英単語・英語の文章 丸暗記

前々回の記事前々々回の記事で、

丸暗記をしたらテストの点数が上がった

と書きましたが、

今日は、

「OKな丸暗記」と「いまいちな丸暗記」の違い

について書きます。
(ちょっと長めの記事です)





『OK丸暗記』と『いまいち丸暗記』の差が顕著になるのは、単語暗記のときですね。


個人的には、

英語の文章を丸暗記する場合、「OK」も「イマイチ」もない

と考えています。


もちろん細かいことを見ていけば、

発音に注意を払って覚えた方がいい

とか

文章中の、ひとつひとつの文の文法構造を意識して覚えた方がいい

というのはありますが、

これらは程度問題

ですからね。




英語の文章を丸暗記する場合は、個人的には何でもいいと思います。

最終的に意味さえ分かって暗唱できれば。(声を出すってのは大事ですね)






文章の丸暗記において、意識するべき細かい部分は、個人の英語力に左右されるからです。


例えば、発音。

それはもちろん、完璧なネイティブみたいな発音で暗唱できた方が、カタカナ英語の暗唱よりはいいと思いますよ。

でも、

完璧なネイティブみたいな発音で英語の文章を暗唱できる人って、日本人にどれくらいいますか?

私には無理ですよ。

私の発音は完璧じゃないですから。

一応ネイティブみたいな発音、目指していますが、どこかで妥協する必要はあると思います。

ネイティブみたいな発音は、(特別に才能のある人以外は)ちょっとやそっと練習したくらいでは身につかないどころか、一生身につかない可能性もあります(というかその可能性が普通は高いです)。

なので、丸暗記するときには

発音も多少は気にしながら、でも完璧主義になりすぎず

やるといいですね。


多少ってどれくらいのことを言ってるんだお前は(`・ω・´)

と思われるかもしれませんが、

自分が納得するまでやってください。

これは私はもちろん、どんな英語の達人でも、万人が納得する答えを出すことはできません。

判断できるのは、自分自身と、すぐそばにいる英語上級者だけです。

なぜなら、学習段階によって「気にするべきポイント」というものがあり、今の時点で発音を優先すべきかどうかは練習者のことをよく知っていないと言えるはずがないからです。
(なんか最近こうやって投げることが多いですが、自立して学習しましょう、というメッセージだと受け取ってください。まあ私のブログに訪問される方は上級者の方ばかりで、自立しましょう!とか言わなくても自立してらっしゃると思いますが、一応)



同じことが文章中の各文の構造の把握についても言えますね。

もちろん、完璧に文構造は把握したほうがいいですよ。

でも、

私が丸暗記する際にも

すべての文の文法構造を完璧に把握しているかは

怪しいです。




大体、中学校のころとかは、

おはよう。 → Good morning.

私は愛知県出身です。 → I am from Aichi.


とか、文法構造とか何も考えずに暗記しましたよ。

中学1年生で

I がSで、am がVで、from Aichi が副詞句だ!(もしくは「補語のCだ!」)

とかやってる子がいたら、ちょっとやりすぎな気がするじゃないですか。

(これは私の個人の感覚ですかね?いや、覚えるべきだ、という方もいるかもしれませんが)

でも、学習を進めるにつれて(英語の知識が深まるにつれて)文法構造を意識できるようになって、

ある時ふと

ああ、 I am from Aichi. の文法構造ってこうだったんだ!

って気づくんですよ。
(私の場合はそうでした)


だから、

文章中の各文の文法構造をすべて最初から完璧にしようと思わなくってもOK

というのが私の意見です。

というか、気づけないことはどうしようもないので、これについても結局ある程度自分が納得できる範囲でやるしかないんですよね。



ある程度発音や文法構造を意識するのは前提としてあるものの、個人的には

英語の文章の丸暗記においては、意味さえ分かって暗唱できればなんでもいい

という結論に達しました。


ちなみに、

英語の文章丸暗記において意味がなさそうなのは、

音だけで意味を知らずに覚える

とか、

声を出さずに発音を全く知らずに文字だけで覚える

という方法です。



音だけで覚えるって、大人になってからやるのはそもそも難しいと思うんですが、どうなんでしょうか。

子どもはやりますね。母語習得の過程で。

子どもが意味もわからず芸能人のセリフのモノマネをする光景、というのはお子さんが身近にいる方はよく見かけると思います。

かなり長いものでも子供はやってのけます。

大人がこれをやって意味があるかな?と思うと、ちょっとイマイチだと思います。

まあ、これはいちいち解説加えなくてもわかりますよね。

意味は知ってから暗唱しましょう。



また、

発音を全く知らずに文字だけで覚える、というのもよくない

と思います。

これは、単純に難しいからです。

やったことはないですが、例えば私がフランス語を学ぶとして、音声ゼロで、文字だけで文の丸暗記をするのってかなり辛いんじゃないかなと思います。

まあ、多分勝手に自分で解釈して変な音で覚え始めると思います。

フランス語ならまだしも、アラビア語とかになるともう無理でしょうね。文字だけだと。

どうやって覚えればいいんだ、って感じになると思います。

しかもそれやってしまうと、後でリスニングが全くできないという最悪な事態に陥りますから、やはり音はある程度知っておいた方がいいですね。

少し上の発音の話と被りますが。

ちなみに、前の記事で「高校のときに教科書丸暗記」について書きましたが、その時はCDがありませんでしたので、発音はある程度間違いながら丸暗記したと思います。

でも「なんとなく」音はわかっていました。

ここで言っているのは、

発音を『全く』知らずに英語の文章を覚えるのは良くない

ということです。



以上が英語の文章についての丸暗記です。

英語の文章を丸暗記する目的(向上が期待できる能力)は、

文構造の理解力
(意味を考えながら暗唱すると、自然にSVなどが見えてくる、はず)

語彙力
(文章を暗唱するわけなので当然単語も覚える)

です。

細かいところだと、コロケーションとか、速読力アップとか、音声がある場合はイントネーションの習得とか、いろいろありますけど、まあ大きくは上の二つじゃないでしょうか。

逆に言うと、

上の二つの目的さえブレなければ、どんな方法で丸暗記してもちゃんと効果はあります。

(いや、これは目的によって違ってくる気もしてきましたが・・・う~ん、書いてみると難しいものですね)




さて、

ここまでは前置きです。 なが(;゚Д゚)




今から、

英単語の丸暗記について

書いていきます。


実はここまで書いてきて、前回の私のコメントを撤回することに決めました。

基本的に、「丸暗記」を

「OKな丸暗記」  と  「イマイチな丸暗記」

という2グループに分けることはできません。



そのかわり、

「自分(の英語力)にあった丸暗記」



「自分(の英語力)にあわない丸暗記」

の2グループに分けます。





たとえの話で、今の私がどのように単語を暗記しているかをさらっと紹介します。

例えば最近覚えた英検1級単語に、edify というものがあります。

最近は単語を類義語でまとめて覚えています。

edify, educate, enlighten, instruct みたいな感じです。

(ちなみにこの覚え方は雪さんのブログで学びました)

これにプラスして、例文もついでに読んでいるので、暗唱まではできませんが、

edify people みたいな形になるなというのはぼんやり覚えています。

ここで止めています。 というか余裕がそこまでないというか。


完璧を求めると、

edify の目的語に things はくるのかな?

主語は人間じゃないといけないのかな? 

逆に物でなければいけないのかな? 

Kids が Adults をedifyする可能性はあるのかな?

進行形は取るのかな?

分詞を使ってedified peopleなんて使い方はできるのかな?

とか、いろいろ考える余地はあると思います。

でも、ここで止めています。 調べてたら時間がかかっちゃうので。


今の段階では上の情報だけでもいいかなと思っていますし、私が edify を和訳するとしたら「教える」くらいになると思います。
(英和辞典を引いたら、「教化する」でした)

今の段階では受動語彙として考えているので、自分が使うことは考えていません。

「教える」だったらteachとか使ってもいいわけで、自分に必要以上のことを覚えようとは思いません。

今後、ドラマやTOEFLや英検など、色々な形で edify に出会って、だんだんわかるでしょう、みたいな。

ちょっと自分の話が長くなりましたが(笑)



じゃあ万人に向けて

単語暗記は日本語を介さずに、類義語を3つくらい覚えて、コロケーションは一つ覚えて、後は特に考えなくてもいいです!

とか大っぴらには言えないわけです。

だって、類義語を使って覚えるにはそれなりに高い単語力が必要ですし。


何が言いたいかというと、

単語の丸暗記にもいろいろと段階がある

というのがポイントです。

(この流れは前の記事「テストで高得点を出す方法   」でもやったような(;^ω^))





さて、では

単語の丸暗記の段階(というか方法)を列挙

していこうと思います。
(発音に関しては、上で書いたのと同じ考えなので省きます)


段階① 英語と日本語を対にして覚える

insist   主張する
require   要求する
suggest   提案する


段階② チャンク(まとまり)で覚える

insist on going   行くと言い張る
require time   時間が必要
suggest a plan   計画を提案する

段階③ 文で覚える

He insisted on going with me.  彼は私と一緒に行くと言い張った。
This task requires time and effort.  この作業には時間と労力がかかる。
I suggested a plan to the client.  あの依頼人にある計画を提案した。



ざっくりこんな感じの段階があると思います。





これに加えて、

単語を覚える際に考えるポイントはまだまだたくさんあります。

ポイント① 多義

基本英単語にはいろいろな意味がありますから、

例えばsuggest であれば、ついでに

The graph suggests that SV    グラフはSVであることを示している

という別の意味を覚えるという選択肢もあります。




ポイント② 類義語

類義語とまとめて覚えるという選択肢。

suggest – show – imply   示す   みたいに。




ポイント③ 派生語

派生語をついでに覚えるという選択肢

suggest   示す
suggestive idea   示唆に富むアイディア
suggestible person   暗示にかかりやすい人






こんな感じで、いろいろな段階と方法があると思うんですね。

これ以外にもあると思います。





どの段階や方法が良いとか悪いとかではなく、自分の英語力とキャパで選べばいいと思います。





ただ、やはりそんな放置主義の私でも、

多分それは無駄じゃないですか? 好きでやってるんなら止めませんが。

という覚え方はあります。


それは、

無理やり日本語と対応させて覚える方法

です。




いくつかのケースを挙げます。



ケース1 動詞を覚えるとき

participate    「参加する」
attend   「~に参加する」

って覚えておいて、下のような問題を見たときに

He -------- a meeting.
(A) participated
(B) attended


う~ん、participate 「参加する」で、attend「~に参加する」だったから、participate の後ろには前置詞が必要なはずだよね。空欄の後ろは直接 a meeting になっている。前置詞がない。だから attend かな?

このように考えるのは、効率悪いと思います。



同じ理由で、

participate = 自動詞
attend = 他動詞 
という風に覚えるのも効率悪いと思います。

でも自動詞と他動詞を意識して覚えている方は多いかもしれませんので、これは反論されるかもしれませんね。

ちなみに、記憶が確かではないですけど、

私がTOEICで965点を取ったときや、英検1級を取ったとき、

自動詞と他動詞という言葉はぼんやりとしか理解してなかったです。

その代わりに、コロケーション?はなんとなく頭に入ってました。

だから自動詞と他動詞とか考える必要はなかったです。

私は「participate だったらinでしょ」と自然に思えていたので、自動詞とか他動詞なんて日本語を持ち出さなかったといいますか。

TOEICハイスコアや英検1級を取得するのに、自動詞と他動詞の理解が必要条件ではない、ということは経験上間違いないです。

知ってた方が効率がいいと思う方もいるかもしれませんので、これは好みということにしておきましょう。



ゆずれないのは

『日本語の「てにをは」を頼りに覚える方法は効率悪い』

という考えですかね。

最初からチャンクで覚えた方が圧倒的に効率が良いです。





ケース2 単語の意味を複数覚えるとき

suggest  ①示す ②提案する ③連想させる

みたいに、一つの英単語に対して複数の和訳を覚えるのは、効率が悪いと思います。

これは名詞だけはOKな気もしますが、まあ基本私はやりません。

単語の意味は、文脈(文全体の文脈や、動詞だったら目的語、形容詞だったら修飾している名詞など)によって決まるので、

suggest a plan というのを見たときに

「プランを示す?提案する?連想させる?」とか考えている暇はありません。

リスニングでもリーディングでもそうですね。(TOEICとか英検を想定してます)

単語の意味を複数覚えるときには、チャンクや、余裕があれば文の中で覚えると効率的です。




ケース3 派生語を覚えるとき

suggest   示す
suggestive   示唆的な
suggestible   暗示にかかりやすい

みたいに、日本語で意味を分けて覚えてしまうのは、やはり効率が悪い気がします。

だって、

taste suggestive of grapes  「ブドウを思い起させるような味」

って、「示唆的な」って覚えててもなかなか意味が取りずらいでしょうしね。

理想は、やはり上と同じようにチャンクでしっかり覚えること。


次善の策は、雰囲気でとりあえず理解できればよしとすること(笑)

suggest
suggestive は「suggest っぽい」
suggestibleは、「suggest  できる」

という感じですかね。

これは、ある程度英語力のある方なら「っぽい」とか「できる」とか考えなくても、接尾辞でわかりますよね。



ところで、派生語を「全部違う単語だ。覚えなきゃ」って思ってる方が時々いるんですが、

派生語というのは、基本は元の単語と意味に変わりはありません。

suggest
suggestive 「何かを suggest しているっていう形容詞」
suggestible 「何かを suggest できるっていう形容詞」
です。



日本語に置き換えるとわかりやすいですね。

はやい (英語だと形容詞)
はやさ (英語だと名詞)
はやく (英語だと副詞)
はやめ (英語だと副詞か形容詞の比較級)

って、

この4つの日本語の単語、全部違う意味ですか? 

いやいや、全部「はやい」んですよ。

上の suggest に関していうと、「いやいや、全部 suggest なんですよ」となります。

派生語の意味は、基本的に全部一緒。

使い方が違うだけです。

だから意味を日本語で分けて覚えるのは、ちょっと違うかなと思います。




以上の3つのケースが、私が現段階で考えるうえで、

方法は色々あるとは思うけど、それを考慮に入れてもやっぱり効率悪くない?と思う方法です。

他にもあるかもしれませんが、とりあえずこの3つが思い浮かんだので。






さて、今まで書いたことのざっくりしたまとめに入ります。

1.英語の文章を丸暗記する場合、意味と音さえ大体わかって入ればどんな丸暗記でもOK

2.単語の丸暗記には色々な丸暗記の仕方があって、自分で取捨選択すべき

3.それでもやっぱり効率の悪いやり方は存在する

こんな感じです。




暗記するっていったって、どうやって? と思われていた方、

この記事を参考にして、ぜひいろいろ考えながら試してみてくださいね(^^)

丸暗記するのに慣れると、英語力は格段に上がりますよ\(^o^)/






最後までお付き合いありがとうございました!
ブログランキング応援のクリック↓して頂けるととても嬉しいですm(__)m

英語 ブログランキングへ


追記:たくさんのtwitter上の「いいね」やコメント、リツイートなどありがとうございましたm(__)m

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

No title

暇人かとツッコミたくなるのに連続コメントしてしまう自分。笑
単語は深いですよね僕もこの記事の Bull さんみたいにいろいろ効率は意識しますが今回改めてこの記事でいろいろ発見ありました。ありがとうございました。
僕はどちらかというと Bull さんが以前 oligarchy のとこで書いてたような感じで、妄想を膨らませてどんどん派生語・関連語に飛んじゃって最初何の単語やってたっけ?となる瞬間が好きです。笑  でもガッキーまで飛んだ Bull さんはやっぱすごい(笑)
暇人かとひたすらツッコむつもりが少しずれました。笑

No title

ぶるちゃんかっこええわー\(^o^)/
ほんで、この本いつ出るの?

Re: No title

>>Salah.さん

暇人じゃないですよ(ノД`)・゜・。
朝起きたと思ったらすぐ二度寝しなきゃいけないし、
お昼だと思ったら昼寝の義務があるし、
夜も早く寝なくちゃいけないから忙しいのです。
この忙しさの中、いかに短時間で効率よく勉強するかを考えております(`・ω・´)

Salah.さんにも共感いただけてうれしいです(^^)/

Re: No title

>>aisleさん

この本て(笑)
最上級の褒め言葉ありがとうございます(^^)/

Re: No title

>>隠しコメントを頂いた方へ

記事を少し修正しました。

前半(前置き)は文章のことを言っています。
文章を丸暗記するなかで、意味も考えていくと自然に一文一文の文法の構造も意識するようになります。

後半の単語の丸暗記に関しては、ひとつの文のことを言っています。

ご指摘ありがとうございました。
プロフィール

Jet Bull

Author:Jet Bull
TOEICは満点ですが、まだまだ英語学習は続けています。
このブログは現在、主にTOEICの受験の感想をアップしています。


自分自身の学習を継続しながら、名古屋(金山駅付近)にてTOEICスクールも運営しています。
学校ホームページ
学校ブログ

最近は付和雷同。英語講師迷走日記。というブログに、英語講師として(主に英語講師の方向けに)記事を書いています。


↑監修させて頂いた「プライム模試」


↑監修させて頂いた通称「だけ問L」


↑執筆協力させて頂いた通称「澤トレ」


↑こっそ~り執筆協力

現在C2プロジェクトに参加中。

過去のTOEICなどの成績↓
【TOEIC公開テスト】
2009/03 965(L485 R480)
2010/01 965(L480 R485)
2010/10 990
2011/01 990
2011/06 990
2011/07 990
2012/01 990
2012/07 990
2012/10 980(L490 R490)
2012/11 990
2013/01 985(L495 R490)
2013/03 985(L495 R490)
2013/04 985(L495 R490)
2013/05 990
2013/06 990
2013/07 990
2013/09 990
2013/10 990
2013/11 990
2014/01 990!全問正解!
2014/03 985(L495 R490)
2014/04 990!全問正解!
2014/05 990!全問正解!
2014/06 990!全問正解!
2014/07 990 アビメ100%
2014/09 990 アビメ100%
2014/10 990
2014/11 990
2014/12 990 アビメ100%
2015/01 病欠orz
2015/03 985(L495 R490)
2015/04 990
2015/05 990 アビメ100%
2015/06 990
2015/07 990 アビメ100%
2015/09 990
2015/10 990
2015/11 990
2015/12 990 アビメ100%
2016/01 990
2016/03 990 アビメ100%
2016/04 990
2016/05 990 アビメ100%
2016/06 990
2016/07 990
2016/09 990
2016/10 990
2016/11 990 アビメ100%
2016/12 990
2017/01 990 アビメ100%
2017/03 990 アビメ100%
2017/04 990
2017/05 990
2017/06 990
2017/07 990


(以下は認定証紛失し、捜索中)
2002年頃 330
2005年頃 455
2007/03 730
2008/03 730
2009/01 965

【TOEIC SWテスト】
2012/03 S170 W200
2012/09 S180 W190
2012/11 S180 W190
2013/02 S190 W180
2013/04 S190 W190
2013/08 S200 W190

(認定証紛失分、捜索中)
2010/08 S140 W180(うろ覚え)

【TOEFL iBT】
2014/06 109
2014/07 101

【英検】
2010/3 1級及び準1級合格
2015/1 1級及び準1級合格
2015/2 1級2次不合格(55)
2015/3 1級1次合格 2次辞退
2016/1 1級1次合格 2次辞退
2016/2 1級合格

カテゴリ
Bull Twitter
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる