1級面接対策で気づいたこと

6月の英検1級に向けて、引き続きスピーキング練習をしています。


スピーキング練習といっても、やはり基本は音読→暗唱です。



準2級の文単



英検一級英作文対策の本


この二冊を音読していたのですが、大体音読し終わったので、また忘れたころにやろうと思い、

新しい本を2冊、購入しました。







1冊目は、これ↓



英検2級の文単




また文単かい!!


って思ったかもしれませんが、回し者ではありません(笑)

準2級の文単よりも、時事的というか、ノンフィクションが多い内容になっているので、勉強になります。

サイエンスニュースの簡単バージョン、みたいなイメージですかね。

準2級の文単は、かなりの部分「マイクは学生だ。彼は今年の3月に卒業を控えている」みたいな内容が含まれています。

2級と比べると(学生にとって)より身近な内容になっていますね。

2級の文単のいいところは、音読しながらついでに「え、そんなテクノロジーが」とかが学べるところですね。

有名な予備校の先生(どなただったか忘れましたが)が「センターなどの入試英語の勉強を一生懸命すると、気がついたら豆知識が増えて一石二鳥」みたいなことをおっしゃっていましたが、そんな感じですね。





2冊目は、これ↓



英検1級二次面接対策の本




2次対策なのになぜ最初にこれを買わなかった!!

って自分でツッコみを入れました。

私の英語学習は寄り道だらけです(笑)









さて、この1級2次の本を読んでいて、

ひとつ衝撃を受けたことがあります。





Q&Aセッションの模範回答、長い ってことです。





英検1級では、まず最初にカードを渡されます。

カードには5つのトピックが書かれています。

Agree or disagree: Surveillance cameras should be installed in all public places.
「監視カメラはあらゆる公共の場に設置されるべきだ。賛成か反対か」

みたいなトピックが5つです。

1分間の準備時間の後、自分が選んだトピックについて2分間のスピーチが求められます。

その後、面接官がスピーチに関連した質問をし、受験者はこれらに答えます。


この段階、Q&Aセッションの模範回答も音読しているんですが、長さにびっくり。

え、こんなに話していいの?

みたいな(笑)


ひとつの質問について、70単語で5文くらいの答えをしているんですね。

ちょっとしたスピーチじゃないですか、もはや。

実はTOEFLiBTのスピーキングのテキストも音読しているんですが、そこで求められる45秒スピーチくらいの長さはあります。




いや、すみません。これは自分的に衝撃だっただけで、多くの皆さんはご存じなのでしょうか・・・。

多分常識なんでしょう。





私が1級の面接を受けたとき、普通に短く答えてたんです。


何か聞かれたら、とにかく1文、長くても3文でパッパッと答えて、自分としては

今日の面接は非常にスムーズであった。苦しゅうない( ̄― ̄)

とか思ってましたが、どうもこれ、あんまりよくなさそうですね。




この本にも「答えが短いと説明するのが下手だと判断される」みたいなことが書いてありましたし・・・。


なんとなく、以前に感じた

え?自分はスピーチ以外の部分、めっちゃうまくいったと思ってたのに!!

という自分のスコア予想と実際のスコアの差の原因はこれなんじゃないかと思い始めました。






でもこれ、実はよくよく考えてみると、

自分も英検の面接を指導するときに同じこと言ってました。

準1級までしか教えたことはないですが、「もっと具体的に!内容が薄い!たくさん話して!」みたいなことは言ってるんですよね。

まさか自分が同じ状態に陥っているとは・・・。





日本人的感覚(というか自分の感覚)では、

相手が1つ文を言ったら自分も1つ文を言う

相手がある程度長い話をしたら、自分も長い話をする

というのが理想の会話のテンポなんです。



なんていうんでしょうか。これは私だけの感覚なのでしょうか。

自分ばっかりしゃべっちゃいけない

みたいな。

話し相手にも話す時間をしっかり与えるのが礼儀

みたいに思っています。


多分、普段の会話で私がこう考えているのは、話し相手の方も気を遣って私に話す機会を与えてくれていると感じるからです。


この会話のテンポを唯一崩していいのは、お酒飲んだときだけだと思うんです。
ただし話過ぎると「うざいオッサン」という烙印を押されますが(/_;)


外国人と話していると、かなりの確率でこのテンポが乱されます。

私がひとつ質問をすると、かなり長い返答が返ってくることがしばしば。

自分の意見はしっかり主張して、ツッコまれなくてもサポートまできっちり入れていく

のが外国スタイルに感じます。



なんとなく、日本人は(と、ひとくくりにしていいのかわかりませんが)

意見を短く言う → ちょっと質問される → それに対して短く意見言う →また質問される

みたいに話を進めていく気がするんですよね。

少なくとも自分はそうしていますし、それが心地良いですね。

(まあ、私はもともと無口な方なので、このスタイルに周りの人が合わせてくれているのかも)



で、英検の2次試験の話に戻りますけど、これは英語の試験ですから、多分外国スタイルのコミュニケーションが求められてるんですよね。

短い質問に対しても、自分の意見を明確にするために根拠までしっかり話しきることが必要


書いてて非常に初歩的なことのような気がして恥ずかしいですが(ーー;)


そういえば、TOEICSWとか、TOEFLiBTとかでなんとか良いスピーキングスコアがもらえているのは、強制的に時間いっぱい話さなきゃいけない環境があるからなのかも、と思いました。


次回の面接では、Q&Aでも軽くショートスピーチをするくらいの覚悟が必要だなと感じました。



いつもお読みいただきありがとうございます!
よければ応援のクリックお願いします(^^)/

TOEIC ブログランキングへ

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Jet Bull

Author:Jet Bull
TOEICは満点ですが、まだまだ英語学習は続けています。
このブログは現在、主にTOEICの受験の感想をアップしています。


自分自身の学習を継続しながら、名古屋(金山駅付近)にてTOEICスクールも運営しています。
学校ホームページ
学校ブログ

最近は付和雷同。英語講師迷走日記。というブログに、英語講師として(主に英語講師の方向けに)記事を書いています。



↑監修させて頂いた通称「だけ問L」


↑執筆協力させて頂いた通称「澤トレ」

現在C2プロジェクトに参加中。

過去のTOEICなどの成績↓
【TOEIC公開テスト】
2009/03 965(L485 R480)
2010/01 965(L480 R485)
2010/10 990
2011/01 990
2011/06 990
2011/07 990
2012/01 990
2012/07 990
2012/10 980(L490 R490)
2012/11 990
2013/01 985(L495 R490)
2013/03 985(L495 R490)
2013/04 985(L495 R490)
2013/05 990
2013/06 990
2013/07 990
2013/09 990
2013/10 990
2013/11 990
2014/01 990!全問正解!
2014/03 985(L495 R490)
2014/04 990!全問正解!
2014/05 990!全問正解!
2014/06 990!全問正解!
2014/07 990 アビメ100%
2014/09 990 アビメ100%
2014/10 990
2014/11 990
2014/12 990 アビメ100%
2015/01 病欠orz
2015/03 985(L495 R490)
2015/04 990
2015/05 990 アビメ100%
2015/06 990
2015/07 990 アビメ100%
2015/09 990
2015/10 990
2015/11 990
2015/12 990 アビメ100%
2016/01 990
2016/03 990 アビメ100%
2016/04 990
2016/05 990 アビメ100%
2016/06 990
2016/07 990
2016/09 990
2016/10 990
2016/11 990 アビメ100%
2016/12 990
2017/01 990 アビメ100%
2017/03 990 アビメ100%
2017/04 990
2017/05 990
2017/06 990


(以下は認定証紛失し、捜索中)
2002年頃 330
2005年頃 455
2007/03 730
2008/03 730
2009/01 965

【TOEIC SWテスト】
2012/03 S170 W200
2012/09 S180 W190
2012/11 S180 W190
2013/02 S190 W180
2013/04 S190 W190
2013/08 S200 W190

(認定証紛失分、捜索中)
2010/08 S140 W180(うろ覚え)

【TOEFL iBT】
2014/06 109
2014/07 101

【英検】
2010/3 1級及び準1級合格
2015/1 1級及び準1級合格
2015/2 1級2次不合格(55)
2015/3 1級1次合格 2次辞退
2016/1 1級1次合格 2次辞退
2016/2 1級合格

カテゴリ
Bull Twitter
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる