TOEIC理想の解き方 Part2

今年の初めから、少しずつではありますが

僕自身の考える

TOEICの問題の理想の解き方


を書いています。

ここでいう理想の解き方とは、

効率よくスコアアップができる方法ではありません。

僕自身が

「こんな風に問題に取り組めたらいいな~」と思っているものです

のでご注意ください。


今日はPart2の解き方についてです。


Part2といえば問題用紙には何も書いておらず、

純粋に音声だけの問題ですね。

Where is the meeting room?

(A) To meet the new manager.
(B) It’s the first room on the left.
(C) Yes, at one o’clock.

というようなものが流れます。

上の問題の答えはもちろん(B)ですね。

Part2の問題の理想の解き方はもちろん、

Where is the meeting room?

と聞いた瞬間に頭の中で

It’s on the second floor.

It’s right there.

Well, I don’t know, either.

You’re asking the wrong person.

You don’t know where? How long have you been working here!?


などできるだけたくさんの答えの表現を考え、答えの選択肢を待つということですね。

要するに、

自分だったらどう答えるかを考える

だけです。

これをしておけば、選択肢を聞いた時に「会話が成り立っているか成り立っていないか」がよくわかります。

いや、結構オーソドックスな解き方ですね^^;

僕自身は現在この解き方をしていますが、上のように5つも答え方を考えているわけではなく、大体1パターン、多くても2パターンくらいですかね。

Part2は30問ありますが、23~25問くらいがこの解き方です。

残りの問題はどうしているか?

頭の中で問題文をリピートしています。

Part2も後半になるにしたがって問題文が長くなってきますよね。

そうなると上のように「自分だったらどう答えるか」を考える余裕がありません。

どう答えるかの前に「問題文は何を聞いているのか」がわからないといけませんから、聞いた瞬間に「あれ、今何を言ったんだろう?」と思ったら脳内でリピートしています。

もっとリスニング力が上がって、

30問全て、自分だったらどう答えるかを瞬時に考えられたらいいなぁ

と考えています。

ちなみにこの方法で一番面白いというか嬉しい時は、自分の考えた答えと実際の答えが全く同じだった場合です。

これはバクチ的な楽しみ方ですね。

「おお!今自分が考えてた答えがそのまま答えだ!いぇい!」と思ってマークすると

気持ちが良い

です。

なかなか当たりませんが、毎回ひとつかふたつは自分の答えと本当の答えが全く同じ、もしくはほぼ同じのものがあります。


・  ・  ・

さて、ここからは

裏・TOEICPart2の理想の解き方(楽しみ方)

を書きます。

これは僕が上の解き方に加えて本番でやっていることです。

何をしているか?

二つのことをしています。

① 問題にツッコミを入れる。

② 誤答を無理やり正答として考える。



まずひとつめ「問題にツッコミを入れてみる」に関して。

TOEICのPart2って、実は結構ツッコミどころのある問題が隠れています。

30問中1~2問ですが、

ええ!そんな受け答え!?

とか

なんだその状況!!

みたいなのがあるんです。

例えば問題文が

It seems like we are running out of copy paper.

だったとして、正答が

I thought you already ordered.

だったとします。

いやいやいや、お前ら噛み合ってね~な!

と思うじゃないですか。

コピー用紙が切れてるな~なんて、常にコピー使ってれば結構みんな気づくわけで。

これまでこの会社は誰がどのタイミングで事務用品を発注するか結構いい加減にやっていたんだなとか。

コピー用紙の発注ごときでそんな初歩的な仕事のミスしてたら会社が心配だよ、みたいな。

そういうところにツッコミを入れています。


毎回のように「この人たち多分仕事ができないんだろうなぁ」というTOEICの登場人物は出てきます。

他にも色々なことでツッコミを入れていますが、この「仕事ができない人達」が一番割合としては高いでしょう。


次、ふたつめ。

「誤答を無理やり正答として考える」に関してです。

例えば

How can I get to the station?

という問題文に対して誤答の選択肢が

You should go to the station.

だった場合。

脳内でストーリーを考えます。

A:ねえねえ、駅までどうやって行けばいいの?
B:駅に行けばいいよ。
A:はあ!?
B:だ、か、ら。俺は分からないよ行きかたなんて。だから駅に行って駅員さんに聞けば教えてくれるんじゃない?ほら、もちは餅屋っていうじゃない。
A:あんた馬鹿??その駅への行き方をきいてるんじゃない!行き方をしらないのにどうやって駅まで行って駅員さんに聞くのよ!!??
B:あ・・・

とか考えます。

上みたいにストーリーを考えると、まるでこの誤答選択肢が正解のように思えてきませんか?

いや、誤答が正答に思えてきたらテスト的にはまずいんですけどね(笑)




このTOEICPart2の楽しみ方ですが、

① ツッコミを入れる というのは自分の「おかしさに気づく能力」次第なところがありますので、こういう楽しみ方をしよう、と考えてやっているわけではなく、気付いた時にそんなことを考えているだけです。

② 誤答を正答にして考える というのに関しては、もう既にAとかBで正答をマークして余裕の時にしかやらないですね、さすがに。これは集中力を保つためというか、TOEICには真剣さが必要ですが、ずっと真剣に考え込んでいると頭が痛くなってきてしまうのでくだらないことを考えて自分の中でバランスを取っているだけです(笑)

いや~、我ながらくだらないことしてるなと思います


最後に、これは強調しておきますが・・・

こんな解き方してもTOEICスコアは上がりませんよ!!

今日は以上です。

テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

No title

すごいな~やっぱすごいな~(笑)
この妄想ストーリーは変態レベル(笑)ですが、それだけ余裕を持ってリスニングに向き合えてるってことなんでしょうね(^^)

ところで、僕は特にこのPart2で、なるべく情景を頭の中でイメージしたりするんですが、Bullさんはどうですか?
例えば、It seems like we are running out of copy paper. だったら、おっちゃんがコピー機の前で頭をかきながら困ってるような情景を浮かべます。

Re: No title

>>aisleさん

変態レベルとの褒め言葉、ありがとうございます(爆)

ともかく、僕も情景はイメージしていますね。
いつからくらいでしょうか。僕が情景イメージを自然にするようになったのは満点くらいからだったと思います。それまでは文字が頭の中に、字幕のように浮かんでいましたね。
脳内で文字を見て、それで意味を取るみたいな。
今でもラジオなど、ネイティブ向けの速いリスニング素材はこうなります。
音だけで情景を思い浮かべられるというのは一つ英語力がある証明だと思っています。
プロフィール

Jet Bull

Author:Jet Bull
TOEICは満点ですが、まだまだ英語学習は続けています。
このブログは現在、主にTOEICの受験の感想をアップしています。


自分自身の学習を継続しながら、名古屋(金山駅付近)にてTOEICスクールも運営しています。
学校ホームページ
学校ブログ

最近は付和雷同。英語講師迷走日記。というブログに、英語講師として(主に英語講師の方向けに)記事を書いています。


↑監修させて頂いた「プライム模試」


↑監修させて頂いた通称「だけ問L」


↑執筆協力させて頂いた通称「澤トレ」


↑こっそ~り執筆協力

現在C2プロジェクトに参加中。

過去のTOEICなどの成績↓
【TOEIC公開テスト】
2009/03 965(L485 R480)
2010/01 965(L480 R485)
2010/10 990
2011/01 990
2011/06 990
2011/07 990
2012/01 990
2012/07 990
2012/10 980(L490 R490)
2012/11 990
2013/01 985(L495 R490)
2013/03 985(L495 R490)
2013/04 985(L495 R490)
2013/05 990
2013/06 990
2013/07 990
2013/09 990
2013/10 990
2013/11 990
2014/01 990!全問正解!
2014/03 985(L495 R490)
2014/04 990!全問正解!
2014/05 990!全問正解!
2014/06 990!全問正解!
2014/07 990 アビメ100%
2014/09 990 アビメ100%
2014/10 990
2014/11 990
2014/12 990 アビメ100%
2015/01 病欠orz
2015/03 985(L495 R490)
2015/04 990
2015/05 990 アビメ100%
2015/06 990
2015/07 990 アビメ100%
2015/09 990
2015/10 990
2015/11 990
2015/12 990 アビメ100%
2016/01 990
2016/03 990 アビメ100%
2016/04 990
2016/05 990 アビメ100%
2016/06 990
2016/07 990
2016/09 990
2016/10 990
2016/11 990 アビメ100%
2016/12 990
2017/01 990 アビメ100%
2017/03 990 アビメ100%
2017/04 990
2017/05 990
2017/06 990
2017/07 990
2017/09 990

(以下は認定証紛失し、捜索中)
2002年頃 330
2005年頃 455
2007/03 730
2008/03 730
2009/01 965

【TOEIC SWテスト】
2012/03 S170 W200
2012/09 S180 W190
2012/11 S180 W190
2013/02 S190 W180
2013/04 S190 W190
2013/08 S200 W190

(認定証紛失分、捜索中)
2010/08 S140 W180(うろ覚え)

【TOEFL iBT】
2014/06 109
2014/07 101

【英検】
2010/3 1級及び準1級合格
2015/1 1級及び準1級合格
2015/2 1級2次不合格(55)
2015/3 1級1次合格 2次辞退
2016/1 1級1次合格 2次辞退
2016/2 1級合格

カテゴリ
Bull Twitter
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる