プライム×スカイプ模試

僕が監修させて頂いた「プライム模試」を使って、スカイプ模試をします。



↑これです。


スカイプ模試って・・・何するの?
という疑問を持つ方がいると思うので、少しだけ説明します。

スカイプ模試の内容は、
1.スカイプをつなぎ、参加者全員で軽くあいさつ(出席確認だけ)
2.スカイプを一旦切り、参加者は各自で模試を解く+答え合わせ
3.再び全員でスカイプ会話。間違った部分で解説を読んでもわからない部分や、正解したけど根拠がいまいち不安な部分を参加者同士で話し合う。


これだけです。

これは授業ではないので、講義形式ではないです。
(僕もその場で実際に解きます)

せっかくなので、模試終了後の話し合いの後、一般的な英語学習の質問をして頂いても大丈夫です。

参加費は無料です。
(プライム模試を持っている必要はあります)


プライム模試には、2回分の模試が収録されていますから、2回行います。

1回目(TEST 1)
9月30日(土)午後6時~午後9時くらいまで

2回目(TEST 2)
10月21日(土)午後6時~午後9時くらいまで



中途半端な時間帯なので多分大丈夫でしょうが、多くなりすぎないよう、
念のため定員は各回10人とさせていただきます。
両方参加して頂いてもOKです。
もう解いちゃったよ!という方、初見じゃなくてもOKです。


参加を希望される方は、
① twitterで僕あてのDM
② 本ブログ内メールフォーム(ページ右下の方)

いずれかで連絡してください。

スコア制限などはしませんので、どしどし参加してくださいね(^^)/



いつもお読みいただきありがとうございます!
よければ応援のクリックお願いします(^^)/

TOEIC ブログランキングへ

テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

ICEE2017に参加してきました。

先週の日曜日、東京でICEEに参加してきました。

(ICEEとは、松本道弘氏の開発したスピーキング実技試験というか、イベントです。詳しくは公式ページへ)

僕は今回で4度目の参加でした。

ICEEには午前の部と午後の部があり、

午前の部 = 予選

午後の部 = 決勝トーナメント

みたいに考えれば、当たらずとも遠からずというところだと思います。


さて、僕の今回の結果は、午前の部敗退でした。

無念。。。

「参加することに意義があるのであって、午後に進めるか、その後勝ち上がれるかにはあまりこだわりません」

なんて思っていたのですが、いざ午後を全部見学してみたら、悔しさがふつふつとこみ上げてきました。

来年も出場します。


お読みいただきありがとうございます!
ランキング応援のクリック↓頂けると大変うれしいですm(__)m

英語 ブログランキングへ

第223回 TOEIC公開テスト感想

本日のTOEICの感想です。

多分、愛知県で受験されている方は全員同じ問題だと思います。

Part 1 普通
Part 2 難しい
Part 3 普通
Part 4 普通
Part 5 やや難しい
Part 6 普通
Part 7 Single 普通 Double 普通 Triple 難しい



Part 2 について

今回のPart 2はいつもに比べて難しいと感じました。

通常通りの難易度の問題の量が少なく、いわゆる変化球的応答が正解になるものが多かったですね。

25問中10問くらいはそんな感じの応答だったと思います。

ところで、変化球的応答って、「どこまでが正解のラインなのか?」というのが気になりますよね、多分。

でも、高得点者の方は気づいていると思うんですが、
「変化球的な応答は、どこまでが正解のラインなのか」というのは、Part 2において重要なポイントではないです。

というか、本当に「どうでもいい」ポイントです。

なぜなら、誤答があからさまに頭おかしい間違った応答をしているからです。

「変なやりとりだな」くらいの応答が正解になることはありますが、そういう場合、他の誤答の選択肢があまりにもおかしくなるようにPart 2は作られているわけです。

そのため、意識的か無意識的かに関わらず、高得点者のほとんどは消去法で難問を解いているはずです。

そして、Part 2の難問において高得点者が「Aかな?Bかな?」というように二者択一で迷う問題というのはほとんどないです。

特に、満点取得者を二者択一で迷わせる問題はほぼないです。

難問というのは正解が「う~ん、これってありかな?」くらいの応答で、積極的に正解を選ぶのは難しいです。
でも誤答2つが「おいおいおいおいおい、この答えはありえないだろう」という応答です。
だから、必然的に残った選択肢、つまり消極的に選ばされた選択肢が必ず正解になるんです。高得点者にとっては。
(まぁここで言っている高得点者というのは、満点所持者とか準満点所持者のことをイメージしていますが)

では、難問と言われるもので「Aかな?Bかな?」という迷い方をしている中級~上級の前半レベルの人たちに必要なものはなにか?

もうそのまんまなんですけど、正解も誤答も全てちゃんと聞き取りのできる英語力です。

中級者の方は、音の聞き取りがしっかりできていないから、誤答を誤答だと判断できていないだけです。

「正解選択肢の応答が変化球的だから正解を一発で選びづらい」のは、満点取得者でも同じですよ。

中級と上級の差は、誤答がちゃんと聞き取れているかどうか。
(もちろん質問自体は聞き取れているという前提で)

何が言いたいかっていうと「どこまでが正解のラインなのか?なんてあんまり気にしなくても、ちゃんとリスニング力上げていけば、正解は導けるようにPart 2はできてますよ」ってことです。

というわけで、リスニング練習しましょう。←これ以上なく月並みなアドバイス



Part 5 について

うん、今回は文法はともかくとして、語彙問題が難しかったです。

新形式になって僕が当たったフォームの中では一番難しかったかもしれません、語彙問題。

なんか5問目くらいからちょっと迷う語彙問題がありまして、「あれ?」と思っていたら、中盤からどんどん難しい語彙問題が出題されていました。

これに関しては・・・でも対策ってどうすればいいんでしょうね。

地道に単語を覚えましょう、、、←またもや月並み



Part 7 について

今回は、トリプルパッセージが一番難しかったです。

3セットとも文量が多くて、、、
シングルとダブルの文量が少なかったというわけでもないと思うので、今回は「時間が足りなかった~」と思った人も多かったのではないでしょうか。満点付近の方でも。

ちなみに僕は2分しかあまりませんでした。最近は5~8分くらい余っていたイメージなので、かなり時間がかかっています。

長文で厄介な引っかけとかも多めでしたね。




さてさて、というわけで全体的に今回のTOEICは「難しい」感じがしました。
ということは、自分が思っているよりも高いスコアが出やすいはず!!(多分)
(自分も今回あんまりできた感はなかったけれども、多分満点取れているはず!)



というわけで、受験された皆様本日はお疲れ様でした。

引き続き英語学習を頑張っていきましょう(^^)/


いつもお読みいただきありがとうございます!
よければ応援のクリックお願いします(^^)/

TOEIC ブログランキングへ

テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

TOEIC🄬L&Rテスト プライム模試400問 を監修させて頂きました。

僕が監修させて頂いたTOEIC模試本が出ます↓



タイトルは、「プライム模試」です。


9月13日発売です。

この模試本は、昨年12月に発売されたこの2冊↓の姉妹本(というか、続編?)にあたります。

 
(だけもんLは僕、Rは天満さん監修)



「プライム模試」の原書は上の「だけもん」2冊と同じく、「ハッカーズ新TOEIC実践1000題 1」のリスニングとリーディングです。

「だけもん」と採用している問題は別なので、問題に被りはありません。



プライム模試には以下のような特徴があります。
(特徴があります、というよりは、頑張ったぞと自己主張しておきたい部分かも・・・)

① ハッカーズのオリジナル問題よりも本番に近い
(こんなこと書くと怒られるかも・・・怒られたら記事のこの部分消します(汗))

② 「英語学習に役立つ日本語訳」がついている

③ 解説はわかりやすく、プラスアルファの情報が若干多め







① ハッカーズのオリジナル問題よりも本番に近い

ハッカーズの問題って、そもそも本番に近いんですけど。

それでも、「ここは問題(や英文)を修正した方がよりTOEICらしくなる」という部分は結構あります。

一応、弁護?強調?しておくと、
ハッカーズの問題はそもそも本番に近い
です。

単純に、関わる人間が多くなると、それだけ色々な視点から「本番に近いかどうか」をチェックすることになるため、
結果としてプライム模試が原書より本番に近くなった
というだけの話です。

色々なフィルターを通した方が、問題は良いものになりますからね。

そもそもハッカーズ原書の段階でも精選されていた問題に、日本人である僕やTTTの先生方の視点を通してさらに磨きをかけた、というイメージですね。

というわけで、比べる人はいないと思いますけど、もし原書と並べて見比べたら結構違った問題になっています。

あ、これは「だけもん」の時と同じといえば同じです。「だけもん」でもだいぶ修正したので。

「だけもん」を監修した時と同様、
BEYOND990の問題(僕自身が間違ったり、自信が持てなくてネイティブの助けを借りた問題)はすべて変更しています。
(全レべル対象なので)

全体としての仕上がりは、本番よりちょっと難しいくらいです。

ちなみに、問題だけでなく本文の英文も修正したりしていますが、全てネイティブにも入念にチェックしてもらっているので安心してください(って、当然といえば当然のことだとは思うんですけど、一応)。





② 「英語学習に役立つ日本語訳」がついている

「英語学習に役立つ和訳」を目指して書きました。
(いや、正確には、訳も解説もTTTの先生方に書いて頂いているんですけど)

「どういう訳が学習者にとって役立つのか?」なんて解説者の先生方と話しながら、訳に取り組んで頂きました。

英語と訳を突き合せた時に、「英語のこの部分は日本語ではこの部分にあたる」というのがなんとなく分かるようになっています。

『この英文がこの日本語訳になるのは何故?と思ってしまうような「意訳」をできるだけ排除しつつも、日本語としてはギリギリ自然な訳』
ですね。

意訳VS直訳という方針は、著者(とか監修者)によって変わってくる部分です。

色々な参考書を見ていると、「あ、この人は完全意訳派だな」という方と、「どちらかというと直訳派」という方の両方がいます。

僕は「どちらかというと直訳」の方が英語学習をする上では役に立つと思っているので、「プライム模試」は「若干直訳寄り(でも一応自然)な訳」に仕上げています。

英文と和訳を突き合せた時に「なんでここがこういう意味なんだろう。わからん・・・」というフラストレーションはあまり感じない
ようにできています。





③ 解説はわかりやすく、プラスアルファの情報が若干多め

解説はわかりやすいです。
解説についてはそれしか言えないんですが(汗)

ただ、「リスニングだけ300問」の時と1点変えた部分があります。

TIPSというコラム?みたいなものを付けました。

「語彙TIPS」と「構文TIPS」という2種類を作りました。

語彙TIPSは、ただ問題を解いているだけだとスルーしてしまうような語彙の意味や用法などの解説を書きました。

構文TIPSは、構造をつかみづらい英文に焦点をあてて解説しています。

英語をきちんと理解する能力を伸ばすのに役立てて頂ければと思います。





以上のように、プライム模試は

① 質の良い問題

② 学習に役立つ和訳

③ わかりやすい解説


という3点が特徴になっています。


TOEIC学習にお役立て頂ければ幸いです!

TOEIC受けないという方も、別に使わなくていいから 英語学習に役立つんで買ってください!



20170909.png
(プライム模試・リスニング/リーディングだけ300問)




いつもお読みいただきありがとうございます!
よければ応援のクリックお願いします(^^)/

TOEIC ブログランキングへ

テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

Jet Bull

Author:Jet Bull
TOEICは満点ですが、まだまだ英語学習は続けています。
このブログは現在、主にTOEICの受験の感想をアップしています。


自分自身の学習を継続しながら、名古屋(金山駅付近)にてTOEICスクールも運営しています。
学校ホームページ
学校ブログ

最近は付和雷同。英語講師迷走日記。というブログに、英語講師として(主に英語講師の方向けに)記事を書いています。


↑監修させて頂いた「プライム模試」


↑監修させて頂いた通称「だけ問L」


↑執筆協力させて頂いた通称「澤トレ」


↑こっそ~り執筆協力

現在C2プロジェクトに参加中。

過去のTOEICなどの成績↓
【TOEIC公開テスト】
2009/03 965(L485 R480)
2010/01 965(L480 R485)
2010/10 990
2011/01 990
2011/06 990
2011/07 990
2012/01 990
2012/07 990
2012/10 980(L490 R490)
2012/11 990
2013/01 985(L495 R490)
2013/03 985(L495 R490)
2013/04 985(L495 R490)
2013/05 990
2013/06 990
2013/07 990
2013/09 990
2013/10 990
2013/11 990
2014/01 990!全問正解!
2014/03 985(L495 R490)
2014/04 990!全問正解!
2014/05 990!全問正解!
2014/06 990!全問正解!
2014/07 990 アビメ100%
2014/09 990 アビメ100%
2014/10 990
2014/11 990
2014/12 990 アビメ100%
2015/01 病欠orz
2015/03 985(L495 R490)
2015/04 990
2015/05 990 アビメ100%
2015/06 990
2015/07 990 アビメ100%
2015/09 990
2015/10 990
2015/11 990
2015/12 990 アビメ100%
2016/01 990
2016/03 990 アビメ100%
2016/04 990
2016/05 990 アビメ100%
2016/06 990
2016/07 990
2016/09 990
2016/10 990
2016/11 990 アビメ100%
2016/12 990
2017/01 990 アビメ100%
2017/03 990 アビメ100%
2017/04 990
2017/05 990
2017/06 990
2017/07 990
2017/09 990
2017/10 990

(以下は認定証紛失し、捜索中)
2002年頃 330
2005年頃 455
2007/03 730
2008/03 730
2009/01 965

【TOEIC SWテスト】
2012/03 S170 W200
2012/09 S180 W190
2012/11 S180 W190
2013/02 S190 W180
2013/04 S190 W190
2013/08 S200 W190

(認定証紛失分、捜索中)
2010/08 S140 W180(うろ覚え)

【TOEFL iBT】
2014/06 109
2014/07 101

【英検】
2010/3 1級及び準1級合格
2015/1 1級及び準1級合格
2015/2 1級2次不合格(55)
2015/3 1級1次合格 2次辞退
2016/1 1級1次合格 2次辞退
2016/2 1級合格

カテゴリ
Bull Twitter
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる