おススメ海外ドラマ The Big Bang Theory

英語の勉強もしていますが、ちょっとでも英語に触れている時間を増やすために海外ドラマも見ています。

Huluというサイトで海外ドラマを見ています。

このサイト、なんと月額1000円程度で映画もドラマも見放題

めちゃ便利です。

って回し者みたいですが。

それはともかく、前まではウォーキングデッドを見ていたのですが、配信に追いついてしまったので新たなドラマを開拓しています。


今見ているのは、

The Big Bang Theory







以前から名前は聞いたことがあったので、気になっていました。


でも、名前しか知らなかったので色々勘違いしていました

見る前は、

理系の大学生達がとてつもなく難しい理論について語り合うドラマ

だと思っていました。



実際には

理系のオタク大学研究員たちの日常コメディ

でした。

難しい話も出てはきますが、それはストーリーの本筋とはあまり関わらない部分で、ほとんどの場合ジョークとして扱われています。(メインヒロインの女の子は学術的な話が全くできないですし)

あと、全然関係ないんですけど、超ちょい役でウォーキングデッドのメインキャラクター、グレン役の俳優が出ていました。

ついでにHeroesのメインキャラクターのひとりのヒロの父親役の俳優も出ていました。

両方とも1エピソードのみの出演です。

なんかうれしかったです(笑)

海外ドラマを色々見ていると、役者さんがオーバーラップしているので、それを発見するのも密かな楽しみだったりします。



ちなみに、ビッグバンセオリーで一番衝撃だったのは、

フレンズやフルハウスと同じくらい面白い(゚Д゚;)

と自分が感じたことですね。

多分、面白いシチュエーションコメディの共通点は、登場人物の成長が描かれていたり、長い期間の変遷があったり、つまり人生が描かれていることでしょう。

感情移入しやすいというか。

なんで今まで一度も見たことがなかったんだ(゚Д゚;)

と思いました。



ちなみに、Huluでは、The Big Bang Theoryにも英語字幕がありません(T_T)

あと、もうシーズン9まで始まっているのですが、まだシーズン6までしか見れないようです。

本当は字幕があれば楽?というか勉強になるのですが。。。

正直、何割くらい聞き取れているか不明です。なんとなく分かった気で見ています。

勉強というよりは、ただ楽しみで見ているだけなのでそれでもいいかなと。




ビッグバンセオリーは、コメディ好きな人、フレンズが好きな人にはめちゃくちゃおススメです。

アメリカでも大人気のようで、なんとシーズン1では視聴者数がおよそ800万人から始まり、今(シーズン7,8)では1900万人にまでなっています。

エミー賞にノミネートされたり、色々な賞も取っているようですね。

実際に見てみると納得でした。

勉強の息抜きにどうぞ。




いつもお読みいただきありがとうございます!
よければ応援のクリックお願いします(^^)/

英語 ブログランキングへ

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

暗唱進捗

2週間ほど、前回書いた10分暗唱をしています。

とりあえず、毎日1時間ほど音読と暗唱をしていても苦にならないくらいの体力が戻ってきています。

が、問題が発生しました。














飽きました。 

( ゚Д゚)













英語学習というのは、繰り返しが大事です。
理解した文章を音読、暗唱することによって、英語のアウトプット力だけでなく、速読力も身につきます。

音読、暗唱することによってアウトプット力が上がるというのは、簡単な文を考えるとわかります。
Hello. How are you?
I’m fine, thank you. 
これは中学1年生の序盤に習うフレーズですが、この超初歩的なやり取りがスッとできない社会人の方は多いものです。
働き始めて全く英語に触れていなかったりすると、簡単な挨拶も満足にすることは難しいものです。
何度も繰り返し口に出しておくことで、瞬時に自分の頭の引き出しからフレーズを出せるようになる。
これは簡単なフレーズでも難しいフレーズでも同じです。
スムーズなアウトプットの下地を作るのに、暗唱は必須です。

また、音読して暗唱まで持っていくには、その文章を深く理解する必要があります。
これが速読力に結び付きます。例えば
This allowed people to buy things from home.
という文を暗唱するとき、allow 人 to という形を認識して覚えます。
すると、allow という動詞が使われたときに、意識的か無意識的か「次には 名詞 to」が来るぞ、と思えるようになります。
次に来る形が予測できると、格段に読むスピードが上がります。
暗唱というのは、速読力をつけるのにも有効なのです。
ちなみに同じ理由で、リスニング力もつきます。

だから、何度も音読して英語の文章を暗唱するというのは、アウトプットと同時にインプット能力まで鍛えられる、最強のツールなのです。







でも、ずっとやってると飽きるんですよ( ゚Д゚)


同じことを繰り返してると、飽和状態になります(´・ω・`)





ましてや私は人よりも飽きっぽいという自覚があるので、どうしたものか、というのが今の状態です。




とはいえ、上で書いたように繰り返しというのは大事です。

というわけで、ちょっと変化を加えるために、音読・暗唱に使う素材の幅を広げることにしました。



追加したのは、中学生用の長文と、TEDです。

中学生用の長文は

「ハイパー英語教室 中学英語長文1 超基礎からはじめる編」

というのを使っています。(なぜかうまくリンクが貼れませんでした)

短い文章(中学生にとっては長文)が20個くらい入っています。



あと、TEDは昔暗唱(というか完コピ)した

The puzzle of motivationというスピーチ。

こちらはおおよそ20分くらいの素材です。




中学生用の長文の方は、意外なことに、結構暗唱って難しいなと再認識できました。

ほんと、内容はめちゃくちゃ簡単なんです。
単語も文法も中学生レベルですから。

でも、ストーリーを頭に入れて、それを自分の言葉として暗唱するまでに、結局難しい英文を暗唱するのと同じくらいの時間がかかります。

やはり文が簡単なので、スピーキングには特に聞きそうだなと思いました。
準2級の文単でも、この日本語がこんな簡単な英語で表現できるのか!みたいな発見は多いですが、中学生用となるとさらにそれが多くなります。

うまいこと基本動詞を使うな、とか、ここでその前置詞か!みたいな。


ただ、簡単なものばかり暗唱していると、本当に飽きるので、難しいものも取り入れました。
上で書いたTEDのThe puzzle of motivationです。

Dan Pinkのこのスピーチは大好きです。
「人のやる気を起こすのに、報酬と処罰を使うのはもう古い!これからは内に秘めた闘志に火をつける必要がある!」
みたいな内容(適当な概要)なのですが、面白いです。
これをモノマネして音読していると楽しいです。

ちなみにこの「楽しい」というのは

うわ、外国人みたいに英語話してる自分がいる!

という、自己満的な楽しさです(笑)

自分すげーカッコイイ!みたいな(;^ω^)


英語学習って、自分だけで学習する時間の確保が必須なのですが、こういう自己満な楽しみというのは結構大事だと思っています(笑)

多分一生懸命やれば、The puzzle of motivation は1か月くらいで暗唱できる気がします。
前回既に完コピ(1年くらいかかりましたが)しているので、2回目はそれくらいでできるかな・・・くらいの適当な予想ですが。



音読をやり始めて2週間経って、かなり口慣らしができたので、本当はもうスピーキング練習したい気持ちになってきているのですが、英語学習で焦ると失敗しやすいのでもうちょっと我慢します。


あと、最近放置していた( ゚Д゚) ボキャビルも再開しようかなと考えています。
9月くらいに「ボキャビルしよう!」と誓ったはずなのに気づいたらやらなくなっていました(゚Д゚;)

こうして考えてみるとほんとに飽きっぽい(;^ω^)


そんな感じで、

・12月は10分暗唱を続ける(1日最低3つ)

・1月はスピーキング練習を入れていく

という予定を崩さずに行こうと思っています。




いつもお読みいただきありがとうございます!
よければ応援のクリックお願いします(^^)/

TOEIC ブログランキングへ

10分間暗唱

アウトプットの練習のために、10分間暗唱というのをしています。

30秒くらいで読める英文素材を10分間ひたすら音読して、暗唱できるまでに持っていきます。

これまでも気が向いた時にやっていたのですが、

今週から毎日最低3本暗唱することにしました。






10分間暗唱の方法は、10分間声に出して読むだけ、という非常にシンプルなものです。
が、これが結構スピーキングの土台作りに役立ちます


手順は以下の通りです。

タイマーを10分でセットする。

はじめ~5分まで:口慣らし

5分経過後:少しずつ英文から目を離して暗唱し始める。

10分経過:完全に目を離して最初から最後まで暗唱


この単純な3ステップなのですが、10分で暗唱しなければ!と思うと結構頑張る必要があります。

おそらく私がやっているのを誰かが見ていても「単純だなぁ」と思うはずです。
ひたすら音読しているだけなので。



でも、音読している間、頭の中では色々なことが起こっています。


まず初回の音読。
理解しながら音読します。

ゆっくりと情景を頭の中でイメージしながら読みます。


2回目~5分経過までは完全に口慣らしです。
音読で噛まないように、難しい単語や単語のつながり等を意識しながら徐々にスピードを上げていきます。

この5分間で、スピードをマックスにまで持っていきます。
最初は30秒くらいかけて音読していたものが、大体20秒くらいで読めるようになります。

最初の1回以外はただの口慣らしなので、意味を考えずにとにかく音をしっかり出すことを優先します。
つまり、意味はほとんど考えません。



5分経つと、おおよそ口が次の単語を覚えてくれているので、ここで目を離し始めます。
あれ?覚えてないぞ?と思ったら躊躇せずにすぐ英文を見ます
この段階では音だけで覚えているので、すぐに英文を忘れてしまいます。

特に忘れやすい英文は、意味を考えながら音読するようにします。
5分から10分までの間に、音に意味をブレンドさせていくイメージです。



10分のタイマーが鳴ったら、英文を見ずに音読してみます。
このとき、完全に暗唱できてもできなくても、その英文は一旦そこまでにします。



暗唱できるものもできなかったものも、後日もういちど10分間暗唱の素材として使います。
一度10分間暗唱にトライしておけば、2度目はかなりの確率で暗唱できます。

詳しく書くと、こんな感じですね。





これまでは「英検準2級文単」だけを使っていたのですが、1日3本やっているとすぐに素材がなくなるので教材の幅を増やしています。




使っているのは、

・TOEICのPart 4の音声
・VOAのニュースの一部
・英検準1級文単


です。



TOEICのPart 4 の音声に関しては、日本の公式問題集と、韓国の公式実践、最新傾向を使っています。

↑韓国の公式実践、リスニングのみ10セット。


↑韓国の公式、最新傾向 リスニングとリーディング両方付き、5セット
 ただし、TEST 3 は日本の公式問題集6のTEST 2 と全く同じ。

※上の2冊は解説、訳が韓国語なので注意




VOAは気になったニュースの1段落か2段落くらい。

VOAのウェブサイトリンク




英検準一級の文単は1ページのうち1段落くらいが目安ですね。




大体60~100単語以内で収まる量にしています。




これまでのところ、
英検準2級の文単を1ユニット
TOEIC Part 4 1セット
この2つは10分で暗唱できることが多いです。

VOAと英検準1級の文単は、内容や構文が難しいので10分では暗唱しづらいですね。
10分やって、次の日にもう一度10分やって暗唱できるかな、くらいです。


1日30分という短い時間ですが、ひたすら英語を口に出すというのは結構しんどいです。
というか、結構しんどいと思うほど自分が音読をサボっていたのだなぁと実感しています(´・ω・`)
以前(1年くらい前)は同じようなやり方で1~2時間やっても疲れなかったような。。。


この音読+暗唱でスピーキングの基礎を作って、12月中旬~1月くらいから、スピーキングの練習を追加する予定です。




あ、最後に。

私の場合、準2級の素材、準1級の素材、TOEICの素材は

いきなり音読してもちゃんと意味が理解できる(単語も知ってるものばかり)

音声を確認しなくても正しい音が分かる


ので、いきなり上の10分暗唱をやっています。

VOAに関しては、知らない単語と発音だけ調べて10分暗唱をします。



もし、ちょっとやってみよ~、と思われた方がいたら、

発音とイントネーションなどがわかる

意味もきっちりわかる


ようにしてから暗唱にトライしてみてください。

間違った音で暗唱したり、意味も分からないまま暗唱してもあまり効果がないからです。


それでは。


いつもお読み頂きありがとうございます!
よければ応援のクリックお願いします(^^)/

TOEIC ブログランキングへ

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

2015年度第2回英検 2次試験結果

昨日から英検の2次試験の結果がネットで閲覧可能になりましたね。





さて今回の私の結果は・・・




20152eiken2nd.png





完全にやらかした・・・



というわけで、不合格Aでした(´・ω・`)



1次試験が終わった時に「でも2次試験は100点取れるもんね~」とか無謀な目標を立てたバチが当たったのでしょう。

いや、レッドブルを飲み忘れたことで普段以上の実力が出なかったのが敗因かもしれません。

実力をつけろって話ですが。



次回、地道に頑張ります。


これまでスピーキングの練習から逃げ回っていたのですが(そして逃げ切ったつもりでいたのですが)、今回ついに追いつかれてしまったようなので、


しばらくスピーキング練習を自分の学習に組み込むことにします。





そして既に、スピーキング練習以外にも、次回の英検に向けて、対策を打っております。



その対策とは・・・




げんれい工房というサイトで

挫折禁止キーホルダーを買いました(笑)

10数年前にネットで流行った、道路交通標識のパロディ商品です。


挫折禁止ってことで。
(あ、でも日曜と休日は挫折してもいいらしい)


いつもお読み頂きありがとうございます!
よければ応援のクリックお願いします(^^)/

TOEIC ブログランキングへ

テーマ : 資格
ジャンル : 学校・教育

第204回 TOEIC公開テスト 結果

昨日、ネットで10月25日のTOEICの結果表示が始まりましたね。

私の結果 ↓
20151025score.png


というわけで、通算28回目の満点取得できました!(^^)!
今回は多分満点だろうと思っていたので、予想通りでよかったです。

30回まであと二回!!
一昨日のTOEICも多分満点な気がするので(もちろん結果が返ってくるまでわかりませんが)12月も満点だったら、無事年内に目標達成ということになります。

完全な思い付きですが、もし年内に30回達成できたら、現行の形式のTOEIC残り3回(1月、3月、4月)はPart 3 と Part 4 を先読みなしで満点狙ってみます。

とか言ってると、年内30回達成できなかったりしそうですが(´・ω・`)
ま、その場合は1月からも引き続き先読みします。

いや、年内に達成できるはず!多分(←弱気)。

いずれにせよ、がんばります。


いつもお読みいただきありがとうございます!
よければ応援のクリックお願いします(^^)/

TOEIC ブログランキングへ

テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

英検2次試験

英検1級の2次試験を受けてきました。先週の日曜日に。

1週間前の話を今するんかい( ゚Д゚)

ブログは鮮度命なのに!!(T_T)

という感じなのですが、そう、1週間前の日曜日に英検二次試験が行われました。

先週書けなかったので、今日軽く書いておきます。

2015年度第一回の英検1級の2次試験では2分のスピーチを1分で終わらせるという大失態をしたので、今回は

とにかくゆっくりしゃべって時間を稼ぐ作戦

を取りました。

結果:2分で言いたいことの半分くらいしか言えず、タイマーが鳴る。

   スピーチの私の最後の一言 “Oh, sorry…”


なぜ謝ってしまったのか・・・(´・ω・`)

はからずも、2分のスピーチを1分でまとめてしまった場合と、2分では終われなかったスピーチのどちらの方が点数が高いのかが分かってしまうという状況になりました。

いやもう、これは試験の傾向を見るためにわざとやったことにしましょう。

って、前回よりスピーチの点数が低くなると、それは不合格になるんですが(´・ω・`)


結果は明日出ます!

というか今日の午後には10月のTOEIC結果も出ます!
昨日はTOEICでしたし、今週はなんだかいろいろありますね!

では。

いつもお読みいただきありがとうございます!
よければ応援のクリックお願いします(^_^)/

TOEIC ブログランキングへ

テーマ : 資格
ジャンル : 学校・教育

第205回TOEIC公開テスト 感想

今日もTOEIC公開テストを受験してきました!

感想を書いていきます。

今回名古屋はマイナーフォームでした。

全体レベル やや易

Part 1 易
Part 2 易
Part 3 やや難
Part 4 やや難
Part 5 普通
Part 6 やや難
Part 7 single passage 普通
Part 7 double passage 普通



以下Partごとの感想です。

※以下の文章での初級中級上級のくくり
初級者 = TOEIC700点未満の方
中級者 = TOEIC700以上~900未満の方
上級者 = TOEIC900以上の方


Part 1 易
今回、正答はどれも簡単なものでした。主語が人間で、能動態で、時制が現在進行形のもの(男の人が~しています、みたいなの)が9つというボーナスステージ状態でした。
人間でないものが主語のものも1つありましたが、これも簡単でした。
受け身の文が一つもないというのは珍しいですね。
「いや、そんなにシンプルなはずがない」と深読みしてしまうと、魅力的な誤答はあったのでひっかかってしまうかも、とは思いましたが、初級者の方も9~10問狙える回でした。

Part 2 易
難化してきたな~、とこの間まで思っていましたが、前回はやや易しく感じましたし、今回も易しかったので、今後どうなるかな?と思っています。
文頭の疑問詞だけを聞き取って答えられたり、依頼に対する素直な応答だったり、消去法でひとつに絞れたりするボーナス問題が12問。初級者の方もここはしっかり取っておきたいところです。え~、何それ、と思った500点くらいの方は、パート2対策をしておきましょう。
今回の難易度で「結構難しい」と思った中級以上の方は、消去法とか細かいことは一旦忘れて、単純なリスニング力を伸ばしましょう。公式問題集のPart 2 の問題を音読やシャドウイングしたりすると、リスニング力アップでき、ついでに色々なパターンにもなれることができるのでお勧めです。
ちょっとひねってあるな(新しい返し方だな)、と思った問題は4問で、このあたりがリスニング中級と上級を分けるラインなのかなと思いました。

Part 3 と 4 両方やや難
Part 3 と 4 は、どちらも後半に音声自体が聞きにくい問題(内容が難しい問題)が含まれてはいましたが、今回「難しいかも」と感じた理由は、設問と選択肢です。
これは前々回(203回)の時にも感じました。
設問が長かったり、選択肢が長かったです。読みにくい構文もありました。
選択肢が文になっているもので、全て受け身だった問題なんかもあり、初級の方は答えを選びにくかっただろうと感じました。
今回のPart 3 と 4 はリーディング力が問われたパートでした。
ここでいうリーディング力というのは、限られた時間内に「何が問われているか」「選択肢の意味することは何か」を素早く理解する速読力?的なもののことです。Part 5 以降のリーディングセクションほど凝った構文はもちろん出ていません。
というわけで、Part 3 と 4 を確実に伸ばしたいという方は、英語の音声を聞くだけではなく、短い文を一瞬で理解できるようにする練習をするといいでしょう。
例えば、
1.公式問題集の問題と選択肢をPart 3 と 4 全てを一気に読んでタイムを計ってみる。
(ちゃんと理解して読む、ということです。目を通すだけではないです)
2.引っかかった(スピードが遅くなった)問題文や選択肢を読み込む。
3.もう一度すべてを通して読んでタイムを計ってみる。
4.あとは3を繰り返してどんどんタイムを縮める。
みたいな方法があります、参考までに。

Part 5 普通
定番の品詞問題あり、語彙も特に難しいわけではなく、あまり印象に残りませんでした。130番台に「え、こんな簡単な文法問題が?」みたいなのもありました。難しかったかな?と思ったのは3問くらいでしょうか。140番だけは消去法で解きましたが、それ以外は普通かなと思いました。ひょっとしたらやや易しいくらいかもしれません。

Part 6 やや難
ちょっと語彙が難しめでした。あと、空欄を含む文でひとつ厄介な(特に初級~中級の方が文構造をつかむのに苦労しそうな)文法問題がありました。
とはいえ、文書の内容自体は分かりやすいものだったので、上級者の方はここで間違えたくはないレベルだと思います。

Part 7 single passage 普通
1問目にいきなりでかいスマホがあって、新形式のTOEIC意識してるのかな~、と思ったTOEICkerは私だけではないでしょう(笑)設問のキーワードを見つけ、探しに行けるタイプの問題もそこそこあり、初級者の方もがんばれば得点できそうに感じました。が、探しに行った先に難しめの語彙がごろごろしているようなものもあったりもしました。「解ける!」なのか「語彙的に理解できないからあきらめる!」なのかの判断力が必要ですね。
書きながら思い出しましたが、文書の中で使用されていた語彙レベルは今回高めだったような・・・。

Part 7 double passage 普通
問題としてはひねりもなく普通かなと思いました。
あとはsingle passage と同じような感想です。
そういえば最近、single passage でもdouble passage のようなクロスレファレンス問題(文書の中で正解の根拠が2か所以上に散らばっているもの)がちょこちょこ出ますね。
ひとつ、求人の問題で面白い職種が募集されていました。ひょっとしたら一般的になじみのない仕事なのかもしれません。私は運が良く、2~3年前にちょうど全く同じタイプの仕事の求人広告を見ていて、登録だけしていたのでイメージが湧きやすかったです。この仕事になじみがなかったら、「どんな仕事?」となる方も多いのかもしれません。背景知識があったのでお得感がありました。



感想は以上です。

というわけで、今日TOEIC受験された方、お疲れ様でした!
また12月に向けて頑張っていきましょう!


どうでもいい話↓
今回、私が受けた会場は、めちゃくちゃ小さい教室でした。横5列、縦3列で15人しか受験者がいないという。
試験管との距離もめちゃ近いんですね。
で、思ったんですよ。
ついにTOEIC協会(?)のブラックリスト入りをして隔離されたんじゃないかと。
試験中、変な動きをしないか厳しくチェックされるんじゃないかと。
やった~!あの有名なTEX加藤さんは常に厳重に見張られているって聞いているぞ。
私もついにTOEICの監視下に!(^^)!
とかわけのわからない喜びに満ちていたのですが、試験官が途中でウトウトしていらっしゃったり、全然ゆるかったのでただの自意識過剰です。はい。失礼しました。


いつもお読みいただきありがとうございます!
よければ応援のクリックお願いします(^^)/

TOEIC ブログランキングへ

テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

Jet Bull

Author:Jet Bull
TOEICは満点ですが、まだまだ英語学習は続けています。

自分自身の学習を継続しながら、名古屋(金山駅付近)にてTOEICスクールも運営しています。
学校ホームページ
学校ブログ


↑監修させて頂いた通称「だけ問L」


↑執筆協力させて頂いた通称「澤トレ」

現在C2プロジェクトに参加中。

過去のTOEICなどの成績↓
【TOEIC公開テスト】
2009/03 965(L485 R480)
2010/01 965(L480 R485)
2010/10 990
2011/01 990
2011/06 990
2011/07 990
2012/01 990
2012/07 990
2012/10 980(L490 R490)
2012/11 990
2013/01 985(L495 R490)
2013/03 985(L495 R490)
2013/04 985(L495 R490)
2013/05 990
2013/06 990
2013/07 990
2013/09 990
2013/10 990
2013/11 990
2014/01 990!全問正解!
2014/03 985(L495 R490)
2014/04 990!全問正解!
2014/05 990!全問正解!
2014/06 990!全問正解!
2014/07 990 アビメ100%
2014/09 990 アビメ100%
2014/10 990
2014/11 990
2014/12 990 アビメ100%
2015/01 病欠orz
2015/03 985(L495 R490)
2015/04 990
2015/05 990 アビメ100%
2015/06 990
2015/07 990 アビメ100%
2015/09 990
2015/10 990
2015/11 990
2015/12 990 アビメ100%
2016/01 990
2016/03 990 アビメ100%
2016/04 990
2016/05 990
2016/06 990
2016/07 990
2016/09 990
2016/10 990
2016/11 990
2016/12 990


(以下は認定証紛失し、捜索中)
2002年頃 330
2005年頃 455
2007/03 730
2008/03 730
2009/01 965

【TOEIC SWテスト】
2012/03 S170 W200
2012/09 S180 W190
2012/11 S180 W190
2013/02 S190 W180
2013/04 S190 W190
2013/08 S200 W190

(認定証紛失分、捜索中)
2010/08 S140 W180(うろ覚え)

【TOEFL iBT】
2014/06 109
2014/07 101

【英検】
2010/3 1級及び準1級合格
2015/1 1級及び準1級合格
2015/2 1級2次不合格(55)
2015/3 1級1次合格 2次辞退
2016/1 1級1次合格 2次辞退
2016/2 1級合格

カテゴリ
Bull Twitter
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる