第194回TOEIC公開テスト 感想


第194回TOEIC(2014年10月26日実施)の感想を書いていきます。

今回私はマイナーフォーム(名古屋の会場はみな同じ)でした。

今日のTOEICは「難しい」回でした。

パートごとの難易度は
Part 1 易
Part 2 難
Part 3 普通
Part 4 難
Part 5 易
Part 6 易
Part 7 シングルパッセージ 普通
   ダブルパッセージ 難


以下にパートごとの感想を書いていきます。
その中に出てきている「初級」「中級」「上級」のくくりは以下の通りです。
初級者 = TOEIC700点未満の方
中級者 = TOEIC700以上~900未満の方
上級者 = TOEIC900以上の方
(一般的には700以上は中上級、800以上は上級ですが、当ブログに訪問してくださる方々のレベルが高いのでこのようなおおざっぱなくくりにしています)

Part 1 易
・ひねった問題はなし。
・ナレーターの声も比較的聞きやすい声質、なまり。
・唯一難しかったのは10問目だけでは・・・。
中級以上の方は全問正解を狙える回でした。初級の方も8問~9問正解しておきたいくらいですね。
今回のPart 1で苦しんだ方は、単純に基礎的なリスニング力向上に努める必要があります。(おそらくそういう方はPart 2 以降もまともに問題が聞けていないはずです)

Part 2 難
・いつもなら10問ほどある「疑問詞だけ聞き取れれば正解にたどり着ける問題」が6問しかなかった
・そのかわりにひねった問題が多かった。
今回、話す人のなまりがひどくて聞きとれない、などということはあまりなかったと思います。比較的キレイな英語で話してくれていたので聞き取りやすかったですね
しかし、TOEIC対策でよくある「この単語が聞こえたらこれが答えだ!!」みたいなセオリー通りの問題がとても少なかったです。
おそらく初級~中級レベルの方は「音は聞きとれたのに答えがどれか分からない、確信が持てない」という問題が多かったのではないでしょうか。それは質問に対する答えがひねってあったからです。
Part 2 の応答がひねってあるのは今年を通しての傾向でもありますね。
ちなみにここでいうひねった問題とは
「明日までにこのレポート提出してね」に対して、教科書通りの答えなら「はい、わかりました」のところを「え?明後日までって社長に言われましたよ」みたいに答える問題です。
このようなひねった問題に関しては普段どれだけ自然な英語を聞いているか(映画、ドラマなど)がポイントだったりします。

Part 3 普通
・設問文と選択肢が後半は長い
・話すスピードはゆっくりめか普通
・話の内容も追いやすいオーソドックスなもの
今回、パッとPart 3 の設問文全てに目を通した時に感じたのは「今回も後半は設問と選択肢が長いな、難しそうだ」ということでした。ですが実際に問題を解いてみると比較的簡単に答えにたどりつけるものが多かったですね。先読みをしっかりできる中級以上の方は解きやすかったのではないでしょうか。

Part 4 難
・前半はいつも通り簡単
後半6問目からスピーキングスピードが上がり、ひとつひとつのトークも長い
・同じく後半は先読みするには設問も選択肢も長く難しかった。
今回はこのPart 4 の餌食になった方が多いと推測します。後半の問題は正直えげつない感じでしたね。私も問題を解くのが精いっぱいでした。リスニングが得意な中級~上級者であれば話の内容についていけたでしょうが、そうでない方は今回のような問題だと辛いものがありますね。
初級者の方は後半では差がつかないので、前半いかに正答率を上げられたかがポイントです。

Part 5 易
・ひねった文法問題はない
・文法問題自体が多い
・全体的に語彙が平易
今回は素直な文法問題が多かったため、このパートは慣れている方であればいつもよりも速く40問を解き終われたはずです
ものすごく難しい語彙も出ませんでしたね。
上級者ではここが全問正解かそれに近い方が多かったと思います。
今回Part 5 が難しいと感じられた方は、文法問題をしっかり洗い直すといいでしょう


Part 6 易
・全体的に文法問題が簡単
・語彙も難しかったのは1問のみ
おそらく今回中級や上級者の方が迷ったのは1問もしくは2問でしょう。
ひとつは単語を日本語の意味だけで覚えていたら間違えてしまう問題でした。もうひとつは空欄の後ろの文章もしっかり読まないと答えにたどり着きづらい問題がありました。
上級者の方はここを1問ミスまでで抑えたいですね。

Part 7 Single Passage 普通
・前半から後半に向けて徐々に難しくなっている
8文書目の難易度だけ異常に高い
・それ以外は根拠探しに手間取るものもなくストレートな問題
今回一番驚いたのは8文書目です。難易度がこの問題だけ飛びぬけて高かったですね。しかも見た目が何かのスケジュールのようなもので、普通であれば解きやすいはずの問題タイプです。しかし答えが探しづらかったですね。ここで時間がかかってしまった方は多いと思います。
それ以外の問題は極めて普通の難易度か、少し易しかったかもしれません。
この8文書目でくじけずに9文書目、ダブルパッセージまで進めたかが高得点者のスコアに関わってくるポイントですね。

Part 7 Double Passage 難
4題中後半2題が激難
・1問、完全に推測しなければならない問題あり
・前半2題は普通の難易度
後半2題は正直かなりきつかったという方が多いでしょう。
このパートで特に難しかったのは200問目ですね。200問目の問題は「あてはまるものはどれでしょう」的な問題だったと思うのですが、この答えの根拠は本文にはっきりとは書かれていませんでした。1文書目と2文書目を読んで概要をつかんで、そこから受験者が推測しなければいけない問題でした。この問題には上級者の方も手を焼いたようです。
私自身、この答えを選んだ時に「本当にこれでいいんかいな」と思いながら選びました。


さて今回のテストですが、全体的に難しかったという印象でした。
今年私が受けた8回のなかでは1番目もしくは2番目に難しかったです。
しかしPart1, Part5, Part6が易しかったので・・・TOEIC的にはそこでバランスを取っているのでしょうか・・・。
初級~中級の方は、Part 5, 6が簡単に感じていれば着実に英語力が着いているので、長文対策をするといいでしょう。逆にここが難しく感じるようであれば、まず文法の復習をすべきですね。



私に関して言えば、Part 2 で2問、Part 4で1問、あやふやで選んだ問題があります。またPart 4の最後の問題(問題番号100番)は完全に聞き逃したため、4分の1の確率にかけ鉛筆を転がしました。誰か100番目の問題の答え(a, b, c, d どれか)知っていたらメールください・・・(;一_一) 
リスニング全問正解は厳しいでしょう。495点が取れるかどうかも分かりませんね。ギリギリ取れたら嬉しいですが。
リーディングはマークミスがなければ全問正解のはずです。
(そう言えば今回、157番の問題を解き忘れて、そのまま10問ほど進んでいました。マークが1つずれた状態で解き進めてしまったのですが、焦りました)

感想は以上です。

今回もVOZEさん主催の名古屋TOEIC研究会に参加させて頂きました。
皆さまありがとうございました。

TOEIC受験されたみなさま、お疲れさまでした。
今回は問題が難しくがっくりきているかもしれませんが、気持ちを切り替えて来月のTOEICに向けてまた歩き出しましょう!

テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

193回TOEIC公開テストアビメ

第193回公開テストの公式認定証が返ってきました。

スコアは990点、これで5回連続です。

今回はスコアよりも気になっていたことがあります。

それは、

全問正解できているかどうか
(abilities measuredのパーセンテージが全て100かどうか)

です。

前回までで4回連続、今回も全問正解だとなんと・・・

1000問連続正解

ということになります。
(実はETSが採点対象外にした問題があったので正確には999問なのですが、まあ1000問と言った方がキリがいいので^^;)

で、結果です。

20140928abime.jpg


全問正解できました!!

5回連続!!


お前の結果はどうでもいいよと思う方もかなりいらっしゃると思いますが・・・
すみません素直に嬉しいです!!!

TOEIC運は相変わらず絶好調です!

(あとは金運と恋愛運だなあ・・・)

テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

TOEIC当日の過ごし方

TOEICテスト当日は
何かを学ぶことよりも
自分の実力をいかに出しきる状態に自分をもっていくか

が非常に重要です。

さてそこで私が普段実践していることを書きます。

受付開始は11:45分です。
会場に早く着きたければ、11:45分には会場に入ることができます。

会場に11:45に入れば、ゆっくり自分の席に着き、解答用紙ももれなくマークをして、安心してテストを受けることができます。
遅刻したら元も子もないですから、早く着くにこしたことはないです。


と、考える人はそこそこいるのではないでしょうか



いや、別にそれで安心してテストを受けられるというのは確かですし、遅刻というのは最も怖いものですから早く会場に着きたい気持ちも分かります。

しかしテストを受ける時に自分のパフォーマンスを最高潮に持っていくという点から考えた時、果たしてこれは最善の策でしょうか。

例えば、11:45と言わないまでも12:00に会場に着いたとします
そうすると、
テストが始まるまで1時間あります
1時間も基本的に座りっぱなしということになります
椅子に1時間も座っていたら少し疲れてしまいませんか?

TOEICは2時間という長いテストです。
もちろん受験中は座りっぱなしです
ということは、
もし会場に12:00についてスタンバイしていた場合、
実に3時間もじ~っと座っている必要があるわけです
3時間座りっぱなしで集中力が最高潮に高まります、という方はいいです。
でもそうでない方のほうが多いですよね。


しかも12:00に着くと、会場内は
よ~しやるぞ!今日は高得点を取るぞ!

気合いの入った受験者が単語集や参考書を開いて勉強しています。
みんな真剣な面持ちで勉強しています。
そうすると
まわりの受験者はみなすごく得点が高いのではないか、という思いがどうしても浮かんできます。
そして
自分がこんなできる(ように見える)受験者に混ざってテストを受けるなんて・・・

謎の不安感に駆られる危険性があります
これは絶対に避けたい。


ですから私は
できる限り受付終了間際(12:25くらい)に会場に着くようにします
多少早く会場についてしまっても、会場近くの外でぶらぶら歩いています。
そうすることによって、変に緊張してしまわないようにするのです。

あと、会場近辺で少し歩いてみるというのはおススメです。
歩いていると血流がよくなり、集中力が高まります
体を動かすのは健康にも良いですしね。


こういう理由で、私は会場にはできるだけ時間ぎりぎりに着くようにしています。

まとめます。

会場に早く着きすぎた場合、
①座っている時間が長くなり集中力を保つのが難しい。
②どうしても真剣に勉強している他の受験者が気になり不安になる。
③ぎりぎりまで歩くなど軽く体を動かしておくと集中力が高まる。

以上の理由より、
最適なテスト直前の過ごし方は
会場に12:15分くらいに着き、10分程外をぶらぶらして12:25に会場入り

することです。


私の方法は好みが分かれるところかもしれませんが、テストで実力を出し切りたい方は一度試してみてくださいね。

以下追記
とはいっても、電車の遅れの可能性などを考慮すると、「この一回だけが勝負」という方は上の方法は少し怖いですね。
余裕がある時期に試してみてくださいね。


いつもお読みいただきありがとうございます!
よければ応援のクリックお願いします(^^)/

TOEIC ブログランキングへ

2016/10 更新

テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

単語暗記⑩ それでも覚えられない単語

さてこれまで
ラッキー単語
フラッシュ単語(前編)(後編
文脈単語
ピクチャー単語
と4種類の単語を見てきました。

この4種類で覚えたい単語の9割は覚えられます
40回以上単語に触れ、文脈と絵を使っているので相当覚えているはずです。


それでも私の場合、1割ほどはやはり覚えられない単語というのが出てきます。

何十回も見ているのに、
文脈で覚えようとしたのに、
Google画像検索までしたのに、
それでも覚えられない単語達です。




そんな残った1割の単語を覚えるには、力技しかありません


ではこれらの単語をどのようにして覚えるかを書いていきます。

① 「音読」
とにかく音読します。
音読するのは例文こみで音読します。
また「日本語」も音読したりします。
これは例を挙げます。

mayhem 「大混乱」(=chaos)
People began to fight and the meeting became mayhem.
「人々はけんかを始めたので、会議は大混乱となった。」
                                          英検1級でる順パス単より引用


このmayhemという単語をなんとか覚えようとする場合、
「mayhem」 と何度か声に出して読む。
「People began to fight and the meeting became mayhem.  mayhem は大混乱」と何度か声に出す。
「mayhemは大混乱という意味か~。mayhemは大混乱!mayhemは大混乱大混乱。」と英語と日本語両方を何度か声に出す。

とにかく声に出すことで自分の口を動かし、耳で自分の声を聞きます。
音読をすることの一つの利点は触覚(口を動かすこと)と聴覚(自分の声を聞くこと)を刺激することにあります
五感の5つの感覚をできるだけ多く使った方が脳に刺激を与えやすいから、記憶に残りやすいですね。

②  「録音」
音読してもまだ頭に残らない、そんなときは音読している自分の声を録音します。
ICレコーダーや、最近はスマホなどでも自分の声を録音することができますね。
「mayhem. mayhem. People began to fight and the meeting became mayhem.  mayhem は大混乱」
などと録音します。
これを自分で聞きます。私は寝ている時に聞きました。
言うだけでなく、聞くことでより頭に残りやすくします

③ 「筆写」
ノートに書きます。
(ちなみに私の単語暗記法では、ここで初めて英語を書きます)
mayhem mayhem mayhem と3度ほど書きます。日本語で「大混乱」とも書きます。
このとき同時に声にも出します。
ちなみにこの時1度に3つ以上同じものを続けて書くことはありません。

④ 「ふと思い出してみる」
①②③をやった単語があるとします。
例えばある朝、単語を何度か音読していたとします。
その日のお昼もしくは夜で時間を見つけて
「今日は何の単語を覚えようとしたんだっけ~」
と考えます。
この時、単語帳などは見ません。
自分が一体何の単語を覚えようとしているのかを思い出すだけです
ちなみに単語を思い出すヒントというのは何もありません。
自分の記憶力だけで勝負です。
ここで「あ、そうだ。今日はmayhemという単語を覚えようとしているんだった。mayhemの意味は・・・大混乱か」などと思いだせれば、おそらくその単語はもう大丈夫でしょう。
この方法の利点は、いつでもどこでもできるという点ですね。
ノートもペンも何も要りません。必要なのは自分の頭一つです。
また、この過程で思い出せた単語はかなりの確率で記憶に残っていきます
この「何もない場所で思い出す」作業というのは脳みそにとても負担がかかります。
が、良い脳トレだと思ってやりましょう。
思い出せた時はうれしいですよ


さて、ここまで 
①音読 
②録音
③筆写
④ふと思い出す
という4つの方法を書きました。
この4つの方法は、どれを一番最初にやって・・・ということは決めていません。
この4つの方法を自分の好きなように行っています。
ここで扱うものはとても覚えにくい単語群ですから、4つの方法を同時進行で行うのが理想ですね。


さて、では上の4つの方法で暗記しようとしてもまだ覚えられない単語というのがあったら・・・

⑤「諦める」

単語暗記は諦めも肝心です。
例えばmayhemという単語、これだけ頑張っても覚えることができなかったとします。
それはもはや「今回は御縁がなかった」ということなのです。
将来的に何かの拍子でmayhemに出会い、その時強烈に記憶に残ることがあるかもしれません。
これくらいは諦めましょう。





さて、今回は
覚えにくい1割の単語を力技でなんとか覚える
ことがポイントでした。

しかし、私自身は、覚えずに放っておくことがほとんどです

100単語中90単語も覚えられたらそれは上出来以上だからです

そもそも単語暗記をしていてなんとも覚えられない1割の単語は、自分との相性が悪いのですね。

相性が悪い単語を覚えるには非常に労力がかかります

それに、時間を置くと意外に相性がよくなることもあります

覚えようとしている単語の9割を覚えたら次のリストに移る。
というのは単語暗記の一つの目安です。


今回の記事で「力技で覚える方法」について長々と書いてきましたが、
もし気が向いたらやってみよう
くらいの軽い気持ちでいると良いでしょう。



いつもお読みいただきありがとうございます!
よければ応援のクリックお願いします(^^)/

TOEIC ブログランキングへ

2016/11 更新

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

第193回TOEIC公開テスト結果

本日、9月に行われたTOEICの結果がネット上で表示されましたね。
いつもこの結果表示をするときは緊張します。誰でも緊張しますよね?
で、今回の結果ですが・・・



20140928



やりました!満点です。
いつも通り、自信はなかったけどなんとか食らいつきました。
あとは公式認定証を待つのみですね。
全問正解だといいのですが、世の中そんなに甘くない予感がします(笑)

さて、今週の日曜日ももうTOEICですね。
がんばりましょ~。

テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

単語暗記⑨ 単語分類「ピクチャー単語」

前回「文脈単語」について書きましたが、これは
覚えにくい単語を覚えるためのもの
でした。

今回のピクチャー単語も同じです

「文脈単語」と同時進行で今回の方法を取り入れると良いと思います。

もしくは、自分自身で
「あ、これはピクチャー単語だ!」と直感的に思ったならば
フラッシュ単語のステップを飛ばしていきなりこの方法で覚えるのもあり

です。

「ピクチャー単語」はかなり強烈に頭に残る
ので
単語を覚えたいならやらなきゃ損
です。


さてさて、「ピクチャー単語」という言葉でもう皆さん想像はつくと思います。

もうご想像の通り、単語に合った画像を使って覚えます

特にこの方法は、
物理的な「もの」を表す名詞に非常に有効
です。

私が最近覚えたピクチャー単語の例に
bollard
という単語があります。

bollardは辞書で意味を引くと以下のように出てきました。


1(海事)係柱
2《英》保安柱《安全地帯などに車を入れないため、または道路の中央で歩行者が待つために作られた柱》
ジーニアス英和辞典より引用


もうね、なんのことだかわかりません。
多分何か柱のようなものだろうということしか分からないわけです。

他には
steeple

(教会などの)尖塔(せんとう)《先端部はspire,その中にbellがある》


などもあります。
このsteepleという単語も、文字情報だけでは分かりにくいですね。

さて、ここから私が普段行っているピクチャー単語の覚え方のステップです。

① 単語をGoogle画像検索する
② 画像検索したページをスクリーンショット
③ エクセルなどに貼り付け、英単語を入力
④ 時々眺める


以上です。
とてもシンプルだと思います。

先ほどの単語bollardとsteepleを画像検索してみると・・・

bollard.jpg

steeple.jpg


bollardもsteepleも「ああ、これか」となんとなく単語の表すものが分かりますね。
日本語で「保安柱」「尖塔」と覚えるよりも圧倒的に記憶に残るでしょう。

自分なりのポイントは
Google画像検索のスクリーンショット
でしょうか。

「絵で見て覚える英単語!」系の本は数あります。
こういう類の本は私もお世話になりました。
でも、
英単語ひとつが表す「もの」の「範囲」というのは本を見ても分かりません
日本語でも同じですよね。
「机」という単語は「小学生用勉強机」も「オフィスの机」も「長机」も表します。
こういった「範囲」というのは、ネイティブであれば生きていく中で自然に学びますが、ノンネイティブである私達にはなかなか分かりにくいものです。
Google画像検索はこれに近いことを可能にしてくれます。

先ほどの例ではbollardの範囲が分かりやすいですね。

もうひとつ分かりやすい例としてvisorという単語を見てみましょう。

visor.jpg


この画像を見てみると、visor
おそらくサンバイザーを一般的に指すけれども
時々工業用防護ヘルメットの顔面保護部分(?)のこともvisorと呼ぶらしい

ことがわかります。

こういったことはGoogle画像検索があるからできることで、この時代に感謝しなければ、といつも思っています。

ちなみに・・・
時々Google画像検索では単語と関係ない画像が上がってきたりする
ので、
若干の注意は必要です
また、Google画像の性質上、精神衛生上よくない画像(グロ画像)も検索結果に上がったりもします。
そこは自己責任、ということですね。


さて、このピクチャー単語ですが、物理的な「もの」を表す名詞に非常に有効と書きました。
でも、
意外に画像でイメージすると分かりやすい単語というのは多い
です。

例えば
esoteric
という形容詞、意味は「難解な」「秘密の」「秘伝の」です。
この単語を検索すると・・・

esoteric.jpg

なんとなく「難解で秘伝っぽい」というイメージが沸きやすくなります
左上の画像など、野球なのか何なのか分かりませんが、とりあえず難解ですよね(笑)
左の星型の画像は特に「秘伝」というイメージです。



このように、
覚えにくい単語というのは一度画像検索してみるとイメージがつかみやすいです

ただ、ものを表す名詞と違い、
この場合は単語の意味そのものを画像として覚えるわけではない
という点に注意が必要です。

画像をヒントにして意味を思い出している
のです。

この点では前回の「文脈単語」とやっていることは非常に似ています。

単語と日本語訳だけでは覚えにくいので
思い出せるヒントになるものもついでに覚えている
ということですね。




さて、今回の「ピクチャー単語」ですが、少し長くなってきたので最後にまとめます。

覚え方
Google画像検索してエクセルなどにまとめて保存、その後時々見返す。
(ちなみに、私の場合はこの方法で覚えた単語はかなり鮮烈にイメージが残るので、平均して1日1回、5日程見るだけで覚えることができます。しかしこれは個人差があるでしょう。)

特徴
① ものを表す名詞に非常に有効
② 名詞以外の覚えにくい単語も画像検索してみるとスッキリ覚えられる可能性がある

注意点
その1:単語に関係のない画像が引っかかることがある
その2:しばしばグロい画像も引っかかってしまう

以上です。


いつもお読みいただきありがとうございます!
よければ応援のクリックお願いします(^^)/

TOEIC ブログランキングへ

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

単語暗記⑧ 単語分類「文脈単語」

前回の記事までで、単語リストのおよそ6~7割は覚えることができましたね。
(個人差があるとは思いますが)
ここまで2週間です。


この6~7割単語を覚えた状態で他の新しい単語リストに移ってもいいです
しかしせっかく2週間もこの単語リストに時間を割いたのでもう少し頑張って覚えたいですよね。

今回からの記事は2週間これまでの手順で単語を覚え、
それでも覚えることができなかった単語がターゲット
です。

つまり、覚えにくい単語がターゲットです。

覚えにくい単語を覚えていくにも色々な方法がありますが、今日はその中でも文脈で覚える単語、そのまま名付けて
「文脈単語」
について話をしていきます。



ここでの暗記方法は単語リストに載っている例文を使います。
過去記事「単語リスト」でも書きましたが、単語リストは例文が載っているものを選びましょう

私はこの春から夏にかけてこの本を使っていました↓


英検1級でる順パス単 (旺文社英検書)英検1級でる順パス単 (旺文社英検書)
(2012/03/16)
旺文社

商品詳細を見る



さてこの中で私が単語と日本語の意味だけでは覚えられなかったものに
ulterior
があります。

ulteriorは「隠された」という意味の形容詞です。

「この単語、何十回も見ているのに全く覚えられないぞ」
となってきました。

そこで利用するのが例文です。
上記の本より例文を引用します。この単語の例文は

Their job offer to me was so generous that I suspected an ulterior motive.
「彼らの仕事の条件はあまりに気前よかったので、私は隠された目的があるのではないかと疑った。」

まず英文を読み、念のため日本語訳を確認します。
とりあえずこれでこの単語の使われ方がわかります。

さて、この「文脈単語」については何かしらマークをしておき、
この単語を見たらまずは例文を読む癖をつけます

ちなみにここでも過去記事「フラッシュ単語前編」「フラッシュ単語後編」で書いたように「1日2回(もしくは4回)のペースでどんどん眺めていく、思い出す練習をする」という方法を使います。
そのため以前に「フラッシュ単語」を覚えた手順と基本的には何も変わりません。
例文を読むという作業が増えるだけです。(そのため時間も若干かかります)

5~6回やっていると、
「単語だけ見ても意味がわからないが例文さえ読めば意味を思い出せる単語」
として認識できるようになります。

段々例文に慣れてきたら
「おそらくこの単語は例文の中のここさえ見れば思い出せる」
という部分が分かってきます

上のulterior の場合、
an ulterior motive 「隠された動機」
という部分さえ見れば思い出せそうだ、と見当がつくわけです。

これが分かれば後は
その部分(an ulterior motive)にだけ下線を引きます
蛍光ペンなどでももちろんOKです。

そして下線を引いてからは
例文を全て見るのをやめ、下線部だけ見て思い出
という段階に移ります。

ここからあともう5~6回読めば、かなりの単語を覚えることができます。

基本的な流れは「フラッシュ単語」の覚え方と同じで、朝1~2回、夜1~2回眺めたり思い出したりしていますから、この作業は5日程で終わります。

一応ulterior だけでなく、他の単語も例として出します。

penchant 「傾向、好み」という名詞
例文
The professor had a penchant for expensive French restaurants.
「その教授は高価なフランス料理店を好む傾向があった」
下線を引いた部分 had a penchant for

この単語は私は単語で英日1対1では覚えられませんでしたが、
have という動詞からpenchantは「持てるもの」ということ、
for という前置詞でpenchantが何かしら「方向性を持っている」ということ
だとイメージすることができ、覚えることができました。
(have や for などの基本単語のコアの意味が分かっている方ならこれだけで格段に覚えやすくなるはずですが、そうでない方はもっと長く下線を引く必要があるでしょう)



pervade 「隅々に広がる、蔓延する」という動詞
例文
Rumors of the illness pervaded a large section of the city.
「その病気のうわさが市の大部分に広がった。
下線を引いたのは全文。

この単語は単語の前後を見たくらいでは覚えられそうにないなと判断したので文全体に下線を引きました。
なぜ覚えられそうにないなと判断したかは・・・自分の感覚です。
おそらく相性が悪いなと感じました。



このように、
単語によって下線を引く範囲というのは違います

その判断は自分が
「この単語ならこれだけ見れば意味を思い出せそうだ」と思えるかどうか
によっています。


この「文脈単語」ですが、私の経験上かなりの割合で単語を覚えることができます。
大体の感覚ですが、
「ラッキー単語」「フラッシュ単語」「文脈単語」合わせて
8~9割の単語を覚えることができます。




さてさて、ある単語リストを覚えようとして
8~9割も覚えられればもう十分以上。万歳。
とも思うわけですが、それでもまだ他の方法で効果的に覚えることができる単語というのはあります。
では残りの1~2割の単語を私がどのようにして覚えているかは次回からの記事で書いていきます。


いつもお読みいただきありがとうございます!
よければ応援のクリックお願いします(^^)/

TOEIC ブログランキングへ

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

Jet Bull

Author:Jet Bull
TOEICは満点ですが、まだまだ英語学習は続けています。
このブログは現在、主にTOEICの受験の感想をアップしています。


自分自身の学習を継続しながら、名古屋(金山駅付近)にてTOEICスクールも運営しています。
学校ホームページ
学校ブログ

最近は付和雷同。英語講師迷走日記。というブログに、英語講師として(主に英語講師の方向けに)記事を書いています。


↑監修させて頂いた「プライム模試」


↑監修させて頂いた通称「だけ問L」


↑執筆協力させて頂いた通称「澤トレ」


↑こっそ~り執筆協力

現在C2プロジェクトに参加中。

過去のTOEICなどの成績↓
【TOEIC公開テスト】
2009/03 965(L485 R480)
2010/01 965(L480 R485)
2010/10 990
2011/01 990
2011/06 990
2011/07 990
2012/01 990
2012/07 990
2012/10 980(L490 R490)
2012/11 990
2013/01 985(L495 R490)
2013/03 985(L495 R490)
2013/04 985(L495 R490)
2013/05 990
2013/06 990
2013/07 990
2013/09 990
2013/10 990
2013/11 990
2014/01 990!全問正解!
2014/03 985(L495 R490)
2014/04 990!全問正解!
2014/05 990!全問正解!
2014/06 990!全問正解!
2014/07 990 アビメ100%
2014/09 990 アビメ100%
2014/10 990
2014/11 990
2014/12 990 アビメ100%
2015/01 病欠orz
2015/03 985(L495 R490)
2015/04 990
2015/05 990 アビメ100%
2015/06 990
2015/07 990 アビメ100%
2015/09 990
2015/10 990
2015/11 990
2015/12 990 アビメ100%
2016/01 990
2016/03 990 アビメ100%
2016/04 990
2016/05 990 アビメ100%
2016/06 990
2016/07 990
2016/09 990
2016/10 990
2016/11 990 アビメ100%
2016/12 990
2017/01 990 アビメ100%
2017/03 990 アビメ100%
2017/04 990
2017/05 990
2017/06 990
2017/07 990
2017/09 990
2017/10 990

(以下は認定証紛失し、捜索中)
2002年頃 330
2005年頃 455
2007/03 730
2008/03 730
2009/01 965

【TOEIC SWテスト】
2012/03 S170 W200
2012/09 S180 W190
2012/11 S180 W190
2013/02 S190 W180
2013/04 S190 W190
2013/08 S200 W190

(認定証紛失分、捜索中)
2010/08 S140 W180(うろ覚え)

【TOEFL iBT】
2014/06 109
2014/07 101

【英検】
2010/3 1級及び準1級合格
2015/1 1級及び準1級合格
2015/2 1級2次不合格(55)
2015/3 1級1次合格 2次辞退
2016/1 1級1次合格 2次辞退
2016/2 1級合格

カテゴリ
Bull Twitter
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる