TOEIC本に執筆協力しました!

本日、

なんと、

私の本が出ます!!!
↑それは違う。

あ、すみません、つい喜びが叫びに・・・。

言い直します。

本日、私の執筆協力させて頂いたTOEIC本が発売されました。


タイトルは・・・



TOEICテスト最強攻略PART1&2




です。




この本は、TOEIC Part 1、2の対策特化という何ともマニアックな本ですリスニングでどうしても点数を上げたい学習者の方々のために作られています。

いや、Part 1、2対策の本って少ないじゃないですか(^^;)

本編は澤田健治先生が書いていらっしゃいます。

私が主に協力させて頂いたのは、本の最後の部分、模試の解説です。

この本は「リスニング力を上げる→TOEICで確実に点数を取りにいく」というコンセプトで書かれています。

本編のトレーニングで使われている問題文やフレーズは、TOEICで頻繁に出る文ばかりです。
(ここは私も少し意見させて頂いた部分←自己アピール)
私だけでなく、他の多くの有名満点講師の方々と協力して選び抜いたエリート素材です。
これ以上TOEIC公開テストに近い文を収録したPart1、2対策の書籍は今後出ないでしょう。
また、実際にやってみるとわかりますが、このトレーニングをすると、自然にPart 3、4の得点も上がります。



と、本の宣伝はこれくらいにして・・・


私が書いた部分は本の一番最後、模試の解説部分です。

模試は4セットで、Part 1 が 40問、Part 2 が120問です。

読まれない可能性の高いおまけ部分トレーニングの総仕上げに当たる非常に大事な部分といえます。

そして、私の解説、一味違います。←自分で言うか。

実は、私自身、あまり解説を読む方ではないのです。

なぜかって・・・。


例えば以下のような問題があるとしますよね。



Part 8 meeting

(A) A man is typing on a keyboard.
(B) A man is pointing at a chart.
(C) A man is putting on a tie.
(D) A man is carrying a whiteboard.


そうすると、答えのページには、普通以下のように書かれています。

正解:(B)
和訳
(A) 男性がキーボードでタイプしている。
(B) 男性が図を指している。
(C) 男性がネクタイをつけているところだ。
(D) 男性がホワイトボードを運んでいる。
語注:type タイプする/point at… ~を指さす/chart 図/put on… ~を身につける /tie ネクタイ


こんな感じですね。

で、改めていろいろな問題集の解説を読んだんですよ。

以下に、一般的な解説を真似て書いてみます。

(B)プレゼンをしている男性がペンのようなもので指しているので正解です。
(A)のパソコンのキーボードは写っていますが、座っている男性もタイプはしていません。
(C)男性はネクタイを身につけているところではありません。
(D)ホワイトボードは写っていますが、運ばれているわけではありません。


こんな感じです。
これは、ひとつひとつの文をじっくり確認したい学習者の方に向いている解説だと思います。


ただ、偉そうで大変申し訳ございませんが言わせてください。

訳と語注を見りゃわかります。


プラスアルファのある解説は、上に加えて、

(A)のtype on a keyboardは頻出です。パソコンと人間が写っている写真でよく使われます。
(C)で使われているput on… は、身に付けている動作を表す表現です。TOEICではよくwear「身に付けている(状態)」との混同を狙ったひっかけが出題されます。
(D)のwhiteboardは選んでしまいそうですが、人物描写の文は動詞もしっかり聞き取るように意識しましょう。



このような解説が加わります。

プラスアルファのある解説であれば、私も

うんうん、ためになる!!

と思います。


で、私の解説は一足飛びで後者に行っています。

こんな感じです。

正解(A)のpoint at…は頻出表現です。point toとも言います。プレゼンをしている男性はホワイトボードの方を向いていないのでA man is facing away from the whiteboard.「男性はホワイトボードとは逆の方を向いている」などという文もここでは正解になりえます。なお、この写真に写っているホワイトボードはeasel「イーゼル」という単語が使われることもあり、TOEIC慣れしていない方だと戸惑うことがありますから覚えておきましょう。




ご覧になって分かる通り、見方によっては不親切とも言えます。

最初の解説のように、ひとつひとつ文を確認したい方には向かないでしょう。

ちなみに私の解説で「put on と wearの違い」とか「動詞に気をつけましょう」とかに触れていないのは、
本編でそういう、いかにもなTOEICのトリックに引っかからないようにするトレーニングが書かれてしまっているからです。
ってか、その状態から解説書けとか無茶ぶり。

自分としては「ふっふっふ、解説がすごい!多分読まない人多いけど」と自己満足しています。

ただ一方で、TOEIC500点未満の方には少し重い内容にしてしまったかなとも思います。

もっとも、ちゃんと本編のトレーニングをやればこの解説はお役に立てるとは思いますが。

特に読んで頂きたいのはTOEIC700~900を目指している方ですね。

Part 1、2に出題される40問中の最後の難しい10問くらいの内容がカバーされるので、得点源にできるようになります。

Part1が常に全問正解、Part 2も5ミス以内で押さえられると他のパートがだいぶ楽ですからね。


というか、こういう解説を書いた理由は、この記事を読んでいて感づかれた方も多いと思いますが、

自分だったらこういう解説が読みたかった

からです。

まあ、本編をしっかりやった後、仕上げの模試の解説をじっくり読むという方も珍しいでしょうから、ある意味ものすごく自由にやらせてもらえたんですよね。

ともかく!

ついに私もTOEIC本の著者の仲間入りです!!(著者ではない。あと、はしたない)






テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

No title

すごいです!
私自身TOEICから離れていますが、Jet Bullさんが携わった解説というだけで買いそうです。
このまえの小3の理科の教科書も買ってしまったくらいなので・・・笑

Re: No title

>>JINさん
ありがとうございます!
でもこの解説はただの補助ですから(笑)
本編のトレーニングは、TOEIC特化ではなく英語学習として使えますよ。
というか、使う題材はさまざまですが、この本のトレーニング自体は私もよくやります。
英検のパス単でもできますよ!(スーパーハードモードになりますが)

No title

おめでとうございます!
きっとこういう日が来ると信じていました。
楽しみです♪

Re: No title

>>まりあさん

ありがとうございます!
私自身は急展開で衝撃でした。
今後ともよろしくお願いいたします。
プロフィール

Jet Bull

Author:Jet Bull
TOEICは満点ですが、まだまだ英語学習は続けています。
このブログは現在、主にTOEICの受験の感想をアップしています。


自分自身の学習を継続しながら、名古屋(金山駅付近)にてTOEICスクールも運営しています。
学校ホームページ
学校ブログ

最近は付和雷同。英語講師迷走日記。というブログに、英語講師として(主に英語講師の方向けに)記事を書いています。


↑監修させて頂いた「プライム模試」


↑監修させて頂いた通称「だけ問L」


↑執筆協力させて頂いた通称「澤トレ」


↑こっそ~り執筆協力

現在C2プロジェクトに参加中。

過去のTOEICなどの成績↓
【TOEIC公開テスト】
2009/03 965(L485 R480)
2010/01 965(L480 R485)
2010/10 990
2011/01 990
2011/06 990
2011/07 990
2012/01 990
2012/07 990
2012/10 980(L490 R490)
2012/11 990
2013/01 985(L495 R490)
2013/03 985(L495 R490)
2013/04 985(L495 R490)
2013/05 990
2013/06 990
2013/07 990
2013/09 990
2013/10 990
2013/11 990
2014/01 990!全問正解!
2014/03 985(L495 R490)
2014/04 990!全問正解!
2014/05 990!全問正解!
2014/06 990!全問正解!
2014/07 990 アビメ100%
2014/09 990 アビメ100%
2014/10 990
2014/11 990
2014/12 990 アビメ100%
2015/01 病欠orz
2015/03 985(L495 R490)
2015/04 990
2015/05 990 アビメ100%
2015/06 990
2015/07 990 アビメ100%
2015/09 990
2015/10 990
2015/11 990
2015/12 990 アビメ100%
2016/01 990
2016/03 990 アビメ100%
2016/04 990
2016/05 990 アビメ100%
2016/06 990
2016/07 990
2016/09 990
2016/10 990
2016/11 990 アビメ100%
2016/12 990
2017/01 990 アビメ100%
2017/03 990 アビメ100%
2017/04 990
2017/05 990
2017/06 990
2017/07 990


(以下は認定証紛失し、捜索中)
2002年頃 330
2005年頃 455
2007/03 730
2008/03 730
2009/01 965

【TOEIC SWテスト】
2012/03 S170 W200
2012/09 S180 W190
2012/11 S180 W190
2013/02 S190 W180
2013/04 S190 W190
2013/08 S200 W190

(認定証紛失分、捜索中)
2010/08 S140 W180(うろ覚え)

【TOEFL iBT】
2014/06 109
2014/07 101

【英検】
2010/3 1級及び準1級合格
2015/1 1級及び準1級合格
2015/2 1級2次不合格(55)
2015/3 1級1次合格 2次辞退
2016/1 1級1次合格 2次辞退
2016/2 1級合格

カテゴリ
Bull Twitter
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる