第205回TOEIC公開テスト 感想

今日もTOEIC公開テストを受験してきました!

感想を書いていきます。

今回名古屋はマイナーフォームでした。

全体レベル やや易

Part 1 易
Part 2 易
Part 3 やや難
Part 4 やや難
Part 5 普通
Part 6 やや難
Part 7 single passage 普通
Part 7 double passage 普通



以下Partごとの感想です。

※以下の文章での初級中級上級のくくり
初級者 = TOEIC700点未満の方
中級者 = TOEIC700以上~900未満の方
上級者 = TOEIC900以上の方


Part 1 易
今回、正答はどれも簡単なものでした。主語が人間で、能動態で、時制が現在進行形のもの(男の人が~しています、みたいなの)が9つというボーナスステージ状態でした。
人間でないものが主語のものも1つありましたが、これも簡単でした。
受け身の文が一つもないというのは珍しいですね。
「いや、そんなにシンプルなはずがない」と深読みしてしまうと、魅力的な誤答はあったのでひっかかってしまうかも、とは思いましたが、初級者の方も9~10問狙える回でした。

Part 2 易
難化してきたな~、とこの間まで思っていましたが、前回はやや易しく感じましたし、今回も易しかったので、今後どうなるかな?と思っています。
文頭の疑問詞だけを聞き取って答えられたり、依頼に対する素直な応答だったり、消去法でひとつに絞れたりするボーナス問題が12問。初級者の方もここはしっかり取っておきたいところです。え~、何それ、と思った500点くらいの方は、パート2対策をしておきましょう。
今回の難易度で「結構難しい」と思った中級以上の方は、消去法とか細かいことは一旦忘れて、単純なリスニング力を伸ばしましょう。公式問題集のPart 2 の問題を音読やシャドウイングしたりすると、リスニング力アップでき、ついでに色々なパターンにもなれることができるのでお勧めです。
ちょっとひねってあるな(新しい返し方だな)、と思った問題は4問で、このあたりがリスニング中級と上級を分けるラインなのかなと思いました。

Part 3 と 4 両方やや難
Part 3 と 4 は、どちらも後半に音声自体が聞きにくい問題(内容が難しい問題)が含まれてはいましたが、今回「難しいかも」と感じた理由は、設問と選択肢です。
これは前々回(203回)の時にも感じました。
設問が長かったり、選択肢が長かったです。読みにくい構文もありました。
選択肢が文になっているもので、全て受け身だった問題なんかもあり、初級の方は答えを選びにくかっただろうと感じました。
今回のPart 3 と 4 はリーディング力が問われたパートでした。
ここでいうリーディング力というのは、限られた時間内に「何が問われているか」「選択肢の意味することは何か」を素早く理解する速読力?的なもののことです。Part 5 以降のリーディングセクションほど凝った構文はもちろん出ていません。
というわけで、Part 3 と 4 を確実に伸ばしたいという方は、英語の音声を聞くだけではなく、短い文を一瞬で理解できるようにする練習をするといいでしょう。
例えば、
1.公式問題集の問題と選択肢をPart 3 と 4 全てを一気に読んでタイムを計ってみる。
(ちゃんと理解して読む、ということです。目を通すだけではないです)
2.引っかかった(スピードが遅くなった)問題文や選択肢を読み込む。
3.もう一度すべてを通して読んでタイムを計ってみる。
4.あとは3を繰り返してどんどんタイムを縮める。
みたいな方法があります、参考までに。

Part 5 普通
定番の品詞問題あり、語彙も特に難しいわけではなく、あまり印象に残りませんでした。130番台に「え、こんな簡単な文法問題が?」みたいなのもありました。難しかったかな?と思ったのは3問くらいでしょうか。140番だけは消去法で解きましたが、それ以外は普通かなと思いました。ひょっとしたらやや易しいくらいかもしれません。

Part 6 やや難
ちょっと語彙が難しめでした。あと、空欄を含む文でひとつ厄介な(特に初級~中級の方が文構造をつかむのに苦労しそうな)文法問題がありました。
とはいえ、文書の内容自体は分かりやすいものだったので、上級者の方はここで間違えたくはないレベルだと思います。

Part 7 single passage 普通
1問目にいきなりでかいスマホがあって、新形式のTOEIC意識してるのかな~、と思ったTOEICkerは私だけではないでしょう(笑)設問のキーワードを見つけ、探しに行けるタイプの問題もそこそこあり、初級者の方もがんばれば得点できそうに感じました。が、探しに行った先に難しめの語彙がごろごろしているようなものもあったりもしました。「解ける!」なのか「語彙的に理解できないからあきらめる!」なのかの判断力が必要ですね。
書きながら思い出しましたが、文書の中で使用されていた語彙レベルは今回高めだったような・・・。

Part 7 double passage 普通
問題としてはひねりもなく普通かなと思いました。
あとはsingle passage と同じような感想です。
そういえば最近、single passage でもdouble passage のようなクロスレファレンス問題(文書の中で正解の根拠が2か所以上に散らばっているもの)がちょこちょこ出ますね。
ひとつ、求人の問題で面白い職種が募集されていました。ひょっとしたら一般的になじみのない仕事なのかもしれません。私は運が良く、2~3年前にちょうど全く同じタイプの仕事の求人広告を見ていて、登録だけしていたのでイメージが湧きやすかったです。この仕事になじみがなかったら、「どんな仕事?」となる方も多いのかもしれません。背景知識があったのでお得感がありました。



感想は以上です。

というわけで、今日TOEIC受験された方、お疲れ様でした!
また12月に向けて頑張っていきましょう!


どうでもいい話↓
今回、私が受けた会場は、めちゃくちゃ小さい教室でした。横5列、縦3列で15人しか受験者がいないという。
試験管との距離もめちゃ近いんですね。
で、思ったんですよ。
ついにTOEIC協会(?)のブラックリスト入りをして隔離されたんじゃないかと。
試験中、変な動きをしないか厳しくチェックされるんじゃないかと。
やった~!あの有名なTEX加藤さんは常に厳重に見張られているって聞いているぞ。
私もついにTOEICの監視下に!(^^)!
とかわけのわからない喜びに満ちていたのですが、試験官が途中でウトウトしていらっしゃったり、全然ゆるかったのでただの自意識過剰です。はい。失礼しました。


いつもお読みいただきありがとうございます!
よければ応援のクリックお願いします(^^)/

TOEIC ブログランキングへ
関連記事

テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

No title

友人のお勧めでこちらのブログに初めてお邪魔しました。
大変参考になる内容、ありがとうございます。そして990を目指している私にとってすばらしすぎるJet Bullさんのスコアの記録、、すごいです、、

昨日は私もマイナーでした。そしてパート5の中で1問だけ迷って終了寸前に答えを変更しましたが、結局最初の回答が正解だったようです〜涙 まっあやふやな理解なので仕方ありません。
それで質問です。他の方のブログでも尋ねましたが、on behalf ofにはbecause of someone/somethingという使い方はやっぱりできないのでしょうかね、、、例えば due toやthanks toの意味としての使用など。

お忙しいところすみませんがもしできれば教えて下さい。


Re: No title

>>kei3さん

はじめまして。
ご訪問&コメントありがとうございます!
参考になるとおっしゃっていただけて非常にうれしく思っています。

さて、on behalf of についてです。
これは私の知る限り、because of / due to / thanks to のような使い方はできません。

でも気になったのでいろいろネット等で調べてみました。

その結果、on behalf of にはおおよそ2つの意味があることがわかりました。
1.~の代わりに (as a representative of ~)
2.~の利益のために (for the benefit of ~)

「~の代わりに」は、「代表して」みたいな意味にもなり、一番よく使われますね。
On behalf of 会社名, I'd like to thank you... みたいなのはTOEICでもよく出ます。
で、そこから「代表するからには、利益になることをする」みたいなイメージかもしれません。


あと、behalf 自体は、ジーニアス英和辞典によると、「味方、支持、利益」となっています。
「~の利益の上に立って(~の利益を考えて)」 on behalf of ~
というのがon behalf of のもともとのイメージかもしれません。
「~の利益の上に立っている」ので、「~の代わりに何かをやる」という図式にも思えます。

~の利益のために、というのがon behalf of の意味なので、「~が原因で」というthanks to や due to とは違うようです。


ちなみに、オックスフォード英英辞典には、2番目にこういう定義があります。

because of someone / for someone
例文 Don't worry on my behalf.

この例文を定義の文字通りに受け取って訳すと、「私のために心配しないで」となります。
これだけ見てしまうと、due to や thanks to みたいな印象を持つかもしれませんが、よく考えてみると、「私の代わりに(私の気持ちに代わって)心配しないで」と解釈できます。
この場合は「心配している側」が me の気持ちを代弁(?)する形で心配しています(me も心配している)。
me の気持ちを汲み取って心配しているので、meが原因で「心配する」という動作につながってはいますが、もとにあるのはやはり「代わりに」という意味なのではないかなと思います。
for には、Can you do it for me?「私の代わりにやってくれない?」みたいな意味もありますし。

というけで、やはりdue to や thanks to とは別物だと思います。
(なんかオックスフォードの定義のせいで説明がややこしくなりましたが、理解いただけましたでしょうか・・・)

No title

Jet Bullさん、詳しいご説明ありがとうございました。大変勉強になりました。
今後は、すでに知っている単語についても用法や他の意味を調べて理解するようにしたいと思います。

来月今年最後のTOEIC満点に向けてがんばりますっ!

Re: No title

>>kei3さん

お役に立ててよかったです。

是非頑張ってください!(^^)!
私も頑張ります!
プロフィール

Jet Bull

Author:Jet Bull
TOEICは満点ですが、まだまだ英語学習は続けています。

自分自身の学習を継続しながら、名古屋(金山駅付近)にてTOEICスクールも運営しています。
学校ホームページ
学校ブログ


↑監修させて頂いた通称「だけ問L」


↑執筆協力させて頂いた通称「澤トレ」

現在C2プロジェクトに参加中。

過去のTOEICなどの成績↓
【TOEIC公開テスト】
2009/03 965(L485 R480)
2010/01 965(L480 R485)
2010/10 990
2011/01 990
2011/06 990
2011/07 990
2012/01 990
2012/07 990
2012/10 980(L490 R490)
2012/11 990
2013/01 985(L495 R490)
2013/03 985(L495 R490)
2013/04 985(L495 R490)
2013/05 990
2013/06 990
2013/07 990
2013/09 990
2013/10 990
2013/11 990
2014/01 990!全問正解!
2014/03 985(L495 R490)
2014/04 990!全問正解!
2014/05 990!全問正解!
2014/06 990!全問正解!
2014/07 990 アビメ100%
2014/09 990 アビメ100%
2014/10 990
2014/11 990
2014/12 990 アビメ100%
2015/01 病欠orz
2015/03 985(L495 R490)
2015/04 990
2015/05 990 アビメ100%
2015/06 990
2015/07 990 アビメ100%
2015/09 990
2015/10 990
2015/11 990
2015/12 990 アビメ100%
2016/01 990
2016/03 990 アビメ100%
2016/04 990
2016/05 990
2016/06 990
2016/07 990
2016/09 990
2016/10 990
2016/11 990
2016/12 990
2017/01 990

(以下は認定証紛失し、捜索中)
2002年頃 330
2005年頃 455
2007/03 730
2008/03 730
2009/01 965

【TOEIC SWテスト】
2012/03 S170 W200
2012/09 S180 W190
2012/11 S180 W190
2013/02 S190 W180
2013/04 S190 W190
2013/08 S200 W190

(認定証紛失分、捜索中)
2010/08 S140 W180(うろ覚え)

【TOEFL iBT】
2014/06 109
2014/07 101

【英検】
2010/3 1級及び準1級合格
2015/1 1級及び準1級合格
2015/2 1級2次不合格(55)
2015/3 1級1次合格 2次辞退
2016/1 1級1次合格 2次辞退
2016/2 1級合格

カテゴリ
Bull Twitter
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる