ちょっとブログ改装中

実は少しずつ、過去のブログを見直して、書き直したり、カテゴリを変えたりしています。

2年前の記事とか、読んでて恥ずかしいようなこと書いてました(;^ω^)

TOEICの形式も変わったり、自分のハンドルネームも変わったりしているので、現在の状況に合うように変えています。

ついでに、ほんと~~~~~~~にどうでもいい記事は、削除してます。

記事がありすぎて、自分が見直すのも億劫になる量なので((+_+))


さて、今書き直ししているのは、以前「TOEICに絶対出る単語」カテゴリに入っていたものです。

読んでて面白くなかったので、

ちょっと役に立つように書き直しています。

いや、書き直すというか、もはや新しい記事書いてるくらい跡形もないですけど。

このカテゴリに入っていた記事って、ブログ始めたころに「ブログって何を書けばいいんや~」と思いながら試行錯誤していた時期のものなんです。

だから、ほんとにただ「〇〇っていう単語は出ますよ!」くらいしか書いてない(;゚Д゚)

とはいえ、相変わらずまだ出てくる単語もあるので、放置しておくのも少しもったいないかな、と思ったんです。

で、TOEIC頻出単語クイズに全部書き直す予定です。
(最近あまり出なくなった単語の記事は発見し次第削除予定)

クイズっていうか、Part 5形式のものが多いですけど。

前置きが長くなりましたが、とりあえず7記事作りました。

TOEIC頻出単語クイズ①

TOEIC頻出単語クイズ②

TOEIC頻出単語クイズ③

TOEIC頻出単語クイズ④

TOEIC頻出単語クイズ⑤

TOEIC頻出単語クイズ⑥

TOEIC頻出単語クイズ⑦


対象レベルはTOEICスコア700くらいまでの方です。
(今後もその予定。上級者の方は、復習にはなると思います)

よかったらチャレンジしてみてくださいね(^^)/


いつもお読みいただきありがとうございます!
よければ応援のクリックお願いします(^^)/

TOEIC ブログランキングへ

テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

第214回TOEIC公開テスト(10月23日) 感想

TOEICを本日受験された皆様、お疲れ様でした。

今日も感想を書いていきます。
名古屋で受けた方は同じテストを受けています。が、他の都市の方はちょっとわかりません。
(TOEICの公開テストは、全国統一のテストではなく、受験会場により多少別の問題が入ったテストがあります。形式はおなじですが。)

ちなみに、今回私が受けたテストは、
1.ガラスケースにジュエリーが入っているところを大人数で見ている感じ
2.引き出しがびろ~んと出ていてたくさん書類が入っている感じ
の写真がPart 1で出ていました。
これらの写真にピーンと来たら、多分同じテストを受けています。

では感想を。

全体難易度 やや難

リスニング
Part 1 普通
Part 2 普通
Part 3 普通
Part 4 やや難

リーディング
Part 5 やや難
Part 6 普通
Part 7 シングル やや難
Part 7 ダブル 普通
Part 7 トリプル 普通

※シングル=1つの文書 ダブル=文書が2つ トリプル=文書が3つ

※以下の文章での初級中級上級のくくり
初級者 = TOEIC700点未満の方
中級者 = TOEIC700以上~900未満の方
上級者 = TOEIC900以上の方

Part 1 普通
2問目から受け身の現在進行形が使われていました。正解自体は難しい描写は多くありませんでしたが、時制に気を付けて聞く必要がありましたね。特に中級者の方はPart 1全問正解を目指すためには、受け身の進行形はマスターしたいところです。

Part 2 普通
今回は、序盤にWH疑問文を使った問題が少なかったです。25問全部で数えたところ、10問あったので、WH疑問文の数はまあ普通だと思います。が、「序盤はWH疑問文の最初の部分だけ聞き取れば楽勝!」と思っていた初級者の方はきつかったかもしれません。新形式になって、WH疑問文がPart 2全体にばらついていることがこれで2回目です。今後は「序盤からWH疑問文が出るとは限らない」という心構えでいるといいと思います。

Part 3 普通
新しいな、と思ったのが、3人会話の問題です。なんと、出演者(?)3人とも、知らない人!!(これまで受けたテストでは、3人のうち、2人が知り合いで、1人に話しかけるという状態ばかりだった)こういうこともあるんですねぇ。びっくりしました。とはいえ、問題の難易度にはあまり関わっていない気がしますが。
ところで、意図問題(What does the man mean when he says, “ ~ “?という問題)ですが、口語表現を知っているかどうかを問われるのではなく、文脈全体を踏まえて答えるタイプの問題ばかりでした。よりリスニングに集中することが求められているような気がします。(聞こえた単語を「えい!」と選べない、という意味で)

Part 4 やや難
全体的に話の流れが分かりにくいものが多かったと思います。
特に難しいな、と思ったのは、最後のセットの問題です。そこだけ目立って聞き取りづらかった気がします。ただ、よくよく考えると、流れはつかみづらい難しめの内容でしたが、問題は中級の方でもちゃんと解けたレベルかもしれません

Part 5 やや難
文法問題が今回は難しかったかなと思います。品詞問題はそれほどでもありませんでしたが、接続詞などを選ぶ問題が。しっかりSVを取る癖をつけると、迷う問題が減ります。ちなみに、SVをいつも取る癖をつけると、長文も断然解きやすくなるのでお勧めです。


Part 6 普通
スゴク難しい問題は出題されていないと思います。文挿入問題も、文の流れさえつかめていれば迷うものはなかったですね。文挿入が難しいと思ったかたは、しっかり読解力を付ける必要があります。Part 5と違い、Part 6は長文らしくなってきているので、ここで得点したい場合は「しっかり読む」ことを心掛けるといいと思います。ただ、初級の方は文挿入問題を捨ててもいいかもしれませんね。

Part 7 シングルパッセージ やや難
記事が多かったからか、ちょっと難しめでした。
答えの場所も「え!そんな端っこが正解根拠?」みたいなものがちらほらありました。
前半の問題は比較的簡単でしたが、後半はやはり難しめに作ってありますね。
正答率を落とさない程度に問題を解くスピードを上げて、後半でしっかり時間を取りたいですね。

Part 7 ダブルパッセージ・トリプルパッセージ 普通
シングルパッセージに比べると、少し解きやすかったと思います。
今回、数は数えていませんが、クロスレファレンス(正解根拠が2文書以上にまたがる)問題の数が少なかったと思います。
語彙問題も少なかったですね。


感想は以上です!


皆様お疲れ様でした!
結果がネット閲覧可能になるまで、気になってしまいますが、ひきつづき英語の学習を頑張っていきましょう!
私も頑張りま~す(^^)/


いつもお読みいただきありがとうございます!
よければ応援のクリックお願いします(^^)/

TOEIC ブログランキングへ

テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

2016年度第一回 英検1級1次試験 結果

先日の英検1次試験の結果がネットで閲覧可能になりました。

結果

eiken1st1021.png


う~んと、まあ複雑な心境ではありますが、

過去最高点!!っぽいです!!

複雑な心境というのは、英作文のスコアが、前回よりも低いからです。

前回よりも、今回の自分の英作文の方が、好きなんですよ。今考えても。

自分で言うのもなんですけど、今回の英作文スゴク面白かったのに。

いや~、英作文に関しては、自分の感覚がずれていることを再確認・・・。

まあ、いいです。

ポジティブな方に目を向けると、筆記もリスニングもあと1問で満点です。

次回の英検は、やはり筆記もリスニングも満点を目指します。

そしたら今よりCSEスコアが100点アップしますからね。

作文は、その後にします。

筆記とリスニングで100点アップ目指す方が、自分の精神の健康にいい。
(今回のリスニングで、半分勘で正解した問題が5問あったことを差し引いても)

とりあえず、今週のTOEIC頑張ります。



お読みいただきありがとうございます!
ランキング応援のクリック↓頂けると大変うれしいですm(__)m

英語 ブログランキングへ

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

第213回TOEIC公開テスト 結果

9月に行われたTOEIC公開テストの結果が分かりました。

toeicscore201609.png

今回はリスニングのミスが多かったので、どうかなと思っていましたが、やりました(^^)

自分で言うのもなんですが、安定してますね。

そうは言っても、TOEICはまだ気が抜けません。

最近オール100%取ってないですしね。

今週末のTOEICも、頑張ります!





いつもお読みいただきありがとうございます!
よければ応援のクリックお願いします(^^)/

TOEIC ブログランキングへ

テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

スコアに差がつくノートの取り方

子どもを教えていると、

成績が上がりやすい子のノートの取り方



成績がなかなか上がらない子のノートの取り方

があることに気が付きます。

なんだ、子どものことか

と思うかもしれませんが、

大人の方にも当てはまります。





英語指導をしていて、

正しいノートの取り方が、学生時代に習慣づかなかったのだな

と強く感じます。


これは、どちらかというと

このノートの取り方をすれば効率が良くなる!!

ではなく

そのノートの取り方だと頭に入らなくない?

という話です。





できている人は無意識にできています。

恐ろしいことに、できていない方も無意識なので、何も気づいていない

のです。




あまりにも基本的なことだと個人的には思っていたので、

ちょっとネットで検索してみたのですが、どうもヒットしません。
(検索ワードの入れ方がまずいのかな?)

これって小学校とかで指導されるよね?

っていうものです。
(多分小学校とか中学校の先生は知ってるはず・・・塾の先生も知ってるのでは)




正しいノートの取り方をできていない人は、ものすごく損をしています。








かなり引っ張りましたが、ここから本題です。

notetaking1013.jpg






せっかくなので、自己診断できる形にしてみます。

診断すると、自分のノートの取り方が正しいかどうか分かります。

気になる方は、是非試してください。

診断: この下の英文を、ノートに写してみてください。
(ただ筆写するだけで大丈夫です)










The cat and kitten were both eating supper and Marian was watching them.









はい、書けましたか?

めちゃ単純ですよね。








では診断の結果です。





今上の文をノートに写したとき、


notetaking21013.jpg
こうなっていましたか?






それとも







notetaking31013.jpg
こうなっていましたか?





後者のように「手元を見ながら」英文を書いた人は、勉強効率がとても良いです。
(効率が良いというか、その人にとってはそれが普通なんですが)

前者のように「画面を見ながら」「手元を見ずに」英文を書いた方は、要注意です。




いつも手元を見て書いている方は、

手元を見ずにノート取る人なんているの?

っていう感じだと思うんです。



でも、画面を見っぱなしでただノートに書き写した方は、

え?手元を見ないことの何がだめなの?

と感じると思うんです。

というか

そんなこと意識したことなかった

と思うかもしれません。










もう一度確認しますね。



黒板、パソコン、参考書、何にせよ、何かをノートに書き写すときに
notetaking41013.jpg
このように自分が書く手元を見ずに書く人は、超超超要注意です。





notetaking51013.jpg
書くときに、書いている手元を見ているこっちの人は大丈夫です。









物を写すときに、手元を見ずに書くスタイルの何がいけないのか?

notetaking41013.jpg
こっちの人の方がアホっぽく見えるとか(失礼)そういうことで言っているわけではありません。







手元を見ずに、写す対象を見ながらノートを書く場合、

写すものから目を離さないので、瞬間的に記憶することがありません。

見たものをそのまま書くだけです。

学習という観点で考えると、これは非常にもったいないのです。




何かを筆写するとき、写す対象から目を離して書くという行為には、

ほんの数秒、記憶するというプロセスが伴います。

何かを学ぶときに、「記憶する」というプロセスを組み込むことはとても大事です。

記憶することは、自分が理解することにもつながります。






手元を見ずにノートを取るというのは、

学習のチャンスを無意識のうちに放棄しているようなものです。










以前に、大学生20人くらいのクラスでテキストのページを指定し、

「そのページの英文を全部書き写してみて」と指示して観察していたところ、

手元を見ながら書いていた大学生は半分くらいでした。




大学で「手元を見てノートを取りなさい」なんて指導されることはあまりないでしょうから、

もしその時私が何も言わなかった場合、彼らは社会人になっても手元を見ずにノートを書いていたことでしょう。

(私が言ったことを忘れる子もいるでしょうから、そういう子は今後も手元を見ずにノートを書くでしょうけど)




だから、社会人の半数くらいの方も手元を見ずにノートを取っていると予想しています。

実際、私の生徒さんの中でも手元を見て書く人と、手元を見ずに書く人の割合は半々くらいです。



これまで子どもをそれなりにたくさん(数十人でなく数百人の単位で)教えてきました。

成績が伸び悩む子の中に、手元を見ずにノートをとる癖がある場合が多いです。

もちろん、成績は良いけど、手元を見ずにノートを取る子も多少います。

でも、成績の良さに比例して、手元を見ずにノートを取る子が減っていくんです。





とても小さな習慣の話です。

でも、習慣が積み重なって、テストの成績に大きな影響を及ぼすのです。

特に、子どもの場合は、ノートを取るという行為が学校において頻繁に要求されるので、分かりやすいのです。





これまでそんなこと意識してなかった、という方は、

英文等を筆写する際には、書いている方の手元を見るように心がけましょう。



ちなみに、手元を見ながらノートを取る習慣がついたら、少しずつ筆写する量を増やすようにするといいです。
単語単位で書き写すのか、フレーズ単位か、文単位で一気に書き写すのかによっても、学習の効果が違います。
短期的に記憶する量を増やせば増やすほど、英語力が上がりやすいです。
私は、英文の筆写は文単位でします。短い文なら、2文単位くらいで書き写します。


まあ、最近の学習のトレンドからいくと、社会人の方はあまり何かをノートに写すということをしないかもしれませんから、その場合はこの記事は役立たずかもしれません。




でも、もしこの記事を読んだ方にお子さんがいる場合、

一度お子さんがノートに何かを書き写しているときに

notetaking51013.jpg
このように「手元を見て書いている」か、




notetaking41013.jpg
このように「手元を見ずに書いている」か



チェックしてあげてください、ほんとに。




お子さんの一生に関わります。




ノートを取るときの視線の対象を「黒板」から「手元」に変えたことで、成績が上がる子どもは結構います。





お読みいただきありがとうございます!
ランキング応援のクリック↓頂けると大変うれしいですm(__)m

英語 ブログランキングへ

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

2016年度第2回 英検 自己採点と感想

2016年度第2回の英検1級を受けてきました。
解答が英検ウェブサイトで発表されたので、自己採点もできました。

リーディング 40/41
リスニング 26/27


リーディングも、リスニングも、1つずつミスしています。



満点を狙っていたのに・・・( ;∀;)



なんて、全然思ってないですけどね。

やったー!!!!!!

2ミスしかしなかったーーーー( *´艸`)


って感じです。

満点取れれば嬉しいですけど、前回と比べたらリスニングが大幅アップですから。
(前回リスニングは9ミス)


ミスしたのは、リーディングではPart 1の語彙穴埋め。

これは知らない単語だったので、仕方がない。間違って当然。単語知らなかったら解けません。

ちなみに、語彙問題で不安だったものは実はもう1問ありました。
そちらは運よく正解。
いいんですけど、これに関しては、もっときっちり正解取りたかったなと。
イマイチ自信はなかったけど正解だった語彙問題って、うれしいのはうれしいんですけど、なんかモヤっとします。いやうれしいんですけどね。

リスニングのミスは、Part 3の1問目。
ここは、集中力が一回切れていました。

ほんと、集中力って大事だと思います。


さて、今回はライティングも、試験終了後すぐの時点では

今回の英作文満点なんじゃないか。

とか思っていたんですけど。

内容が相変わらずイマイチなんだろうなと考え直しました。

質問としては、「民主主義国家は、非民主主義国家に対して積極的に民主主義を推し進めるべきか?」というものでした。

自分の答えは、NOでいきました。

以下は英作文の概要↓

序論:民主主義を広めるべきだというのが大勢の意見だと思うけど本当にそうかな?
本論1:民主主義を推し進めようとすると必ず戦争が起こる。危ない。
本論2:民主主義が必ずしも最適な政治体制ではない。アメリカとかいつも戦争してる。危ない。
本論3:非民主主義国家の国民は、実は幸せかもしれない。それはわからない。その状態で民主主義を無理に押し付けると、彼らは反発する。危ない。
結論:あまりにひどい時は干渉してもいいけど、積極的に推し進めるべきではない。

って感じで書きました。ちなみに語数は240語くらい。

もう落ち着いて考えてみると、「危ない」しか言っていないんですよ。

一応自分としては3つのポイント「戦争が起こる可能性がある」「民主主義は誤った方向に行く危険性もある」「非民主主義で良い政治を行うこともできる」っていうことが言いたかったんですが・・・。
全部似てるんですよね。ポイントが。

満点はないな。こう考えてみると。

でも、多分前回(CSE717)よりはいい気がします。ちゃんとポイント3つっぽく書いているし。

リーディング、リスニング、ライティング合わせてどれくらいCSE行くんだろうか。

結果発表は10月21日だそうで、それまで待つしかないですね。


今回は、2次試験受けます!せっかくLとRが良かったんで、ここぞとばかりに頑張るしかない。




お読みいただきありがとうございます!
ランキング応援のクリック↓頂けると大変うれしいですm(__)m

英語 ブログランキングへ

英検1級受験しますが・・・

次の日曜日に、今年度2度目の英検受験をしてきます。

VOZEさんが立ち上げた英検1級さん倶楽部にも参加しています。


英検1級さん倶楽部とは、

英検1級のCSEスコアで3000を目指す人たちの集まりです。

VOZEさんのブログを見ると、更新頻度も高く、英検に対する情熱がメラメラと燃えていることが分かります。
(っていうか、いつの間にかVOZEさんのブログタイトルが・・・)



さて、私のCSE最高スコアは2999です。

Reading 837
Listening 761
Writing 724
Speaking 677


これは、2015年第一回のスコア。

ライティングとスピーキングがあまりよくないのは気にしない。
(とか書いてるところがこっそり気にしている)


とはいえ、2999ですからね。

あとたった1点で3000ですよ( *´艸`)

VOZEさんから「1級さん倶楽部に入りませんか?」とお誘いを受けた時も、

まぁ、1点くらいなら何とかなるかな~。

とかいって気軽にOKしたわけですよ。




しばらくして、とある友人と話したときに、彼がこんなことを教えてくれました。

CSEスコアは、2016年度からシステムが変わった。

2015年度のCSE3000を、2016年度のCSE換算すると、3000点に届かない。

CSEスコア3000を目指すのは、めちゃ難しくなった。




マジか・・・(ノД`)・゜・。

CSE3000を完全に舐めてた・・・。



う~ん、困った。

まあ、自分のできることをするしかないんですけどね。


ちなみに、前回と前々回は2次試験をパスしていましたが、多分今回は受験できるので、ちゃんとしたCSEスコアが出ます。

それは楽しみです。


今回の英検の目標は、リーディングとリスニング満点。

ライティングとスピーキングは・・・まあできるだけ高い点数(^^;

実は2015年第2回の2次試験、落っこちてるので、とりあえず合格したいです。

がんばりま~す。


お読みいただきありがとうございます!
ランキング応援のクリック↓頂けると大変うれしいですm(__)m

英語 ブログランキングへ

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

My音読メニュー

スピーキングを練習しなくちゃということで、音読・暗唱トレーニングをしています。

最近は自分でやること決めてメニューみたいにしてやっています。

使っている教材はこれ↓



この本は非常に気に入っています。

ひとつのスピーチは40秒くらいのものが多く、長すぎない。

何より、スピーチの内容自体が重くなくて親しみが持てるので気に入っています。

本によっては

そんなこと日本語でも考えたことなかった(´・ω・`)

という内容がスピーチになっていることもあって、

そういう難しいものは暗唱しづらいですし、

暗唱できたとしても使う場面がなかったりしますからね。
(私のアタマがパッパラパーだからですよ。ちゃんと使える人は使えます)



さて、このスピーチをひとつ約40分かけて暗唱します。

トレーニングメニュー

1.リスニング×2回
2.シャドウイング×5回
3.オーバーラッピング×1回
4.和訳を音読×1回
5.オーバーラッピング×1回
6.音読×1回
7.シャドウイング×1回
8.1文ずつオーバーラッピング×5回くらい
9.シャドウイング×1回
10.Read & Look up×1回
11.シャドウイング×1回


この1~11をやると、大体30~40分くらいかかります。

って、40秒で上の回数(合計19回)で計算してみたら、16分で終わるんですけど、なぜ((+_+))

まあ、この回数は結構いい加減かもしれません。

気が向いたらシャドウイングは何度でもやってるので。

上のメニューは最低限、くらいですかね。

ちなみに、シャドウイングやオーバーラッピングはともかく、

Read & Look up ってなんじゃい

って思う方もいるかもしれませんが、

本を見ながら普通に英文を音読→すぐに見上げてもう一度言う(文字を見ないで)

という方法です。

瞬間的に1文だけ暗唱、みたいな感じです。

澤田さん著のこの本↓でも推奨されている方法です。



実はこの本の執筆協力をさせて頂くまでは、Read & Look upという名前があるなんて知らなかったんですけどね(;^ω^)




このトレーニングメニューで、今年の5月くらいにかなりやっていました。




この本↑にはユニットが47まであるんですが、そのうち30個のスピーチは一度暗唱しました。

で、3か月ほどたった今は、1から暗唱しなおしてもいます。

そしたら面白いもので、結構楽に暗唱できます。

まあ、2度目ですからね。



暗唱2度目用トレーニングメニュー↓

1.リスニング×1回
2.シャドウイング×2回
3.オーバーラッピング×1回
4.Read & Look up ×1回
5.シャドウイング×1回


所要時間は10分くらい。
(40秒で計算したらまたおかしなことになったが・・・気にしない)

今日と昨日で、ユニット8まで暗唱完了!

明日はまた4つくらい暗唱予定。

もしくは、新しいスピーチを暗唱予定。
(1日にやるのは、新しいの1つor復習暗唱4つくらいまで)

がんばりま~す。



お読みいただきありがとうございます!
ランキング応援のクリック↓頂けると大変うれしいですm(__)m

英語 ブログランキングへ

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

「ペラペラなんですか?」という質問

ここしばらくあまり勉強していませんでしたが、また勉強を再開しました。

全く予想していなかったんですが、英語のスピーキングをする必要が出たからです。

スピーキングをするのは、ほんとに久しぶりです。

うまくしゃべれるか甚だ疑問です。

しかもしばらくの間、英語といえば海外ドラマを見てたくらいですから。

困った困った。


というわけでちょっとやる気を出して音読を毎日しています。




さて、先日、とある飲み会でのことです。


その飲み会は、知り合いの知り合いが主催した飲み会だったのですが、どうも人数が足りなかったらしく、

ブルちゃん行ってみたら?

といわれて参加したものでした。

だから、初めて会う方がほとんどでした。

でも、会場に着いてみると、

自分以外の参加者はすでに和気あいあいしてるんです。

みんな知り合いっぽい・・・。

ちょっと居づらい・・・(´-ω-`)←プチコミュ症なので

そんな私を見かねて、主催者の方が、

あ、みんなごめんね~、今日来てくれたブルさんです!
英語教えてて、TOEIC満点なんですって!


と紹介してくれました。

この紹介のおかげで、プチコミュ症の私もなんとか話の輪に加わることができました。

そして気を遣ってくれた参加者の方が色々私に質問してくれるんです。

それはありがたいんですよ。非常に。

なんせ自分は無口ですから。

しかし、質問してくれる方も私のことを「英語の先生」としか知らないわけで、自然に質問がそっち方面になるんですよね。


英語の先生なんですか~。すごいですね~!
ペラペラなんですか?

とか聞いてくるんです。


この質問って、実はめちゃくちゃ答えにくい質問だと思うんです。

一応、英語を教えてますからね。

いやいや、全然、ペラペラなんてとんでもない!!

とか言いづらいんですよ。

講師なのにそんなに否定するとは、嫌味か!

とか思われかねないですからね。


かといって、

そうなんですよ~。実はペラペラなんです(^_-)-☆

とかも言いづらいじゃないですか。

日本人ですから。



それに

「ペラペラ」ってどんな状態だ。

とか

ペラペラっていう表現は昭和の言葉ではないのか。

などの疑問もあるわけですよ。後者は関係ないけど。



まあその時、

ペラペラなんですか?

って聞かれたときは

え?あぁ、はい。ペラペラなんです。デュフフ。

って鮮やかに返事をしたんですけどね。



まあこのように、

聞かれたら返事に困る質問

ってちょこちょこあります。


映画が字幕なしで理解できるんですか?
(一応字幕なしでも概要は分かるけど、多分半分くらいしかわかってない)

とか

英語ができると旅行どこでも行けますね!
どこに行ったことがあるんですか?

(別に海外旅行が趣味ではないので、カナダくらいしかない)

とか

英語ができると、ネイティブの友達がたくさんいるんですよね?
(そんなにいない。というか日本語の方ができるけど日本人の友達も少ない)

とかですね。いろいろあるわけです。



個人的には、

ペラペラなんですよね?という質問は

英語講師が聞かれると困る質問ベスト5

くらいには入ると思うんです。



こういう雑誌↓がありますけど・・・。











こういう雑誌↓があってもいいと思うんですよ。

koushiguide20161001.png



誰か作ってください。


いつもお読みいただきありがとうございます!
よければ応援のクリック↓お願いします(^^)/

英語 ブログランキングへ

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

Jet Bull

Author:Jet Bull
TOEICは満点ですが、まだまだ英語学習は続けています。
このブログは現在、主にTOEICの受験の感想をアップしています。


自分自身の学習を継続しながら、名古屋(金山駅付近)にてTOEICスクールも運営しています。
学校ホームページ
学校ブログ

最近は付和雷同。英語講師迷走日記。というブログに、英語講師として(主に英語講師の方向けに)記事を書いています。



↑監修させて頂いた通称「だけ問L」


↑執筆協力させて頂いた通称「澤トレ」

現在C2プロジェクトに参加中。

過去のTOEICなどの成績↓
【TOEIC公開テスト】
2009/03 965(L485 R480)
2010/01 965(L480 R485)
2010/10 990
2011/01 990
2011/06 990
2011/07 990
2012/01 990
2012/07 990
2012/10 980(L490 R490)
2012/11 990
2013/01 985(L495 R490)
2013/03 985(L495 R490)
2013/04 985(L495 R490)
2013/05 990
2013/06 990
2013/07 990
2013/09 990
2013/10 990
2013/11 990
2014/01 990!全問正解!
2014/03 985(L495 R490)
2014/04 990!全問正解!
2014/05 990!全問正解!
2014/06 990!全問正解!
2014/07 990 アビメ100%
2014/09 990 アビメ100%
2014/10 990
2014/11 990
2014/12 990 アビメ100%
2015/01 病欠orz
2015/03 985(L495 R490)
2015/04 990
2015/05 990 アビメ100%
2015/06 990
2015/07 990 アビメ100%
2015/09 990
2015/10 990
2015/11 990
2015/12 990 アビメ100%
2016/01 990
2016/03 990 アビメ100%
2016/04 990
2016/05 990 アビメ100%
2016/06 990
2016/07 990
2016/09 990
2016/10 990
2016/11 990 アビメ100%
2016/12 990
2017/01 990 アビメ100%
2017/03 990 アビメ100%
2017/04 990
2017/05 990
2017/06 990


(以下は認定証紛失し、捜索中)
2002年頃 330
2005年頃 455
2007/03 730
2008/03 730
2009/01 965

【TOEIC SWテスト】
2012/03 S170 W200
2012/09 S180 W190
2012/11 S180 W190
2013/02 S190 W180
2013/04 S190 W190
2013/08 S200 W190

(認定証紛失分、捜索中)
2010/08 S140 W180(うろ覚え)

【TOEFL iBT】
2014/06 109
2014/07 101

【英検】
2010/3 1級及び準1級合格
2015/1 1級及び準1級合格
2015/2 1級2次不合格(55)
2015/3 1級1次合格 2次辞退
2016/1 1級1次合格 2次辞退
2016/2 1級合格

カテゴリ
Bull Twitter
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる