暗唱し直し。

1年くらい前?に暗唱したスピーチを、最近暗唱し直しています。

使っているのは、これ↓



前回は全部で30個くらい暗唱したのですが、

そのうちの15個くらいをここ最近で暗唱し直しました。


1年前でも、一度暗唱したものはすぐに思い出せます。

初めてこれらのスピーチを暗唱するのは、なんだかんだで30分くらいかかっていたような記憶があるんですが、

二度目になると10分くらい、ものによっては5分くらいで暗唱できます。

暗唱はいいですね!

まるで自分の英語がネイティブ並みに上達したようなような気分になれます!(^^)!



復習って大事だな、というのも実感。






お読みいただきありがとうございます!
ランキング応援のクリック↓頂けると大変うれしいですm(__)m

英語 ブログランキングへ

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

年末年始スカイプ模試のお誘い②

一昨日の記事で参加してくださる方を募ったスカイプ模試についてです。

詳細 → 年末年始スカイプ模試のお誘い

思っていたよりも参加して頂ける方が多くなってきました。

ありがとうございますm(__)m

そこで、やはり参加者の数は10名までとしたいと思います。
私を含めず10人です。

スカイプで話すのに、10人以上だとちょっと不安だからです。スカイプ模試初めてですし・・・。



現在(12/29 12:00)の状況はこんな感じです↓

①12月28日 20:00 (終了)
使用模試↓


参加者7名




②12月29日 9:00 (終了)
使用模試↓


参加者5名




③12月31日 10:00 (終了)
使用模試↓


参加者8名 




④12月31日 13:00 (終了)
使用模試↓


満席です。ありがとうございますm(__)m 




⑤12月31日 14:30 (終了)
使用模試↓


満席です。ありがとうございますm(__)m 




⑥12月31日 16:00 (終了)
使用模試↓


満席です。ありがとうございますm(__)m 



1/1 元旦 13:00 ~ 16:00 (終了)

使用模試↓


参加者3名




⑦1月3日 9:00 (終了)
使用模試↓


参加者5名




⑧1月3日 13:00 (終了)
使用模試↓


参加者5名









こんな感じです。

監修させて頂いた身なので、だけもんに多く参加して頂けるのは素直に嬉しいです(^^)
ありがとうございますm(__)m



それ以外の日(特に⑨)もまだまだ募集中です。
多分5人くらいになるのがちょうどいいような気もします。


今回は、完全にただの思いつきでやってみただけなので、

今後私がスカイプ模試をする機会はもうないかもしれませんよ。

(とか自分で言ってみる)

迷っている方は、是非。




参加ご希望の方は、昨日の記事「年末年始スカイプ模試のお誘い」の内容を読んでお申込みくださいm(__)m



よろしくお願いいたします(^^)/



いつもお読みいただきありがとうございます!
よければ応援のクリックお願いします(^^)/

TOEIC ブログランキングへ

テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

年末年始スカイプ模試のお誘い

こんにちは。

年末年始で、以下の模試を解きます。


    


    


だけもん以外は、

せっかく買ったものの攻略法だけ読んで問題を解いてないもの

です。

年末年始のお休みを利用して、一気に解こうと思いたちました。

一人で模試を解くより、どなたかと一緒にやりたいなと思っています。

ご興味のあるかたは、ツイッター上のDMもしくはこのブログの右下の方にあるメールフォームからご連絡ください。



【参加資格】
① スカイプでお話できる方
② 参加する日程で使用する模試を持っている方
(参加する日の模試だけ持っていれば大丈夫)
※ スコア制限はありません

【定員】
決めていませんが、10人くらいで締め切ります。
(でも年末年始にそんなに人は集まらないと思うので、実質定員はないようなものです)
予想外に、多くの方に参加を希望頂いています。ありがとうございますm(__)m

【年末年始スカイプ模試に参加する方のメリット】
質問があれば、私が全部答えます。時間が余れば、模試以外の質問でもOK。


【私にとってのメリット】
寂しくない。


【注意点】
だけもん以外は、私も初めて解きます。質問に答える時に、辞書引きながら答えるかもしれません。
つまり、授業やセミナーと違って、効率よく教えられるわけではありません。


【スカイプ模試の手順(予定)】
① スカイプをつないで挨拶(2~3分)
② スカイプを切って、各自で模試を解く
③ 各自で間違った箇所の確認(ここで質問があるか確認してください)
④ スカイプをつないで全員で振り返り(ディスカッションみたいになると思います)


【スケジュール(予定)】

① TOEIC TEST模試特急新形式対策


12/28 20:00 ~ 23:00 (終了しました)




② TOEICテスト新形式完全攻略模試


12/29 9:00~12:00 (終了しました)





③ だけもんR テスト2


12/31 10:00~12:00 終了しました。




④ だけもんL テスト2 (この回は募集を締め切りました)


12/31 13:00~14:30 終了しました。





⑤ だけもんL テスト3 (この回は募集を締め切りました)


12/31 14:30~16:00 終了しました。





⑥ だけもんR テスト3 (この回は募集を締め切りました)


12/31 16:00~18:00 終了しました。




⑨ 新形式対応TOEICテスト リアル予想問題集


1/1 元旦 13:00 ~ 16:00 終了しました。





⑦ TOEICテスト完全教本新形式問題対応 テスト1


1/3 9:00~12:00 終了しました。





⑧ TOEICテスト完全教本新形式問題対応 テスト2


1/3 13:00~16:00 終了しました。








※ 時間を細かく決めていますが、模試解きの時間以外は柔軟にやろうと思っています。



※各模試は、日程の前日までにひとりも参加希望者がいない場合、中止します(自分ひとりで解きます)。
例えば、①12/28の模試に参加したいという申し込みは12/27までで切らせてもらいます。
誰もいない場合は、このブログ記事から当該日程の情報を消していきます。
ただし、おひとりでも参加して頂ける方がいた場合、追加の参加申し込みは当日でもOKとします。

※ 私の勝手な都合によりキャンセルになる可能性もゼロではありません。
年末年始なので。
その場合は参加者のかたに直接連絡します。
多分大丈夫だと思いますが・・・。


ご興味のあるかたは、ツイッター上のDMもしくはこのブログの右側にあるメールフォームからご連絡ください。




以下コピペできるテンプレと、記入例

お名前(ハンドルネーム):
参加希望の模試:
TOEICスコア:(任意です)
スカイプID:
メールアドレス:
メッセージ:

記入例
お名前(ハンドルネーム):Jet Bull
参加希望の模試:①~⑨全部
TOEICスコア:990(任意です)
スカイプID:jetbull.com(←このskype IDは私の本当のIDではありません)
メールアドレス:jetbull@jetbull.com(←これも私のメアドではありません。メールフォームから連絡頂けるかたは、メアドをお願いします。twitterのDMから連絡頂ける方は不要です。)
メッセージ:がんばりま~す。(←任意)


以上です。





いつもお読みいただきありがとうございます!
よければ応援のクリックお願いします(^^)/

TOEIC ブログランキングへ

テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

だけもんL/R

非常に唐突なんですが、

今度、私の監修したTOEIC問題集が出ます。


【新形式問題対応】 TOEIC(R)テスト リーディングだけ 300問


【新形式問題対応/CD-ROM付】 TOEIC(R)テスト リスニングだけ 300問



通称「だけもん L/R」

だそうです。

(ってことは、リーディングが「だけもんリーディング」、リスニングが「だけもんリスニング」なのかな・・・?)


「だけもんリーディング」の監修は、天満嗣雄先生です。

「だけもんリスニング」の監修が私です。




この問題集の原著は、ハッカーズ語学研究所の本です。

当ブログの読者の方の中には、ハッカーズのことをご存じの方も多いですよね、多分。

ハッカーズは、TOEIC大国の韓国で人気No.1と言われる、TOEIC問題制作機関です。


実は、

日本版を出版するから、解説してみませんか?

とアルクの方に声をかけて頂いていました。





原書の中から、特に良いなと思ったものを選んで解説してね(^^)/

そう言われた私は原書のハッカーズのテストを解いたのですが・・・
(ちなみに、このお仕事の関連で、ハッカーズだけでなく、他の韓国の出版社の書籍もだいぶ解きました)


今回、改めてハッカーズの問題を解いてみて率直に思ったことが3点。

① 確かにTOEICの公開テストで出るであろう問題が網羅されてる。

② しかも本番で迷うであろう問題がたくさん出てる。

③ ちょっと攻めてる部分があって面白い。




さて、解説をして出版することを考えた時、

気になったことが2点

ありました。

1つ目:自分が実際に解いたとき、答えを選ぶのに迷った問題がかなりあったこと。

実は、TOEICのリスニングで自分が迷う問題って、ほぼありません。
出なくはないんですけど、出ても1問。ゼロの時もあります。
(単純に集中力が切れて聞いてないから答えを選べない問題はありますけど、迷う問題はほぼないってことです)


で、そのレベルの問題が結構あったんです。

あ、これはTOEIC990とかその上を目指す人の本だ・・・さすがハッカーズ、って感じですね。

でもそれをババーンと売り出すことに抵抗があったんです。


例えば現在TOEIC600点くらいの人が何も知らずにこの問題を解いて、

ホゲー!!(゚Д゚;)

TOEIC難しすぎる!!(゚Д゚;)

もういやだーーーーーーー( ;∀;)

ってならないかな、って心配になったんです。
(これは余計なお世話かもしれませんが)

上級者の高地トレーニングにはなると思ったんですけどね。心配性なんです。

これが1点目。気になったというか、心配になった点です。



2点目:上で書いた「ちょっと攻めてて面白い」という点。

何がって、

単語やフレーズのチョイスが、攻めてて面白い

と思ったんです。

最近、私が解いてても「え、そういうのも出るの?」って思う単語やフレーズが、TOEICの公開テストで出てます。
新形式になったことが関係しているかもしれませんね。
口語表現的なものがよく出てるなと思います。

それを考えた時に、「今後出てきそうだな~」と思える単語やフレーズが、このハッカーズの原書にたくさん入ってたんですよ。

こういう表現覚えたら、強いよね!的な。

これに関しては、その「攻めてる部分」をそのままにしておきたい。

だってそれを身につけたら、スコアアップとか英語力アップにつながりますからね。




さてさて、アルクの編集の方に言われたのは、「多少は問題に手を入れてもいいですよ」ってことでした。

で、私がしたことは、

攻めてる部分(表現や言い回し)はそのままに、しかし自分が迷ったような問題はなくす

でした。

そういう風に問題に手を入れた部分が結構あります。


だから、今回の「だけもんリスニング」には、

私が本番で迷うレベルの問題はひとつも入っていません。

(難しい問題を解きたいんだ、という上級者の方には申し訳ないですが。)

でも言い方を変えると、

リスニング満点取得者や、満点を狙っている人なら
全問正解を目指してほしいレベルの問題集


になってます。
(Lの満点取得者の方が全問正解じゃなかったら、ちょっと焦って欲しいくらい)



もしそういう上級者の方が本書をやって頂けるのであれば、とりあえず全問正解して、自信を持って頂いて、そのうえで復習して頂きたいです。

だって、「100問全問正解=英語が全部理解できている」ってことじゃないことが多いですしね。
(これは本番のTOEICも一緒ですね)

せっかく今後出てきそうな面白い表現があるので、

知らなかった表現に蛍光ペンで印をつけたりメモったり、

その部分をシャドウイングや音読してみたり、

しっかり復習してみてください。

内容が自分の身になっていきますから。





私自身の学習方針でもあるんですけど、

復習は本当に大事

「問題を解くだけ解いて復習はしない」とかもったいない

と思ってます。
(このブログの読者の方は多分、復習は大事だと思ってらっしゃると思うんですけど、オフラインでは「復習って、した方がいいんですか?」って聞かれることが多いんです・・・)

問題集は、どう復習するかでその後の英語力アップ、スコアアップに大きく差がでます。



上級者だけでなく、いやむしろ中級者くらいで壁に当たってる人にこそ、音読・シャドウイングなどの復習をしてほしいと思っています。

この本で音読やシャドウイングをやれば、ちゃんとTOEICのスコアはアップしますよ。



以上、ダラダラっと書きましたが、ここまで書いたことは、本の「はじめに」と、「本書のお薦め活用術」というページにまとめてあります。

「本書のお薦め活用術」ページは、「しっかり復習してほしいな」という思いを込めて書きました。




あとは、中級者くらいの方に役立ててもらえるのでは、と思うのは、「パート別攻略法」です。

「パート別攻略法」は、中級者の方向けに書きました。

ここには「解き方」を書いたので、実際に問題を解く前に読んで、解き方を試してみるといいかなと思います。

な~んて、ここまで書いてみると、
まるで私一人で全部やったみたいに見えますが、そんなことはないです。






実はTTT修了生の先生方に、がっつり関わって頂いています。
※TTT = TOEIC® Teacher’s Training(TOEIC®テストスコアアップ指導者養成講座)
ヒロ前田先生とロバート・ヒルキ先生が講師を勤めています。実は私も修了生。

TTTの先生方には解説を書いて頂いただけでなく、「こうしたらもっと本物のTOEICに近い」という提案をたくさん頂きました。
さらに、私が変更した問題に鋭いツッコミが入ったり。
突っ込まれて突っ込まれて・・・( ;∀;)
みたいなときもありました。



というわけで、TTTの先生方の完璧なバックアップがありました。ありがたや。

英文校正をして頂いたのも、TTT修了生でもあるTOEICに詳しいネイティブの先生。ありがたや。




この事実を踏まえて、



「だけもんリスニング」の帯を勝手に作ると


dakemonL20161209.png

こんな感じです。
(本物はこんな帯じゃないですよ、一応。)



私が監修の
だけもんリスニング



天満先生が監修の
だけもんリーディング



12月19日、2冊同時発売予定です。

どうぞよろしくお願いしますm(__)m





いつもお読みいただきありがとうございます!
よければ応援のクリックお願いします(^^)/

TOEIC ブログランキングへ

テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

英語力アップ、魔法の方法(多分前例はない)

いきなりですが、実はここしばらく、

英語力アップしてる感覚があまりありません。

いや、学習は続けているので、語彙力がアップしたとか、そういうことはあります。

音読もしてますしね。

多分、前よりスピーキングも上手になったような・・・。

英語を教える仕事をしているので、嫌でも(どちらかというと好きですが)英語に触れていますし。


でも、そういうのじゃないんですよ。


なんかこう、

ビューーーーーン!!

って、英語力を伸ばしたいのですよ。


あれ?気づいたらTOEFL満点取れちゃった\(^o^)/ 的な。


そんな魔法みたいな方法ないかな~、と思ったんです。
↑高額な教材を買いそうな雰囲気



今、自分が英語学習を1時間やったとして、英語力の伸びは1なんです。

10時間やったら、そのまま10伸びる感じですね。

地味なんですよ。伸び方が。

いやまあ、少しずつ伸びてるからいいじゃん!って思うかもですが、

これをもっとこう、ビューーーーーーン!!って伸ばしたいのです。
↑ボキャ貧・・・


なんとなく、今のペースで勉強を続けていても、TOEFL満点にしばらく届かない感じがするんですよね。英検も。

そこをなんとか、

1時間英語の学習をしたら英語力が2上がる、みたいに、

勉強の効率をもっともっと上げたいんです。







とはいえ、これまでも勉強をするときは常に効率を考えてきました。

自分の勉強方法、結構効率はいいと思います。(自分で言うのもなんですけど)

だから、勉強法を変えるというのがなんかピンとこないのです。





で、

これまで全く自分が手を付けていない方法があることに気づいたんです。



それは、



自分の頭自体を良くする

ってことです!!
(ババーーーン!!)



多分、自分より頭が良い人って、

自分が100回とか音読して暗唱してる文章を、

50回くらいで暗唱できちゃうと思うんですよ。


この差は大きい。

頭良くするしかない( ;∀;)

そして、頭が良くなったら、50回の音読で文章が暗唱できるはず!(知らんけど)


というわけで、twitterでは少しつぶやいたりしていますが、しばらく英語学習はお休みしています。

といっても、自分が英語学習とみなしているのって、音読からの暗唱と、単語暗記だけなので、それをしばらくお休みするだけです。

海外ドラマは毎日1時間くらい見ますし、
TOEICも受けますし、
英検も受けますし(あ、でも英検直前には単語の復習くらいはする予定)、
FMLを読んだりもしますし、
授業準備もありますし、
たまには洋書を読もうとして挫折したりしますし(挫折するまでがお約束)、
英語には触れていくんですけど。

お休みするのは、英語力をがっつりアップさせたい系の音読+単語暗記です。




そ、それはともかく、自分は頭をよくしたいってことですよ!

その後に英語を勉強すれば魔法のように伸びる(気がする)んです!





じゃあ、何をやるのかってことなのですが、

中学高校の5教科を勉強することにしました。

ただの勘なんですけど、

中高の5教科を真面目に勉強したら、頭が良くなる

気がするんです。




そんなわけで、数日前から、算数の勉強を始めました。

いや、自分、高校時代にすごく理系科目が苦手だったのです。

だからまずは理系分野から入ろうと。

中学の数学は難しすぎる(というか、xとyを見たら吐き気が・・・)ので、小学校の算数から始めました。

使ったのは、これ↓







そして、既に終わりました\(^o^)/



2016120502.gif





というわけで、これからは中学校の数学をマスターします。




ちゅ、中学校ならまだなんとかいけるよね・・・。

2016120503.gif



英語の勉強せずに数学って、

それは現実逃避

じゃないのか、って?


う~ん・・・


まあ人生、長いからそんな時もありますよね(^^;)


でも、頭が良くなったら、英語がもっとできるようになる気もするんですよね・・・(´・ω・`)


中学校卒業レベルまでは、頑張りたい・・・。
(既に挫折気味)





2016120501.png



お読みいただきありがとうございます!
ランキング応援のクリック↓頂けると大変うれしいですm(__)m  (英語学習からそれてますけど)

英語 ブログランキングへ

テーマ : 一人言
ジャンル : 学校・教育

ちょっとブログ改装中

実は少しずつ、過去のブログを見直して、書き直したり、カテゴリを変えたりしています。

2年前の記事とか、読んでて恥ずかしいようなこと書いてました(;^ω^)

TOEICの形式も変わったり、自分のハンドルネームも変わったりしているので、現在の状況に合うように変えています。

ついでに、ほんと~~~~~~~にどうでもいい記事は、削除してます。

記事がありすぎて、自分が見直すのも億劫になる量なので((+_+))


さて、今書き直ししているのは、以前「TOEICに絶対出る単語」カテゴリに入っていたものです。

読んでて面白くなかったので、

ちょっと役に立つように書き直しています。

いや、書き直すというか、もはや新しい記事書いてるくらい跡形もないですけど。

このカテゴリに入っていた記事って、ブログ始めたころに「ブログって何を書けばいいんや~」と思いながら試行錯誤していた時期のものなんです。

だから、ほんとにただ「〇〇っていう単語は出ますよ!」くらいしか書いてない(;゚Д゚)

とはいえ、相変わらずまだ出てくる単語もあるので、放置しておくのも少しもったいないかな、と思ったんです。

で、TOEIC頻出単語クイズに全部書き直す予定です。
(最近あまり出なくなった単語の記事は発見し次第削除予定)

クイズっていうか、Part 5形式のものが多いですけど。

前置きが長くなりましたが、とりあえず7記事作りました。

TOEIC頻出単語クイズ①

TOEIC頻出単語クイズ②

TOEIC頻出単語クイズ③

TOEIC頻出単語クイズ④

TOEIC頻出単語クイズ⑤

TOEIC頻出単語クイズ⑥

TOEIC頻出単語クイズ⑦


対象レベルはTOEICスコア700くらいまでの方です。
(今後もその予定。上級者の方は、復習にはなると思います)

よかったらチャレンジしてみてくださいね(^^)/


いつもお読みいただきありがとうございます!
よければ応援のクリックお願いします(^^)/

TOEIC ブログランキングへ

テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

「ペラペラなんですか?」という質問

ここしばらくあまり勉強していませんでしたが、また勉強を再開しました。

全く予想していなかったんですが、英語のスピーキングをする必要が出たからです。

スピーキングをするのは、ほんとに久しぶりです。

うまくしゃべれるか甚だ疑問です。

しかもしばらくの間、英語といえば海外ドラマを見てたくらいですから。

困った困った。


というわけでちょっとやる気を出して音読を毎日しています。




さて、先日、とある飲み会でのことです。


その飲み会は、知り合いの知り合いが主催した飲み会だったのですが、どうも人数が足りなかったらしく、

ブルちゃん行ってみたら?

といわれて参加したものでした。

だから、初めて会う方がほとんどでした。

でも、会場に着いてみると、

自分以外の参加者はすでに和気あいあいしてるんです。

みんな知り合いっぽい・・・。

ちょっと居づらい・・・(´-ω-`)←プチコミュ症なので

そんな私を見かねて、主催者の方が、

あ、みんなごめんね~、今日来てくれたブルさんです!
英語教えてて、TOEIC満点なんですって!


と紹介してくれました。

この紹介のおかげで、プチコミュ症の私もなんとか話の輪に加わることができました。

そして気を遣ってくれた参加者の方が色々私に質問してくれるんです。

それはありがたいんですよ。非常に。

なんせ自分は無口ですから。

しかし、質問してくれる方も私のことを「英語の先生」としか知らないわけで、自然に質問がそっち方面になるんですよね。


英語の先生なんですか~。すごいですね~!
ペラペラなんですか?

とか聞いてくるんです。


この質問って、実はめちゃくちゃ答えにくい質問だと思うんです。

一応、英語を教えてますからね。

いやいや、全然、ペラペラなんてとんでもない!!

とか言いづらいんですよ。

講師なのにそんなに否定するとは、嫌味か!

とか思われかねないですからね。


かといって、

そうなんですよ~。実はペラペラなんです(^_-)-☆

とかも言いづらいじゃないですか。

日本人ですから。



それに

「ペラペラ」ってどんな状態だ。

とか

ペラペラっていう表現は昭和の言葉ではないのか。

などの疑問もあるわけですよ。後者は関係ないけど。



まあその時、

ペラペラなんですか?

って聞かれたときは

え?あぁ、はい。ペラペラなんです。デュフフ。

って鮮やかに返事をしたんですけどね。



まあこのように、

聞かれたら返事に困る質問

ってちょこちょこあります。


映画が字幕なしで理解できるんですか?
(一応字幕なしでも概要は分かるけど、多分半分くらいしかわかってない)

とか

英語ができると旅行どこでも行けますね!
どこに行ったことがあるんですか?

(別に海外旅行が趣味ではないので、カナダくらいしかない)

とか

英語ができると、ネイティブの友達がたくさんいるんですよね?
(そんなにいない。というか日本語の方ができるけど日本人の友達も少ない)

とかですね。いろいろあるわけです。



個人的には、

ペラペラなんですよね?という質問は

英語講師が聞かれると困る質問ベスト5

くらいには入ると思うんです。



こういう雑誌↓がありますけど・・・。











こういう雑誌↓があってもいいと思うんですよ。

koushiguide20161001.png



誰か作ってください。


いつもお読みいただきありがとうございます!
よければ応援のクリック↓お願いします(^^)/

英語 ブログランキングへ

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

台風一家

ここ最近、台風が多いですね。
タイフウイッカと聞いて『台風一家』と勘違いしていた子供時代を送った人は多いと思います。
そんなことを考えていたら、英語に関しての勘違いを思い出しました。

私の好きなテレビ番組のひとつに、South Parkというアニメがあります。
比較的スピーキングスピードが速い割りに、独特な声ではっきりと発音してくれるためリスニング素材としては悪くないと思います。
8年前、ワーホリでカナダに滞在していた頃、South Parkを見るのが日課でした。

ある時、こんな場面がありました。
登場人物の一人が慌てて話しており、どうも説明が要領を得ない。
これにイライラした主人公、
Wait, wait. Let me get this tree.
と言った後、相手の言ったことを、「こういうことだよね?」とまとめました。

ここでLet me get this tree.という表現は、「ちょっとまとめさせて」という意味だと判断しました。
直訳すると、「この木を私に取らせてくれ」です。
気になったので、Let me get this tree.というイディオムがないか調べてみたのですが、見つかりませんでした。
しかし上述のSouth Parkの話の流れを見て、「ちょっとまとめさせて」という意味だったことは確信していましたから、「辞書に載っていなくてもいいか」と思ってそのままにしました。

「話がとっちらかる様子」を、「木がどんどん枝分かれして収集がつかなくなる様子」に見立て、比喩的に「その木を私に取らせてくれ。私が剪定しよう」、つまり「そのぐっちゃぐちゃな話のまとめは私が引き受けた」と表現したフレーズ、それがLet me get this tree.だ。
こういう風に想像しました。

とてもイメージしやすく、Let me get this tree.という表現が気に入ったので、その日から何度か使いました。
主に当時通っていた語学学校のクラスの中でです。
Let me get this tree.という表現を使って、それまでに話し合われていた内容をまとめる。
先生も「うんうん」みたいな感じでうなずく。

さて、それからしばらくたって、カナダ生まれのネイティブスピーカーとランゲージエクスチェンジを始めました。
私は日本語を教え、相手は英語を教えてくれました。
そんな時に、ふとあのフレーズが気になって確認してみたんです。
Let me get this tree.って、「話をまとめさせてくれ」みたいな意味だよね?と。
相手も「まあ大体そんな意味だね」と答えました。
「やっぱそうだよね。でも、辞書にもネットにも載ってないんだよね。そんなことって珍しいからさ」と私は言いました。
「え?いや、辞書はともかく、ネットには絶対載ってるでしょ。よく使うフレーズだし」と驚く相手。
私は「載ってないよ。結構調べたから間違いない」と主張。
どちらも譲らず、結局ネットで調べることにしました。
そしてなんと、彼女がパソコンで検索したらすぐにひっかかったのです。
「ね!やっぱりあるじゃない!どこのネットを調べてたの?」と、画面を見せてくれました。
画面の検索ボックスに打ち込まれていたフレーズは、私の思っていたものと違いました。
Let me get this straight.

Let me get this straight.を、ずっとLet me get this tree.だと勘違いしていたわけです。
しかも、自分がLet me get this tree.と言った時も、聞き手は勝手にLet me get this straight.と聞き取っていたようです。
検索ボックスを見た後に「え?Let me get this tree.だと思ってた!!」と何度か言ってみたのですが、「そう、だから、Let me get this straight.でしょ。あったでしょ」と返される始末で、しばらく彼女には「this straightをthis treeだと勘違いしていた」ことが分かってもらえませんでした。
最終的には紙に書いて私の勘違いを理解してもらえましたが。

こういうことがあって、「発音がいい加減でも通じることはある」ということと、「文脈って大事」だということを実感として理解できました。

あの時Let me get this tree.のことを質問していなかったら、今でもLet me get this tree.だと思っていたかもしれません。
しかも問題なく。

タイフウイッカのことも、「台風一家」だと思ったまま過ごしている人もいるかもしれませんね。


お読みいただきありがとうございます!
ランキング応援のクリック↓頂けると大変うれしいですm(__)m

英語 ブログランキングへ

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

『どうやって英語を聞いてるんですか?』

『どうやって英語を聞けば理解できるんだろう?』

英語学習をしていると、こういう疑問を持つことがあります。
TOEICで高得点を取る人達は、『どうやって』英語を聞いているのだろう、と。
TOEICというのは、分かりやすいので例を出しているだけです。
「英語ができる人達は」と言い換えてもいいかもしれません。

英語ができる人達も自分も、全く同じ音声を聞いているわけだし、自分だけ耳が悪いとも思えない。
だから、英語を聞いて理解できる人達は、何か重要なポイントに集中して聞いているに違いない。
そのポイントを知れば、自分も聞こえるようになるはずだ。
自分が英語を聞いて理解できないのは、その『方法』を知らないからだ。

そんな風に考えたことはありませんか?

私が色々な方(特に英語初学者の方)と話していると、こう考えている方が多いことに気づきます。
実際、私もそう考えていた時期があります。
結論から言うと、そんな『方法』はありません。

TOEICのリスニングセクションで満点を取っている方が回りにいたら、是非聞いてみてください。
「リスニングを理解するために、どうやって聞いているのですか?」って。
ほとんどの方がこの質問には答えられないはずです。

リスニングができる人達は、『英語が聞こえちゃう』からです。

私もそうです。
「どうやって英語を聞いてるんですか?」
と聞かれたら、
「どうやってって・・・。いや、普通に聞いてたら理解できちゃうんです」
と答えます。

このブログ読者の方で、リスニングができる方は、同じ答えになるのではないでしょうか。
自分は特別な聞き方をしている!という方はいないのではないかと思います。

今日の話は、TOEICなどの試験の、問題の解き方とは別の話です。
例えば、TOEICのリスニングセクションに取り組むにあたっての『方法』はあります。

例をひとつ挙げます。
TOEICのPart 3で、
What does the man ask the woman to do?
(男性は女性に何をするよう頼んだでしょう)
という問題を解く場合、知っておくとよいことがあります。
それは、リスニングの途中で依頼のフレーズが聞こえてくるだろうと予想しておくことです。
Please ~
Can you ~
Could you ~
Will you ~
Would you ~
Do you mind ~
Would you mind ~
I would appreciate it if you ~
このような依頼フレーズです。
こういったフレーズを意識しておくと、確かに問題は解きやすくなります。
依頼フレーズが聞こえた瞬間に「ここが答えだ!」と分かりますからね。
これは問題を解く『方法』のひとつですね。
(もしこの方法を知らなかった方は、意識してみると問題が解きやすくなると思います)

さて、これは英語が聞けるようになる方法なのかと考えてみると、少し違うと思います。
上のように、「Aタイプの問題を解くときはBを意識して聞く」ということを知っておくのは大事ですが、「この方法を知っていると英語が理解できるようになる」わけではありません。

「英語を聞いて理解できる人」は、上のような方法も意識的か無意識的か使っているかもしれませんが、リスニングをしていれば「言っていることの意味が自然にわかる」んです。
私もそうで、英語を聞くときに何か特別な方法を使って聞いているわけではありません。
集中するぞ~、頑張るぞ~、って思っているだけです。集中して聞いていれば、自然に意味が分かります。

なぜ自然に意味が理解できるかというと、これまでに大量の英語を聞いた経験が既にあって、英語のリスニング力がそこそこあるからです。

ここまでの説明がしっくりこないという方は、日本語の場合で考えてみると分かりやすいかもしれません。

「日本語を聞くときに、どうやって聞いていますか?」と自分に問いかけてみてください。
特に特別な方法を使って聞いている方はいないですよね?
日本語を聞いていれば、自然に意味が入ってくると思います。
英語を聞いて理解できる人たちは、その状態でリスニングをしている、ということです。
もちろん、母語である日本語ほどの精度で英語を聞ける人は、ほとんどいないとは思います。
でも、それに近い状態になっていることが、「英語が聞ける」ということだと思います。

英語を聞いて意味を理解できるかどうかの違いは、『聞き方』や『方法』の違いではない。

『どうやって英語を聞けば理解できるんですか?』
このタイプの質問をされたら、最近こうやって答えることにしています。
「どうやって聞けば、というのは特に意識していません。だって私は『英語を聞いてれば自然に意味が取れちゃいます』から。その代わり、英語を聞いて理解する力を身につけられるようにたくさんトレーニングをしています。トレーニングの方法であればいくつか答えられますよ」

なんとなく、『どうやって英語を聞けば理解できるのか』という疑問を持ったときに「英語を聞く(理解する)力を身につける方法」と「こうすれば英語が聞ける(理解できる)という方法(そんな方法はないけど)」の違いを意識していない方って結構多いんだな~と最近よく感じるので、こんな記事を書いてみました。

このブログの読者の方は、どちらかというと「どうやって聞いてるんですか?」と質問される側になることの方が多いかもしれませんね。


お読みいただきありがとうございます!
ランキング応援のクリック↓頂けると大変うれしいですm(__)m

英語 ブログランキングへ

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

単語は簡単なのに「それっぽい」

TOEICが新形式になったときに話題になった表現のひとつに、I’m in. があります。

I’m in.

新しいグループを作るときや、グループで新しく活動を始めるときに、「自分も入れて!」とか「その話、乗った!」という意味で使う表現です。

I’m in.と逆の意味の表現に、I’m out.というのもあります。
「このグループ抜けるわ」とか「もうやめた」という意味で使います。

これらのフレーズの中で、in と out とは副詞として使われています。

outはともかく、inは前置詞ではないのか。
前置詞であるinの後には名詞が必要なのではないだろうか。
こう思ったのは英語学習を始めて1~2年目くらいの時期でした。

inやoutは、前置詞としても使えるし、副詞としても使うことがあるんですね。
「inは前置詞にも副詞にもなる・・・?さらに形容詞にも名詞にもなる??」
こんなことを考え始めると英語が嫌いになりそうだったので、私の場合は深く考えるのはやめました。
「そういう表現だ」として覚えた方がいいかなと。

I’m in. は 「入れて~」
I’m out. は 「や~めた」
こんな感じで覚えました。

inやoutのように誰でも知っているような単語を使うのに、『それっぽいフレーズ』は結構な数あります。
何が『それっぽい』か?
ここでいう『それっぽい』というのは「その単語知ってるわ~。inとか中学1年生でも知ってるわ~。『中に』って意味じゃん。I'm in.って、私は中です??? え、そんな意味になるの?まじで?なんかそれっぽいフレーズだな~。今度使ってみよ」というときの『それっぽい』です。

今日は、そういう『それっぽいフレーズ』を少しだけ書いてみます。

It’s over.
「終わったよ」「終わりだ」などを表すフレーズ。
子どものころファミコンで遊んでいて、画面に「GAME OVER」と表示されて「あ~あゲームが終わっちゃった~」となったことは数知れず。
ゲームオーバーという言葉から非常に覚えやすかったのですが、overには「終わった」という意味があります。
なんとなくのイメージですが、このoverは、普通に終わるだけではなく、「あ~あ、終わっちゃった、終わって欲しくなかったのに」みたいなニュアンスで使われることが多い気がします。
「やっと終わった」みたいなニュアンスのこともありますかね。
殺人鬼に追われていて、なんやかんやあってその殺人鬼が自ら仕掛けた罠にはまって死んだときに、ぼそっと It's over.なんていたら非常にそれっぽいですね。

I’m through with 〇〇.
「〇〇はもう終わりだ」とか「○○は使い切ったよ」みたいな意味。
through のイメージは、「何かの最初から最後までを通り抜ける感じ」です。
だから、I’m through with the book.だと「その本を読み終わったよ(最初のページから最後のページまで通り抜けたよ)」という意味になります。
I’m through with you.「君とはもう終わりだ」なんて言い方もあります。
「君との付き合いはもう最後のところまできた」みたいなニュアンスでしょうか。
誰かと縁を切りたいときに便利なフレーズ。

I’ll be around.
「このあたりにいます」みたいな意味。
「連絡してね」や、「近くに来たら寄ってね」のような文脈で使うようです。
I’ll be around hereってことでしょうか。
around には「近い」みたいなニュアンスもあるのかもしれません。
「近くにある」から、「存在している」みたいな意味で使うこともあります。
That rumor has been around for a long time.
rumorは「うわさ」で、「もう長い間そのうわさが流れているよね」という意味。
「そのうわさがこのあたりにずっとある」という感じなのでしょう。

I’m back.
「ただいま」とか「戻ってきたよ」というフレーズ。
backのそのままの意味、って感じですね。
I’ll be back.は、ターミネーター。
「すぐ戻ってきま~す」を Be right back.というと、非常に『それっぽい』です。
Be right back.はI willを省略した言い方です。

今、over、through、around、backと書いてみましたが、こういう簡単な単語ほど、『それっぽく』聞こえるんですよね。
殺人鬼が死んだときにWe finally succeeded in surviving a killer attack! とかいうと、ちょっとまどろっこしいですからね。

そういえば、I’m on it. 「今やってま~す」みたいなものもそれっぽいですね。
TOEICの公開テストか、公式問題集に出てたような。

いつかこういう簡単な単語を使いこなせるようになりたいな~と思う今日このごろでした。


お読みいただきありがとうございます!
ランキング応援のクリック↓頂けると大変うれしいですm(__)m

英語 ブログランキングへ






テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

韓国新形式公式実践TEST 4と5 を解きました(ネタバレなし)

sinkeisiki 0515


というわけで、

TEST4 と Test 5 の結果を書いていきます。

ちなみに、
ちょっとずつ解き方を変えました。


Test 4

リスニング
1.答えが分かったらどんどん次の問題まで早送り
2.Part 3, 4 は先読みなし
3.Part 3, 4 はリスニングしながら答えを選んでいく

リーディング
1.全文読まない
2.答えが分かったら誤答選択肢を読まない(長文)
3.とにかく速く終わらせる
という感じです。


Test 5

リスニング
1.答えが分かったらどんどん次の問題まで早送り
2.Part 3, 4 は設問のみ先読みあり(選択肢は読まない)
3.Part 3, 4 はリスニング中は問題用紙を見ず、聞き終わってからマーク

リーディング
1.全文読み(問題に絡まない部分も)
2.そんなに速く読むことは意識しない

という感じでやりました。




結果

Test 4
Listening  98
Reading  99


Test 5
Listening  98
Reading  99





ええーーー(;゚Д゚)

Test 5 はちゃんと全文読んだのに変わらんやないか~い( ;∀;)


はい、リーディングをちゃんと読んでも、読み飛ばしても結果が変わらないという残念な結果になりました。

そうはいっても、
解き終わったときの安心感が全然違いましたが。




リーディングを解くのにかかった時間は以下のとおりです。

Test 4 (読み飛ばし、速解き)
Part 5 – 4:12
Part 6 – 7:18
Part 7 – 40:00
合計 – 51:30


(シングルが何分で、とか測り忘れました)


Test 5 (じっくり全文読み、安全策)
Part 5 – 7:22
Part 6 – 6:53
Part 7 – 45:59 (single – 19:02 , double + triple – 26:57)
合計 – 60:14





あれ、ちゃんと読んだTest 5 でも15分くらい余った(;゚Д゚)

形式慣れしたのかも???

よくわかりませんが。

ちょっと安心しました(;^ω^)




ひとつ発見。

私の場合、

速く解こうとした場合とじっくり解こうとした場合、

時間で大きな差が出るのは Part 5 のみ

ということがわかりました。

Part 6 はじっくり読んだ方が速く解けてますし(;゚Д゚)

Part 7 も、およそ6分しか短縮できていません(^▽^;)



まあ、テストが違う(問題が違う)ので、たまたまかもしれませんが。




ただ、なんとなく個人的には納得の結果です。

Part 6 は、文脈依存問題で結局全部読んだり、同じところを何度も読んだりしました。

Part 7 も、速く解こうとして、パラグラフリーディング→設問→スキャニングという方法でやったものの、ちょっと難しい問題は全体の内容を理解しないといけないので結局ほとんどの文を読まざるを得なくなりました。




5月公開テストの方針ですが、おおよそこれまでと変えずに行きたいと思います。

リスニングはちゃんと先読みして解きます。

リーディングはちゃんと全文読みます。
(時間が足りなくなる保険としてPart 5 を最後に解こうかな・・・いや普通の順で解く気がします)


ざっくりですが(^▽^;)




5月のTOEICもがんばりま~す。


いつもお読みいただきありがとうございます!
よければ応援のクリックお願いします(^^)/

TOEIC ブログランキングへ

テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

韓国新形式公式実践TEST 3 を解きました(ネタバレなし)

sinkeisiki 0509




というわけで、

新しい公式実践LCとRCの、

Test 1 と Test 2 は、日本の公式問題集↓と全く同じです。





今日はLCとRC両方の、Test 3 を解いてみました。




結果は・・・






リスニング 100/100

リーディング 98/100

でした\(^o^)/





今までの新形式問題で一番できましたね。




実は今回、ちょっと解き方を変えました。

しかも、リスニングに関しては絶対に本番でできない解き方でズルしました(笑)



以前twitter上で、Junさんみかん星人さんと話していたのですが、

なんとお二人は、

リスニングのPart 3やPart 4 のときに、

先読みをせず、

リスニングしながら問題文を見てそのまま解く

という方法をしているとのことです。

で、答えをマークしたらどんどん次の問題に早送り。


また、JunさんはPart 1 や Part 2 でも、

答えが分かった段階で他の選択肢を聞かずに次の問題に早送り

しているらしいのです。




というわけで、

今日は興味本位からその方法でやってみました。


そしたらなんと全問正解したという(;゚Д゚)

特にPart 3 や 4 に関しては、

読みながら聞くというマルチタスクが自分には不可能だ

と思い込んでいたのですが、

やってみたら意外にできちゃいました(^▽^;)

ただ、その反動?で、問題には答えられるものの話の内容が入ってきにくかったです。

話の流れが分からないと不安になるので、本番ではやりません。




ちなみに、早送りしまくって解いたら、

なんと45分かかるはずのリスニングが25分で終わりました(笑)

短時間だったので、集中力が本番よりも続きました。





リーディングは、できる限り本文を読まない方法で、スピード重視で解いてみました。

かかった時間は、

Part 5 と 6 終了時点で12分経過。

Part 7 シングルパッセージ終了時点で27分経過。

Part 7 のトリプルパッセージまですべて終了時点で52分かかりました。


75分のテストなので、23分残ることになりますね。

今日は見直ししてません。



間違えた問題の1つは、ゆっくり読んでれば解けたはずの問題。

もう一つは、ゆっくり読んでも勘違いして間違えたかも、くらいです。



今回飛ばし読みをしまくってみた感想としては、

990点狙いの人は、飛ばし読みしない方がいい。

ってことですね。いやこれは当たり前かもしれませんが。


特にダブルパッセージとトリプルパッセージを解くときに、

本文を読む前に設問から読むと、

解きにくくてしょうがないです。


しかも、せっかく省エネで解こうとしているのに、

最終的には全部読む羽目になるということも起こりました。


腹をくくって最初に全部読んだ方が楽だなと思いました。


あとは、4月までの旧形式に比べて全体的に口語的な表現が少し増えたな~と思います。

リスニングもリーディングもです。




また明日以降、Test 4 と Test 5 も解いていこうと思います。



いつもお読みいただきありがとうございます!
よければ応援のクリックお願いします(^^)/

TOEIC ブログランキングへ

テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

多読せねば・・・

最近の私の学習ですが、単語暗記しかしてません。



とかいうと、ウソっぽく聞こえると思うのですが、



そう、ウソです。←おい


意識して学習しているのが単語暗記のみ、というだけの話で、英語にはちゃんと触れています。


最近単語暗記以外でやっていることといえば・・・

Youtubeでいろいろ見る。

Netflixでドラマや映画を見る。

ポッドキャストを聞く。


などですね。



今日は、Youtubeで面白いものを2つ紹介します。

TED-Ed


↑これはたまたま言語関係ですが、このチャンネルTED-Edはとっても面白い動画がいっぱいです。
どの動画もせいぜい5分くらいなので、気軽に見ることができます。
英語自体がゆっくりで分かりやすいし、英語字幕もほぼ全てについているので完璧。


Warring States Japan


↑日本史が英語で勉強できたらいいな~とか思って発見したもの。戦国時代について4部作。
日本史は戦国時代しか扱っていないっぽい。
このExtra Creditsというチャンネルは、ゲーム関係を主に扱っているので私はこれ(戦国時代)しか見てません。
英語字幕はないけど、易しく話してくれるのでわかりやすいです。普通に面白い。


Youtubeでこういう動画を探してみるのは、勉強っていうよりは息抜きですね。

皆様も息抜きにどうぞ。



というか、こういうことを普段やっているので、

多聴はできているけど多読できていない(/ω\)

まあ、しばらくはこのままでいいか・・・。


お読みいただきありがとうございます!
ランキング応援のクリック↓頂けると大変うれしいですm(__)m

英語 ブログランキングへ




テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

TOEICの単語クイズ(990er向き)

最近、TOEICの公式問題集を片っ端から読み直しています。


以前に、

あんまり問題演習しない

という話をしましたが、

読んだり聞いたりはします。

リーディングパートは、黙読の時と音読の時があります。

リスニングパートは、聞き流したり、シャドウイングしたり、スクリプトを音読したりいろいろです。

その辺は気分次第です。



今は、これまた気分の問題で、

難しい単語が出るのはどれくらいの頻度なのだろうか

という意識で読み直しています。


私が

へ~、TOEICにはこういう単語も出るのか

と思ったものを一部ですが書いてみます。




いくつくらいわかるかチャレンジしてみましょう(^^)/
(990er向けですよ)

debris

tier

fledgling

synopsis

vantage

retract

teak

barring

luminary

mussel

extraordinaire

glitch



上の12単語のうち、いくつ知ってますか?

ちなみに私が知らなかったのは teak とextraordinaire です。
(文脈もありますから、どちらの単語も大体意味の見当はつきました。でも単語の存在は知りませんでした)


答え














debris がれき

tier 層

fledgling 駆け出しの

synopsis あらすじ

vantage 優越

retract 撤回する

teak  チーク(材)

barring  ~がなければ

luminary 有名人

mussel イシガイ(貝)

extraordinaire 非凡な

glitch 突然の故障


※多義語は代表的な意味のみ書いてあります。

debris, tier, fledgling, synopsis, vantage, retract は、

アルクの単語集SVL12000のレベル10~12の範囲です。



↑この単語集に載ってるってことです。

それ以外は、SVLの12000語には(Vol.1 ~ 3 にも)入っていないですね。

つまり、相当難しいはずです。

まあ、問題に絡むことはあまりないとは思いますが。






TOEIC公開テストでも、毎回1つか2つ知らない単語を見るのですが、

いつも悔しい思いをしています。

単語はなかなか一朝一夕ではいかないですね。

引き続き頑張って単語暗記を進めます。




お読みいただきありがとうございます!
ランキング応援のクリック↓頂けると大変うれしいですm(__)m

TOEIC ブログランキングへ

テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

ネタバレ注意(ネタバレしていません)

毎日、英語の動画を何かしら見ています。



最近見ていたのは


The Walking Deadのシーズン6です。このリンク画像はシーズン3ですけど(;^ω^)


シーズン6はつい最近完結したのですが、中途半端な形で終わっているので、続きが非常に気になります。

シーズン7はいつ公開されるのかな~、と思ってネットを色々見て回っていました。


そしたらいろいろなところで

Spoiler Alert!!

っていう表現に出会いました。


この表現、ご存知ですか?

会話でもよく使われるので、知っている方も多いかもしれませんね。

私の場合、The Big Bang Theory という別のドラマの会話でよく使われているので知っていました。




Spoiler alert!!

の意味は、

ネタバレ注意!!

です。



The Walking Deadのシーズン6の最終話で、

主人公グループの誰かが□□されるんですけど、

誰が□□されてるかわからないまま終わっています。



色々なサイトに、

Spoiler alert!!
以下にネタバレが含まれます。
誰が□□されたのか知りたくない人は読まないで!!


って書いてあるんですよ。


ん?

いやいや、まだシーズン7は公開されていないんだから、

ネタバレもなにもないでしょう。




と、思っていたのですが、

実はThe Walking Deadは、同名のアメリカンコミックがドラマ化されたものらしいのです。

だから、誰が□□されたのかは、コミック読者は知っているんですね。。。





コミックがあるなんてこと知らなかった・・・。


危ない危ない、読み進めてネタバレも読んでしまうところでした(;^ω^)


こんなところでSpoiler alert!! の意味を知っていたことが役立つとは(^^♪



・・・



う・・・やっぱり気になる・・・(´・ω・`)



(画面をスクロール)



ええ!□□されるのはあの人物!!(;゚Д゚)



あ、しまった、結局読んでしまった。




というわけで、

Spoiler alert!!が「ネタバレ注意!!」ということを知っていたことは全く役に立ちませんでした。

皆さん!! Spoiler alert!! なんて表現覚えても意味ないですよ!!

見ちゃいますから!!
 ←自分のせい



お読みいただきありがとうございます。
応援のクリック↓頂けると嬉しいですm(__)m

英語 ブログランキングへ

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

なんでそんなに単語ばっかり覚えるの?

というわけで、最近は単語暗記を中心に学習を進めています。

どれくらい単語暗記が中心かというと、暇なときはずっと単語の例文を聞いているくらいです。

移動時間はもちろん、家の中で何か作業をするときもとりあえず聞き流しています。これはあまり頭に入ってきませんが。



さて、これだけ単語ばかりやっていると、今回のタイトル、

なんでそんなに単語ばっかり覚えるの?

みたいに考える方も多いかな~、と実は思っていたのですが、反応が「がんばって!」的な好意的なものばかりでした。

ありがとうございます。



なぜ「ありがとうございます」なんていきなり言っているのかというと(笑)

昔こういう類のことを結構言われながら勉強していたからです。


単語暗記中心で学習していた時に、

なんで単語ばっかり覚えているの?

って。

で、当時の自分は、

なんで単語ばっかり覚えているの? → 単語なんて覚えても意味ないよ。

と解釈していました。

今になって思うと、ただ理由を聞かれてるだけなのかもしれませんね。

そういえば、

なんでそんなに英語の勉強ばかりしてるの?

とか

なんでそんなにTOEIC受けるの?

とか結構聞かれましたね。


これって、なんとなく自分が否定されてる気分になるのは私だけですかね(笑)

いや、日本語の問題ですけど。

あ~、でも自分も何気ないときに

なんでそんなに~してるの?

とか言ってる気がしますね。

これからは、

そんなに~しているのには何か理由があるの?

って聞くことにします。多分こっちの方が、ただの質問っぽい日本語ですよね?

どうなんでしょう。もっといい聞き方ありますかね?

というどうでもいい今日の思いつき記事でした。失礼しました。


お読み頂きありがとうございます!
ブログランキング応援のクリック↓頂けるととても嬉しいですm(__)m

英語 ブログランキングへ

単語暗記進捗 2016/4

2月の中旬から英検1級パス単の単語暗記を始めましたが、

今日、パス単1級、全部の単語を暗記完了しました\(^o^)/

自分頑張った!!!

しかし、やりながらずっと思ってたんですけど、

単語暗記って地味

ですね(笑)
(いや楽しいですけど)


語彙力増強プロジェクト(っていう名前では別にないですが)、

これを始めたのが12月下旬です。


4カ月ほど、ボキャビルしています。




この4カ月で覚えた単語数は・・・

TOEFL3800の本:964単語

英検1級パス単:540単語

合計:1504単語



とってもいい感じです。



このボキャビルをしようと思ったのは去年の夏なのですが、

ボキャビルの動機は、

せめて認識単語だけでも英語好きさんsiobhanさんに追いつかないと!と痛烈に感じたから

です。
(詳細はこちらの記事


さてさて、去年の7月時点で私の単語力は14100でした。

今の単語力はどれくらいかな?

1500単語覚えたんだから、15000は超えているはず!!


これで14000を切ってたら泣く(´;ω;`)ウゥゥ とか思いながら、

ボキャブラリサイズ測定サイト Testyourvocab で現在の単語力を測りました。









結果です!!




testyourvocab0412.png



というわけで、まさかの16000越え\(^o^)/



実際、結構寄り道しながら単語暗記を進めていたので、正確に1504単語覚えたわけじゃないんですよね。

気になった類義語もついでに覚えてたりしますし。

あとドラマとかで覚えた単語もありますしね。

単語暗記モードになっていたので、いろいろなところで単語を覚えていたのでしょう。


まあ、といってもまだまだ、16500だとお二人には届いてないんですけどね。

あと最近C2プロジェクトに参加されたDr. Englishさんとか語彙力すごそうだし、最近(に限った話ではないですけど)勉強量が半端ないJunさん(a.k.a. 18号)も気づいたら「私の単語力は3万です」とか言い出しそう。


語彙力増強に重点を置いている身としては、読解とか総合力に重点を置いて勉強している方よりも単語力が低いというのはどうなのよ。と思うので、このまま頑張ります。


さて、次の単語暗記ですが、アルクのSVL12000を覚えることにしました。

7~8年前に一回全部覚えたんですけど、多少忘れているものもあるだろうということで。

っていっても、

 

この2冊の本↑が頭にすでに入っているので、

知らない単語はほぼないでしょうけどね(^^♪
 ←調子に乗り出す= 当ブログ頻出の死亡フラグ



というわけで、とりあえずレベル12の一番難しい単語からさかのぼってチェックしていくことにしました。

アルファベット順にならんでいるので、まずはAからチェック。

え~っと、

abject
abreast
accede
accession
acreage
acrid
aegis
affectation
afield
afoot
aft
alderman
annexation
anorexia
anteroom
antic
antigen
antithesis
anvil
aperture
arable
armistice
arsenic
assay
astern
asunder

・・・めっちゃあるやん(;゚Д゚)

アルファベットのAだけで、覚えなきゃいけないのが26単語!!!

いや、見たことあるのは多いんですけどね。

なんか5秒くらい考えてたら意味が分かる単語も上に入ってます。

5秒もかかったら、自分としては悔しいので覚えなおします。

いや、悔しいというか、

読解でひとつの単語に5秒もかけてたら命取りなので。

あとは、abreast とか、 keep abreast of の意味は知ってるんですけど、abreast単体だとどんな意味?とかもありますね。

もちろん、「見たことがない」と思った単語もありますけどね。


そうか~。

レベル12のAから始まる単語だけで26か。

アルファベットは26個あるから、26×26=676単語くらい知らない単語があると考えていいでしょう。←適当過ぎますが突っ込まないで(´・ω・`)

このSVL、今年中に終わらなかったりして。

まあとりあえず、

2016年は単語強化の年な雰囲気になってきました。




お読みいただきありがとうございます!
応援のクリック↓頂けるととても嬉しいですm(__)m

英語 ブログランキングへ

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

現行形式最後のTOEIC

明日はTOEICですが、いつもとちょっと違いますね。

現行形式最後のTOEICです。

5月以降は新形式に移行。




実はあまり意識していなかったのですが、

やはり明日が最後となると、なんとなく寂しい感じ

になります。

テストの形が変わるから寂しいって、なんか変な感じですが(^^;



実は英検も次回から少し形式が変わるようなんですね。

そちらはあまり感慨深くないのですが、やはりTOEICの形式が変わるというのは特別ですね。
(英検派の方すみません、まだ英検はそれほど受験できていないのです)

TOEICは何十回も受けた慣れ親しんだテストですからね。




来月の新形式を受けたら、

久しぶりに帰った地元が都会化されていたような衝撃

を味わうかもしれません。











ブルルルルルー (車運転中)


いや~、久しぶりに実家に帰ってきたな~。


お、まだあの駄菓子屋あるじゃん。


おばあちゃんが一人でやってたけどまだ健在みたいだな~(^^♪


そうそう、この川で泳いだんだよね~。最近は夏に観光客が増えたって聞いたぞ(^^)


そうそうこの交差点で小学校のときに自転車で・・・







って・・・



交差点に信号が設置されてるーーーー(;゚Д゚)
※子ども時代、家から最も近い信号までは徒歩10分くらいかかっていた。








こんなところにミ○ストップが進出しとるやんけーーーー(;゚Д゚)
※家から最も近いコンビニまでは車で15分だった。








や、山が、山が切り開かれて、なんか高速道路になってるーーーーーー(;゚Д゚)
※最も近い山まで徒歩1分。というか山に包囲されている。








猿とか鹿とか猪とかの住処がーーーーーー(;゚Д゚)
※住処がない獣は人里に降りてきて田畑を荒らす。








シシ神様のたたりを恐れぬ愚かな人間どもよーーーーー(≧◇≦)
※あんた誰









みたいに、5月は衝撃を受けるかもしれません。
いや、ちょっと違いますが。



というわけで、明日はいつも以上に楽しんでTOEICを受けることにします。


受験される皆様、お互いがんばりましょー(^^)/



お読みいただきありがとうございます!
応援のクリック↓頂けると大変うれしいですm(__)m

TOEIC ブログランキングへ



テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

単語暗記進捗 2016/03




英検1級のパス単暗記を進めています。

私の知らなかった単語は、掲載2100単語のうち540単語。

現在、

540単語のうちの338単語まで暗記完了しました。
完了というか、復習中ではありますが。

残り202単語!!

1日100単語覚えれば、2日で終わる!!


って、そんなには覚えられませんが(笑)



先が見えてきました。



あと200単語くらいで、 TOEFL3800とパス単1級を制覇できると思うと、


お猿さん状態になります。














monkey0328.jpg

ウッキウキのウッキッキー、です。






残りの200単語を覚えたら、以前にもやってみたTest Your Vocabulary というサイトで語彙力判定をしてみようと思います。

去年の7月の記事によると、その時点での私の語彙力は14100でした。

今度は15000を超えてるといいなぁ・・・。



いつもお読みいただきありがとうございます!
応援のクリック↓いただけると非常に嬉しいですm(__)m

英語 ブログランキングへ

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

変な日本語

しばらくブログの更新ができていなかったので、

あれ? ブログってどうやって書くんだったっけ(;゚Д゚)

となっています(笑)





まあ、好きなことを書けばいいんですよね、多分。

というわけで今日は前からやってみたかったけどやってなかったことを書きます。

何かというと、

日本語で遊ぶこと。

英語全く関係ないです(´・ω・`)



日本語でどうやって遊ぶかというと、

「変な日本語」を作ります。


なんか、

文法的に?はあってるんだけど、

明らかに意味的におかしい!


っていう日本語作りを目指します。





実際にやってみないとなんのことだか分からないと思いますので、とりあえず思いつくままいろいろな日本語を書いてみます。

自分で突っ込みながら(;^ω^)











明日の夜セットした目覚まし時計が鳴った。






タイムスリップか(;゚Д゚)












今日の朝食はトーストと目玉焼きという3点セットだ。






2点!! 2点!! (;゚Д゚)











キッチンから、鼻をつくようなにおいが見えた。






感覚器官崩壊(;゚Д゚)











スポーツドリンクをごくごく食べる。






お腹はふくれるかもしれないけど!!(;゚Д゚)











新車を歩かせる。






走らせてあげて!!(;゚Д゚)











犬の散歩は健康です。






よくわからないけどなんか変!!(;゚Д゚)











私の出身地は今年は東京です。






きょ、去年はどうなんだ!!(;゚Д゚)











TOEIC新公式問題集Vol. 7






むしろ欲しい!!(;゚Д゚)





以上です(笑)

いや、なんでこんなことをやろうかと思ったかというと、

文法的にはあってるけど変な英語

ってあるじゃないですか。

それの日本語ってどんな感じなんだろ~と思ったからなんです。

ちょっとずれてるかもしれませんけど。

すみません、今日はちょっと日本語で遊んでみただけです。


もっとためになることをブログ記事にしよう・・・(ノД`)・゜・。






こんな駄ブログにご訪問ありがとうございますm(__)m
よければ応援のクリック↓お願いいたします。

英語 ブログランキングへ

テーマ : 一人言
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

Jet Bull

Author:Jet Bull
TOEICは満点ですが、まだまだ英語学習は続けています。
このブログは現在、主にTOEICの受験の感想をアップしています。


自分自身の学習を継続しながら、名古屋(金山駅付近)にてTOEICスクールも運営しています。
学校ホームページ
学校ブログ

最近は付和雷同。英語講師迷走日記。というブログに、英語講師として(主に英語講師の方向けに)記事を書いています。


↑監修させて頂いた通称「だけ問L」


↑執筆協力させて頂いた通称「澤トレ」


↑こっそ~り執筆協力

現在C2プロジェクトに参加中。

過去のTOEICなどの成績↓
【TOEIC公開テスト】
2009/03 965(L485 R480)
2010/01 965(L480 R485)
2010/10 990
2011/01 990
2011/06 990
2011/07 990
2012/01 990
2012/07 990
2012/10 980(L490 R490)
2012/11 990
2013/01 985(L495 R490)
2013/03 985(L495 R490)
2013/04 985(L495 R490)
2013/05 990
2013/06 990
2013/07 990
2013/09 990
2013/10 990
2013/11 990
2014/01 990!全問正解!
2014/03 985(L495 R490)
2014/04 990!全問正解!
2014/05 990!全問正解!
2014/06 990!全問正解!
2014/07 990 アビメ100%
2014/09 990 アビメ100%
2014/10 990
2014/11 990
2014/12 990 アビメ100%
2015/01 病欠orz
2015/03 985(L495 R490)
2015/04 990
2015/05 990 アビメ100%
2015/06 990
2015/07 990 アビメ100%
2015/09 990
2015/10 990
2015/11 990
2015/12 990 アビメ100%
2016/01 990
2016/03 990 アビメ100%
2016/04 990
2016/05 990 アビメ100%
2016/06 990
2016/07 990
2016/09 990
2016/10 990
2016/11 990 アビメ100%
2016/12 990
2017/01 990 アビメ100%
2017/03 990 アビメ100%
2017/04 990
2017/05 990
2017/06 990


(以下は認定証紛失し、捜索中)
2002年頃 330
2005年頃 455
2007/03 730
2008/03 730
2009/01 965

【TOEIC SWテスト】
2012/03 S170 W200
2012/09 S180 W190
2012/11 S180 W190
2013/02 S190 W180
2013/04 S190 W190
2013/08 S200 W190

(認定証紛失分、捜索中)
2010/08 S140 W180(うろ覚え)

【TOEFL iBT】
2014/06 109
2014/07 101

【英検】
2010/3 1級及び準1級合格
2015/1 1級及び準1級合格
2015/2 1級2次不合格(55)
2015/3 1級1次合格 2次辞退
2016/1 1級1次合格 2次辞退
2016/2 1級合格

カテゴリ
Bull Twitter
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる