優先してやるのがお薦めです。
語彙問題って、出題範囲がめちゃくちゃ広くて際限がないのですが、文法問題はある程度出題範囲が決まっていて、結構すぐに正解率が上がるのでモチベアップにもよいです。
文法問題で100%の正解率を!ってやるとかなり難しいですが、70%とかだったらすぐにいきます。
(語彙問題は、案外PART7の学習をしていれば正解率が上がったりしますしね)



・「文法問題」と「語彙問題」の見分け方

選択肢に品詞の異なる単語が並んでいたら、文法問題です。
(動詞の変化形が並んでいても、文法問題)
選択肢に同じ品詞の単語が並んでいたら、語彙問題です。

文法問題の例
(A) global 「世界的な」
(B) globe 「世界」
(C) globalization 「世界化」
(D) globalize 「世界化する」
これは、全部 globe の派生語です。
品詞がすべて異なり、語尾だけが異なる。
globe「地球、世界」を基本とした似た意味の単語たちですね。

語彙問題の例
(A) global 「世界的な」
(B) natural 「自然な」
(C) serious 「真剣な」
(D) temporary 「一時的な」
これは全部同じ品詞(形容詞)で、意味が全然違う単語たちです。

ざっくり言うと、(単語前半の)見た目が似てる!って思ったら文法問題で、単語の見た目が似てない!って思ったらそれは語彙問題です。
語彙問題でも語尾はそろうことがあるので、まあ考え方によっては似てることもありますが。
例(形容詞語尾の-alが全ての選択肢についている)
(A) natural 「自然な」
(B) global 「世界的な」
(C) annual 「年1回の」
(D) formal 「公式の」


あと、実は単語の見た目が似ていなくても品詞が違う場合があります。
これは「接続語問題」に関する動画↓で取り扱っています。


(A) because (接続詞)
(B) despite (前置詞)
(C) therefore (副詞)
(D) even (副詞)
こういうのも文法問題(接続語問題)ですね。




文法問題と語彙問題は、以上のような違いがあり、選択肢から見分けることができます。
知っておくと役に立ちます。
これからPART5対策をするぞーという方は、ちょっと頭の隅に置いて学習をするといいと思います。






こんな感じで、TOEIC対策の動画をYouTubeの猛牛ちゃんねるは配信しています。
TOEICの学習をしている方はこちらからぜひチャンネル登録を(^^)/








TOEIC ブログランキングへ

テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

TOEIC® PART5のテクニック 瞬殺パターン② a surprisingly wide varietyタイプ 3つの公式

TOEIC PART5に出題される品詞問題の中で、瞬殺できる問題、瞬殺パターンの2つ目です。

前回の「問答無用で-lyタイプ」記事はこちら

今回は、a surprisingly wide varietyタイプと僕が呼んでいるものです。

TOEICで600点を目指している方用には、こちらの動画↓でシンプルに説明しています。


さて、今回の瞬殺パターンの公式は3つ

公式① a 名詞 of ~
公式② a 形容詞 名詞 of ~
公式③ a 副詞 形容詞 名詞 of ~


それぞれ、名詞、形容詞、副詞が入る場所です。

a や theなどの冠詞、my や their、XYZ Store’s など「~の」を表す所有格の後ろには必ず名詞があるはず

というルールを利用したパターンです。

それぞれの公式の最初の a は、冠詞、代名詞の所有格(myなど)や名詞の所有格(XYZ store'sなど)と置き換え可能だと考えてOKです。

また、それぞれの公式の最後のof は、inやatなどの前置詞、whenやbecauseなどの接続詞、また文の終わりを示すピリオドと置き換えてもOKです。
そこまでに冠詞のa(など)とセットで使われる名詞があるはずだからです。

This is a great.
っていう文は変、っていうことですね。
This is a great book.
って、aがあったら後ろに名詞が必要です。


ここまで、動画の内容です。


ここからは、動画の補足です。

※TOEIC600点を目指している方は、一旦これ以下のことは気にせず、まずはここまでの基本の考え方を身につければOKです。これ以下のことを気にすると、ややこしいことを考えて、正解できる問題も間違えてしまうかもしれません。


補足① 公式の拡大

それぞれ、公式でa にあたる部分に this、that、these、thoseなどを加えて考えることもできます。
ただ、これらはそれぞれ代名詞として機能することもあるので、注意が必要です。
文の構造をざっくりとらえることができれば、これも公式として含んでもいいと思います。


Xxxx xxxx at these ------- pieces of xxxxx xxxx xxx.
(A) beautify
(B) beautiful
(C) beautifully
(D) beauty

この場合、正解はかなりの確率で(B)ですね。



また、以下のようになっていたらどうでしょう。


Xxxx xxxx at these ------- pieces has been xxxx xxxxx xxx.
(A) beautify
(B) beautiful
(C) beautifully
(D) beauty

これも、these から始まる名詞のカタマリは、piecesで終わっていることが動詞のカタマリhas beenによってわかるので空欄には形容詞が入りますね。
このように、公式のa ------- of の 後ろ側は、動詞に置き換えてもOKです。

以上のように、この公式というのは慣れてくると拡大して使うことができます。

補足② 公式に頼りすぎないこと

動画でも「大体この公式なら正解率は8割くらいかな~」と言っていますが、この公式、100%正解できるというたぐいのものではありません。
あまりこの公式でスパスパ選びすぎると足元をすくわれる可能性があるんですね。
TOEICですでに600点以上の方で、品詞問題の正解率を上げたい場合、このことも一応頭の隅に置いておくといいでしょう。


例えば
TOEICのPART5でよく出る形として
a ------- 名詞
を考えた場合、空欄に形容詞が入ることは多いのは確かです。
でも、ここに名詞が入ることだってありますよね。

例えば、 a department store 「百貨店」とかです。
このように、意味上 「a 名詞 名詞」となる場合ももちろんあります。

また、
a ------- 形容詞 名詞
この形でも、空欄に副詞ではなく形容詞が入る場合もあります

例えば、an impressive international firm「素晴らしい国際的な会社」とかですね。
impressiveはfirmという名詞を修飾して「素晴らしい会社」となっているので、形容詞なのです。

こんな感じで、時々公式以外の形がPART5で出題されることもあるので、気をつけましょう。
(TOEIC600点以上の中級者のみなさんは、基本的にはできる範囲で意味を考えて解くことをおすすめします。公式は、ちょっとしたテクニック程度で、穴もあるものだと理解しておくといいとは思います)

このあたりは、時間をかけてもいいからPART5の正解率を上げたいのか、正解率を下げてもいいから時間を短縮したいのかで考え方は変わってきますね。
(テクニックって大体そうです)

以上、動画の補足でした!


こんな感じの内容で、YouTubeの猛牛ちゃんねるはTOEIC対策動画を配信しています。
TOEIC対策をしている方はぜひこちらのページでチャンネル登録を(^^)/


いつもお読みいただきありがとうございます!
よければ応援のクリックお願いします(^^)/

TOEIC ブログランキングへ

テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

TOEIC® PART5のテクニック 瞬殺パターン「問答無用で-lyタイプ」4つの公式

TOEICのPART5には、毎回、瞬殺パターンとも呼べるタイプの文法問題が出題されます。

いくつかのパターンがあるのですが、今回はそのうちの1つである

問答無用で-lyタイプ

と僕が呼んでいるものものを見ていきましょう。



このタイプには4つの公式があります。

① be ------- ~ed
(空欄直前がbe動詞、空欄直後が過去分詞、つまり受け身)

② 助動詞 ------- do
(空欄直前が助動詞、空欄直後が動詞の原形)

③ be ------- ~ing
(空欄直前がbe動詞、空欄直後が動詞のing形、つまり現在進行形)

④ have/has/had ------- ~ed
(空欄直前がhave/has/had、空欄直後が過去分詞、つまり現在完了形・過去完了形)

①~④まで、空欄には全て-ly(副詞)が入ります。

①と②については、こちら↓のTOEIC対策YouTube動画でも説明しています。

※ちょっとゆっくり話しているので、1.5倍速くらいで視聴するのがお勧め)
※冒頭~2:00くらいまでは、瞬殺パターンが1テストに大体3問くらい登場すること、たった3問だけれども、実は3問以上の価値があることについての説明をしています。パターンの説明は2:15~。


なんでこの空欄に-ly(副詞)が入るの?
という説明と、補足情報を以下に書いていきます。
あんまり時間がない、ただテクニックが知りたいだけ、という方は、理由まで知らなくても問題は解けるので、ここから下は無視してもOKです。



さて、これらの形に共通していることは、大きく見ると

空欄直前の単語 ~ 空欄直後の動詞(のing形など)

このカタマリが、文の中では述語動詞(V)になっている点です。


空欄直前の単語(be動詞や助動詞、haveなど)から、空欄直後の動詞までの結びつきが非常に強いのですね。

述語動詞というひとつのカタマリになっているので、この述語動詞に関係ない単語をいきなり空欄に突っ込むことはできないわけです。

というわけで、空欄に挿入することができるのは、空欄の直後の動詞(原形だったり、ing形だったりしますが)を修飾する単語になるんですね。

で、上で見た4つのパターン、つまり

① be ------- ~ed (受け身)
② 助動詞 ------- do (助動詞を含むV)
③ be ------- ~ing (現在進行形)
④ have/has/had ------- ~ed (現在完了形・過去完了形)

の空欄後ろの単語(~ed、do、~ingの部分)を修飾できる品詞は何か?

動詞(ing形であれed形であれ)を修飾できるのは副詞なんですね。

だから、空欄には副詞が入るわけです。

で、もっと言うと、副詞というのは大体、語尾が-lyになっています。

だから、①~④のような形になっている場合、語尾が-lyになっている単語を選べば正解になるということなんですね。

品詞問題で①~④のような形を見かけたら、問答無用で-ly(副詞)を選んでしまいましょう。


ここから下は、ちょっとマニアックな補足。

補足①
ここまでの話、動画でも言っていますが、「品詞問題の場合」という前提があります。

語彙問題であれば、選択肢が
(A) partly
(B) surprisingly
(C) annually
(D) similarly
みたいになっています。
この場合、選択肢の単語の語尾が全て-ly(副詞)なので、どれだか選べませんね。
だから品詞問題の場合の瞬殺パターンなのです。

補足②
人によっては、たとえば②のパターンについて

「あれ、助動詞と動詞の原形の間には、-ly以外の単語も普通にはいるぞ」なんて思うかもしれません。(そしてそれは正しいです)

例えば、

You should always work hard.
いつも一生懸命働くべきだ。

He will soon be ready.
彼はすぐに準備ができる。

みたいな形ですね。

それぞれ、助動詞と動詞の間にalwaysとsoonが入っています。
「あれ、-ly以外も入るじゃん」ってことですね。

そうなんです。
まあでもこれは、今回の瞬殺パターンにはかかわってきません。

always と soon は、それぞれ副詞です。

副詞にはこのように、語尾が-lyでないものがあります。
always、oftenなどの頻度を表す副詞や、ever、soon、just、alreadyなどが代表例ですね。
これらは、品詞問題では気にしなくて大丈夫なんです。
なぜかというと、これらは品詞問題では登場しないからです。

品詞問題って、ある単語の派生語が選択肢に並んでいる問題ですよね。

(A) true
(B) truth
(C) truly
(D) truthful
みたいな。

でも、こういう問題は、alwaysやoftenなどでは作成できないんですよ。
だって、品詞問題を作るための派生語4つが存在しないから。
品詞問題作れないんです。

こういうalwaysやoftenなどが品詞問題に登場することはありません。
だから、
「品詞問題という枠においては、①~④の空欄には-lyしか入らない」
っていうことが結局成立するんですね。

書いてて思いましたがやっぱりこの説明はマニアックですね。。。

よくわから~ん、くてもダイジョブです。
公式だけ覚えて、スコアアップしましょう(^^)

分かる人だけ分かってください(^^;)


猛牛ちゃんねるでは、こんな感じの動画を週3くらいのペースでアップしています。
TOEIC対策を考えている方はぜひこちらのページでチャンネル登録を(^^)/




いつもお読みいただきありがとうございます!
よければ応援のクリックお願いします(^^)/

TOEIC ブログランキングへ

テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

猛牛ちゃんねる制作メモ⑬ チャンネル登録者数1000人突破、今後の方向性

YouTube動画でTOEIC対策ができる猛牛ちゃんねる

チャンネル登録者数が1000人を突破しました!!!

ありがとうございます!

最近少しずつ「TOEIC対策に使っています」などの感想をYouTube上やtwitter、ブログでいただくことが増えてきました。
中には目標スコアを達成できたと報告してくださる方もいて、大変うれしいです。

さて、猛牛ちゃんねるを制作し始めた時の第一目標が「チャンネル登録者数1000人」でした。

第一目標を達成したので、次の目標を決めないとですよね。

次の目標は、

動画を100本上げる

にします。



100本というのは、一つ大きな節目になりそうな予感がしています。

TOEIC対策の動画が、100本も見れたら結構便利。

ちなみにすでに60本のTOEIC対策動画をアップしているので、目標達成まではあと40本です。
頑張ります。


そうそう、今ちょっと考えている猛牛ちゃんねるの方向性

今後、少し編集作業を減らして、その代わり少し早めのペースでアップしようかどうしようかと思っています。

今の動画、実は結構手間かけているんですが、その手間と「分かりやすい、便利」がどれほど関係しているのかって、自分では分かりません。

案外、僕が「この編集は分かりやすくするために必要」と思っていることが、見ている方にとってどうでもよかったりするかもしれませんしね。

その辺探りながらです。

今と同じクオリティのものを週3でアップして、ちょっと軽く作ったものを週1で出して反応を探り、合計で週4にする感じがいいかな。。。

忙しい時期にそういう軽い動画だけをアップすれば、ペースを保つこともできますしね。

っていうのが猛牛ちゃんねる自体の方向性。

あと、ブログとtwitterの方向性もちょっとだけ変えます

twitter
・猛牛ちゃんねる制作時に思いついたことをつぶやく
・つぶやいたことがそのうち動画になるかも
・ボツになったものもつぶやく


このブログ
・猛牛ちゃんねるの動画に補足情報を付け加える感じにする
・上級者向けに動画を踏まえて解説する感じ?


ブログ、今は本当にただ動画をずらっと並べているだけなんです。
それはYouTubeのチャンネルページと同じですしね。面白くない。

そんな感じで、猛牛ちゃんねるとtwitter、ブログとそれぞれ微妙に違うことをやっていこうかなぁと思っています。


こんな独り言をお読みいただきありがとうございました!

今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

猛牛ちゃんねるはこちら


いつもお読みいただきありがとうございます!
よければ応援のクリックお願いします(^^)/

TOEIC ブログランキングへ

テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

第236回TOEICL&R公開テスト 感想

TOEICを受験された皆様、お疲れさまでした!

今日僕の受けたフォームは15:01終了フォーム。
最初の写真は男性が膝立ちしているものでした。

ではパートごとの難易度です。

Part 1 易しい
Part 2 やや難しい
Part 3 普通
Part 4 やや難しい
Part 5 普通
Part 6 普通
Part 7 single passage 普通
Part 7 multiple passage やや易しい




今回は、全体的にとても普通な(?)フォームだと感じました。
いつも通りなのであまり感想がないのですが(^^;)
テスト中に思ったことをいくつか。

・PART 2は消去法が本当に大事
新形式以降よく言われることですが、なんだか距離感のある正解が増えています
正解選択肢を聞いているときは「え?これが正解なの?」と感じるくらいの応答です。
でも、不正解選択肢があまりにも変なので、多少「これかなぁ」と思った選択肢でも確信を持って正解を選べます
こういう問題、正解選択肢を聞いた時には「正解だ!」と分かりません(僕は)。
選択肢3つを聞いた後で「あぁ、まあこの中なら他の2つが明らかにおかしいからこれかな・・・」といって選びます。
よく「変化球的な正解に対応するにはどうしたらいいですか?」って質問されるのですが、不正解選択肢を不正解だと判断できるくらいのリスニング力をつければ、特に対策しなくても解けます
PART 2で「微妙な不正解」にであったことはありません。
(ちなみに僕が不正解するときは全部不正解に聞こえるとき)
「変化球的な正解に対応するには・・・?」って質問をよくされるということは、不正解を不正解だと判断できない方が多いということなんだと思います。
ひとつふと思ったのが、ここで悩んでしまう方は、公式問題集のPART 2をかたっぱしから読んで、不正解選択肢が「なぜ不正解なのか?」という分析をするといいかもしれませんね。
問題を解くだけだと、正解した問題はスルーしがちなので、一度じっくり問題と向き合うこともありなのかもしれません。



・PART 3と4は、結構適当に聞いても正解にたどり着ける
話の大まかな流れをつかんでおけば、ほとんどの問題は正解にたどり着けますね。
今回いくつか、「あ~、話の途中で集中力飛んだ~、ここが問題に絡んでたらどうしよ~」と思う場面があったのですが、ざっくり話の展開だけ覚えておけたので問題なく解けました。
PART3とPART4は、ひねくれた(ギリギリのところを狙う引っかけの)選択肢がないので、大まかに話の流れを追えるリスニング力が大事、ということですね。
細かい不正解根拠を聞いておく必要のあるPART 2とは違いますね。
いやまぁどっちも、リスニング力が必要なので一緒といえば一緒ですけど。



・PART 7は、細かい問題が少なかった
ここでの細かい問題というのは、一通り文書を読んだ後で設問を読んで「そんな情報書いてあったっけ・・・、探さなきゃ・・・」となる感じの細かさのことです。
今回はその手の問題が少なく、一通りちゃんと問題を読んでいれば読み直さずに解ける問題がほとんどでした。
なので、僕と同じように通しで文書を読んでから設問を一気に解くタイプの方には易しく感じたことと思います。
特にダブルパッセージとトリプルパッセージ。
いつもであれば設問を読んだ後に「え、そんなこと書いてあったっけ・・・」と思って読み直す問題が結構あるんですけど、多分今回読み直したのは一か所くらいでは。


今日の感想は以上です!

TOEIC対策YouTube、猛牛ちゃんねるPART 3シリーズを始めました!
(↓初回動画は初心者向け)


猛牛ちゃんねるもよろしくお願いします(^^)/



いつもお読みいただきありがとうございます!
よければ応援のクリックお願いします(^^)/

TOEIC ブログランキングへ

テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

今年の自分を決めた5冊の本たち(英語関係ない)

2018年も終わりに近づいていますね。

今年、僕が読んだ本、ぜひ皆さんにもおすすめしたい!と思ったものがいくつかあったので記事にしてみました。

お勧めは5冊。

お勧め本①
仕事に追われない仕事術:マニャーナの法則

これは!
僕の仕事への向き合い方を画期的に変えてくれた本です!
去年まではいつも仕事に追われていましたが、この本を読んで意識改革をしたら、
仕事に追われている感覚がほぼなくなりました!(サクラのような感想!)
めっちゃおすすめ。
今年2回読んだ。



お勧め本②
レシピを見ないで作れるようになりましょう。

今年、本気の自炊を始めました。
最初は色々レシピを見て、そのまんま料理していたのですが・・・
この本を見てからは
もっと自由に、しかし「考えて」料理をすることができるようになりました!
レシピに縛られず、自分でクリエイティブに考えることが料理上達への道!
→そしてなぜか料理以外にも同じ意識を持つことができました!隠れ自己啓発本。
今年2回読んだ。



お勧め本③
本は10冊同時に読め!

無理!!
10冊同時に読むのは無理ですが、この本を年のはじめのころに読んだから今年は比較的多めに読書しています!
モチベーションが上がる!あからさまな自己啓発本。
今年3回読んだ。



お勧め本④
Predictably Irrational


洋書なのに珍しく最後まで読めた!
妻の実家でパーティに招かれたとき、「今日はごちそうさまでした」と5000円のお土産を渡すのはアリなのに、「今日はごちそうさまでした」と5000円札を渡すのはナシなのはなぜ?
などなど、人間の行動の不合理な部分を徹底解剖!行動経済学の本。
内容も面白かったし、「学者さんってすごいなぁ」と改めて思わされた本。
面白すぎて邦訳版を買って読んでいる最中。



お勧め本⑤
ドグラ・マグラ


説明不要!
いや、説明不可能!
日本の探偵小説三大奇書のうちのひとつ!!
10年くらい前に一回読んで、今年も読んでみたけど意味わからん!
しかし面白い!
でももう一回読むのはしんどい!
おすすめ。


皆様も良い本にであえますよ~に(^^)/

テーマ : 一人言
ジャンル : 学校・教育

サクッとわかる!TOEIC PART5 文法問題シリーズ

TOEIC600点レベルの対策動画をYouTubeの猛牛ちゃんねるで公開しています。

~これまでの動画まとめ記事~
TOEIC PART5 解き方基礎
TOEIC PART5 瞬殺パターン解説
TOEIC PART5 瞬殺パターン練習問題
TOEIC PART5 SVパターン解説
TOEIC PART5 SVパターン練習問題
TOEIC PART5 代名詞
TOEIC PART5 接続語問題
~ここまで~

この記事では、

サクッとわかる!TOEIC PART5 文法問題シリーズ

を紹介します。


このシリーズは、これまでに作った文法解説動画の演習問題動画になっています。

今のところ、問題としては45問(つまり45動画)を予定しています。
(でも12月現在、まだ10個しか作れていない・・・ぼちぼち更新していきます)

レベルは、全体的に初級者向けです。
中級者~上級者なら間違えたくない問題群になっています。
厳密なものではないですが、後半にかけて難しくなるようにしています。
(前半は瞬殺問題が多め)

45個もここに動画を張ると重くなる?と思ったので、1本目以外は全てYouTubeへのリンクにしておきます。

では早速!トライしてみましょう!

サクッとわかる!TOEIC PART5 文法問題 #01


サクッとわかる!TOEIC PART5 文法問題 #02

サクッとわかる!TOEIC PART5 文法問題 #03

サクッとわかる!TOEIC PART5 文法問題 #04

サクッとわかる!TOEIC PART5 文法問題 #05

サクッとわかる!TOEIC PART5 文法問題 #06

サクッとわかる!TOEIC PART5 文法問題 #07

サクッとわかる!TOEIC PART5 文法問題 #08

サクッとわかる!TOEIC PART5 文法問題 #09

サクッとわかる!TOEIC PART5 文法問題 #10

サクッとわかる!TOEIC PART5 文法問題 #11

サクッとわかる!TOEIC PART5 文法問題 #12

サクッとわかる!TOEIC PART5 文法問題 #13

サクッとわかる!TOEIC PART5 文法問題 #14

サクッとわかる!TOEIC PART5 文法問題 #15

サクッとわかる!TOEIC PART5 文法問題 #16

サクッとわかる!TOEIC PART5 文法問題 #17

サクッとわかる!TOEIC PART5 文法問題 #18~ COMING SOON





いつも猛牛ちゃんねるをご覧いただきありがとうございます!
参考になったなと思われたら、チャンネル登録をぜひお願いします(^^)/



いつもお読みいただきありがとうございます!
よければ応援のクリックお願いします(^^)/

TOEIC ブログランキングへ

テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

Jet Bull

Author:Jet Bull
TOEICは満点ですが、まだまだ英語学習は続けています。

YouTubeの猛牛ちゃんねるでTOEIC対策動画を配信中。



↑共著させて頂いた「TOEICL&Rテスト基本単語帳」


↑監修させて頂いた「プライム模試」


↑監修させて頂いた通称「だけ問L」


↑執筆協力させて頂いた通称「澤トレ」


↑こっそり執筆協力


↑こっそり執筆協力


↑こっそり翻訳協力

過去のTOEICなどの成績↓
【TOEIC公開テスト】
2009/03 965(L485 R480)
2010/01 965(L480 R485)
2010/10 990
2011/01 990
2011/06 990
2011/07 990
2012/01 990
2012/07 990
2012/10 980(L490 R490)
2012/11 990
2013/01 985(L495 R490)
2013/03 985(L495 R490)
2013/04 985(L495 R490)
2013/05 990
2013/06 990
2013/07 990
2013/09 990
2013/10 990
2013/11 990
2014/01 990!全問正解!
2014/03 985(L495 R490)
2014/04 990!全問正解!
2014/05 990!全問正解!
2014/06 990!全問正解!
2014/07 990 アビメ100%
2014/09 990 アビメ100%
2014/10 990
2014/11 990
2014/12 990 アビメ100%
2015/01 病欠orz
2015/03 985(L495 R490)
2015/04 990
2015/05 990 アビメ100%
2015/06 990
2015/07 990 アビメ100%
2015/09 990
2015/10 990
2015/11 990
2015/12 990 アビメ100%
2016/01 990
2016/03 990 アビメ100%
2016/04 990
2016/05 990 アビメ100%
2016/06 990
2016/07 990
2016/09 990
2016/10 990
2016/11 990 アビメ100%
2016/12 990
2017/01 990 アビメ100%
2017/03 990 アビメ100%
2017/04 990
2017/05 990
2017/06 990
2017/07 990
2017/09 990
2017/10 990
2017/11 990
2017/12 990
2018/01 990
2018/03 990 アビメ100%
2018/04 990 アビメ100%
2018/05 990 アビメ100%
2018/06 990
2018/07 990
2018/09 990 アビメ100%
2018/10 990 アビメ100%
2018/11 990
2018/12 990

(60)

(以下は認定証紛失し、捜索中)
2002年頃 330
2005年頃 455
2007/03 730
2008/03 730
2009/01 965

【TOEIC SWテスト】
2012/03 S170 W200
2012/09 S180 W190
2012/11 S180 W190
2013/02 S190 W180
2013/04 S190 W190
2013/08 S200 W190

(認定証紛失分、捜索中)
2010/08 S140 W180(うろ覚え)

【TOEFL iBT】
2014/06 109
2014/07 101

【英検】
2010/3 1級及び準1級合格
2015/1 1級及び準1級合格
2015/2 1級2次不合格(55)
2015/3 1級1次合格 2次辞退
2016/1 1級1次合格 2次辞退
2016/2 1級合格

カテゴリ
Bull Twitter
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる