スコアに差がつくノートの取り方

子どもを教えていると、

成績が上がりやすい子のノートの取り方



成績がなかなか上がらない子のノートの取り方

があることに気が付きます。

なんだ、子どものことか

と思うかもしれませんが、

大人の方にも当てはまります。





英語指導をしていて、

正しいノートの取り方が、学生時代に習慣づかなかったのだな

と強く感じます。


これは、どちらかというと

このノートの取り方をすれば効率が良くなる!!

ではなく

そのノートの取り方だと頭に入らなくない?

という話です。





できている人は無意識にできています。

恐ろしいことに、できていない方も無意識なので、何も気づいていない

のです。




あまりにも基本的なことだと個人的には思っていたので、

ちょっとネットで検索してみたのですが、どうもヒットしません。
(検索ワードの入れ方がまずいのかな?)

これって小学校とかで指導されるよね?

っていうものです。
(多分小学校とか中学校の先生は知ってるはず・・・塾の先生も知ってるのでは)




正しいノートの取り方をできていない人は、ものすごく損をしています。








かなり引っ張りましたが、ここから本題です。

notetaking1013.jpg






せっかくなので、自己診断できる形にしてみます。

診断すると、自分のノートの取り方が正しいかどうか分かります。

気になる方は、是非試してください。

診断: この下の英文を、ノートに写してみてください。
(ただ筆写するだけで大丈夫です)










The cat and kitten were both eating supper and Marian was watching them.









はい、書けましたか?

めちゃ単純ですよね。








では診断の結果です。





今上の文をノートに写したとき、


notetaking21013.jpg
こうなっていましたか?






それとも







notetaking31013.jpg
こうなっていましたか?





後者のように「手元を見ながら」英文を書いた人は、勉強効率がとても良いです。
(効率が良いというか、その人にとってはそれが普通なんですが)

前者のように「画面を見ながら」「手元を見ずに」英文を書いた方は、要注意です。




いつも手元を見て書いている方は、

手元を見ずにノート取る人なんているの?

っていう感じだと思うんです。



でも、画面を見っぱなしでただノートに書き写した方は、

え?手元を見ないことの何がだめなの?

と感じると思うんです。

というか

そんなこと意識したことなかった

と思うかもしれません。










もう一度確認しますね。



黒板、パソコン、参考書、何にせよ、何かをノートに書き写すときに
notetaking41013.jpg
このように自分が書く手元を見ずに書く人は、超超超要注意です。





notetaking51013.jpg
書くときに、書いている手元を見ているこっちの人は大丈夫です。









物を写すときに、手元を見ずに書くスタイルの何がいけないのか?

notetaking41013.jpg
こっちの人の方がアホっぽく見えるとか(失礼)そういうことで言っているわけではありません。







手元を見ずに、写す対象を見ながらノートを書く場合、

写すものから目を離さないので、瞬間的に記憶することがありません。

見たものをそのまま書くだけです。

学習という観点で考えると、これは非常にもったいないのです。




何かを筆写するとき、写す対象から目を離して書くという行為には、

ほんの数秒、記憶するというプロセスが伴います。

何かを学ぶときに、「記憶する」というプロセスを組み込むことはとても大事です。

記憶することは、自分が理解することにもつながります。






手元を見ずにノートを取るというのは、

学習のチャンスを無意識のうちに放棄しているようなものです。










以前に、大学生20人くらいのクラスでテキストのページを指定し、

「そのページの英文を全部書き写してみて」と指示して観察していたところ、

手元を見ながら書いていた大学生は半分くらいでした。




大学で「手元を見てノートを取りなさい」なんて指導されることはあまりないでしょうから、

もしその時私が何も言わなかった場合、彼らは社会人になっても手元を見ずにノートを書いていたことでしょう。

(私が言ったことを忘れる子もいるでしょうから、そういう子は今後も手元を見ずにノートを書くでしょうけど)




だから、社会人の半数くらいの方も手元を見ずにノートを取っていると予想しています。

実際、私の生徒さんの中でも手元を見て書く人と、手元を見ずに書く人の割合は半々くらいです。



これまで子どもをそれなりにたくさん(数十人でなく数百人の単位で)教えてきました。

成績が伸び悩む子の中に、手元を見ずにノートをとる癖がある場合が多いです。

もちろん、成績は良いけど、手元を見ずにノートを取る子も多少います。

でも、成績の良さに比例して、手元を見ずにノートを取る子が減っていくんです。





とても小さな習慣の話です。

でも、習慣が積み重なって、テストの成績に大きな影響を及ぼすのです。

特に、子どもの場合は、ノートを取るという行為が学校において頻繁に要求されるので、分かりやすいのです。





これまでそんなこと意識してなかった、という方は、

英文等を筆写する際には、書いている方の手元を見るように心がけましょう。



ちなみに、手元を見ながらノートを取る習慣がついたら、少しずつ筆写する量を増やすようにするといいです。
単語単位で書き写すのか、フレーズ単位か、文単位で一気に書き写すのかによっても、学習の効果が違います。
短期的に記憶する量を増やせば増やすほど、英語力が上がりやすいです。
私は、英文の筆写は文単位でします。短い文なら、2文単位くらいで書き写します。


まあ、最近の学習のトレンドからいくと、社会人の方はあまり何かをノートに写すということをしないかもしれませんから、その場合はこの記事は役立たずかもしれません。




でも、もしこの記事を読んだ方にお子さんがいる場合、

一度お子さんがノートに何かを書き写しているときに

notetaking51013.jpg
このように「手元を見て書いている」か、




notetaking41013.jpg
このように「手元を見ずに書いている」か



チェックしてあげてください、ほんとに。




お子さんの一生に関わります。




ノートを取るときの視線の対象を「黒板」から「手元」に変えたことで、成績が上がる子どもは結構います。





お読みいただきありがとうございます!
ランキング応援のクリック↓頂けると大変うれしいですm(__)m

英語 ブログランキングへ

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

No title

これめっちゃおもしろいすごく参考になりました。
僕は基本は手元を見ている方だとは思うんですが、
(そう信じたい笑)
焦っている時とかは見ないで書いてたりしていることにBullさんのおかげで気づきました。
そして勘違いでないことを祈るばかりですが、そんな時はやはり定着が悪いような感覚がやはりあることにこの記事で気づきました。
これからからの授業のメモ取るのが楽しみです!←単純笑
さっそく今日から試してみます!!

Re: No title

>>Salah.さん

コメントありがとうございます(^^)/

多分、Salah.さんは、手元見て書いてると思いますよ~。
(ってか、今手元見てなくてそれだけできるなら、地アタマ良過ぎですw)

でも意識してみるといいかもしれないですね。
出来上がりのボディを意識してする筋トレは、イメージせずにする筋トレよりも効果がありますからね。
↑多分バキか何かの知識w

No title

面白いですね。
子供に聞いてみました。
やっぱり手元を見ないこともあるみたいです。びっくりです。
でも、汚くなってしまうので結局書き直す事が多いとのこと。

どうして手元を見ないかというと、PCでのブラインドタッチによる
ノート取りの経験が原因みたいですね。(PCでは入力の結果を
画面で確認しながらノート取りできるから問題ないわけですが。)

Re: No title

>>NPさん

コメントありがとうございます!

結構、「どっちでもない(意識していない)」という人は多いと思います。

個人的には
手元を見てノートを取る行為自体は勉強になる(あとから見直すかどうかに関わらず)
手元を見ずにノートを取ることは勉強にならないので、後から見直さないのであれば(手元を見ずに)ノートを取ることに意味はない
と思っています。

多分一番いいのは、手元を見てノートを取り、後から見直す、ですね。
それか最初っから頭に叩き込むつもりでノートを取らない、というのも方法ですが。(実際そういう人もいると思います)

パソコンの影響で、ノートの取り方が変わるというのは面白いですね!
プロフィール

Jet Bull

Author:Jet Bull
TOEICは満点ですが、まだまだ英語学習は続けています。
このブログは現在、主にTOEICの受験の感想をアップしています。


自分自身の学習を継続しながら、名古屋(金山駅付近)にてTOEICスクールも運営しています。
学校ホームページ
学校ブログ

最近は付和雷同。英語講師迷走日記。というブログに、英語講師として(主に英語講師の方向けに)記事を書いています。



↑監修させて頂いた通称「だけ問L」


↑執筆協力させて頂いた通称「澤トレ」

現在C2プロジェクトに参加中。

過去のTOEICなどの成績↓
【TOEIC公開テスト】
2009/03 965(L485 R480)
2010/01 965(L480 R485)
2010/10 990
2011/01 990
2011/06 990
2011/07 990
2012/01 990
2012/07 990
2012/10 980(L490 R490)
2012/11 990
2013/01 985(L495 R490)
2013/03 985(L495 R490)
2013/04 985(L495 R490)
2013/05 990
2013/06 990
2013/07 990
2013/09 990
2013/10 990
2013/11 990
2014/01 990!全問正解!
2014/03 985(L495 R490)
2014/04 990!全問正解!
2014/05 990!全問正解!
2014/06 990!全問正解!
2014/07 990 アビメ100%
2014/09 990 アビメ100%
2014/10 990
2014/11 990
2014/12 990 アビメ100%
2015/01 病欠orz
2015/03 985(L495 R490)
2015/04 990
2015/05 990 アビメ100%
2015/06 990
2015/07 990 アビメ100%
2015/09 990
2015/10 990
2015/11 990
2015/12 990 アビメ100%
2016/01 990
2016/03 990 アビメ100%
2016/04 990
2016/05 990 アビメ100%
2016/06 990
2016/07 990
2016/09 990
2016/10 990
2016/11 990 アビメ100%
2016/12 990
2017/01 990 アビメ100%
2017/03 990 アビメ100%
2017/04 990

(以下は認定証紛失し、捜索中)
2002年頃 330
2005年頃 455
2007/03 730
2008/03 730
2009/01 965

【TOEIC SWテスト】
2012/03 S170 W200
2012/09 S180 W190
2012/11 S180 W190
2013/02 S190 W180
2013/04 S190 W190
2013/08 S200 W190

(認定証紛失分、捜索中)
2010/08 S140 W180(うろ覚え)

【TOEFL iBT】
2014/06 109
2014/07 101

【英検】
2010/3 1級及び準1級合格
2015/1 1級及び準1級合格
2015/2 1級2次不合格(55)
2015/3 1級1次合格 2次辞退
2016/1 1級1次合格 2次辞退
2016/2 1級合格

カテゴリ
Bull Twitter
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる