仮定法と話法の合わせ技

最近ずっと疑問に思っていることがあります。

ちなみにこの疑問について、まだ自分自身しっくりくる部分がないのと、頭もどんどん混乱してくるのでこの記事を読んだら消化不良に陥るかもしれません。
自己責任でお読みください。



疑問とは、仮定法と話法を合わせるとどうなるのだろう? ということです。

例えば

I would have to quit my job if I were married.
「もし結婚していたら、仕事を辞めなければいけいだろう」
(今私は結婚していないので、仕事を続けることができる)

ということを友人Aが言ったとします。

それを友人Bに伝えるにはどうすればいいのか?

これは実は簡単で、

He said, “I would have to quit my job if I were married.”

と直接話法で言えばなにも考えずに済みます。


でも間接話法ならどうなるのだろうか? というのが現在の混乱です。

① He said that he would have to quit his job if he were married.

というのか、

② He said that he would have had to quit his job if he had been married.

と仮定法過去完了(?)になるのか。

気になって夜も眠れなかったので、ネイティブに聞いてみました。

彼の答えは①でした。

どうも仮定法を間接話法で伝える場合、その部分の時制(っぽい部分)は変えないようです。

これは実はネットで調べていても同じことが書かれていたのですが、実際に英語のネイティブに聞いてみて仕方なく納得したというか、自分を納得させました。


でももうちょっと考えてみましょう。

もし友人Aが

I would go out if it were sunny.
「もし晴れていたら、出かけるのに」
(今雨が降っているけど、仮定の話でもし晴れだったら外にでかけていた。)

と言った場合、これを友人Bに伝えると

He said that he would go out if it were sunny.

になります。

では友人Aが

I will go out if it is sunny.

といったら? これは

He said that he would go out if it was sunny.

になると思います。我ながら混乱してきましたが。

なるほど。was か were かで仮定法かどうかが分かるようになっています。


では if の中がbe動詞でなかったらどうなるのか?

例えば

I will buy a car if I win the lottery.
「宝くじがあたったら車をかうぜ」
(言った当人は宝くじが当たるかもしれないと思っている)

と友人Aが言ったのを友人Bに伝えるには

He said that he would buy a car if he won the lottery.

になるはずです。said の影響を受けてthat の中の時制がひとつ過去に戻ります。

では、

I would buy a car if I won the lottery.
「宝くじがあたったら車を買うんだが」
(言った当人は宝くじなんて当たらないと思っている)

と仮定法で言われたらこれを伝えるのに

He said that he would buy a car if he won the lottery.

となってしまいます。仮定法は時制が変わらないので。

それはまずいのではなかろうか・・・と思いまた同じ英語ネイティブに聞いてみました。

彼はしばらく悩んだあげく、「同じ文になっちゃうね。」と答えました。

同じになっちゃうんか~い。とグダグダ彼に言っていたら、彼が私に言いました。

「まあそういうややこしい言い方は普通しないよ。色々言い換えたりするんだよ、多分。あと文脈で分かるって。大丈夫大丈夫。 Hahaha.」

う~む、まあそうなんですが・・・。

どうも消化不良です。



というわけで、今後仮定法で話されたことは直接話法で全て伝えることにしました。

まあこれまで「一体どう言うのだ」と悩んでいたので逆に吹っ切れたというものです。




で、よくよく考えてみると、日本語って確か英語で言う仮定法と直接法をあまり区別しない言語でした。

例えば

① 窓の無い部屋で、外の天気がわからない状態での会話
「今日何する予定?」
「う~ん、もし晴れてたら野球するんだけど」

② 外が雨だと明白な場合
「今日何する予定?」
「う~ん、もし晴れてたら野球するんだけど」

となると思います。

全く違わない・・・。

正確には、①の場合には『んだけど』の部分は言っても言わなくてもいいですね。

そして②の場合は普通『んだけど』の部分を省略することはあまりないでしょう。

ということは①と②の『んだけど』の意味合いというのは違うわけです。

①の『んだけど』は細かく考えてみると
「もし晴れていたら野球するんだけど、ひょっとして何か一緒にしたいことがあるの?」
みたいに続いていく可能性を秘めた『だけど』です。

これに対し②の『んだけど』は
「もし晴れていたら野球するんだけど、今雨が降っているから無理だよ」
と続いていく感じの『だけど』です。

うまく説明できていませんが・・・。

なんとなく日本語ネイティブ的にこれらの『だけど』は何となく違う種類の『だけど』の気がします。

いや、この感覚は僕だけでしょうか・・・。

まあ、実際にこういう場面になったら、状況とか声のトーンでどっちかなんてすぐ分かるわけです。

だから日本語には仮定法と直接法の違いなんて無くてもいいんです。状況で分かるし。

という感覚が上であった僕の『腑に落ちない点』と似ているなと思うのです。

英語を使うネイティブも「いやまあ間接話法の時に仮定法と直接法の違いなんてなくてもいいでしょ。状況でわかるし」みたいに思っているに違いないのです。



あ~、でもなんか腑に落ちません(笑)

また気が向いたら色々例を出してネイティブに聞いてみることにします。

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

長年の相棒、逝く

非常に残念なお知らせです(僕にとって)。

長年使っていた電子辞書が2日前に壊れてしまいました。

電池を入れ替えてもピクリともしないし、色々いじってみたのですがどうもついに息絶えたようです。

享年13歳でした。


確かに、1年程前に蝶つがい的な部分がバキってなって、開閉の時にグラグラしてたんですよ。

それでもテープ貼って補強しながら使っていて「いや~、案外電子辞書って丈夫だな~」なんて思ってたんです。

まあ、使うたびに画面とキーボードがグラグラしてたんですけどね。

使っていたのはシャープのe-dictionaryっていうものだったんですが、もちろん画面は白黒ですし、単語の音声が聞けるスピーカーもついていませんでしたし、タッチペンとかそれ何?みたいな感じです。

使っているのを人に見られると「うわっ古!!」って言われて「ワッフル」だと思っていた時期もありました。
最近は「ワッフル食べたいの?」くらいの返しができるくらいになっていたのですが・・・。


長年使っていたものというのは当然愛着もわきますので、非常にショックを受けましたね。

壊れてしばらくは色々何とか直せないかとトライしたのですが・・・。


で、今日実はもう電子辞書を買ってきました。シャープのBrainってやつです。
EX-WORDってのが結構売れてるみたいですが、どうもキーボードと同じ面に画面っぽいものがついているのが個人的には好きではありませんでした。
それにBrainはシャープだし。

しかし最近の辞書はすごいですね。

とりあえずカラー。画面がタッチパネル。全文検索とかできちゃう。なんか英英辞典だけで3冊とか入っている。キクタンなんかも入っていました。

でも問題が・・・。

とにかく動きが遅いんですよ・・・。

e-dictionaryはひとつボタンを押すたびに画面がポンポン切り替わっていたのですが、どうも今回のBrainはその切り替わりがおそいんですよ。多分0.2~3秒の差なんでしょうけど。

カラーにしてタッチパネルにして音声読み上げとか色々機能をつけたら動作が遅くなりました。って感じです。

毎日辞書を引く人間にとってみたらこのコンマ何秒という遅さはすごく気になるわけです。

は~、無駄な機能はいらないので、e-dictionaryと同じくらい速いモデルがあったら良いのになと思います。

僕が使うのなんてメインでOxford Advanced Learner’s Dictionary、あとサブでジーニアス英和くらいのものなので。

この2冊だけにしぼって速度重視みたいな電子辞書があったら買うんですけどね・・・。


壊れたe-dictionaryは結構思い出がつまっているので中学高校の卒業アルバムと一緒に、思い出ボックスに永久保存することにしました。
(こんなこと言ったら気持ち悪い人ですねorz)

テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

暗唱で発見できること

今日も朝から暗唱に励んでいました。
いや、朝から、というよりは朝の30分だけですが・・・。

今日も引き続き「英検準2級文で覚える英単語」からひとつ文章を選び音読し、暗唱しました。

今朝は交通事故の原因についての文章を暗唱しましたが、この時間(夜)になると完璧には思い出せません。

ところで、この状態、つまり

うろ覚えの状態でもう一度頑張って思い出すと意外な発見があります。

実際の例を見てみます。

まずは暗唱した文を見ずに、記憶だけを頼りに書いていきます。

What are the factors that can affect how dangerous a car accident is?
Bad weather such as freezing condition can of course endanger road users by making roads slippery.
Wild storms can blow objects such as tree branches into the path of traffic, forcing drivers to take severe measures to avoid them.
Tiredness can also be a cause of accidents.
The police advise drivers to take a rest on long journeys so they don’t fall asleep.
A new study shows that drivers are three times more likely to cause an accident when they are with passengers in the car.

さてここで本を見直して訂正を入れていきます。

What are the factors that can affect how dangerous a car accident journey is?
Bad weather such as freezing condition conditions can of course endanger road users by making roads slippery.
Wild storms can blow objects such as tree branches into the path of traffic, forcing drivers to take severe measures to avoid them.
Tiredness can also be a cause of accidents.
The police advise drivers to take a rest on long journeys so they don’t fall asleep.
A new study shows warns that drivers are three times more likely to cause an accident have a major accident when they are with passengers in the car have passengers in their car with them.

そしてひとつひとつ間違いを見直します。

1文目にhow dangerous a car journey is というところをhow dangerous a car accident isとしてしまっています。
これでは「車の旅がどれだけ危険か」ではなく「自動車事故がどれだけ危険か」ということになってしまい、文章全体のテーマが変わってしまいます。
この後の文章との整合性に欠ける結果になるという非常に残念なミスです。
が、ここで私が気付いたのは「普段journeyという単語を使い慣れていない」という事実です。
journeyというと、「旅」というイメージが強すぎて普段使いません。
が、この文脈で使われるということは「移動」くらいの意味に使われるのだろうかと思い辞書で調べてみました。
結果、通勤などちょっとした行程にも用いられるとジーニアス英和辞典に載っていました。
Oxford Advanced Learner’s Dictionaryには
an act of travelling from one place to another, especially when they are far apart
とあります。
長い距離での移動を表すことが多いとはいえ、基本はある場所から別の場所への移動のことをjourneyと言うようです。

2文目、conditions とすべきところを condition と不可算扱いにしてしまっています。
これで自分がいかに可算不可算に弱いかを再認識できました。
conditionという単語、可算も不可算もあるようですが、天候に関して言う場合にはconditionsと常に複数形を使うようです。
ちなみに不可算で使う例としては
The car is in terrible condition.のように in ○○ condition があります。
ただこの場合 in a terrible condition と可算単数として使うこともあるようです。

最後の文、warns の代わりに shows としている。
これはshows でもおそらく大丈夫でしょうが、確かに私はwarnという単語を普段使わないなと気づかされました。

同じく最後の文、have a major accidentが cause an accident になっています。
ここではhave と cause の違いよりも、major という単語が気になりました。
TOEICでもmajorという単語は頻出で、別に難しい単語でもなんでもないのですが、全く頭から抜けていました。
実は結構前からこの「大」という意味でのmajorは使えたらかっこいいと思っていたのですが、今回も使えませんでした。
今後どこかで機会を見つけて使ってみたい単語です。

最後の部分、they have passengers in their car with them をthey are with passengers in the carと言い換えてしまっています。
これは私が頭の中で「同乗者がいる時」と日本語で覚えていてなんとなく英訳したからです。
「同乗者がいる時」と頭のどこかに「with があったな」と覚えていたのでthey are with passengers in the carとしたのですが、これはおそらく英語的に間違いではないでしょう。
しかし、have passengers in their car with themの方がこなれた感じがします。
特にwith themというのは、自分は自然には使えないなと気づいた次第です。



このように、暗唱してしばらくしてから書き起こしてみると色々なことに気づきます。

今回は暗唱で間違った部分ばかりに焦点をあてましたが、それ以外にも暗唱中に以下のようなことに気づきました。
・自分は普段factor, endanger, blow, object, path, severe, measures, tirednessという単語は使っていない → 今後使うように意識しよう
・weatherは基本不可算(可算扱いをすることもあります)
・into the path of trafficというコロケーション(熟語?)は使えそう
・measures は take するもの
・the police は複数扱い(知っていたけど再確認)
・be ○○ times more likely to do という言い方も使えそう


いつも思いますが、英検準2級の文章でも知らないことはたくさんあります。

前回の記事で書いたように、簡単な文章の暗唱はスピーキングに効きます。

でも今日のように
暗唱したものを少し忘れるくらいまで時間を置いて、
再度頑張って思い出して間違えた部分をあぶり出すと、
自分の弱い文法項目などが見えてきます。


時間がある方は、試してみてはいかがでしょう。

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

『暗唱』は何に効くのか

私は英語学習の中でも「音読」というのに重きを置いています。

これは私がTOEICで700点オーバーを取った後に始めたものです。


何かの本がきっかけだったのか、誰かに言われたのがきっかけだったのかいまいちはっきり覚えていませんが、その後國弘正雄先生の「英語の話し方」という本を読んで「自分がやってきたことは間違っていなかった」と確信した覚えはあります。(といっても何百回も音読していたわけではないので、量という点では間違っていたわけですが)



さて、今日も朝から音読をしていたのですが、ふと「そういえば最近音読はしているけど暗唱はしていないな」と気づきました。
1年ほど前までは「音読すなわち暗唱」くらいの感覚でやっていたのですが、どうも怠けていたようです。
これはいけないと思い、さっそく暗唱を目的とした音読をしました。

最近使っている音読教材は旺文社の「英検準2級文で覚える単熟語」です。

CD付 英検準2級 文で覚える単熟語 三訂版 (旺文社英検書)CD付 英検準2級 文で覚える単熟語 三訂版 (旺文社英検書)
(2013/03/26)
旺文社

商品詳細を見る


今日暗唱した文章は「職場におけるEメール」というタイトルのもので、97単語からなるものです。
40分ほどかけて音読し、暗唱までこぎつけました。
今回は数えませんでしたが、おそらく100回近く音読したと思います。

暗唱したといっても、朝はスラスラ言えたものが今は何とか思いだしながら言えるくらいで、既にスラスラ言うことはできなくなっています。
人間の記憶というのはメンテナンスが本当に大事なんだなと思います。

さてそしてお昼頃に気が付いたのですが、今日はスピーキングがノッていました。
普段少し話すのに時間がかかるようなこともスラスラ出てきました。

別に今日暗唱した内容を話していたわけではないですし、そこで覚えたフレーズを使ったわけでもないのです。
でも感覚として、英語が普段よりスムーズに出てきました。

私の考えですが、最近していなかった暗唱をしたことで脳のどこかが刺激されて、これまで使っていなかった表現が芋づる式に出てきたのではないかと思います。
今日は普段使わないようなフレーズが口からポンポン出てきたからです。


そこで思いだしたのが、

暗唱というのは使う教材のレベルによって効果が違う

ということです。


これは私の感覚ですが、

自分が読めたり聞けたりするレベルよりも簡単なものを暗唱するとスピーキング力に効きます。

自分が読めたり聞けたりする限界のレベルの物を暗唱するとリスニングとリーディングに効きます。


確か2年程前にTEDのThe puzzle of motivationというスピーチの暗唱をしました。
正確には3年前に始めて、1日30分~1時間ほどほぼ休まずに音読と暗唱を繰り返して1年かけて暗唱しました。
今でもこのスピーチのかなりの部分は覚えていますし、今度は1カ月ほど頑張ればまた暗唱できるようになるくらいは覚えています。
自分としてはかなり頑張ったと思いますが、実はその時にはスピーキング力が上がっているという実感はありませんでした。
どちらかというと、リスニングが楽になったという感覚がありました。

これはおそらく、TEDのようにレベルの高い語彙やスピードは自分のスピーキング力とかけ離れ過ぎており、せっかく覚えても話す時に活用できなかったからだろうと思います。

これに対して今日暗唱したものは自分のスピーキング力よりちょっと難しいくらいでしたから、脳のスピーキングに関わる部分を刺激できたのだと思います。


暗唱をするにしても、自分が何を伸ばしたいのかが明確になっていると教材選びで間違えませんね。

スピーキングを伸ばしたいなら、自分の読解聴解レベルよりも相当落としたものを

リスニング、リーディングを伸ばしたいのなら、自分の読解聴解レベルのものを


という感覚ですね。

明日からもしばらく暗唱に励んでみようと思います。

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

TOEIC理想の解き方 Part3・4

毎回書きますが、

理想の解き方といっても

効率の良い解き方ではなく、

僕がこう解けたらいいな~と思っているだけ

ですのであしからず。


さて今日はPart3とPart4について書きます。


Part3と4の理想の解き方は共通です。

それは・・・

試験している教室の中で1番最後にページをめくること

です。



Part3・4では普通(?)リスニング音声が流れる前に次の問題文を1セット分読んでおく、ということをしますね。

俗に言う「先読み」というやつです。

僕も普段先読みをします。

先読みをしておけば、ある程度英語力のある方ならリスニングしながら問題を解けます。

正直な話、僕もTOEICを受験しすぎていて、時々問題文と選択肢を読みながら

「あれ、この問題ってこういう風に話が進んでいくんじゃないか?」

なんて予想できてしまうことがあります。


例えばPart 3 で

1. What are the speakers discussing?
(A) How to cure cancer.
(B) Arrangement for an appointment
(C) The date of purchase.
(D) A medical seminar.

2. What does the woman ask the man to do?
(A) Give a presentation.
(B) Check his social insurance number
(C) Stop by a store
(D) Meet in person

3. What will the man probably do next?
(A) Make a phone call.
(B) Consult a dictionary.
(C) Fill in a form.
(D) Check his schedule.

みたいな問題があるとするじゃないですか。

そうすると、読みながら

あ、これはお医者さんの予約の話で看護婦さんから電話があって時間変えてくださいねみたいな話で保険の番号を見て男の人がスケジュールを確認するみたいな話か・・・

いや実は医学系セミナーでもともとプレゼンするはずだった人が急きょ話せなくなったから男の人にプレゼンしてくれと頼んで男の人が『いやその日は都合が悪いんですよ。そうだそのプレゼンができそうな人知ってるからちょっと電話して聞いてみるわ』みたいなパターンか

いや待て実は商品返品か何かの話で買った日はいつかを話してて女の人が『直接来店ください』みたいなことを言って、女の人が発した stop by という熟語が分からなくて男の人が『ちょっと待って、stop by という熟語を辞書で調べるから』って言うパターンか(そんなパターン聞いたことない)」

みたいなことが頭に浮かんでくるわけです。

最近は公開テスト1回につき1問くらいはズバッと当たってしまいますね。





ちょっと話がそれましたがそれはともかく。

先読みをしていると音声を聞きながらマークできますから、

問題の中には最後まで聞かなくても3問とも答えられるものもある

わけです。

右ページの最後の問題なんかだと、音声の途中で問題ページをめくる人や、設問の読み上げ中に問題ページをめくる人がいたりと、

はた迷惑なことにページめくり音カサカサ合戦が勃発するわけです。

自分が最初にページをめくるぞ、みたいな。

僕も常に参戦しています。

昨年はカサカサ合戦では10回中9回、勝利を収めることができました。

夏に一度自分の斜め前の受験者が自分より早くめくっていてびっくりしましたが。


とまあ、普通は(?)早くページをめくったものが勝ちというシステムなのです。


前置きが長くなりましたがここからが理想の解き方の話です。

僕は普段先読みをしますが、

理想は先読みを全くせずに全問正解すること

だと思っています。


先に問題なんて読まなくても

普通に話を聞いて、内容を理解して普通にナレーターが問題を読みあげたら答えを選ぶ

というのが理想だと思うんですよ。

というか多分日本語のテストだったらそうするんじゃないかなと。

だから理想というのは

左ページの1番上の問題に関してはその音声が流れた後に読む

つまり

先読みせず、TOEICのペースで問題を解いてゆったり時間を過ごして試験教室で最後にページをめくる

ということなんですね。

ちなみにこれまで左ページ1番上の問題の音声が流れた後にページをめくる人を見たことがありません。

先読みしなくても、普通は音声が流れ始めたら該当問題のページは開いていると思いますしね。

皆さんも、次回この方法をとればおそらく日本初の快挙を成し遂げることができますよ!!

ちなみに僕は当分の間、先読みをし続ける予定です。満点が30回を越えたらこの方法でチャレンジしてみようか、どうしようかな・・・と思っています。



※ この解き方をしてTOEICスコアが極端に下がってもJet Bullは責任を負いかねます。

テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

Jet Bull

Author:Jet Bull
TOEICは満点ですが、まだまだ英語学習は続けています。
このブログは現在、主にTOEICの受験の感想をアップしています。


自分自身の学習を継続しながら、名古屋(金山駅付近)にてTOEICスクールも運営しています。
学校ホームページ
学校ブログ

最近は付和雷同。英語講師迷走日記。というブログに、英語講師として(主に英語講師の方向けに)記事を書いています。



↑監修させて頂いた通称「だけ問L」


↑執筆協力させて頂いた通称「澤トレ」

現在C2プロジェクトに参加中。

過去のTOEICなどの成績↓
【TOEIC公開テスト】
2009/03 965(L485 R480)
2010/01 965(L480 R485)
2010/10 990
2011/01 990
2011/06 990
2011/07 990
2012/01 990
2012/07 990
2012/10 980(L490 R490)
2012/11 990
2013/01 985(L495 R490)
2013/03 985(L495 R490)
2013/04 985(L495 R490)
2013/05 990
2013/06 990
2013/07 990
2013/09 990
2013/10 990
2013/11 990
2014/01 990!全問正解!
2014/03 985(L495 R490)
2014/04 990!全問正解!
2014/05 990!全問正解!
2014/06 990!全問正解!
2014/07 990 アビメ100%
2014/09 990 アビメ100%
2014/10 990
2014/11 990
2014/12 990 アビメ100%
2015/01 病欠orz
2015/03 985(L495 R490)
2015/04 990
2015/05 990 アビメ100%
2015/06 990
2015/07 990 アビメ100%
2015/09 990
2015/10 990
2015/11 990
2015/12 990 アビメ100%
2016/01 990
2016/03 990 アビメ100%
2016/04 990
2016/05 990 アビメ100%
2016/06 990
2016/07 990
2016/09 990
2016/10 990
2016/11 990 アビメ100%
2016/12 990
2017/01 990 アビメ100%
2017/03 990 アビメ100%
2017/04 990

(以下は認定証紛失し、捜索中)
2002年頃 330
2005年頃 455
2007/03 730
2008/03 730
2009/01 965

【TOEIC SWテスト】
2012/03 S170 W200
2012/09 S180 W190
2012/11 S180 W190
2013/02 S190 W180
2013/04 S190 W190
2013/08 S200 W190

(認定証紛失分、捜索中)
2010/08 S140 W180(うろ覚え)

【TOEFL iBT】
2014/06 109
2014/07 101

【英検】
2010/3 1級及び準1級合格
2015/1 1級及び準1級合格
2015/2 1級2次不合格(55)
2015/3 1級1次合格 2次辞退
2016/1 1級1次合格 2次辞退
2016/2 1級合格

カテゴリ
Bull Twitter
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる