第213回TOEIC公開テスト(2016年9月25日) 感想

今日も名古屋でTOEICを受験してきました。

ちなみに、今回私が受けたテストは、
「屋根の修理はしてないな」
「引き出し開けている」
「外のベンチで日向ぼっこ」
「サイクリング中」
「え、このちっちゃいのがbuilding?」
「鉢植えは床には置いてないぞ」
フォームでした。(わかりづらい)

全体難易度 普通

リスニング
Part 1 易
Part 2 普通
Part 3 普通
Part 4 やや難

リーディング
Part 5 やや難
Part 6 普通
Part 7 普通

※以下の文章での初級中級上級のくくり
初級者 = TOEIC700点未満の方
中級者 = TOEIC700以上~900未満の方
上級者 = TOEIC900以上の方

Part 1 易
今回のpart 1は簡単でした。人が主語の文が5つ。初級の方でも頑張ってノーミスでいきたいところです。

Part 2 普通
WH疑問文は比較的素直な問題が多かったと思いますが、それ以外でひねった応答が多く出題されました。特に平叙文や付加疑問文、否定疑問文への応答は、英語での会話を聞くことに慣れていないとついていけないものが多かった印象です。それでも難易度を「普通」にしているのは、消去法(音が似た単語を正解候補から外すとか、選択疑問文ならNoって言ったら外すとか。)を使えばなんとかなりそうなものもそこそこ出ているからです。
ある程度TOEIC慣れしている中級以上の方は、まずまずの点数が取れたのではないでしょうか。

Part 3 普通
新形式の3人会話のセットの中で、意図問題が出題されました。公式問題集にはあったと思うんですが、本当に出るんだ~、と思いました。新形式慣れしていない方はちょっと戸惑ったかもしれませんね。そういう方はまずは公式問題集から問題を解いてなれるのも大切です。
新形式の図表問題は、地図も出題されていました。結構分かりづらい地図だったのですが、答えを導くのは簡単でした。
このパートも、他のリスニングのパートもですが、聞き取りづらいオーストラリア人は今回登場していない気がします。それもあって難易度「普通」にしています。(が、実は今回あまり内容覚えていないということもあります。)

Part 4 やや難
図表問題の一つ目で「いかにも海外で流れてそうなCM」のセットが出題されました。これは海外のラジオとかテレビを見ている人が有利ですね。
(これは中級以上の方向けではありますが、海外のCMを見るようにするといいです。具体的には、Youtubeで「America commercial」みたいに検索して面白いCMを探したりするとか。いや、まあCMが毎回出るかと言われるとそうでもないので、暇つぶし程度にどうぞ。TOEICより速い音声に慣れることもできますし)

パート3と4を通して、どちらも「聞こえてくる単語」と「正解の選択肢」がかなり言い換えられていると感じました。まるっきり同じ単語だ、というのも多少はありますが。

Part 5 やや難
語彙問題が難しかった印象です。難しくなさそうな単語(すでに多くの人が知っている単語)でも、普通知られている以外の意味で出題されたり。ここで考えこんで時間をかけてしまうと後半Part 6, 7 がしんどくなるので、やはりPart 5はあきらめも大切です。
今回は中級の方が「うわ~!難しい!」と頭を抱えたくなるであろうレベルの問題が多かったと思っています。タイムマネジメントの練習(模試を解くとか)をしてきている方はこういう時に効果を実感できるのでしょうね。

Part 6 普通
あまり覚えていないですが・・・。4セット中、3セットはとても短い文章だったと記憶しています。

Part 7 普通
全体的に、難しすぎず、易しすぎず・・・なんとも言えない感じでした。
やはりシングルパッセージは後半に行けば行くほど難しかったので、初級~中級の方はシングル10セットのうち6~7セットを解いたら、ダブルパッセージを先に解くといいかもしれません。これは今後も同じでしょう。(ダブルパッセージとトリプルパッセージを先に解いておいてシングルに戻る、という方法もありますね)
今回に関していえば、シングルパッセージは8セット目が難易度(文章の読みにくさ)が高かったかなと思います。
トリプルパッセージは、やはりクロスレファレンス問題(文書またがって2つ以上の場所に正解の根拠がある問題)が多めでした。トリプルパッセージの多分3つ目?に、えらく長い新聞記事?が載っていたのですが、これは見かけ倒しで中身は読みやすかったです。記事が100%難しいわけでもない例ですね。まあ平均的には記事は難しいと思いますが。



さて、私に関してです。

今回の予想得点は・・・・980点!
リスニングでミスを連発したからです(´-ω-`)
いや、やっぱり985?いや、あわよくば990?
とか思ったりもしたんですけど、今回は悪~い予感がしています。
そんなこともあります。
(でも何かの間違いで990取れてたらいいな~、とか思ってしまう自分の情けなさ)

ここ1か月くらい、モチベーションが上がらず勉強もほぼできていないので、その成果を存分に発揮してしまった感があります。
あ~、モチベーションってどうやったら上がるんですかね?
と考えていたのですが、
「モチベーションなんて、とりあえず勉強さえ続けてれば勝手に上がる」
と偉そうなことを自分が言っていたな~、と思い出しました。
ぼちぼち勉強していくしかない!
とにもかくにも、勉強します。勉強リハビリ勉強リハビリ。
今日は海外ドラマでも見て寝ることにします。


いつもお読みいただきありがとうございます!
よければ応援のクリックお願いします(^^)/

TOEIC ブログランキングへ

テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

台風一家

ここ最近、台風が多いですね。
タイフウイッカと聞いて『台風一家』と勘違いしていた子供時代を送った人は多いと思います。
そんなことを考えていたら、英語に関しての勘違いを思い出しました。

私の好きなテレビ番組のひとつに、South Parkというアニメがあります。
比較的スピーキングスピードが速い割りに、独特な声ではっきりと発音してくれるためリスニング素材としては悪くないと思います。
8年前、ワーホリでカナダに滞在していた頃、South Parkを見るのが日課でした。

ある時、こんな場面がありました。
登場人物の一人が慌てて話しており、どうも説明が要領を得ない。
これにイライラした主人公、
Wait, wait. Let me get this tree.
と言った後、相手の言ったことを、「こういうことだよね?」とまとめました。

ここでLet me get this tree.という表現は、「ちょっとまとめさせて」という意味だと判断しました。
直訳すると、「この木を私に取らせてくれ」です。
気になったので、Let me get this tree.というイディオムがないか調べてみたのですが、見つかりませんでした。
しかし上述のSouth Parkの話の流れを見て、「ちょっとまとめさせて」という意味だったことは確信していましたから、「辞書に載っていなくてもいいか」と思ってそのままにしました。

「話がとっちらかる様子」を、「木がどんどん枝分かれして収集がつかなくなる様子」に見立て、比喩的に「その木を私に取らせてくれ。私が剪定しよう」、つまり「そのぐっちゃぐちゃな話のまとめは私が引き受けた」と表現したフレーズ、それがLet me get this tree.だ。
こういう風に想像しました。

とてもイメージしやすく、Let me get this tree.という表現が気に入ったので、その日から何度か使いました。
主に当時通っていた語学学校のクラスの中でです。
Let me get this tree.という表現を使って、それまでに話し合われていた内容をまとめる。
先生も「うんうん」みたいな感じでうなずく。

さて、それからしばらくたって、カナダ生まれのネイティブスピーカーとランゲージエクスチェンジを始めました。
私は日本語を教え、相手は英語を教えてくれました。
そんな時に、ふとあのフレーズが気になって確認してみたんです。
Let me get this tree.って、「話をまとめさせてくれ」みたいな意味だよね?と。
相手も「まあ大体そんな意味だね」と答えました。
「やっぱそうだよね。でも、辞書にもネットにも載ってないんだよね。そんなことって珍しいからさ」と私は言いました。
「え?いや、辞書はともかく、ネットには絶対載ってるでしょ。よく使うフレーズだし」と驚く相手。
私は「載ってないよ。結構調べたから間違いない」と主張。
どちらも譲らず、結局ネットで調べることにしました。
そしてなんと、彼女がパソコンで検索したらすぐにひっかかったのです。
「ね!やっぱりあるじゃない!どこのネットを調べてたの?」と、画面を見せてくれました。
画面の検索ボックスに打ち込まれていたフレーズは、私の思っていたものと違いました。
Let me get this straight.

Let me get this straight.を、ずっとLet me get this tree.だと勘違いしていたわけです。
しかも、自分がLet me get this tree.と言った時も、聞き手は勝手にLet me get this straight.と聞き取っていたようです。
検索ボックスを見た後に「え?Let me get this tree.だと思ってた!!」と何度か言ってみたのですが、「そう、だから、Let me get this straight.でしょ。あったでしょ」と返される始末で、しばらく彼女には「this straightをthis treeだと勘違いしていた」ことが分かってもらえませんでした。
最終的には紙に書いて私の勘違いを理解してもらえましたが。

こういうことがあって、「発音がいい加減でも通じることはある」ということと、「文脈って大事」だということを実感として理解できました。

あの時Let me get this tree.のことを質問していなかったら、今でもLet me get this tree.だと思っていたかもしれません。
しかも問題なく。

タイフウイッカのことも、「台風一家」だと思ったまま過ごしている人もいるかもしれませんね。


お読みいただきありがとうございます!
ランキング応援のクリック↓頂けると大変うれしいですm(__)m

英語 ブログランキングへ

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

『どうやって英語を聞いてるんですか?』

『どうやって英語を聞けば理解できるんだろう?』

英語学習をしていると、こういう疑問を持つことがあります。
TOEICで高得点を取る人達は、『どうやって』英語を聞いているのだろう、と。
TOEICというのは、分かりやすいので例を出しているだけです。
「英語ができる人達は」と言い換えてもいいかもしれません。

英語ができる人達も自分も、全く同じ音声を聞いているわけだし、自分だけ耳が悪いとも思えない。
だから、英語を聞いて理解できる人達は、何か重要なポイントに集中して聞いているに違いない。
そのポイントを知れば、自分も聞こえるようになるはずだ。
自分が英語を聞いて理解できないのは、その『方法』を知らないからだ。

そんな風に考えたことはありませんか?

私が色々な方(特に英語初学者の方)と話していると、こう考えている方が多いことに気づきます。
実際、私もそう考えていた時期があります。
結論から言うと、そんな『方法』はありません。

TOEICのリスニングセクションで満点を取っている方が回りにいたら、是非聞いてみてください。
「リスニングを理解するために、どうやって聞いているのですか?」って。
ほとんどの方がこの質問には答えられないはずです。

リスニングができる人達は、『英語が聞こえちゃう』からです。

私もそうです。
「どうやって英語を聞いてるんですか?」
と聞かれたら、
「どうやってって・・・。いや、普通に聞いてたら理解できちゃうんです」
と答えます。

このブログ読者の方で、リスニングができる方は、同じ答えになるのではないでしょうか。
自分は特別な聞き方をしている!という方はいないのではないかと思います。

今日の話は、TOEICなどの試験の、問題の解き方とは別の話です。
例えば、TOEICのリスニングセクションに取り組むにあたっての『方法』はあります。

例をひとつ挙げます。
TOEICのPart 3で、
What does the man ask the woman to do?
(男性は女性に何をするよう頼んだでしょう)
という問題を解く場合、知っておくとよいことがあります。
それは、リスニングの途中で依頼のフレーズが聞こえてくるだろうと予想しておくことです。
Please ~
Can you ~
Could you ~
Will you ~
Would you ~
Do you mind ~
Would you mind ~
I would appreciate it if you ~
このような依頼フレーズです。
こういったフレーズを意識しておくと、確かに問題は解きやすくなります。
依頼フレーズが聞こえた瞬間に「ここが答えだ!」と分かりますからね。
これは問題を解く『方法』のひとつですね。
(もしこの方法を知らなかった方は、意識してみると問題が解きやすくなると思います)

さて、これは英語が聞けるようになる方法なのかと考えてみると、少し違うと思います。
上のように、「Aタイプの問題を解くときはBを意識して聞く」ということを知っておくのは大事ですが、「この方法を知っていると英語が理解できるようになる」わけではありません。

「英語を聞いて理解できる人」は、上のような方法も意識的か無意識的か使っているかもしれませんが、リスニングをしていれば「言っていることの意味が自然にわかる」んです。
私もそうで、英語を聞くときに何か特別な方法を使って聞いているわけではありません。
集中するぞ~、頑張るぞ~、って思っているだけです。集中して聞いていれば、自然に意味が分かります。

なぜ自然に意味が理解できるかというと、これまでに大量の英語を聞いた経験が既にあって、英語のリスニング力がそこそこあるからです。

ここまでの説明がしっくりこないという方は、日本語の場合で考えてみると分かりやすいかもしれません。

「日本語を聞くときに、どうやって聞いていますか?」と自分に問いかけてみてください。
特に特別な方法を使って聞いている方はいないですよね?
日本語を聞いていれば、自然に意味が入ってくると思います。
英語を聞いて理解できる人たちは、その状態でリスニングをしている、ということです。
もちろん、母語である日本語ほどの精度で英語を聞ける人は、ほとんどいないとは思います。
でも、それに近い状態になっていることが、「英語が聞ける」ということだと思います。

英語を聞いて意味を理解できるかどうかの違いは、『聞き方』や『方法』の違いではない。

『どうやって英語を聞けば理解できるんですか?』
このタイプの質問をされたら、最近こうやって答えることにしています。
「どうやって聞けば、というのは特に意識していません。だって私は『英語を聞いてれば自然に意味が取れちゃいます』から。その代わり、英語を聞いて理解する力を身につけられるようにたくさんトレーニングをしています。トレーニングの方法であればいくつか答えられますよ」

なんとなく、『どうやって英語を聞けば理解できるのか』という疑問を持ったときに「英語を聞く(理解する)力を身につける方法」と「こうすれば英語が聞ける(理解できる)という方法(そんな方法はないけど)」の違いを意識していない方って結構多いんだな~と最近よく感じるので、こんな記事を書いてみました。

このブログの読者の方は、どちらかというと「どうやって聞いてるんですか?」と質問される側になることの方が多いかもしれませんね。


お読みいただきありがとうございます!
ランキング応援のクリック↓頂けると大変うれしいですm(__)m

英語 ブログランキングへ

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

単語は簡単なのに「それっぽい」

TOEICが新形式になったときに話題になった表現のひとつに、I’m in. があります。

I’m in.

新しいグループを作るときや、グループで新しく活動を始めるときに、「自分も入れて!」とか「その話、乗った!」という意味で使う表現です。

I’m in.と逆の意味の表現に、I’m out.というのもあります。
「このグループ抜けるわ」とか「もうやめた」という意味で使います。

これらのフレーズの中で、in と out とは副詞として使われています。

outはともかく、inは前置詞ではないのか。
前置詞であるinの後には名詞が必要なのではないだろうか。
こう思ったのは英語学習を始めて1~2年目くらいの時期でした。

inやoutは、前置詞としても使えるし、副詞としても使うことがあるんですね。
「inは前置詞にも副詞にもなる・・・?さらに形容詞にも名詞にもなる??」
こんなことを考え始めると英語が嫌いになりそうだったので、私の場合は深く考えるのはやめました。
「そういう表現だ」として覚えた方がいいかなと。

I’m in. は 「入れて~」
I’m out. は 「や~めた」
こんな感じで覚えました。

inやoutのように誰でも知っているような単語を使うのに、『それっぽいフレーズ』は結構な数あります。
何が『それっぽい』か?
ここでいう『それっぽい』というのは「その単語知ってるわ~。inとか中学1年生でも知ってるわ~。『中に』って意味じゃん。I'm in.って、私は中です??? え、そんな意味になるの?まじで?なんかそれっぽいフレーズだな~。今度使ってみよ」というときの『それっぽい』です。

今日は、そういう『それっぽいフレーズ』を少しだけ書いてみます。

It’s over.
「終わったよ」「終わりだ」などを表すフレーズ。
子どものころファミコンで遊んでいて、画面に「GAME OVER」と表示されて「あ~あゲームが終わっちゃった~」となったことは数知れず。
ゲームオーバーという言葉から非常に覚えやすかったのですが、overには「終わった」という意味があります。
なんとなくのイメージですが、このoverは、普通に終わるだけではなく、「あ~あ、終わっちゃった、終わって欲しくなかったのに」みたいなニュアンスで使われることが多い気がします。
「やっと終わった」みたいなニュアンスのこともありますかね。
殺人鬼に追われていて、なんやかんやあってその殺人鬼が自ら仕掛けた罠にはまって死んだときに、ぼそっと It's over.なんていたら非常にそれっぽいですね。

I’m through with 〇〇.
「〇〇はもう終わりだ」とか「○○は使い切ったよ」みたいな意味。
through のイメージは、「何かの最初から最後までを通り抜ける感じ」です。
だから、I’m through with the book.だと「その本を読み終わったよ(最初のページから最後のページまで通り抜けたよ)」という意味になります。
I’m through with you.「君とはもう終わりだ」なんて言い方もあります。
「君との付き合いはもう最後のところまできた」みたいなニュアンスでしょうか。
誰かと縁を切りたいときに便利なフレーズ。

I’ll be around.
「このあたりにいます」みたいな意味。
「連絡してね」や、「近くに来たら寄ってね」のような文脈で使うようです。
I’ll be around hereってことでしょうか。
around には「近い」みたいなニュアンスもあるのかもしれません。
「近くにある」から、「存在している」みたいな意味で使うこともあります。
That rumor has been around for a long time.
rumorは「うわさ」で、「もう長い間そのうわさが流れているよね」という意味。
「そのうわさがこのあたりにずっとある」という感じなのでしょう。

I’m back.
「ただいま」とか「戻ってきたよ」というフレーズ。
backのそのままの意味、って感じですね。
I’ll be back.は、ターミネーター。
「すぐ戻ってきま~す」を Be right back.というと、非常に『それっぽい』です。
Be right back.はI willを省略した言い方です。

今、over、through、around、backと書いてみましたが、こういう簡単な単語ほど、『それっぽく』聞こえるんですよね。
殺人鬼が死んだときにWe finally succeeded in surviving a killer attack! とかいうと、ちょっとまどろっこしいですからね。

そういえば、I’m on it. 「今やってま~す」みたいなものもそれっぽいですね。
TOEICの公開テストか、公式問題集に出てたような。

いつかこういう簡単な単語を使いこなせるようになりたいな~と思う今日このごろでした。


お読みいただきありがとうございます!
ランキング応援のクリック↓頂けると大変うれしいですm(__)m

英語 ブログランキングへ






テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

Jet Bull

Author:Jet Bull
TOEICは満点ですが、まだまだ英語学習は続けています。

自分自身の学習を継続しながら、名古屋(金山駅付近)にてTOEICスクールも運営しています。
学校ホームページ
学校ブログ


↑監修させて頂いた通称「だけ問L」


↑執筆協力させて頂いた通称「澤トレ」

現在C2プロジェクトに参加中。

過去のTOEICなどの成績↓
【TOEIC公開テスト】
2009/03 965(L485 R480)
2010/01 965(L480 R485)
2010/10 990
2011/01 990
2011/06 990
2011/07 990
2012/01 990
2012/07 990
2012/10 980(L490 R490)
2012/11 990
2013/01 985(L495 R490)
2013/03 985(L495 R490)
2013/04 985(L495 R490)
2013/05 990
2013/06 990
2013/07 990
2013/09 990
2013/10 990
2013/11 990
2014/01 990!全問正解!
2014/03 985(L495 R490)
2014/04 990!全問正解!
2014/05 990!全問正解!
2014/06 990!全問正解!
2014/07 990 アビメ100%
2014/09 990 アビメ100%
2014/10 990
2014/11 990
2014/12 990 アビメ100%
2015/01 病欠orz
2015/03 985(L495 R490)
2015/04 990
2015/05 990 アビメ100%
2015/06 990
2015/07 990 アビメ100%
2015/09 990
2015/10 990
2015/11 990
2015/12 990 アビメ100%
2016/01 990
2016/03 990 アビメ100%
2016/04 990
2016/05 990
2016/06 990
2016/07 990
2016/09 990
2016/10 990
2016/11 990
2016/12 990
2017/01 990

(以下は認定証紛失し、捜索中)
2002年頃 330
2005年頃 455
2007/03 730
2008/03 730
2009/01 965

【TOEIC SWテスト】
2012/03 S170 W200
2012/09 S180 W190
2012/11 S180 W190
2013/02 S190 W180
2013/04 S190 W190
2013/08 S200 W190

(認定証紛失分、捜索中)
2010/08 S140 W180(うろ覚え)

【TOEFL iBT】
2014/06 109
2014/07 101

【英検】
2010/3 1級及び準1級合格
2015/1 1級及び準1級合格
2015/2 1級2次不合格(55)
2015/3 1級1次合格 2次辞退
2016/1 1級1次合格 2次辞退
2016/2 1級合格

カテゴリ
Bull Twitter
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる