TOEICを一生懸命解いてみた②

解いたのは韓国の公式実践のTest 7 です。

ETS TOEIC Test RC 公式実践書1000(教材+解説集)ETS TOEIC Test RC 公式実践書1000(教材+解説集)
(2013)
ETS (イーティーエス)

商品詳細を見る
ETS TOEIC Test LC 公式実践書1000(教材+解説集)【韓国版】ETS TOEIC Test LC 公式実践書1000(教材+解説集)【韓国版】
(2013)
ETS (イーティーエス)

商品詳細を見る


JunさんのSkype模試に参加させていただきました。


さて前回書いたように今回は自分自身に二つのルールを設定して解きました。

ルール① Part 3, 4 で先読みしない。

ルール② Part 5, 6, 7 は全文読まない。



では結果です・・・。

リスニング 99/100

リーディング 99/100


でした。


間違えた問題番号

24

171


Part 2 の24については、瞬間的に集中が切れました。難しい問題では全くありません。

もう少し具体的にいうと「あれ、今日何曜日だっけ」「そうだ土曜日だ」「違う違う。日曜日だって」「なるほど」と、どうでもいいことを考えていました。
おかげで完全に聞き逃しました。
リスニング中に常に集中しておくことは難しいなとまた実感。


Part 7 の 171番については・・・

今ブログを書いている最中にもう一度読み返してみましたが・・・

個人的には「解なし」のノーカウント問題にしたいです。

が、詳しくはこの記事の後半に書きます。



ここから先は以下の順番で書いていきます。
(今回の記事、ちょっと長くなります)

・本番と違う解き方で解いた感想

・この問題の難易度

・リーディングで気になった問題(171含む)






まず、今回解いてみた感想について。

Part 3 と 4 は過去記事で書いたように、私の理想の解き方でチャレンジしました。

意外な発見がひとつありました。

先読みせずに解いたら、ものすごく楽でした。

リスニングはリスニングだけに集中して、内容をしっかりとることができました。

しかも本文が流れ終わって問題を解いてしまえば次の会話が流れるまでの十数秒は休憩です。

これが思っていた以上によかったですね。

普段は先読み、リスニング、先読み、リスニング、と休む暇がほぼありませんから、Part 3, 4 で気を抜く機会というのはありませんでした。

しかし思い切って先読みをやめてしまえば、休む時間ができるんですよね。

スコア900以上の上級者の方は一度試してみるのもありではないかな、と思いました。

ただ実は一つ、解けない問題(たまたま正解だった)もありました。

選択肢が tomorrow morning と tomorrow evening まで絞れたのですが、私の内容理解としてはtomorrow だけだったので「それは覚えてない!」と勘でマークしました。

質問が細かいと、この方法で全問正解狙いは辛いですね。

今回のPart 3, 4 はラッキー全問正解ということでしょう。



次に、Part 5, 6, 7 を全文読まずに解くという方法についてです。

今回は約46分かかりました。

前回この解き方をして45分だったので、これが今のところの私の最速なのでしょう。

Part 5, 6 に関しては、文法知識をフル活用して解くとかなり速く解けるということを改めて実感しています。

語彙問題に関しても、コロケーション等で解ける問題というのが相当数あります。

Part 5 に関して、語彙問題が40問中26問ありました。
(今回いう語彙問題とは、品詞問題と代名詞問題以外全てを指します。つまり、接続詞と前置詞の問題は語彙問題とカウントします。)

この26問のうち私が全文読まずに答えた問題は17問です。

全文読まなければ解けない(意味をしっかりとらなければ解けない)問題は40問中9問しかないということになります。
(品詞問題と代名詞問題は全文読まなくても解けたので)

数えてみると案外少ないものですね。

Part 5 にかけた時間は9分でした。


Part 6 に関しては長文すべてを読んだものはひとつもなく、空欄のある文で解ける問題がほとんどでした。

それでなくても空欄の前後の文さえ読めば解ける問題ばかりです。

Part 6は2分で解けました。


Part 7 については、全文読まないぞ!!と思っていても案外読んでしまいました。

ただ今回、何かが開眼しそうになりました。

とにかく速く読もう!!と思って目を動かしていたら、なんと脳内音読なしで意味が入ってくる感覚が少しわかりました。

少し詳しく書くと、文を読んで理解する速度というのは大きく分けて4段階あります。

1.英文を読んで後ろから日本語にして訳して理解する。

2.英文を読んで(頭の中で音にして)英語のまま理解する。


3.2のプロセスを高速でする。
これはDVDなどを2倍速にするように、自分が実際に口を動かすよりも速いスピードの音を脳内で出して理解するということです。実際に口を動かすくらいの速度だと、物理的にこれ以上速く口を動かせない、という問題点があります。口を動かさずに脳内で音を再生するだけならおそらく3~4倍速くらいまで可能です。

4.全く音にせずに文字だけでイメージをつくって理解する。

私は今のところ、速く読もうとするときに上記の3の方法でやっています。

つまり脳内高速音読をして英文を読んでいるわけです。

ただ今回速く解こうという気でなかば無理やり目を左右に動かしたところ、内容が入ってくる感触をつかめました。

「スキャニング」という方法を知っている方であれば、その速度でついでに意味も入ってくる感覚だと思ってください。

私は日本語の本に関しては4で読むことができますが(日本語であれば4ができる人もそこそこいるはずです)、英語ではこれまでできませんでした。

今回英語での4の感覚がつかめたので、大きな収穫です。




今回の試験の難易度

普段の公開テストっぽく書いてみます。

今後この本を使って学習される方は参考にしてみてください。

ちなみにいつも通り、
初級者 ~700
中級者 ~900
上級者 900~
というくくりで書きます。

テスト全体としては易しいでしょう。

Part 1 易
Part 2 普通
Part 3 易
Part 4 やや易
Part 5 易
Part 6 やや易
Part 7 シングル 易
Part 7 ダブル やや易


Part 1 易
普通公開テストでは上級者が迷うような問題が1~2問出るのですが、このtest 7 はすべて非常に素直な問題です。
中級以上の方は10問正解したいですね。初級の方でも10問を狙えるくらいです。


Part 2 普通
この問題くらいのレベルを私はいつも公開の時に想定しています
。ものすごくアベレージなTOEICのPart 2 です(最近の公開テストはこれよりも難しいという印象ではありますが・・・)。
また構成も非常にわかりやすく、30問のうちの前半で簡単な問題が多く、最後の10問はレベルが高いです。
最後の10問に関してはきっちりと分かりにくい応答が出題されています。
初級~中級の方は最初の20問でいかに点数を稼ぐか、上級者は最後10問でいかに点数を落とさないかが重要です。
最近私が難しいとしている公開テストではこの最後の10問のような問題が前半から出される構成になっています。

Part 3 易  Part 4 やや易
どちらも最近のTOEICより問題文がやや簡単だと思います。また選択肢も短いものが多く、先読みしやすいでしょう。
それに加えて声優さんの声は聞きとりやすかったです。
イギリス英語とオーストラリア英語が気になりませんでした。
Part 4 に関しては最後のほうの問題が少しわかりにくいものがありました。話が込み入っていたり、言い換えが若干難しいものですね。
初級の方はこれくらいの問題レベルで練習するといいと思います。

Part 5 易語彙問題が比較的簡単です。いやこれはTOEIC頻出と言われている語彙がたくさん出ているからでしょうか・・・。巷の語彙本はこれくらいの問題を意識して書かれているということでしょう。ちょっと難しめかな?と思う語彙も3問ほどです。文法問題も素直なものばかりです。初級~中級の方が練習するにはいいレベルかと思います。上級の方は多くても3ミス以内におさえたいですね。

Part 6 やや易
初級~中級の方が迷いそうな問題がちらほらありますが、最近の公開テストでよくある「後置文脈タイプ、つまり問題そのものの根拠が後ろの方にあるタイプ」がありません。上級者は全問正解を狙いたいですね。

Part 7 シングルパッセージ 易
indicate 問題が少なめですし、それ以外の問題は根拠を探すのが簡単ですね。文章自体の難易度も低めだと思います。中級以上の方であれば「何の話なのかわからない」ような問題はないでしょう。

Part 7 ダブルパッセージ やや易
表が扱われている問題で、見かたが若干ややこしいものやクロスレファレンス問題(正解の根拠が2か所に分かれているもの)もちゃんと出題されています。
しかし根拠の場所が探しにくいものはありませんでした。


相当簡単?と思ってしまいましたが、これはそれだけTOEICの傾向がよく出ている(公式問題集なので当たりまえ)ということでしょう。市販の本はこういったものも研究されて書かれているはずですから、頻出と言われるパターンや傾向だらけです。
TOEICなんて受けたことない、という方には難しく感じるかもしれません。
まあそういった方がいきなり韓国模試をすることはないでしょうが。
TOEICの傾向を抑えたい、ある程度そういう本をやった方が定着率の確認のために使うには良いテストだと思います。
解説がない(というか韓国語)なのが苦しいところですが。



リーディングで気になった問題(いろいろな意味で)
以下の記事はこのテキストを持っている方で、すでに解き終わった方向けに書かれています。
当たり前のことですが一応注意事項です。
テキストを持っていない方や解いたことがない方に関しては、以下を読んでも何が書かれているのかさっぱり分からないと思います。

Part 5

107 文法問題ですが、使い方をよく調べておくといい単語です。

114 ちょっと難しめの語彙問題。え、そんな意味があるの?と思う単語。

120 文章全体の意味を取らないと迷うであろう前置詞問題。provideの使い方を問う問題ですね。

124 一見意味的にはどれでもよさそうな語彙問題。ポイントは語法です。後ろに目的語がくるのか前置詞がくるのかで判断する良問。

140 語彙問題。正解選択肢は難しい語彙ではないですが、文全体の意味を取れるかどうかで難易度が格段に違います。


Part 6

142 observeのこの意味、知っているといいですね。

149 初級の方がひっかかりそうな問題。ここはなんとなくでもいいので文章全体の意味を取る必要があります。

Part 7

162 正解選択肢の意味は「連絡する」「つながりを持つ」「接触する」みたいな意味です。消去法でも解ける問題ですが知っておくといい表現。

164 中級くらいの方が選択肢の中のcopy machineの単数複数を考えずに解いてしまうとうっかりミスするかもしれないな、と思った問題。

171 後述

180 全体的な文章の意味が取れればそんなに難しい問題ではないですが、たとえば本文のdwindleなどの語彙を知っているとよりいいですね。根拠を、となるとこのあたりがしっかりとれていないと難しいでしょう。

195 クロスレファレンス問題。表が混乱を招くと思います。西村京太郎のトラベルミステリー、みたいな。

200 この言い換えは微妙・・・と個人的に思ったものです。inquire と express interest は意味が少し違うのでは・・・。いや一緒なんでしょうか。選択肢Cに引っかかる人もいそうですね。orderではないです。消去法も使って正答を選びました。

問題171について
選択肢BとCは明らかに本文中に違うことが書かれているので残りはAかDです。
私はAを選んでしまいました。
Aの内容の、サイズに関して述べられている点は一か所だけ。
本文箇条書きの3つ目です。
「submissionはsame sizeでないといけない」とあります。
Dの内容「使える数より多いsubmissionがある」について言及されているのは本文3段落目。
「submissionの数が多いから返信に時間がかかりますよ」「あなたのsubmissionがacceptされたら契約書送りますよ」とあります。
これでは判断がつきません。
で、これはおそらく「常識判断でAを消去しなさい問題」だろうと個人的には結論付けました。
本文のサブタイトル(?)に「あらゆる場面で使える素敵なグリーティングカード」みたいなことが書いてあります。
私は普段グリーティングカードなんて書きません。
ハガキサイズでしょって思っていました。
グーグル検索したら、一般的にはいろいろなサイズがあることを知りました。
で、Aは消去できるでしょってことでしょう。
だからD・・・・。
納得いかん(笑)
この正答、Dに使われている動詞がuse でなくhandleだったら迷いなくDを選んでいたんですけどね。
長々と書きましたが、以上の理由でこの問題はノーカウント(笑)
まあ、単純に私がどこかを読み違えている可能性もあります、もちろん。
だったら悔しいですね。


色々書きましたが、今回の模試では

集中力は大事と再認識

速読が開眼しかけた

朝早くから学習している方々にモチベーションをもらえた

という点で有意義でした。

また参加させていただくと思います。

ありがとうございました。

テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Jet Bull

Author:Jet Bull
TOEICは満点ですが、まだまだ英語学習は続けています。
このブログは現在、主にTOEICの受験の感想をアップしています。


自分自身の学習を継続しながら、名古屋(金山駅付近)にてTOEICスクールも運営しています。
学校ホームページ
学校ブログ

最近は付和雷同。英語講師迷走日記。というブログに、英語講師として(主に英語講師の方向けに)記事を書いています。


↑監修させて頂いた通称「だけ問L」


↑執筆協力させて頂いた通称「澤トレ」


↑こっそ~り執筆協力

現在C2プロジェクトに参加中。

過去のTOEICなどの成績↓
【TOEIC公開テスト】
2009/03 965(L485 R480)
2010/01 965(L480 R485)
2010/10 990
2011/01 990
2011/06 990
2011/07 990
2012/01 990
2012/07 990
2012/10 980(L490 R490)
2012/11 990
2013/01 985(L495 R490)
2013/03 985(L495 R490)
2013/04 985(L495 R490)
2013/05 990
2013/06 990
2013/07 990
2013/09 990
2013/10 990
2013/11 990
2014/01 990!全問正解!
2014/03 985(L495 R490)
2014/04 990!全問正解!
2014/05 990!全問正解!
2014/06 990!全問正解!
2014/07 990 アビメ100%
2014/09 990 アビメ100%
2014/10 990
2014/11 990
2014/12 990 アビメ100%
2015/01 病欠orz
2015/03 985(L495 R490)
2015/04 990
2015/05 990 アビメ100%
2015/06 990
2015/07 990 アビメ100%
2015/09 990
2015/10 990
2015/11 990
2015/12 990 アビメ100%
2016/01 990
2016/03 990 アビメ100%
2016/04 990
2016/05 990 アビメ100%
2016/06 990
2016/07 990
2016/09 990
2016/10 990
2016/11 990 アビメ100%
2016/12 990
2017/01 990 アビメ100%
2017/03 990 アビメ100%
2017/04 990
2017/05 990
2017/06 990


(以下は認定証紛失し、捜索中)
2002年頃 330
2005年頃 455
2007/03 730
2008/03 730
2009/01 965

【TOEIC SWテスト】
2012/03 S170 W200
2012/09 S180 W190
2012/11 S180 W190
2013/02 S190 W180
2013/04 S190 W190
2013/08 S200 W190

(認定証紛失分、捜索中)
2010/08 S140 W180(うろ覚え)

【TOEFL iBT】
2014/06 109
2014/07 101

【英検】
2010/3 1級及び準1級合格
2015/1 1級及び準1級合格
2015/2 1級2次不合格(55)
2015/3 1級1次合格 2次辞退
2016/1 1級1次合格 2次辞退
2016/2 1級合格

カテゴリ
Bull Twitter
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる