FC2ブログ
  • 最近、瞬間英作文を学習に取り入れました。暗記カードを使っています。最近は暗記カードアプリも多いですし、時代遅れな感じもしますが、紙の暗記カードを使っています。暗記カードを使うのは、久しぶりです。これまで、何かを暗記するときにはとにかく復習!復習の回数が大事だ!根性だ!!って思っていたのですが、最近考えを改めました。多少の効率を求めてもよかろうと。で、思い当たったのがAnkiという暗記カードソフトです。... 続きを読む
  • 英語中級者のリスニング力と、上級者のリスニング力って何が違うと思いますか?中級者 = TOEIC700点~くらい上級者 = TOEIC900点~990点以上だと思ってください。(私がこのブログで中級とか上級とか言うときには大体の場合こんなレベル感で使っています。 オフラインで話すときは、中級=500~700点くらいという枠組みで話すことが多いですけど。)さて、中級者と上級者のリスニング力を隔てている大きな壁... 続きを読む
  • 子どもを教えていると、成績が上がりやすい子のノートの取り方と成績がなかなか上がらない子のノートの取り方があることに気が付きます。なんだ、子どものことかと思うかもしれませんが、大人の方にも当てはまります。英語指導をしていて、正しいノートの取り方が、学生時代に習慣づかなかったのだなと強く感じます。これは、どちらかというとこのノートの取り方をすれば効率が良くなる!!ではなくそのノートの取り方だと頭に入ら... 続きを読む
  • ブログ仲間であるSalah.さんが、最近idiomについての記事を書いていたので、便乗して私もidiomについて書いてみようと思います。イディオム??英語によくあるやつでしょ。数が多すぎるし意味わからん(`・ω・´)という方も多いかもしれませんね。私は結構idiomは好きですので、そのことについて書きます。ただその前にまず、idiom って何?という方もいるかもしれませんので、一応さらっと説明します。idiom = 単語そのままの意味... 続きを読む
  • 「アキレスと亀」のパラドックス、ご存じですか?アキレス、めっちゃ足が速いんですけど、ノロノロ歩く亀に追いつけない話です。アキレスが亀を追いかけてます↓で、アキレスが一生懸命走ります。さっきまで亀がいた地点Aに辿り着きました。亀は地点Bにいます。アキレス、また走ります。アキレス、地点Bに到達。亀、もうちょっと先の地点Cにいます。あとはこれの繰り返しです。アキレス走って地点Dへ到達 → 亀は地点Dよりもちょっ... 続きを読む
  • おかしい・・・英語はくっきりはっきり聞こえてくるんです。何の単語を話者が発したのか、分かるんです。時々知らない単語があるってこともわかるんです。でも、知らない単語が多少あっても、話の要点は理解できるはずです。それが、できない・・・・(ノД`)・゜・。なんて、そんな経験ありますか?いや、実は、下の動画シリーズを見ていて、この現象に陥りました。この動画の人は、John Greenという名前です。Wikipediaによると、J... 続きを読む
  • 相変わらず毎日単語暗記をしています。少し忙しい時期なので、1日30分しかできません(しかも半分寝ながら)が、継続は大事なので頑張っています。さて、そんな単語暗記の最中に面白いフレーズを見つけちゃいました。いい感じに○○という表現です。この部屋、いい感じにすずしい!なんて言うのは私だけでしょうか?よく使うんです。「いい感じに○○」って。で、その表現というのは、nice and ○○です。この表現自体は知っていたの... 続きを読む
  • 穿った見方(うがったみかた)という日本語をご存じですか?いや、こんな質問をすると、「穿った見方」という言葉を普通に使っている方には『そんな言葉知ってるよ。そんな質問すること自体が私のことを馬鹿にしている』と思われ、「穿った見方」という言葉を知らない人には『何その言葉?昔の言葉?これだからおっさんは・・・』と思われてしまう危険性があるので、このような質問はしない方が世界平和に近づくと思うのです。違う... 続きを読む
  • この記事は昨日の続きなので、もし読んでいない方はa pair of なんとか が納得できない ①を読んでからの方が良くわかると思います。昨日はshoesとかglovesに対して代名詞oneを使うときに、onesと複数形にしなければいけないのが難しいと思う、という話でした。さて、フレンズというアメリカのドラマで、こんな場面がありました。ある日主人公は会議に行くために、主人公妹(モニカ)とその同居人(レイチェル)にペットのサルを... 続きを読む
  • 英語を学習していて、なかなか納得できない文法や使い方というのは結構あります。例えば、使われるときはいつも複数形の単語群です。shoes (靴)gloves(手袋)glasses(メガネ)などです。こういう単語、a pair of shoes(一足の靴)、 two pairs of shoes (二足の靴)と数えることができます。英語学習を始めたばかりの私の感覚的には、靴なんて2つ(?)で常にセットなんだから、いちいち複数形にする意味がわからないと思っ... 続きを読む
  • 澤田さん著「TOEIC®テスト最強攻略PART1&2」のトレーニング実演動画が公開されていますね。トレーニングの方法を書いている英語書籍は多いですが、それを動画で著者が説明しているのは少ないために著者が意図している方法と違うやり方を実践してしまうということはよくあることだと思います。私自身、様々な英語学習書を読んでこれまで学習してきましたが、本当に著者の思った通りに練習してきたか、自信がないところもあります。... 続きを読む
  • 今日は不可算名詞の話をします。いや、不可算名詞って言っても、全然高尚な話ではないんですよ。中学レベルの話です。トースト、っていう単語がありますよね。toastですけど。(参考画像:コメダの小倉トースト ちなみに私の好物の一つ)これ、不可算名詞です。数えられないから、不可算名詞。いやいや、数えれるだろ。正気かと、多くの日本人が中学校で思ったことでしょう。中学校のころ、水とか液体が数えられないっていうのは... 続きを読む
  • いつもTOEICと関係ない話とか、英語とすら関係ない話をすることが多いのですが、基本は真面目に勉強しています(声高に主張)。ただ、真面目に勉強していると、時々困るときがあります。ごくたま~~~~~~に、外国人と英語でチャットをするんですよ。例えば下の画像は私とJeffのチャットなんですけどうん、言いたいことはわかります。パーティーするけど来るかい??みたいな感じですよね。問題は、;-)です。何だこいつは。いや... 続きを読む
  • 私は、単語暗記をするにあたって、「発音記号は絶対に覚えた方がいい派」です。なぜ発音記号を覚えた方がいいか、それは発音記号を覚えた方が単語暗記がはかどるからです。発音記号を知らないというのはどういう状態でしょうか。日本語を学ぶ外国人を例に出して考えてみましょう。外国人のAさん・Bさん・Cさんがいるとします。彼らは日本語を一生懸命勉強しています。Aさん:カタカナを読めないBさん:カタカナを読めないCさん... 続きを読む
  • これまで、単語リストを使っての単語暗記の方法を書いてきました。今回はその単語リストはどうやって選べばいいのかという点について書いていきます。単語暗記④ 単語リストにも書いたとおり、単語リストを選ぶ際には①例文がついている②音声がついている③レイアウトが見やすいという3点が重要です。これに加えて今回強調したいのは語彙力を増強したいなら自分の語彙レベルよりも1~2段階レベルの低い単語集から始めるという点で... 続きを読む
  • さてこれまでラッキー単語フラッシュ単語(前編)(後編)文脈単語ピクチャー単語と4種類の単語を見てきました。この4種類で覚えたい単語の9割は覚えられます。40回以上単語に触れ、文脈と絵を使っているので相当覚えているはずです。それでも私の場合、1割ほどはやはり覚えられない単語というのが出てきます。何十回も見ているのに、文脈で覚えようとしたのに、Google画像検索までしたのに、それでも覚えられない単語達です... 続きを読む
  • 前回「文脈単語」について書きましたが、これは覚えにくい単語を覚えるためのものでした。今回のピクチャー単語も同じです。「文脈単語」と同時進行で今回の方法を取り入れると良いと思います。もしくは、自分自身で「あ、これはピクチャー単語だ!」と直感的に思ったならばフラッシュ単語のステップを飛ばしていきなりこの方法で覚えるのもありです。「ピクチャー単語」はかなり強烈に頭に残るので単語を覚えたいならやらなきゃ損... 続きを読む
  • 前回の記事までで、単語リストのおよそ6~7割は覚えることができましたね。(個人差があるとは思いますが)ここまで2週間です。この6~7割単語を覚えた状態で他の新しい単語リストに移ってもいいです。しかしせっかく2週間もこの単語リストに時間を割いたのでもう少し頑張って覚えたいですよね。今回からの記事は2週間これまでの手順で単語を覚え、それでも覚えることができなかった単語がターゲットです。つまり、覚えにく... 続きを読む
  • 前回→ (フラッシュ単語 前編)、フラッシュ単語の基本的な考え方、覚え方について書きました。簡単に書くと、英単語を見て1~2秒の間意味を思い出そうと努力して、すぐに答えを確認するというステップを入れる、ということでしたね。ちなみに前回書き忘れましたが、このステップで扱う単語は、最初のステップ「とにかく1週間単語リストを眺める」ところで眺めた単語と全く同じものです。例えば100個覚えたい単語があった... 続きを読む
  • 前回の記事までで、単語リストをとにかく1週間眺めるということについて書きました。一週間眺めている間に「ラッキー単語」を覚えることはできます。でも実はそれと同時に自分の中で気づくことがあります。「あ、なんかこの単語覚えられるかもしれない」と感じる単語というのがそこそこあることに。単語リストをひたすら眺めているだけで「この単語はがんばれば覚えられそうだ」「この単語はまだ覚えるのが難しそうだ」と、何とな... 続きを読む

Jet Bull

TOEICは満点ですが、まだまだ英語学習は続けています。

YouTubeの猛牛ちゃんねるでTOEIC対策動画を配信中。



↑共著させて頂いた「TOEICL&Rテスト基本単語帳」


↑監修させて頂いた「プライム模試」


↑監修させて頂いた通称「だけ問L」


↑執筆協力させて頂いた通称「澤トレ」


↑こっそり執筆協力


↑こっそり執筆協力


↑こっそり翻訳協力

過去のTOEICなどの成績↓
【TOEIC公開テスト】
2009/03 965(L485 R480)
2010/01 965(L480 R485)
2010/10 990
2011/01 990
2011/06 990
2011/07 990
2012/01 990
2012/07 990
2012/10 980(L490 R490)
2012/11 990
2013/01 985(L495 R490)
2013/03 985(L495 R490)
2013/04 985(L495 R490)
2013/05 990
2013/06 990
2013/07 990
2013/09 990
2013/10 990
2013/11 990
2014/01 990!全問正解!
2014/03 985(L495 R490)
2014/04 990!全問正解!
2014/05 990!全問正解!
2014/06 990!全問正解!
2014/07 990 アビメ100%
2014/09 990 アビメ100%
2014/10 990
2014/11 990
2014/12 990 アビメ100%
2015/01 病欠orz
2015/03 985(L495 R490)
2015/04 990
2015/05 990 アビメ100%
2015/06 990
2015/07 990 アビメ100%
2015/09 990
2015/10 990
2015/11 990
2015/12 990 アビメ100%
2016/01 990
2016/03 990 アビメ100%
2016/04 990
2016/05 990 アビメ100%
2016/06 990
2016/07 990
2016/09 990
2016/10 990
2016/11 990 アビメ100%
2016/12 990
2017/01 990 アビメ100%
2017/03 990 アビメ100%
2017/04 990
2017/05 990
2017/06 990
2017/07 990
2017/09 990
2017/10 990
2017/11 990
2017/12 990
2018/01 990
2018/03 990 アビメ100%
2018/04 990 アビメ100%
2018/05 990 アビメ100%
2018/06 990
2018/07 990
2018/09 990 アビメ100%
2018/10 990 アビメ100%
2018/11 990
2018/12 990
2019/01 990
2019/03 990
2019/04 受験していません
(62)

(以下は認定証紛失し、捜索中)
2002年頃 330
2005年頃 455
2007/03 730
2008/03 730
2009/01 965

【TOEIC SWテスト】
2012/03 S170 W200
2012/09 S180 W190
2012/11 S180 W190
2013/02 S190 W180
2013/04 S190 W190
2013/08 S200 W190

(認定証紛失分、捜索中)
2010/08 S140 W180(うろ覚え)

【TOEFL iBT】
2014/06 109
2014/07 101

【英検】
2010/3 1級及び準1級合格
2015/1 1級及び準1級合格
2015/2 1級2次不合格(55)
2015/3 1級1次合格 2次辞退
2016/1 1級1次合格 2次辞退
2016/2 1級合格

Bull Twitter

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: