自分のブログまとめ

皆様いつも当ブログにご訪問ありがとうございますm(__)m

しばらく更新をほぼしていないのにもかかわらず、訪問して頂けていることに本当に感謝していますm(__)m

さて、今日はこれまでの記事の中で多くの反応を頂いたもの(と、個人的に面白いと思ったもの)をまとめます。
(この記事は無期限でトップ固定しています。TOEICの感想等、最新の記事は、この記事の下の記事です)






反応がダントツで良かったお勧め記事2つ

英語学習におけるカメとアキレス
この記事を書いてから、実際にお会いする方に「カメとアキレス読みました~」と言って頂けることがかなりありました。
とりあえずこの記事はTOEIC満点を狙うのにマストです!!(大嘘)

中級→上級レベルのリスニング強化法
これは2番目くらいに反響が大きかった記事です。
僕自身としては、「実はこのブログの中で一番役に立つのでは?」と思っている内容です。





自画自賛的にお勧め記事(多分役に立つ)

スコアに差がつくノートの取り方
普段の英語学習で(あと、学習全般でも)、案外気づいていない方が多い内容だと思います。

TOEICリスニングの復習を効率的に

TOEICのPart 2は2分

リスニングを効率的に学習したい方へお勧めです。

英語が聞こえているのに理解できない現象
僕のリスニングの考え方のひとつです。

単語暗記 苦肉の復習策
これは画期的!!!と自画自賛した学習法。
後に植田一三大大大大×∞先生も同じことをしていたと判明。

10分間暗唱

暗唱は何に効くのか

暗唱しましょう。暗唱。暗唱は最強の学習法です。

澤トレ動画と音読の効果
「英語をイメージでとらえるには?ということを上手に表現してるね!」と、とある大先輩に褒めて頂いた記事。





TOEIC関連お勧め記事

新形式TOEICでの変更点「トリプルパッセージ」

新形式TOEICでの変更点「意図問題」

新形式TOEICでの変更点「問題数」

新形式TOEICの英文量

TOEICで同じ回答は連続いくつまでありえるか


このあたりは、TOEICの入門的な記事ですね。





自画自賛的にお勧め記事(役に立つかは不明)
Idiomを考える
Idiomって、勉強しているだけで面白いっす。

英語の絵文字
なにこれ。

ゴロゴ13
英語の勉強法に、不正解ってのはありません。

夏休み6日目
ブルあるある。






というわけで、ざっとですが、自分のブログでぼちぼち面白いと思えた記事をまとめてみました。

さて、こうやってまとめてみたのは他でもない、ブログ更新できていないからです(`・ω・´)

そして、多分今後もあまり更新できない気がしています(`・ω・´) ←おい

(TOEICの感想だけは続けていく予定です)

でも、代わりに、新しいブログを始めました!

付和雷同。英語講師迷走日記。

内容は、英語学習者としてではなく、英語の講師として思ったことを書いていくブログにしようと思っています。



というわけで、皆様引き続きどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m



お読みいただきありがとうございます!
ランキング応援のクリック↓頂けると大変うれしいですm(__)m

英語 ブログランキングへ


テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

第222回TOEIC公開テスト 感想

本日TOEICを受験された皆様、お疲れ様でした。

今回の感想です。
愛知県で受験された方は、全員僕と同じ問題を解いているはずです。

Part 1 普通
Part 2 難しい
Part 3 やや難しい
Part 4 やや難しい
Part 5 普通
Part 6 やや難
Part 7
single 難
double 易しい
triple 易しい



今回は、
・Part 2で変化球的な問題が多かった。
・Part 5 がとっても普通。
・Part 7のダブルとトリプルがめっちゃ簡単
というのが特徴でした。

全体としては、特に難しくも易しくもなかったかなと思います。


リスニングの感想の難易度が高めになっていますが、

これは個人的に 「聞こえない!!」 と感じたものが多く、出来が悪かったためです(^^;)


今日はダメダメでした・・・。

Part 2 で聞こえない質問が多く、メンタルをやられ、Part 3 と 4 にも引きずった形ですね。

典型的な負けパターンです・・・。

同じテストを受けた知人の反応を聞いていると、難易度は普通だったようです。

リーディングは多分全問正解できていますが・・・。リスニングのせいで満点は難しいでしょう。もういいです( ;∀;)

今回のテスト、まあ自分が難しいと感じたというのはちょっと置いておいて、

とっても標準的なTOEICだったなというのが正直なところです。
(そういえば、ここ2回くらい英検1級レベルの語彙が多かったけど、今回はありませんでしたし)

だから、取り立てて書くことはありません。




そこで、今日は当たり障りのないことを書いて記事を締めたいと思います。

高スコアへの王道は、地道な英語学習!

次回受験に向けて、地道に英語学習をしていきましょう(^^)


いつもお読みいただきありがとうございます!
よければ応援のクリックお願いします(^^)/

TOEIC ブログランキングへ

















おまけ
今回リスニングでやらかしてしまった理由 = 会場

ここで試験を受けたんですが・・・



こんな、外から丸見えの試験会場で受験したら、そりゃ集中できませんよ!!

(嘘です。ちゃんとした試験会場で受けましたすみません+くだらないことで記事水増ししてすみません・・・い、以上です・・・)



テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

自分っぽくない音読学習

最近1週間くらい、自分っぽくない音読学習をしています。
(音読っていうのは、僕が言う場合は大体オーバーラッピングやシャドウイングなども含んでいます)


ちなみに、

自分っぽい音読学習

というのは、

ひとつの素材をやりこむ音読学習

です。


ある素材を音読学習するぞ! と決めたら、音読だけでなく、シャドウイングやオーバーラッピングなどを数十回繰り返して、暗唱にまで持っていきます。


でも、最近そうではない音読学習をしています。

1回~3回くらい声に出す練習をしたらおしまいという方法で、

素材の種類を増やして、

浅く広く音読


しています。
(しつこいですけど、僕が音読っていうときは、CDなどの音源を使った練習も含んでいます)




やり方を変えた理由は、なんとなくなんですけど(^▽^;)

そのうちまた元の方法に戻すかもしれません。




今使っている教材は以下の4冊です。


   

一番左の、「英語で説明する日本の観光名所100選」は、もともと持っていたもの。
通訳案内士の試験を受けようかな~と思っていた時に暗唱用に買ったものの放置プレイしていました。
今回、1日10か所分、1回ずつオーバーラッピングしています。
結構難しい単語が多いですね。
著者があの植田一三さんなので納得。
日本の観光名所の知識もついでに増やしています。
そんなに詳しくなくて、ほんっと~に基礎的な情報ですけど、僕にとっては新鮮な情報だったりします。
単語が難しいので1回だけのオーバーラッピングだと意味が入ってこないものもありますが、あと2~3周する予定なのでとりあえず意味がスッと入ってこないものはスルーしています。
2周目くらいで、意味の分からないところはちょっとしっかり読んでみよう。


左から2つ目の、TOEFLの本は、この間買いました。
TOEFLiBT対応なのに英語が難しすぎないように作られていて良い感じです。
TOEFLの対策、何やったらいいかわから~ん!という大学生諸君に強くお勧めしたい1冊。
TOEFLに出題される問題の基本的な背景知識が学べる良書です。
これに関しては、シャドウイング、オーバーラッピング、音読を1回ずつやっています。
1回だけだとちょっと頭に入りづらいからです。
これは多分1周しかしないかなぁ。


左から3つ目、アメリカ史の本。
これも最近購入したもの。
これは1回しかオーバーラッピングしてないけど意味がしっかり入ってくる程度の英文レベル。
アメリカ史のざっくりとした流れを勉強したことがあるから頭に入ってきやすいのかも。
1日に10ユニットずつ読んでいます。
結構すぐ読み終わりそうだからこれは2~3周しようかな。


最後、一番右のもの。聖書のさわりを簡単な英語で読める本。
これはまだ1ユニットしかよんでないけど、めっちゃ簡単です。
1回しかオーバーラッピングしてないけどちゃんと意味が入ってくるレベル。
この4冊の中では一番簡単。
でもこれくらいのものが案外ちょうどよかったり。
これは1周しか音読練習しないでしょう。多分。





一応4冊を、てきと~に、1日30分から1時間くらい、音読学習しています。

4冊同時進行。

複数冊同時進行というところがまた、自分らしくない(笑)


僕は普段、1冊を徹底的にやりこむタイプなんですけど、今回は気まぐれでこんな感じになっています。




この、あさ~くひろ~く英文を音読していくのって、要は多読みたいなものなんですけど、音読してるから多音読とでも適当に呼ぶことにして、この多音読をしばらく続けようかな~と思っています。
でもそうすると、これまでよりもハイペースで英語の本を買わないといけないという問題が出てくるんですよね。
どうしよ~。
とりあえずこの多音読、すぐ飽きてやめるかもしれないので、飽きなかったらその時また考えます。





お読みいただきありがとうございます!
ランキング応援のクリック↓頂けると大変うれしいですm(__)m

英語 ブログランキングへ



テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

暗唱し直し。

1年くらい前?に暗唱したスピーチを、最近暗唱し直しています。

使っているのは、これ↓



前回は全部で30個くらい暗唱したのですが、

そのうちの15個くらいをここ最近で暗唱し直しました。


1年前でも、一度暗唱したものはすぐに思い出せます。

初めてこれらのスピーチを暗唱するのは、なんだかんだで30分くらいかかっていたような記憶があるんですが、

二度目になると10分くらい、ものによっては5分くらいで暗唱できます。

暗唱はいいですね!

まるで自分の英語がネイティブ並みに上達したようなような気分になれます!(^^)!



復習って大事だな、というのも実感。






お読みいただきありがとうございます!
ランキング応援のクリック↓頂けると大変うれしいですm(__)m

英語 ブログランキングへ

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

第221回TOEIC公開テスト 感想


本日TOEICを受験された皆様、お疲れ様でした。

今回の感想です。

Part 1 普通
Part 2 やや難しい
Part 3 普通
Part 4 普通

Part 5 やや難しい
Part 6 やや易しい
Part 7 Single やや易しい
Part 7 Double やや難しい
Part 7 Triple やや易しい

全体的には、普通じゃないでしょうか・・・。

リスニング
定石ばかりでしたね。特に記憶に残ったことはないです。
もちろん細かいところを言えば、Part 2のひねった応答とかはいつも通り出ているのですが、ちゃんと普通に答えているものもありますし。
あ、Part 2でひとつだけ、正解の発言Cを聞き逃すという失態をしました。明らかにAとBが違ったのでCをマークしたのですが・・・気が緩んでしまってぼーっとしてしまいました。何て言ってたんだろう。

あ、前言撤回。
2つだけ記憶に残ったことがありました。

ひとつめは、意図問題の該当発言部分がめちゃ長いものがあったこと。
数えてみたら、17単語でしたよ・・・。
リスニング音源って、平均で多分100単語くらいなんですけど、なんと5分の1弱もスクリプトが問題用紙に書いてあるという(^^;)
うん、まあいいんですけどね。結構なんでもありですね。これまでにもこんなに長い意図問題ってありましたっけ。

ふたつめは、Part 4の設問にthe manが主語のものがあったこと。
(これに気づくのは多分マニアック。そしてスコアアップとかには全く関わらないどうでもいい情報です)
Part 4だと通常主語はthe speakerとthe listenerになってます。
固有名詞が主語ってのもよくありますが。
で、speakerが女性だった場合、時々the womanが設問の主語になったり、男性であればthe manが主語になったりするんです。
でも今回は、speakerが女性だったのに設問の主語がthe manでした。このthe manはlistenerを指していました。
speakerの女性がトークの中でMr. 〇〇って言っていたので、the manがlistenerを指していると分かるんですけど・・・。
こういう出題ってこれまでにあったかなぁと思いました。
ただの問題作成者のミスかな?



リーディング
Part 5
中級者の方(~900くらい)には難しいと感じたのではないでしょうか。
品詞問題(か、動詞の形を問う問題)で、ちょっと難しい問題が数問ありました。
また、語彙問題もやや難しめのものがちらほら。
でも、上級者の方で「難しい」と思った方は多分あんまりいないでしょう。

Part 6
文選択問題も含めて全体的に簡単だったと思います。

Part 7
ダブルパッセージの2セット目、上が記事で下が手紙だったものが際立って文章量が多かったですね。
これよりはトリプルパッセージの方が簡単だったような気がします。
このセットの2問目、「述べられてるのは何でしょう型」だったんですけど、めっちゃ悩みました。
2回くらい記事を読んで、結局決められなくて、一旦スルーしてトリプルパッセージを終わらせて戻ってきて、また2回ずつ記事と手紙まで読んでようやく答えを絞れました。
自分がここで悩んだ理由は、選択肢の文の意味がしっかり取れていなかったことだと分析。
本文じゃなくて、選択肢の文の意味でひっかかったのは結構久しぶりでショッキングです。
まだまだ読解力が足りません・・・。

あと、トリプルパッセージ最後のセット。
本文を読んでいる間に3つの文書すべてに関連しそうな情報を発見しました。
「お!3文書参照型問題くるか!珍しい!」と若干テンションが上がったのです。
が、結局その情報は問題ではただの「2文書参照型問題」として出題されていました。
ちょっと残念。



今日の僕は、
リーディングの時間配分(というか結果的にかかった時間)
Part 5 9分
Part 6 6分
Part 7 Single 26分
Part 7 Double + Triple 27分
残り5分くらいで上記のダブルパッセージ検討
みたいな感じでした。

リスニング1問~2問ミス(Part 2でひとつとPart 3か4のどちらかでひとつミス)
リーディングは1~2問ミス(Part 5でひとつ、Part 7でひとつ)
くらいかな~、と思います。

う~ん、多分ちゃんと満点いけていると思いますが、場合によっては逃すかも・・・くらいでしょうか。

スコアは関係なく、引き続き地味~に音読+単語暗記を頑張ります!


いつもお読みいただきありがとうございます!
よければ応援のクリックお願いします(^^)/

TOEIC ブログランキングへ

テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

第220回TOEIC公開テスト 感想

皆様今日もTOEIC受験お疲れ様でした(^^)/

僕も受験してきました!

今日の難易度は・・・

Part 1 普通
Part 2 普通
Part 3 やや易しい
Part 4 やや易しい
Part 5 易しい
Part 6 普通~やや難しい
Part 7 single 普通
Part 7 multiple やや難しい

くらいに感じました!

前回に引き続き、リーディングセクションでの語彙難化を感じましたね。
1級で出てくるような単語が結構あったような気がします。
あれ、これまで出てなかったぞ?みたいな。

といっても、この語彙難化は900以上狙いの人意外にはあまり関係ないような気もします。
900以上狙いで、かつ全文ベタ読みする人にとっては「語彙を覚えなきゃ!」と思えるいいテストですね。
(全文ベタ読みが不利という意味じゃないですよ(^^)むしろある程度のレベル以上の人は全文ベタ読みの方が有利だと思ってます)


他に今回気になったことは・・・

リスニング、聞き取りやすかったです。
僕はアメリカ英語、カナダ英語の聞き取りが得意でイギリス英語、オーストラリア英語の聞き取りは苦手です。
でも今回は1回か2回しか「聞き取りにく!」って思いませんでした。

Part 1は、そういえば今回、受動態進行形の描写文がいくつ出るのか数えてみました。
結果は、5文。これは不正解を含みます。
(いや今回受動態進行形の正解はなかったような?)
24文中5文が受動態進行形って、結構な率ですね。
だからどうした、って言われると困りますが(笑)

Part 2は、結構ひねった?問題もありましたが、いつも通りといえばいつも通りでした。
WH疑問文は12問。そのうち4問くらいがひねった応答。
う~ん、特筆すべき点はないですね。

あ、うそでした。ありますあります。
今日、会場の外で車のクラクションがなが~く鳴っていた問題があったんです。
それは問16で起きました。
あれで集中力を削がれた人は多かったと思います。
僕は必殺カクテルパーティ効果で難を逃れました。
結局、「その問題については、希望者にのみセカンドチャンス」という処置がとられました。
でも僕の部屋の人はひとりも再試験を希望せず。みんな帰っていました。
普段再試験なんて提案されないので、ちょっと珍しい経験ができました。
(再試験は受けてないけど)


Part 3は、いわゆる「森」問題が多かったです。解きやすいと感じた人は多かったのでは。
あ、でも前回に続き3人による会話が2つありました。
3人の会話、これから増えていくんですかね・・・?


Part 4は、選択肢の長さが短いものが多く、これも解きやすかったです。

Part 5は、わかりやすい文法問題が多く、瞬殺問題が何問もありました。
Part 5には難しい語彙はなし。

Part 6は、ちょっと難しめの文法?が出ていました。が、700以上の中上級者の人は迷ってもいいけど正解しておきたいもの。確か1セット目の1問目。

Part 6を終えた時点で16分経過していました。
(Part 5途中でトイレにいきましたけど)

Part 7は、前半(シングル)は調子よくいっていたんですが、後半(ダブルとトリプル)でやっぱり時間がかかってしまい、終了は7分前。
新形式になってから、どうも10分以上余らせることができません。
やっぱり分量が多くなっているんでしょう。

そうそう、全体を通して、なんとな~くですが、これまでのTOEICと傾向がずれてきているのかなぁという雰囲気は感じました。
リスニングPart 3~4の会話やトークの内容もそうですし、リーディングの難しい語彙もそうですし。
そういえば、今日はPart 3も4も、言いよどみや割り込みという新形式の特徴と言われていたものが1回も出ていませんでした。
その点(言いよどみや割り込み)に関しては、旧形式っぽい。
というか、ひょっとしてETSが「やっぱり内容勝負だ!言いよどみとかちょこざいなマネはせん!」とか思っているのかもしれません。
(言いよどみって、してもらった方が理解の助けになって簡単だったりしますしね)


今日のTOEICの感想はこんな感じです!

僕に関しては・・・
今回は多分全問正解してると思います(^^)
一応、Part 3とPart 4で1問ずつ迷った問題はありましたが、勘で正解しているでしょう。
とか言っておいて、990落としていたら恥ずかしいので、もし落としていたら受験していなかったことにします!←それは無理


来月ももちろん受験します!
引き続き、英語学習を頑張っていきます~(^^)/




いつもお読みいただきありがとうございます!
よければ応援のクリックお願いします(^^)/

TOEIC ブログランキングへ

テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

第219回TOEIC公開テスト 感想

本日TOEICを受験された皆様、お疲れ様でした。

私も受験してまいりましたので、感想を書いていきます。

今回のレベル感

Part 1 普通
Part 2 普通
Part 3 普通
Part 4 普通
Part 5 やや難
Part 6 やや難
Part 7 シングル やや難
Part 7 ダブル やや難
Part 7 トリプル 易しい


個人的には、リーディングが最近のテストと違うように感じました。
完全に感覚ですが、2点あります。

① 最近出題されていなかったレベルの難しい語彙がところどころで登場
そう、最近、難しい語彙、例えば英検1級に出るんじゃないかみたいな語彙って出題されていなかったのです。
でも今回は出てましたね。
ちなみに、この傾向はPart 5の問題自体にも、Part 6とPart 7の本文にも現れていました。
「オイオイ、このレベルの単語出しちゃうのか」みたいな難しい単語です。
便宜上「オイオイ単語」と呼びましょう。
ここ1年くらい、「オイオイ単語」は1回のテストで1つくらいしか出なかったんです。
それが今回は10個くらい出ていましたね。
その全てが問題に絡んでいたわけではありませんが。

② Part 7の本文で、長めの文が登場
普段、自分がリーディングの本文を読んでいて返り読みをすることは多くありません。
それが今回、いつもより多かったんです。
1つの文の中に関係代名詞や接続詞などが複数入っていると、自然に文が長くなります。
そういう時に自分は返り読みをする癖があります。
読んでる途中で、「息切れ」みたいな状態になるわけです。
文の前半はまあ理解していて、後半も理解はしているんですけど、後半を読んでいる時に「あれ?前半って何を言っていたんだったっけ?」みたいに思って、文の初めに戻ってもう一回読み直す。
こんな感じのことが、複数回ありました。
いつもTOEICで出されている長さの文よりも長い文が多かったのではないかと思います。
ちなみにこの話は、文章じゃなくて、1文1文の長さのことです。
全体の読む量としては、いつも通りだったかな?と思います。



新形式になって難しい語彙があまり出なくなったので、
「難しい単語を覚えるよりも、速く正確に読む能力をつけてね」
と、TOEICを作っている人たちが意図しているのかな?
なんて思っていたのですが・・・。

難しい単語とかちょっと難しめの長い文も出てきたところを見ると、
TOEICを作っている人たちの意図は
「速く正確に読む能力をつけてね。難しい単語も当然覚えてね」
ってことですね。鬼か。



さて、リスニングですが、今回は普通でしたね。
特に書くことないんですけど、一応Part 2だけ。
Part 2は前回に続き、ストレートなWH疑問文が多く出ました。
WH疑問文は全部で10個。
そのうちストレートなものが8個で、ストレートなものは全て前半に出題されていました。
WH疑問文に関わらず、前半にはストレートな返答が多く、後半には少しひねった返答が多くなっていました。

あ、それで思い出しましたが、
今回、Part 7の難易度は
シングル前半 やや難しい
シングル後半 普通
ダブル やや難しい
トリプル 易しい
という構成になっていました。

なんか珍しいですね。トリプルが一番簡単でした。
こういうことが発生するので、特定のスコアが欲しい方は「とりあえず全問見る」というのは必須なような気がしますね。
(900点以上を狙っている方は、「とりあえず」じゃなくて「ちゃんと」全部見る必要がありますけど)


ちなみに今回の僕は・・・
聞き取れずに(聞き逃しではなく)勘で答えてしまったものがPart 2で1問。
自信がないものがPart 4で2問。
多分間違えたものがPart 6で1問。
・・・結果を待つのみです。


テストの感想は以上です!

また引き続き、英語学習を頑張っていきましょう!


いつもお読みいただきありがとうございます!
よければ応援のクリックお願いします(^^)/

TOEIC ブログランキングへ

テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

第218回TOEIC公開テスト 感想

本日(というか昨日)TOEICを受験された皆様、お疲れ様でした。

私も受験してまいりました。

今回の感想です。(ちょっと今までと書き方変えます)

Part 1 易しい
Part 2 易しい
Part 3 やや難しい
Part 4 難しい
Part 5 易しい
Part 6 易しい
Part 7 single 普通
Part 7 double 易しい
Part 7 triple 難しい

Part 2について
今回は、WH疑問文が11問。そのうち8問は疑問詞さえ聞いていればいい、素直な返答が正答でした。ひねった問題も消去法を使えば正解できる問題。そのため、600点台くらいの方でもTOEIC慣れしていればそれほど難しく感じなかったのではと思います。
前回までと比べて難問が少ない印象です。

Part 3、Part 4について
Part 3もPart 4も、スピーキングスピードが速いのでは?と感じたセットがいくつもありました。Part 4は特に。
私は今回、先読みをして、音声が流れている間は設問も選択肢も見ずにリスニングに集中していました。ストーリーを覚えてさえいれば問題を解くことは難しくありませんでした。ただし、ストーリーを覚えておくにはそこそこの英語力が必要だとは思います。音声を聞きながら問題を解いていく方はなかなか苦しかったのではと思います。
前にも書いたかもしれませんが、最近のPart 3, Part 4は、選択肢を読みながら音声を聞くと高得点を狙うには難しくなってきていると思います。「まず600点が欲しい」くらいの方は、音声を聞きながら選ぶという方法も有効かもしれませんが、700点、800点、900点を狙っていくには、単純なリスニング力を上げて、ストーリーの流れを理解することを心掛けるといいでしょう。
ちなみに、今回は選択肢を見ながらでないと解けないような超詳細問題は出ていません。ざっくりストーリーが頭に入っていれば問題なく解けるものばかりでした。
(グラフィック問題だけは見ながら解く必要がありますが)
あとこれは何となくですが、意図問題に関しては、実は「問われている発言をあまり意識しなくても、流れさえつかめていれば解けるんじゃないか」と思い始めています。誤答選択肢があまりにもありえなさ過ぎて。検証したわけじゃないですけどね。

Part 7について
トリプルパッセージの1セット目がいきなり難しかったです。記事2つ+メールだったと思います。見た目から難しそうな感じだったので、700点~900点くらいの方は、一旦このセットを飛ばす、という判断をした方が多かったかもしれません。

全体について
口語表現が多くなってきましたね。句動詞とか。
口語表現は、どうやって対策すればいいんでしょうかね?
でも、「口語表現が多い」なんて言っても、1テストの中にせいぜい10か所くらいであるような気もするので、特別対策する必要もないかもしれませんね。
普段から色々な英語に触れている人が、この点に関しては少しだけ有利、ということでしょう。

自分について
Part 2で、「WH疑問文がいくつで、その中でストレートな返答がいくつで、平叙文がいくつで・・・」なんて数えていたら、肝心の内容を聞きそびれてしまったりしていました。3問くらい勘で解いてます。Part 1, 3, 4は全問正解だと思うので、もし今回リスニングで満点取れなかったとしたら間違いなくPart 2です。満点だといいなぁと思っています。


4月のTOEIC、結構すぐですね。
4月も受けられる方はまた明日から頑張っていきましょう!


いつもお読みいただきありがとうございます!
よければ応援のクリックお願いします(^^)/

TOEIC ブログランキングへ

第217回TOEIC公開テスト(1月29日) 感想

今日のTOEIC公開テストの感想です。
名古屋の方は皆さん同じテストを受けていると思います。

難易度
全体 普通


リスニング
Part 1 易しい
Part 2 やや難しい
Part 3 普通
Part 4 普通

リーディング
Part 5 普通
Part 6 普通
Part 7 シングル 普通
Part 7 ダブル やや難しい
Part 7 トリプル 普通

※シングル=1つの文書 ダブル=文書が2つ トリプル=文書が3つ

※以下の文章での初級中級上級のくくり
初級者 = TOEIC700点未満の方
中級者 = TOEIC700以上~900未満の方
上級者 = TOEIC900以上の方


Part 1 易しい
特に難しいものはありませんでした。
強いていうなら問題2が難しかったと感じるかたもいるかもしれませんが・・・。
初級者の方も、できれば5問以上正解したいです。
(でもここで2問間違えても、2問だけだからあまり痛くないですが・・・)
上級者は当然全問正解したいレベルです。

Part 2 やや難しい
今日は、WH疑問文で、ストレートな返答の数を数えてみました。
25問中WH疑問文は、9問。
そのうちストレートな回答が正解になったのは1問です。ちなみに1問目。
ストレートな回答というのは、Whereに対して場所、Whoに対して人を答える素直な回答のことです。
なんとまあ。前からこのストレートな回答が減ってきているとは思っていましたが、今回はたった1問・・・。
初級~中級の方は困ってしまったかもしれません。
消去法をしっかり使えば正解にたどり着けたものや、2択に絞り込めた問題はありましたけど。
そのかわり、全体を通して、超難問といえるものは一つもありませんでした。
ストレートではないけど、まあ会話ではこういう返答するよね、くらいのものが多かった印象です。
満点狙いの方は、ミスは1問くらいに抑えたい感じのレベル感ですね。(ニッチな情報)

Part 3 普通
あまり記憶にありませんが、厄介な問題もない代わりに、聞こえた単語がそのまま答え、という問題も少なかったと思います。
言い換えが多かったですが、難しい言い換えではありませんでした。
概要さえきっちり聞き取れれば、正解できるタイプの言い換えですね。
「誰が、何を、なぜ、どこで」話しているのかだけ理解できれば難しくなかったと思います。
それが難しい方は、リスニング力を上げる必要があると思います。
(って当たり前のことを言ってますね(^^;))

Part 4 普通
1セットだけ、やけに早口の人がいましたが、それ以外は普通のスピードだったと思います。
Part 3と同じく、難しい!という問題はありませんでしたが、やはり言い換えは多いです。
でもPart 3と同じく、概要さえ聞き取れれば難しくない問題ばかりでした。

Part 5 普通
今回、語彙問題は30問中10問。
文法問題は20問ありました。
正確に言うと、「文法知識だけで解ける問題」と「文法知識+意味を取るべき問題」を合わせて20問です。
「文法知識+意味を取るべき問題」というのは、接続詞の問題などです。
選択肢が
(A) once 接続詞
(B) even 副詞
(C) therefore 副詞
(D) although 接続詞
となっていて、
問題文: S V 空欄 SV
みたいになってるものなどですね。
上のような場合、答えは(A)と(D)まで文法知識だけで絞れますが、意味を取らないと正解にたどり着けませんね。
そんな感じの文法問題も含めて数えると、文法問題は20問ありました、と言う意味です。
文法問題が多かったのは、多くの受験者にとってラッキーでしたね。
(TOEIC対策をしっかりしている方は、文法問題が得意な方が多いので)
今回のPart 5は時間をかなり稼げたという方が多かったかもしれません。
時間なんて稼げなかった・・・(´・ω・`) という方は、文法問題にじっくり取り組みましょう。

語彙問題も難しいものはありませんでしたし(ひとつTOEICっぽくない語彙もありましたけど)、文法問題もあまり難しくなく、また文ひとつひとつが短かったです。
中級者以上の方はさくさくと解きたいですね。

Part 6 普通
記憶にほとんど残っていません・・・。
4セット目の最後の文挿入だけ私自身が悩んだような・・・。
何を悩んだんだか忘れましたけど。

Part 7 シングル 普通
とても普通でした。
記事も公式問題集の焼き直しみたいな内容だったので、公式をやっていた方なら「はいはい」みたいな感じだったかもしれません。
チャットも今回は分かりやすかったですね。チャット内の意図問題も。

Part 7 ダブル やや難
今回、リーディングではここだけが「ちょっと難しい」と思いました。
文書の内容がわかりにくいセットがありました。
単純に読解力がないとこの問題は中級者の方でもきつかったのではないでしょうか。
上級者の方はここがすんなり解けると、高得点が取れそうです。

Part 7 トリプル 普通
文書がそれぞれ読みやすいものばかりだったため、比較的楽だったと思います。


自分自身は・・・
今日は、Part 6が終わった時点で残り59分。
解き終わったのは終了5分前くらいでした。
(今回はトイレに行っていないのですが、もし行っていたら焦っていたくらいの時間のかかり方です)
多分今回は満点を取れていると思います。
ちょっとホッとしました。


では、TOEICを受験された皆様、お疲れ様でした!
2月は公開テストがないので、3月に向けてじっくり頑張りましょう(^^)/




いつもお読みいただきありがとうございます!
よければ応援のクリックお願いします(^^)/

TOEIC ブログランキングへ

テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

中級→上級レベルのリスニング強化法

英語中級者のリスニング力と、上級者のリスニング力って何が違うと思いますか?

中級者 = TOEIC700点~くらい

上級者 = TOEIC900点~990点以上


だと思ってください。

(私がこのブログで中級とか上級とか言うときには大体の場合こんなレベル感で使っています。
 オフラインで話すときは、中級=500~700点くらいという枠組みで話すことが多いですけど。)



さて、

中級者と上級者のリスニング力を隔てている大きな壁は何か?



それは、

英語の音声を聞いて場面をイメージできる力

だと思います。



他にも色々な要素はあると思いますが、

私は

この「言語のイメージ化」が最大の壁のひとつ

だと思っています。







例えば、TOEIC の問題で下のような文が流れてきたとします。


Are you sure this is the right way to the city hall?






中級者の場合、これを聞くとこんな感じになります↓


2017011401.png






2017011402.png







そして、







上級者の場合、これを聞くとこんな感じになります↓


2017011403.png






2017011436.png







もしくは、こうなります↓


2017011437.png







このように、

中級者と上級者の大きな違いは、言語をイメージ化する能力です。
(う~ん、ちょっと絵が分かりづらいかもですが・・・)


言語を認識して場面や状況をイメージする力の差については、リーディングでも同じことが言えます。

この差は、非常に大きいですよね。




言語をイメージでとらえる = 日本語を介さず理解できる



「英語を英語のまま理解しましょう!」

とよく言われますが、

これは

「英語をイメージ化しましょう」

という意味合いもかなり含まれています。




繰り返しますが、

上級者レベルのリスニング力を身につけるには、

言語をイメージ化する能力を身につける必要がある

んです。






ここで問題なのが、


2017011406.png






とか言うと、






2017011407.png



ってことなんですよ。




「はい、じゃあ絵をイメージしてくださいね~」

って言われて、イメージするのって、結構難しいわけです。






これに対するひとつの対策が、Google画像検索ですね。

単語については、Googleで画像を検索すれば、日本語を介さずに覚えていけます。

特に物理的な名詞には有効ですね。

画像検索の話は今日は深くは触れずにいきますけど。




じゃあ単語以外はどうすればいいのか。

文を聞いたときの脳内イメージはどうやって作るのか。




実は、私がこれまでほとんど話したことがない方法で、

言語をイメージ化するのに非常に役立った方法があります。




今日はそのリスニング強化法について書きます。





ここまで前置きです。





2017011438.png









本日のタイトル画像↓


2017011409.png





やり方はいたってシンプルです。







まず、海外ドラマを見る。


2017011410.png







見るときは、字幕を出す。


2017011411.png



字幕で見るのは、大事です。
このとき、字幕を見ても意味が取れない、
つまり、速読力が全然追いついていない場合は
まだこの方法をするのは早いと思います。

「ちょっと速いけど、なんとかついていける」
「知らない単語もまぁあるけど、大体分かる」
くらいの方なら大丈夫でしょう。






さて、このとき、大事なことがあります。


2017011413.png
(録画ではなく、録音です)










2017011412.png











2017011414.png











2017011439.png








一度動画で見ているので、

セリフに合わせて場面をイメージするのが非常に簡単にできます。







2017011416.png
(音を聞いてるだけです)







2017011417.png
(音を聞いてるだけです)







2017011418.png
(ただひたすら音を聞きます)




以上!







さて、










2017011419.png




この方法のメリットについて少し説明します。






中級者の方が、英語を聞いてそれをイメージ化するとき、

以下の流れをたどることが多いと思います。






①音を聞く


2017011426.png





②脳内で文字に直す


2017011421.png




③ちょっと単語の意味とか文法を考える


2017011423.png





④人によっては日本語訳を考える


2017011422.png





⑤イメージ化する


2017011424.png





個人差はもちろんありますけど、大体こんな感じのことを高速で行う のではないでしょうか。








それが、







「海外ドラマを見る(録音しておく)」
        ↓
「録音した音声を聞く」

という流れをたどると、




まずは場面が頭に残る(視覚の記憶は忘れにくい)ので、



①音声を聞く


2017011420.png








②場面を思い出す(イメージ化する)


2017011425.png



という2ステップに減ります。




音声からイメージへの持っていき方が、全く違いますね。


差は歴然。

(中級者の中でも、留学経験者や、スピーキング先行型学習者などイメージ化が得意な方は、すでに2ステップになっていると思いますが)




普通、動画のない市販のテキストを使って、

「よ~し、英語を聞いてイメージ化するトレーニングをするぞ~」

という場合、


音声→文字→意味解析→イメージ化

という流れをたどると思います。
(私は昔そうでした)




もちろんこれが悪いわけではありません。

こういうトレーニング(というか、学習中の意識?)も必要です。




でも、これにプラスして、

「海外ドラマを見る」+「海外ドラマの音だけ聞く」

という方法を取り入れると、

音声→イメージ化 

という経験がどんどん増えていきます。




つまり、

英語で英語を理解する経験を積むことが可能になります。










英語の上級者は、音声を聞いたらそのまま理解しています。


英語の上級者は、英語を聞いたら場面をイメージしています。




この「言語をイメージ化する力」を上げるのに、


海外ドラマを録音 → 聞く という方法はすごく効率が良い のです。




そして、別視点から見ると、こういうことが言えます。

英語を英語のまま理解する(=イメージ化する)力をつけたい場合、

TOEICの教材だけでやると、すごく効率が悪いです。

だって、TOEICの教材には(Part 1の写真と、図や表以外)ビジュアルがないですからね。


動きもないですし。

(もちろんこれは、TOEICだけじゃなくて、英検とか全てのテストにあてはまりますよ。)






ただ、この方法、少し注意点があります。

「海外ドラマを字幕で見て、音声だけ聞く」という方法は、

おそらく中級者以上でないと効果が出にくいという点です。



英語字幕で1回(数回でも大丈夫)ドラマを見て、

あまり理解できなかった場合、

音声だけを聞いてもイメージ化するのが難しいからです。


目安は、TOEICでいうと700点くらい以上の中級者から

なのではないかなと思っています。


私自身がこの方法を始めたのも、TOEIC730点のころです。

それからもう10年近くやりつづけています。






ところで、実はこの勉強法、

今まであまり「こういう風に勉強してきたよ~」って言ったことがなかったんですけど、

それは、

この方法は自分としては、勉強ではなく、ただの暇つぶしだから

です。





カナダでワーホリをしていた時に、サウスパークをよく見ていたという話は結構しますが、



サウスパークを見ていた時に、ふと思ったんですよ。


2017011427.png








その結果、結構音声だけでも楽しめることに気づいたんです。


2017011428.png





その後、サウスパークをICレコーダーでたくさん録音して、

暇なときはいつでも聞く習慣がつきました。

なんせ、楽しいですからね。

好きなドラマって、音声だけでも楽しめます。
(サウスパークはドラマというくくりじゃないですけど)







カナダにいた時はこんな感じのICレコーダー↓を使っていたんですが、









日本に帰ってきてからはこんなものを見つけました↓



パソコン上で出る音ならどんな音でも録音できてしまうソフトです。

ICレコーダーで録音するとどうしても雑音が入るのですが、このソフトならクリアな音声で録音できます。





私は日本に帰ってきて以来、

これで録音したものをiPodに入れて暇なときに聞いてます。








電車の中や、電車待ちの時も、


2017011430.png









道を歩いている時とか


2017011429.png









インフルになった時なんかも、めっちゃ便利でしたね。

画面を見るほど元気じゃないけど、寝ながら目をつぶって聞いてても楽しめる。


2017011431.png




病気になった時、それまで録音してたものを一気に聞いたりします。

見たことのあるエピソード(回)だけを録音しているので、イメージはすぐ沸きます。

だから、寝ながら聞いていても結構鮮明にサウスパークのシーンがイメージできて、

脳内映画館状態を満喫できます。








そんなこんなで、

サウスパークは好きなエピソードだと何十回も聞いています。


2017011432.png


他にも、フレンズも60話分くらい入ってます。

フレンズも、シーズンによっては20回~30回くらい聞いてます。






これらを常に聞いているので、

リスニング力が落ちることはあまり心配していません。






しかも自分はこの方法、

勉強だと認識していないので、

楽しみながらリスニング力維持ができ一石二鳥


なんです。







ちょっと自分の話になってしまったので、最後に

この勉強法?暇つぶし法?のまとめ↓



2017011433.png










2017011434.png





慣れるまでは、海外ドラマを字幕付きで何度か見てから、

音声だけに切り替えるといいと思います。

ビジュアル(場面やストーリー)をある程度覚えるために。



数回見ただけではストーリーを理解できない!という初級者の方は、

ストーリー理解ができるようになるまで(多少楽しめるようになるまで)は

普通のTOEIC教材などで勉強する必要があると思います。

そういう座学ももちろん必要ですよね。







というわけで、


今日の記事はえらく長くなりましたが(^^;) 以上です!


2017011435.png


付け足し

言語 → イメージ化

リーディングにおけるこの回路を作るのにも、実はほぼ同じ方法が使えます。

海外ドラマを見る → スクリプトを読んで場面をイメージ

ってやればいいだけです。

こうすると、「文字 → イメージ」 という回路ができますよ~(^^)/

(スクリプトは、大体ネットで検索すれば手に入ります。 英語で 【transcript + ドラマのタイトル】 でググれば。)



お読みいただきありがとうございます!
ランキング応援のクリック↓頂けると大変うれしいですm(__)m

英語 ブログランキングへ

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

第216回 TOEIC公開テスト結果

20170105score.png

これで、

2016年は一年を通して全ての回で満点達成!(^^)!

ついでに、通算40回の満点を達成\(^o^)/



12月はダメかと思っていたのですが、なんとか満点取れました。

1年を通しての全回満点と40回目の満点もかかっていたので、プレッシャーもかかっていましたし( ;∀;)


ともあれ、満点は取れましたが自分の英語力はまだまだです。

2017年も頑張っていきま~す(^^)


あけましておめでとうございます!
よければ応援のクリックお願いします(^^)/

TOEIC ブログランキングへ


テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

年末年始スカイプ模試のお誘い②

一昨日の記事で参加してくださる方を募ったスカイプ模試についてです。

詳細 → 年末年始スカイプ模試のお誘い

思っていたよりも参加して頂ける方が多くなってきました。

ありがとうございますm(__)m

そこで、やはり参加者の数は10名までとしたいと思います。
私を含めず10人です。

スカイプで話すのに、10人以上だとちょっと不安だからです。スカイプ模試初めてですし・・・。



現在(12/29 12:00)の状況はこんな感じです↓

①12月28日 20:00 (終了)
使用模試↓


参加者7名




②12月29日 9:00 (終了)
使用模試↓


参加者5名




③12月31日 10:00 (終了)
使用模試↓


参加者8名 




④12月31日 13:00 (終了)
使用模試↓


満席です。ありがとうございますm(__)m 




⑤12月31日 14:30 (終了)
使用模試↓


満席です。ありがとうございますm(__)m 




⑥12月31日 16:00 (終了)
使用模試↓


満席です。ありがとうございますm(__)m 



1/1 元旦 13:00 ~ 16:00 (終了)

使用模試↓


参加者3名




⑦1月3日 9:00 (終了)
使用模試↓


参加者5名




⑧1月3日 13:00 (終了)
使用模試↓


参加者5名









こんな感じです。

監修させて頂いた身なので、だけもんに多く参加して頂けるのは素直に嬉しいです(^^)
ありがとうございますm(__)m



それ以外の日(特に⑨)もまだまだ募集中です。
多分5人くらいになるのがちょうどいいような気もします。


今回は、完全にただの思いつきでやってみただけなので、

今後私がスカイプ模試をする機会はもうないかもしれませんよ。

(とか自分で言ってみる)

迷っている方は、是非。




参加ご希望の方は、昨日の記事「年末年始スカイプ模試のお誘い」の内容を読んでお申込みくださいm(__)m



よろしくお願いいたします(^^)/



いつもお読みいただきありがとうございます!
よければ応援のクリックお願いします(^^)/

TOEIC ブログランキングへ

テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

年末年始スカイプ模試のお誘い

こんにちは。

年末年始で、以下の模試を解きます。


    


    


だけもん以外は、

せっかく買ったものの攻略法だけ読んで問題を解いてないもの

です。

年末年始のお休みを利用して、一気に解こうと思いたちました。

一人で模試を解くより、どなたかと一緒にやりたいなと思っています。

ご興味のあるかたは、ツイッター上のDMもしくはこのブログの右下の方にあるメールフォームからご連絡ください。



【参加資格】
① スカイプでお話できる方
② 参加する日程で使用する模試を持っている方
(参加する日の模試だけ持っていれば大丈夫)
※ スコア制限はありません

【定員】
決めていませんが、10人くらいで締め切ります。
(でも年末年始にそんなに人は集まらないと思うので、実質定員はないようなものです)
予想外に、多くの方に参加を希望頂いています。ありがとうございますm(__)m

【年末年始スカイプ模試に参加する方のメリット】
質問があれば、私が全部答えます。時間が余れば、模試以外の質問でもOK。


【私にとってのメリット】
寂しくない。


【注意点】
だけもん以外は、私も初めて解きます。質問に答える時に、辞書引きながら答えるかもしれません。
つまり、授業やセミナーと違って、効率よく教えられるわけではありません。


【スカイプ模試の手順(予定)】
① スカイプをつないで挨拶(2~3分)
② スカイプを切って、各自で模試を解く
③ 各自で間違った箇所の確認(ここで質問があるか確認してください)
④ スカイプをつないで全員で振り返り(ディスカッションみたいになると思います)


【スケジュール(予定)】

① TOEIC TEST模試特急新形式対策


12/28 20:00 ~ 23:00 (終了しました)




② TOEICテスト新形式完全攻略模試


12/29 9:00~12:00 (終了しました)





③ だけもんR テスト2


12/31 10:00~12:00 終了しました。




④ だけもんL テスト2 (この回は募集を締め切りました)


12/31 13:00~14:30 終了しました。





⑤ だけもんL テスト3 (この回は募集を締め切りました)


12/31 14:30~16:00 終了しました。





⑥ だけもんR テスト3 (この回は募集を締め切りました)


12/31 16:00~18:00 終了しました。




⑨ 新形式対応TOEICテスト リアル予想問題集


1/1 元旦 13:00 ~ 16:00 終了しました。





⑦ TOEICテスト完全教本新形式問題対応 テスト1


1/3 9:00~12:00 終了しました。





⑧ TOEICテスト完全教本新形式問題対応 テスト2


1/3 13:00~16:00 終了しました。








※ 時間を細かく決めていますが、模試解きの時間以外は柔軟にやろうと思っています。



※各模試は、日程の前日までにひとりも参加希望者がいない場合、中止します(自分ひとりで解きます)。
例えば、①12/28の模試に参加したいという申し込みは12/27までで切らせてもらいます。
誰もいない場合は、このブログ記事から当該日程の情報を消していきます。
ただし、おひとりでも参加して頂ける方がいた場合、追加の参加申し込みは当日でもOKとします。

※ 私の勝手な都合によりキャンセルになる可能性もゼロではありません。
年末年始なので。
その場合は参加者のかたに直接連絡します。
多分大丈夫だと思いますが・・・。


ご興味のあるかたは、ツイッター上のDMもしくはこのブログの右側にあるメールフォームからご連絡ください。




以下コピペできるテンプレと、記入例

お名前(ハンドルネーム):
参加希望の模試:
TOEICスコア:(任意です)
スカイプID:
メールアドレス:
メッセージ:

記入例
お名前(ハンドルネーム):Jet Bull
参加希望の模試:①~⑨全部
TOEICスコア:990(任意です)
スカイプID:jetbull.com(←このskype IDは私の本当のIDではありません)
メールアドレス:jetbull@jetbull.com(←これも私のメアドではありません。メールフォームから連絡頂けるかたは、メアドをお願いします。twitterのDMから連絡頂ける方は不要です。)
メッセージ:がんばりま~す。(←任意)


以上です。





いつもお読みいただきありがとうございます!
よければ応援のクリックお願いします(^^)/

TOEIC ブログランキングへ

テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

Jun本発売!!!

2016121401.png






↑本当の表紙







2016121402.png







2016121403.png







2016121404.png







2016121405.png







2016121406.png






2016121409.png







2016121408.png










お読みいただきありがとうございます!
ランキング応援のクリック↓頂けると大変うれしいですm(__)m

英語 ブログランキングへ

テーマ : 資格
ジャンル : 学校・教育

第215回 TOEIC公開テスト結果

20161212toeicscore.png


ε-(´∀`*)ホッ


なんか画像がカクカクしてますが( ;∀;)

頑張ってるといいことありますね。

こうなると、12月の結果がちょっと不安ですが(^^;)


いつもお読みいただきありがとうございます!
よければ応援のクリックお願いします(^^)/

TOEIC ブログランキングへ

テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

第216回TOEIC公開テスト(12月11日) 感想

今日も名古屋でTOEIC公開テストを受験してきました。

おそらく名古屋で受けた方は同じテストを受けていると思います。
(TOEICの公開テストは、全国統一のテストではなく、受験会場により多少別の問題が入ったテストがあります。形式はおなじですが。名古屋で使われているものは基本的に1種類のテストですが、東京などでは数種類のテストが使われるようです。)

ちなみに、今回私が受けたテストは、Part 1で「女の人がパソコンか何かを操作しながら(うろ覚え)電話をしている写真」が出ているフォームでした。

前回に続けて、ちょっと難しいなと感じたのですが、これは私の英語力が落ちている可能性も否めないので、難易度は参考程度に。

全体難易度 やや難

リスニング
Part 1 普通
Part 2 やや難
Part 3 普通
Part 4 やや難

リーディング
Part 5 普通
Part 6 やや難
Part 7 シングルパッセージ やや難
Part 7 ダブルパッセージ 普通
Part 7 トリプルパッセージ 普通

※シングル=1つの文書 ダブル=文書が2つ トリプル=文書が3つ

※以下の文章での初級中級上級のくくり
初級者 = TOEIC700点未満の方
中級者 = TOEIC700以上~900未満の方
上級者 = TOEIC900以上の方

Part 1 普通
特にひねった問題はありませんでした。モノが主語でめちゃ短い正解とかありましたが。
相変わらず使われている単語は代り映えがしませんね。つまり、金フレのPart 1の章とか、Part 1, 2 特化の本でしっかり対策されている方は今回は困っていないはずです。中級以上の方は、全問正解したいですね。

Part 2 やや難
ひねった問題が今回は非常に多かったです。25問しかないのに、7~8問は、質問に直接的に答えていない問題が出ていました。これは前回もそうでした。う~ん、今後この「質問に直接答えない応答」が正解になる問題が増えていく可能性は高そうですね。いやまぁ、結構前から言われてはいましたが。ということは、文をひとつひとつしっかり理解する力が求められているのに加え、状況を想像する力も必要になってきているということです。おそらく上級者はこのような力もついていると思うのですが、中級者の方は苦しいと感じたかもしれません。

Part 3 普通
内容としては難しくない問題が多かったと思うのですが、設問文や選択肢が長いものが多かった印象です。先読みで遅れてしまった方も多かったかもしれません。

Part 4 やや難
Part 3と同じく、設問文や選択肢に長いものが多かったです。また、序盤の4セット目くらいで意外に難しい内容のトークが出てきたので、ちょっと難しく感じました。(普通は難しい内容のトークは後半に出てくるので。)
そういえば、図表問題(グラフィック問題)に、人の絵が入っていました(笑)難易度には関係ありませんが。
あと、Part 4では新形式に入ってから、「え、そんなシチュエーションのトークを出すの?」みたいな面白いものがちょこちょこ出ています。今日も個人的には2セットそういうものがありました。海外ドラマやNHKの英語学習系番組などでもいいのですが、色々な状況のトーク(スピーチとかアナウンスとか)に慣れている人はちょっとだけ有利かもしれませんね

Part 5 普通
序盤に文法問題が多かったでしょうか。
文法問題以外でも読ませる問題(文法構造的にちょっとだけ読みにくくなっている文)が少し多めだったと思います。これらの問題は、ぱっと見は単語さえ知っていれば解けそうにおもえます。しかし実際はしっかり文法を理解できる(文法用語を知っているという意味ではなく、単純に文が理解できるという意味で)力が必要です。
そういえば、Part 5の文法問題はある程度範囲が決まっていますが、こういう「読むための文法」ってそれより少し範囲が広いです。

Part 6 やや難
1セット、内容自体が難しい問題があり、内容をしっかり理解しないと解きづらいだろうと思うものがあったので、やや難にしています。そのセット以外は印象に残っていないので普通だと思いますが。

Part 7 シングルパッセージ
自分はよく「シングルパッセージは、後半に行くに従ってどんどん難しくなっていく」と言うのですが、今回も前回もこの法則が当てはまっていませんでした。中盤の方が後半よりも難しかったです。このあたりの問題は初級者中級者の方はとりあえず飛ばしてもいいと思います。具体的に言うと、articleの問題ですね。articleには文の位置選択問題も含まれることがあるので、余計に初級者の方にはつらかっただろうと思います。今後は、シングルパッセージは問題の順番で難易度を予測するよりも、セットごとに難易度の判断をして「しっかり読んで解く」のか「捨てる」のかをその都度判断していく必要がありそうです。

Part 7 ダブルパッセージ&トリプルパッセージ 
あまり印象に残っていないので、難易度は普通だと思います。ダブルとトリプルは、文の量はシングルパッセージよりも多いことがほとんどだと思うのですが、問題としての難易度で考えると、今回のダブルトリプルはシングルのarticle問題より簡単だったと思います。
ということは、リーディングで100問しっかり読んで解けるレベルの方(多分950以上の超上級者)以外の方は、基本的にはシングルパッセージの難易度の判断がかなり大事と考えることもできますね。シングルの難しい問題でハマッてしまうよりは、ダブルトリプルで正答率を上げた方がスコアは上げやすいでしょう。



私に関しては、今回は、う~ん・・・
リスニングは途中で集中が途切れて適当にマークしてしまったものが3問ほどあったのですが、どうも正解だったということがあるので、ラッキー満点取れている気がします。
リーディングは、1問はミス。これは読み方が甘かったです。他にも1~2問はミスしているかもしれません、わかりませんが。
というわけで、今回満点かどうかは正直五分五分です。取れてるといいなぁ。
というか明日は11月のTOEICの結果発表(゚Д゚;)
満点取れてるのだろうか・・・(´・ω・`)


感想は以上です!



いつもお読みいただきありがとうございます!
よければ応援のクリックお願いします(^^)/

TOEIC ブログランキングへ

テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

だけもんL/R

非常に唐突なんですが、

今度、私の監修したTOEIC問題集が出ます。


【新形式問題対応】 TOEIC(R)テスト リーディングだけ 300問


【新形式問題対応/CD-ROM付】 TOEIC(R)テスト リスニングだけ 300問



通称「だけもん L/R」

だそうです。

(ってことは、リーディングが「だけもんリーディング」、リスニングが「だけもんリスニング」なのかな・・・?)


「だけもんリーディング」の監修は、天満嗣雄先生です。

「だけもんリスニング」の監修が私です。




この問題集の原著は、ハッカーズ語学研究所の本です。

当ブログの読者の方の中には、ハッカーズのことをご存じの方も多いですよね、多分。

ハッカーズは、TOEIC大国の韓国で人気No.1と言われる、TOEIC問題制作機関です。


実は、

日本版を出版するから、解説してみませんか?

とアルクの方に声をかけて頂いていました。





原書の中から、特に良いなと思ったものを選んで解説してね(^^)/

そう言われた私は原書のハッカーズのテストを解いたのですが・・・
(ちなみに、このお仕事の関連で、ハッカーズだけでなく、他の韓国の出版社の書籍もだいぶ解きました)


今回、改めてハッカーズの問題を解いてみて率直に思ったことが3点。

① 確かにTOEICの公開テストで出るであろう問題が網羅されてる。

② しかも本番で迷うであろう問題がたくさん出てる。

③ ちょっと攻めてる部分があって面白い。




さて、解説をして出版することを考えた時、

気になったことが2点

ありました。

1つ目:自分が実際に解いたとき、答えを選ぶのに迷った問題がかなりあったこと。

実は、TOEICのリスニングで自分が迷う問題って、ほぼありません。
出なくはないんですけど、出ても1問。ゼロの時もあります。
(単純に集中力が切れて聞いてないから答えを選べない問題はありますけど、迷う問題はほぼないってことです)


で、そのレベルの問題が結構あったんです。

あ、これはTOEIC990とかその上を目指す人の本だ・・・さすがハッカーズ、って感じですね。

でもそれをババーンと売り出すことに抵抗があったんです。


例えば現在TOEIC600点くらいの人が何も知らずにこの問題を解いて、

ホゲー!!(゚Д゚;)

TOEIC難しすぎる!!(゚Д゚;)

もういやだーーーーーーー( ;∀;)

ってならないかな、って心配になったんです。
(これは余計なお世話かもしれませんが)

上級者の高地トレーニングにはなると思ったんですけどね。心配性なんです。

これが1点目。気になったというか、心配になった点です。



2点目:上で書いた「ちょっと攻めてて面白い」という点。

何がって、

単語やフレーズのチョイスが、攻めてて面白い

と思ったんです。

最近、私が解いてても「え、そういうのも出るの?」って思う単語やフレーズが、TOEICの公開テストで出てます。
新形式になったことが関係しているかもしれませんね。
口語表現的なものがよく出てるなと思います。

それを考えた時に、「今後出てきそうだな~」と思える単語やフレーズが、このハッカーズの原書にたくさん入ってたんですよ。

こういう表現覚えたら、強いよね!的な。

これに関しては、その「攻めてる部分」をそのままにしておきたい。

だってそれを身につけたら、スコアアップとか英語力アップにつながりますからね。




さてさて、アルクの編集の方に言われたのは、「多少は問題に手を入れてもいいですよ」ってことでした。

で、私がしたことは、

攻めてる部分(表現や言い回し)はそのままに、しかし自分が迷ったような問題はなくす

でした。

そういう風に問題に手を入れた部分が結構あります。


だから、今回の「だけもんリスニング」には、

私が本番で迷うレベルの問題はひとつも入っていません。

(難しい問題を解きたいんだ、という上級者の方には申し訳ないですが。)

でも言い方を変えると、

リスニング満点取得者や、満点を狙っている人なら
全問正解を目指してほしいレベルの問題集


になってます。
(Lの満点取得者の方が全問正解じゃなかったら、ちょっと焦って欲しいくらい)



もしそういう上級者の方が本書をやって頂けるのであれば、とりあえず全問正解して、自信を持って頂いて、そのうえで復習して頂きたいです。

だって、「100問全問正解=英語が全部理解できている」ってことじゃないことが多いですしね。
(これは本番のTOEICも一緒ですね)

せっかく今後出てきそうな面白い表現があるので、

知らなかった表現に蛍光ペンで印をつけたりメモったり、

その部分をシャドウイングや音読してみたり、

しっかり復習してみてください。

内容が自分の身になっていきますから。





私自身の学習方針でもあるんですけど、

復習は本当に大事

「問題を解くだけ解いて復習はしない」とかもったいない

と思ってます。
(このブログの読者の方は多分、復習は大事だと思ってらっしゃると思うんですけど、オフラインでは「復習って、した方がいいんですか?」って聞かれることが多いんです・・・)

問題集は、どう復習するかでその後の英語力アップ、スコアアップに大きく差がでます。



上級者だけでなく、いやむしろ中級者くらいで壁に当たってる人にこそ、音読・シャドウイングなどの復習をしてほしいと思っています。

この本で音読やシャドウイングをやれば、ちゃんとTOEICのスコアはアップしますよ。



以上、ダラダラっと書きましたが、ここまで書いたことは、本の「はじめに」と、「本書のお薦め活用術」というページにまとめてあります。

「本書のお薦め活用術」ページは、「しっかり復習してほしいな」という思いを込めて書きました。




あとは、中級者くらいの方に役立ててもらえるのでは、と思うのは、「パート別攻略法」です。

「パート別攻略法」は、中級者の方向けに書きました。

ここには「解き方」を書いたので、実際に問題を解く前に読んで、解き方を試してみるといいかなと思います。

な~んて、ここまで書いてみると、
まるで私一人で全部やったみたいに見えますが、そんなことはないです。






実はTTT修了生の先生方に、がっつり関わって頂いています。
※TTT = TOEIC® Teacher’s Training(TOEIC®テストスコアアップ指導者養成講座)
ヒロ前田先生とロバート・ヒルキ先生が講師を勤めています。実は私も修了生。

TTTの先生方には解説を書いて頂いただけでなく、「こうしたらもっと本物のTOEICに近い」という提案をたくさん頂きました。
さらに、私が変更した問題に鋭いツッコミが入ったり。
突っ込まれて突っ込まれて・・・( ;∀;)
みたいなときもありました。



というわけで、TTTの先生方の完璧なバックアップがありました。ありがたや。

英文校正をして頂いたのも、TTT修了生でもあるTOEICに詳しいネイティブの先生。ありがたや。




この事実を踏まえて、



「だけもんリスニング」の帯を勝手に作ると


dakemonL20161209.png

こんな感じです。
(本物はこんな帯じゃないですよ、一応。)



私が監修の
だけもんリスニング



天満先生が監修の
だけもんリーディング



12月19日、2冊同時発売予定です。

どうぞよろしくお願いしますm(__)m





いつもお読みいただきありがとうございます!
よければ応援のクリックお願いします(^^)/

TOEIC ブログランキングへ

テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

英語力アップ、魔法の方法(多分前例はない)

いきなりですが、実はここしばらく、

英語力アップしてる感覚があまりありません。

いや、学習は続けているので、語彙力がアップしたとか、そういうことはあります。

音読もしてますしね。

多分、前よりスピーキングも上手になったような・・・。

英語を教える仕事をしているので、嫌でも(どちらかというと好きですが)英語に触れていますし。


でも、そういうのじゃないんですよ。


なんかこう、

ビューーーーーン!!

って、英語力を伸ばしたいのですよ。


あれ?気づいたらTOEFL満点取れちゃった\(^o^)/ 的な。


そんな魔法みたいな方法ないかな~、と思ったんです。
↑高額な教材を買いそうな雰囲気



今、自分が英語学習を1時間やったとして、英語力の伸びは1なんです。

10時間やったら、そのまま10伸びる感じですね。

地味なんですよ。伸び方が。

いやまあ、少しずつ伸びてるからいいじゃん!って思うかもですが、

これをもっとこう、ビューーーーーーン!!って伸ばしたいのです。
↑ボキャ貧・・・


なんとなく、今のペースで勉強を続けていても、TOEFL満点にしばらく届かない感じがするんですよね。英検も。

そこをなんとか、

1時間英語の学習をしたら英語力が2上がる、みたいに、

勉強の効率をもっともっと上げたいんです。







とはいえ、これまでも勉強をするときは常に効率を考えてきました。

自分の勉強方法、結構効率はいいと思います。(自分で言うのもなんですけど)

だから、勉強法を変えるというのがなんかピンとこないのです。





で、

これまで全く自分が手を付けていない方法があることに気づいたんです。



それは、



自分の頭自体を良くする

ってことです!!
(ババーーーン!!)



多分、自分より頭が良い人って、

自分が100回とか音読して暗唱してる文章を、

50回くらいで暗唱できちゃうと思うんですよ。


この差は大きい。

頭良くするしかない( ;∀;)

そして、頭が良くなったら、50回の音読で文章が暗唱できるはず!(知らんけど)


というわけで、twitterでは少しつぶやいたりしていますが、しばらく英語学習はお休みしています。

といっても、自分が英語学習とみなしているのって、音読からの暗唱と、単語暗記だけなので、それをしばらくお休みするだけです。

海外ドラマは毎日1時間くらい見ますし、
TOEICも受けますし、
英検も受けますし(あ、でも英検直前には単語の復習くらいはする予定)、
FMLを読んだりもしますし、
授業準備もありますし、
たまには洋書を読もうとして挫折したりしますし(挫折するまでがお約束)、
英語には触れていくんですけど。

お休みするのは、英語力をがっつりアップさせたい系の音読+単語暗記です。




そ、それはともかく、自分は頭をよくしたいってことですよ!

その後に英語を勉強すれば魔法のように伸びる(気がする)んです!





じゃあ、何をやるのかってことなのですが、

中学高校の5教科を勉強することにしました。

ただの勘なんですけど、

中高の5教科を真面目に勉強したら、頭が良くなる

気がするんです。




そんなわけで、数日前から、算数の勉強を始めました。

いや、自分、高校時代にすごく理系科目が苦手だったのです。

だからまずは理系分野から入ろうと。

中学の数学は難しすぎる(というか、xとyを見たら吐き気が・・・)ので、小学校の算数から始めました。

使ったのは、これ↓







そして、既に終わりました\(^o^)/



2016120502.gif





というわけで、これからは中学校の数学をマスターします。




ちゅ、中学校ならまだなんとかいけるよね・・・。

2016120503.gif



英語の勉強せずに数学って、

それは現実逃避

じゃないのか、って?


う~ん・・・


まあ人生、長いからそんな時もありますよね(^^;)


でも、頭が良くなったら、英語がもっとできるようになる気もするんですよね・・・(´・ω・`)


中学校卒業レベルまでは、頑張りたい・・・。
(既に挫折気味)





2016120501.png



お読みいただきありがとうございます!
ランキング応援のクリック↓頂けると大変うれしいですm(__)m  (英語学習からそれてますけど)

英語 ブログランキングへ

テーマ : 一人言
ジャンル : 学校・教育

第215回 TOEIC公開テスト(11月20日) 感想

TOEIC受験お疲れ様でした。

私も、いつも通り名古屋の会場で受験してきました。

名古屋で受けた方は同じテストを受けていると思います。
(TOEICの公開テストは、全国統一のテストではなく、受験会場によって出題されている問題が違うことがあります)



全体難易度 非常に難しい

リスニング
Part 1 普通~やや難
Part 2 難
Part 3 難
Part 4 やや難

リーディング
Part 5 難
Part 6 やや難
Part 7 難


※以下の文章での初級中級上級のくくり
初級者 = TOEIC700点未満の方
中級者 = TOEIC700以上~900未満の方
上級者 = TOEIC900以上の方

Part 1
写真を見た瞬間に「あ!男性がベンチに座って電話しているからA man is talking on the phone.かA man is sitting on a benchだな!」みたいなボーナス問題がありませんでした。
写真から予想した描写文がことごとく外れた、という初~中級者の方が多かったのではないかと思います。
ひとつひとつの文を落ち着いて聞き、写真と照らし合わせる必要のある問題ばかりでした。
描写文に使用されている単語や文のレベルが高いわけではありませんので、Part 1対策の書籍で対策している人であれば問題のないレベルでしょう。
ちなみに、よくPart 1の対策として言われている(し、自分もよく言う)「写真に写っていない単語が聞こえたら不正解である可能性が高い」という法則を外した問題もありました。

Part 2
冒頭だけを聞き取ってスパッと答えられる問題があまり多く出題されませんでした。
Yes/Noで答えられる質問(Yes/No疑問文や付加疑問文、否定疑問文)に対して直接答えを言っていないものが正解になるなど、話者の意図をしっかりくみ取るということが要求される問題が多くありました。
英文を聞いて「どのような状況でこの発言をしているのか」までイメージしないと正解を選べない問題もあり、難しかったと言えます。
つまり今回は、これまでのセオリー通りに解ける問題が少なく、単純にリスニング力のある人が正解数を伸ばせたということですね。
初級者の中では差はつかないと思いますが、中級者~上級者の中で差がつくと思います。
いつも映像付きで英語を学習している人は、比較的楽だったのではないでしょうか。
(テレビの英語教育番組とか、海外ドラマとかのことです)

Part 3とPart 4
Part 3では3人の会話が2セット出ていました。そのどちらも話の内容がややこしく、ストーリーを追うのに苦労しました。
Part 3、Part 4を通して、会話やトークの内容を追うのが難しい問題多数でした。
また、この二つのパートでは以前ではあまり出題されていなかったシチュエーション(TOEICを毎回受けている人にとって「こういう話は珍しい」と思えるもの)が出題されています。言い切っていいかどうかはわかりませんが、会話やトークのバリエーションが増えている気がします

Part 5とPart 6
どちらのパートも、語法やコロケーションを問う問題が難しかったですね。
選択肢にある単語が難しいわけでも、文全体が難しいわけでもないのに「選びにくい」問題が多くありました。
ちなみに、『語法やコロケーションを問う問題』というカテゴリーの問題があるわけではなく、これらは私が語法の知識やコロケーションの知識を活かして解いた問題、という意味です。
簡単な例を挙げます。
He ------- in the event.
(A) attended
(B) participated
この問題は、意味だけを考えると「彼はイベントに参加した」という文がどちらも成立してしまうのですが、「attendは後ろに直接目的語を取る」+「participate in ~ = ~に参加する」という知識を使うと正解を絞ることができます。こういうものを語法の問題、と自分が勝手に呼んでいるだけです。
コロケーションというのは・・・パッと思いつかないので日本語で問題を作りますが、
毎日、彼は日記を-------。
(A) つけている
(B) 記入している
みたいな問題ですかね。日記は「記入する」というよりは「つける」ものですよね。
上の二つの簡単な例題は、カテゴライズすると一般には「語彙問題」に分類されると思うのですが、私は勝手に「語法の問題」とか「コロケーションの問題」とか言うときがあります。で、今回はそういう感じの問題で難しい問題が多かったですね。
Part 5は私は難しく感じたのですが、実は初級~中級の人は難しく感じなかったかもしれません。あと差もつかないと思います。ここで差がつくのは上級者ですね、おそらく。
ちなみにPart 6の文挿入問題は、それほど難しい問題はなかったと思います。

Part 7 
シングルパッセージの序盤は普通の難易度だと思いましたが、中盤から一気に難易度が上がりました。記事がいくつも続いたというのもありますね。
これはダブルパッセージもトリプルパッセージも共通ですが、単純に「読みにくい」文章が多かったです。単純に読解力が必要とされる問題が多かったということですね。
これは、一文一文が長くなっていて読みにくかったのか、はたまた内容がイメージしにくかったから読みにくかったのか、いやいや使用されている語彙が難しかったから読みにくかったのか、どれが原因かを詳しく見直す時間がありませんでしたが、多分全部ですね。
重箱の隅をつつくようなひねくれた問題はなく、「ちゃんと英文を読んでいるか」を試す問題が多かったという印象です。そのため、中級者の方で「ゆっくりで、解ける問題が少なくても正答率を上げる」という人と「スピード重視で読み飛ばす」人の間で差がついてしまったかもしれません。(今回の場合は、スピード重視で読み飛ばすとちょっと辛い)
そういえば、Part 7で「お、新形式?」と思えた問題もありました。この問題は特に難しいわけではありませんでしたが、「この文章にタイトルを付けるとしたらどれでしょう?」みたいな問題が出ていました(問題文はもう少し別の聞き方でしたが)。多分、これまでのTOEICでは出なかったタイプの問題だと思います。


全体的に、今までのTOEICとちょっと違うな~と思った回でした。

今回のTOEIC「だけ」から思いついた、いわゆるTOEIC対策以外にお勧めの勉強法(中級者以上向け)↓
リスニングで話者の意図をくみ取る必要の問題が増えているので、英会話系の書籍を読んだり、海外ドラマや映画など(簡単なもの)を見て口語的な表現を学んでおくといいと思います。(そういえばPart 7のLINEっぽい文章の中でも、主語の省略された口語の文が出ていました。問題には絡んでいませんでしたけど)


感想は以上です!


いつもお読みいただきありがとうございます!
よければ応援のクリックお願いします(^^)/

TOEIC ブログランキングへ

テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

2016年第2回 英検1級 2次試験 結果

eikenresult20161115.png

ライティングとスピーキングのスコアが・・・

なんという純日本人(;゚Д゚)



2次試験は、ほぼ予想通りでした!
(予想よりほんの少し高かったです!)

というか、この点数だと、

仮にリスニングとリーディングが満点だった場合、

850+850+688+613=3001

ぎりぎり3000点達成可能


というレベル感ですね。

なるほど~。

なお、次回1月の英検は、準1級とダブル受験します!


お読みいただきありがとうございます!
ランキング応援のクリック↓頂けると大変うれしいですm(__)m

英語 ブログランキングへ

テーマ : 資格
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

Jet Bull

Author:Jet Bull
TOEICは満点ですが、まだまだ英語学習は続けています。
このブログは現在、主にTOEICの受験の感想をアップしています。


自分自身の学習を継続しながら、名古屋(金山駅付近)にてTOEICスクールも運営しています。
学校ホームページ
学校ブログ

最近は付和雷同。英語講師迷走日記。というブログに、英語講師として(主に英語講師の方向けに)記事を書いています。


↑監修させて頂いた通称「だけ問L」


↑執筆協力させて頂いた通称「澤トレ」


↑こっそ~り執筆協力

現在C2プロジェクトに参加中。

過去のTOEICなどの成績↓
【TOEIC公開テスト】
2009/03 965(L485 R480)
2010/01 965(L480 R485)
2010/10 990
2011/01 990
2011/06 990
2011/07 990
2012/01 990
2012/07 990
2012/10 980(L490 R490)
2012/11 990
2013/01 985(L495 R490)
2013/03 985(L495 R490)
2013/04 985(L495 R490)
2013/05 990
2013/06 990
2013/07 990
2013/09 990
2013/10 990
2013/11 990
2014/01 990!全問正解!
2014/03 985(L495 R490)
2014/04 990!全問正解!
2014/05 990!全問正解!
2014/06 990!全問正解!
2014/07 990 アビメ100%
2014/09 990 アビメ100%
2014/10 990
2014/11 990
2014/12 990 アビメ100%
2015/01 病欠orz
2015/03 985(L495 R490)
2015/04 990
2015/05 990 アビメ100%
2015/06 990
2015/07 990 アビメ100%
2015/09 990
2015/10 990
2015/11 990
2015/12 990 アビメ100%
2016/01 990
2016/03 990 アビメ100%
2016/04 990
2016/05 990 アビメ100%
2016/06 990
2016/07 990
2016/09 990
2016/10 990
2016/11 990 アビメ100%
2016/12 990
2017/01 990 アビメ100%
2017/03 990 アビメ100%
2017/04 990
2017/05 990
2017/06 990


(以下は認定証紛失し、捜索中)
2002年頃 330
2005年頃 455
2007/03 730
2008/03 730
2009/01 965

【TOEIC SWテスト】
2012/03 S170 W200
2012/09 S180 W190
2012/11 S180 W190
2013/02 S190 W180
2013/04 S190 W190
2013/08 S200 W190

(認定証紛失分、捜索中)
2010/08 S140 W180(うろ覚え)

【TOEFL iBT】
2014/06 109
2014/07 101

【英検】
2010/3 1級及び準1級合格
2015/1 1級及び準1級合格
2015/2 1級2次不合格(55)
2015/3 1級1次合格 2次辞退
2016/1 1級1次合格 2次辞退
2016/2 1級合格

カテゴリ
Bull Twitter
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる