第208回 TOEIC公開テスト 結果

toeicscore201603.png


というわけで、満点でした\(^o^)/



何が嬉しいかって、

初の3月公開テスト満点です!!

と、いうことは・・・・

全ての月で(2月と8月以外)満点取得を経験したってことです(^^)

やったーー!!




しかも、今回のテストでついに・・・



10連続満点\(^o^)/



二ケタ突入したのは嬉しいですね!!



この調子で今週末のTOEICも頑張りま~す!





お読みいただきありがとうございます(^^)
応援のクリック↓頂けると大変うれしいですm(__)m

TOEIC ブログランキングへ

テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

第208回TOEIC公開テスト 感想

本日はTOEIC公開テストを受けてきました。

名古屋で受験しましたが、マイナーフォームでした。


まずはパートごとに私が感じた難易度です。

全体 普通

Part 1 普通
Part 2 普通
Part 3 難
Part 4 やや難
Part 5 やや難
Part 6 普通
Part 7 single passage 易
Part 7 double passage 易


※以下の文章での初級中級上級のくくり
初級者 = TOEIC700点未満の方
中級者 = TOEIC700以上~900未満の方
上級者 = TOEIC900以上の方


Part 1 普通
特に目立って難しい問題はありませんでしたが、初級の方はもしかすると1問目でやられたかもしれません。非常にTOEICらしいひっかけであり、毎回受けている方であれば全く問題はありませんでしたが、「今日TOEIC初受験」とか「TOEICを受けるのは年に1回」という一般的な方だと、700くらいのスコアを持っていても「あれ?答えがふたつある・・・」みたいに感じたかもしれませんね。Part 1 のひっかけ問題というか、誤答選択肢はここ数年同じものが繰り返し使われていますから、ここを全問正解したいという方は1冊くらい対策本をやって仕上げておくといいでしょう。中級~上級の方は10問正解できたと思います。

Part 2 普通
今回「とても簡単でベタベタな問題」だと私が認識したのは13問。疑問詞を確実に聞き取って、消去法など使いながら解けば初級の方でも最低15問くらい解けたのではないでしょうか。後半は相変わらず難しめの問題も出ていますが、それはこれまでもそうですね。

Part 3 難 Part 4 やや難
ここは今回、普段より難しかったと思います。オーストラリアだかイギリスだかの女性の声が聴きとりづらかった点や、正解の選択肢と聞こえてくる会話で使われている表現に結構な差があった問題が多かった気がします。しゃべるスピードが、普段より速く感じましたが、それは私がオーストラリア/イギリス英語が苦手だからかもしれません。
話者たちのイントネーションがここ最近活き活きしているように感じていましたが、今回もそうですね。なんでしょう、ナレーターたちにやる気がみなぎっているのでしょうか(笑)
会話表現も少しずつカジュアルな表現が多くなっていると感じました。これは実際にスクリプトがどうなっているか見てみないと何とも言えませんが。
ちょっと新形式を意識した問題かなと感じたものもありました。
ちなみに私は今回も先読みゼロで、
問題は全く見ずにリスニング
→一生懸命ストーリーの流れを把握
→問題を見て正解を選ぶ
という方法を取りました。
今回はこの方法を採用して正解だと感じました。理由は、やはりリスニングをしながら選択肢を選んでいくというのは、問題を読むという行為に自分の処理キャパシティを奪われてしまい、リスニングに集中できなくなるからです。
今まではそれでもリスニングの内容を追うことはできていましたが、今回のレベルだと、選択肢を読みながらリスニングしていたらストーリーが理解できなかったかもしれないと思った問題がいくつかありました。
初級~中級の方は、リスニングしながら選択肢を見て選んでいく方法も効率的だと思いますが、中級~上級の方でさらに上を目指す方は、リスニング中は目をつぶって聞くというのも試した方がいいような気がしますね。

Part 5 やや難
すごく難しい問題はありませんでしたが、結構序盤から初級中級の方が迷いそうな語彙問題がちらほらあったので「やや難」にしました。上級の方は38問~全問正解を狙いたいですね。あ、2問くらいはかなり難しい問題があった、ということです。

Part 6 普通
ちょっと簡単すぎる問題もありましたが、全体的には普通の難易度です。解答根拠が後ろにある問題が出ているのはいつも通り。

Part 7 single passage 易
難しい問題があまりありませんでした。また、英文量が少なかったと思います。
自分自身はシングルパッセージ終わった段階でまだ35分以上残っていました(トイレもPart 5 の途中で行ったので、言っていなかったら40分くらい残っている計算になります)。
この英文量は、おそらくTOEIC的には一番短いレベルだと思います。
この量でも「TOEIC長い!!」って思ってしまった中級の方は、もっと英語を読んで慣れておくといいですね。初級の方は「長い!」と思って当然だと思いますので今のまま頑張りましょう。

Part 7 double passage 易
ひねった問題もなく、多分英文量もいつも通りかやや短めでした。
同義語問題は1問ちょっと難しいかなと思ったものがありましたが。
あとは大体シングルパッセージと同じです。


というわけで、以上が感想です。



今回、問題の質が変わってきている? と感じました。
私自身が5月の新形式を意識しすぎているから感じただけかもしれませんが、なんとなくカジュアル表現が増えている気がするんですよね、リスニングもリーディングも。
リスニングに関しては上で書きましたが、リーディングも「え、そんなぐだぐだ口語調で文を書いちゃうの?」みたいなものもありました。
どうなんでしょうね。
問題には多分直接関係していないですが、RSVP(返事してね~)なんて省略表現?が2回も出ていましたし。今までもこういう省略表現ありましたっけ?FYIとか、ASAPとか。う~ん。どうなんでしょう。

あと、全然英語関係ないんですけど、Part 1 の写真でプレゼンをしていた男の人が
お笑い芸人の
「おぎやはぎ」のやはぎに似すぎ
ていて笑いました(笑)

今回の私ですが、多分990取れていると思います。
リスニングは1ミス、リーディングは0ミスというところでしょうか。
まあ結果は返ってきてからでないともちろんわからないのですが。


というわけで!今回受験された皆様、お疲れさまでした!


4月のTOEICで現行形式は最後ですね。
有終の美を飾れるように、今月も頑張っていきましょ~\(^o^)/



お読みいただきありがとうございます!
応援のクリック↓頂けると嬉しいです(^^)/

TOEIC ブログランキングへ

テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

第207回 TOEIC公開テスト 結果

今日1月のTOEICの結果がネット閲覧可能になりました。

今回はリーディングで一問不正解だったのですが・・・


201601toeicscore.png



やったーーーーー!(^^)!

ちょっと985かな、とは思ったんですけど、滑り込みセーフで満点取れました!

そして、よく考えたら

自己最高記録の連続9回です(^^)

連続10回目指して頑張るぞ~。






あ、次回は魔の3月(´・ω・`)


注: Jet Bullは今まで3月だけは満点を取ったことがない。









あと、新形式問題集↑も届きました!

明日まず1セット解いてみよ~と思っています。

5月までに自分なりに分析してみます。





いつもお読みいただきありがとうございます!
よければ応援のクリックお願いしますm(__)m

TOEIC ブログランキングへ

テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

第207回 TOEIC公開テスト 感想

今日は2016年最初の公開テストを受験してきました。


今回名古屋で受験した方はメジャーフォームでした。

早速、今回の感想です。

全体:普通

Part 1 普通
Part 2 やや難
Part 3 普通
Part 4 普通
Part 5 やや難
Part 6 易
Part 7 single passage 普通
Part 7 double passage やや難



※以下の文章での初級中級上級のくくり
初級者 = TOEIC700点未満の方
中級者 = TOEIC700以上~900未満の方
上級者 = TOEIC900以上の方


Part 1 普通

正答選択肢がちょっと難しかった(写真から答えの文が想像しにくかった)のは10問目だけで、あとはストレートな描写文でした。
正解の文自体が難しいということはなかったのですが、誤答選択肢の文には選びたくなるような単語が散りばめられていましたので、単語だけを頼りに聞き取る初級の方だと間違いが多くなってしまうかもしれません。
しっかりと、誰が(なにが)どこで、何を、どんな状況でしているのかを聞き取れるようになりたいですね。

Part 2 やや難
前半(問11~25くらい)は、冒頭の単語を1~2個聞き取っておけば正答にたどりつける問題が多かったです。
今回はこの手の問題が前半に固まっていた(15問中12問)ので、初級の方でもしっかり対策をしていれば自信を持って後半に臨めたと思います。
中級、上級の方は前半で落としたら致命的だった回ですね。
ただ、後半に入ってひねった問題が多くなりました。王道のPart 2 パターンだと思います。
中級、上級の方でも後半は難しい問題が多かったかなと思います。

Part 3, 4 普通
今回、選択肢が長かったかとか、問題文がどうだ、というのは覚えていません。
理由は一番下に書こうと思います。
スピーキングスピードも普通だったと思います。
(って、スピードが極端に速い回とか遅い回ってないはずなので当たり前ですが)

Part 5 やや難
全体的にちょっと難しいかなと思いました。
ちなみに私は品詞問題を一問間違えました。
語彙問題では、意味が似ているものがかなり出されていて、例えば動詞を選ぶ問題であれば「この動詞の取る目的語として空欄の後ろの名詞は適切か?」と考えさせられるようなものもいくつかありました。
この種の問題は、日本語に訳せば正解に辿り着ける!という問題ではなく、しっかりとその単語の意味や使い方を知っておく必要がありますから、英単語を常に日本語と1対1で覚えている方はここで悩んだと思います。
どういうことかというと、
by / until / up to の3つを全部「~まで」
check / confirm / ensure の3単語を全部「確認する」
admit / accept / recognize の3単語を全部「認める」
とかでくくって覚えてしまうと困る類いの問題が出ました。
(この種の問題っていうだけで、これらの中から選ばせる問題が今日のテストで出たわけではないです)
こういうものに対しては、例えば辞書で例文を見るなどして使い方まで覚えておくと、Part 5 の難問に対処できるようになってきます。
特に中級~上級の方には「単語は文の中で覚える」というのはおススメです。
初級の方は、単純に単語数を増やしたい時期でもあると思うので、バランスの問題ですが、文を使って覚えることに慣れておくと今後中級や上級に上がっていくのに良いステップになると思います。

Part 6 易
最後に少し難しいかな?と思うものがありましたが、それ以外は全体的に易しかったと思います。あまり覚えていませんが。

Part 7 single passage 普通
またスマホから始まりました。多分前回も同じこと書いてますが、今後Part 7 のシングルパッセージはスマホ始まりになるんでしょうか。
読みにくい文はあまりなく、(スマホの問題はちょっと初級の方が迷うかもという2問でしたが、)いつも通りの難易度だったのではないかと思います。

Part 7 double passage やや難
3つ目と4つ目の問題が少し難しかったかなと思います。語彙的にも。
3つ目の問題は、私も「どんな状況なんだろう」という確認のために結構じっくり読みました。
4つ目の問題の最後の問題(200問目)は、クロスレファレンス問題でしたが、なんだかいつもと解く順序が逆でしたね。
クロスレファレンス問題は「下の文書を見て上の文書に戻る」という解き方が一般的だと思うのですが、今回はまず上の文書にヒントがあって、下の文書に正解の根拠があるという問題でした。




というのが大体の感想です。


ところで今回ですが、私自身としてはおそらくリスニングは満点、リーディングはひょっとすると490点かもしれません。
リーディングで1問確実に間違えてしまったのと、ネイティブスピーカーの答えと1問違うものを選んでしまいました。

リスニングなんですが、以前このブログでも書いたように、Part 3 と 4 の先読みをしませんでした。
理想は先読みなしでもちゃんと問題を解けるだけ聞き取る英語力、というのが私の中であるので、チャレンジしてみました。
で、やってみた感想なんですが、個人的には先読みしない方が楽でした。
先読みすると、Part 2 を解き終わった瞬間にPart 3 の最初の3問の設問と選択肢を全部読みます。
で、最初の3問が解き終わったら次の会話が流れるまでにまた次の3つの設問んと選択肢を読む。
かなりの速読と集中力が必要で、疲れます。
もちろんあらかじめ何が聞かれるか分かっていて、答えを聴きに行くという能動的な解き方の方が確実ではあるのでしょうが、すごい疲れるんだなと思いました。
先読みしなければ、集中しなければいけないのはリスニングの間だけです。
話の流れをしっかり頭の中でイメージして、数字とか時間など具体的なことだけは記憶しておく必要はありますけど、なんとなくで問題って解けるんだなと実感しました。
先に誤答選択肢を読まないことで、変な勘違いや深読みをしなくなったというのもあるかもしれません。
リスニングを聴き終わって、問題を読むと、正解が分かっているので、それに一番近い選択肢を選ぶだけ、みたいな。
感覚的な表現ですが、正答の選択肢が目にスーっと入ってくるように感じました。
だから誤答選択肢の内容を今回はほとんど覚えていません。
多分Part 3 と 4 は全問正解できた気がします。
あと驚いたことに、先読みをしない場合、Part 3 よりも Part 4 の方が圧倒的に簡単でした。
なんでだろうと考えたところ、Part 4 って自分に語り掛けてくれているので、処理する内容が少ないことに気づきました。
Part 3 は「二人ってどんな関係?」とか「男の名前はなんだ?」とか覚えておかないといけません。
Part 4では 「話し手が言いたいこと」を聞いていればいいだけです。
それもあって、Part 3 は会話のテンポが速く感じました。
新形式で3人の会話が入りますが、先読みしないとだいぶきついのかな、とも思いました。
3月と4月は先読みなしで解く予定です。5月は先読みします。





あ、関係ないんですが、今日TOEICを解きながらアメリカのドラマFriends を思い出しました




この左から二人目の女の子、レイチェルっていうヒロインなのですが、

他の5人からクリスマスか何かの時に

「レイチェルってプレゼント上げてもすぐ返品しちゃうんだもん!」

みたいな糾弾を受けるエピソードがあります(笑)




プレゼントを返品するってなんやねん(;´・ω・)

と思ってそのときに色々調べたんですが、

アメリカには誰かにプレゼントするときに、一緒にギフトレシートというのを渡す習慣がある

ということを学びました。

ギフトレシートというのは、値段のついていないレシートのことです。

もらったプレゼントが気に入らなかった場合、ギフトレシートを持ってお店に行くと、同額の商品と交換、もしくはそのお店で使える商品券みたいなものがもらえるという仕組みのようです。

なるほど。たしかに、プレゼントをもらった時に、例えば財布なんかでも「惜しい!もう少し明るい色だったらよかったのに!」みたいなことがあったとしたら、このシステムは便利ですね。

お店に行けば色違いのものと交換してもらえますもんね。

ま、でもやり過ぎると上のレイチェルみたいに友達から「あいつはプレゼント送ってもすぐ返品しにいきやがる」とか思われるみたいですが(笑)
(ちなみにレイチェルは、よく商品券と交換していたようです)

そんな知識が役に立った今回のTOEICでした(笑)




さて、来月はTOEICはないので、連続受験組の方は次のTOEICまで1か月空きますね。

3月のTOEICに向けて、今からまた頑張っていきましょう。


いつもお読みいただきありがとうございます!
よければ応援のクリックお願いします(^^)/

TOEIC ブログランキングへ

第203回~206回 TOEIC公開テスト アビメ

去年の9月から12月まで!!

アビメ公開していない (;^ω^)

というわけで、今日は去年の後半のアビメを振り返ることにします。











まず、9月のアビメ。


201509abime.jpg



ちょっと画像が荒くて見にくいですが(´・ω・`)

リスニング
100
94
95
100
リーディング
100
100
96
100
100


となっていますね。

最低でも3問間違えております( ゚Д゚)












気を取り直して、10月のアビメ。

201510abime.jpg


リスニング
100
100
95
100

リーディング
PERFECT!!



多分リスニングで1問どこかミスったんですね(/_;)

でも、リーディングは多分ノーミス\(^o^)/













続いて、11月のアビメ。


201511abime.jpg


リスニング
100
100
100
94

リーディング
PERFECT!!





( ゚Д゚)



( ゚Д゚)



( ゚Д゚)




またリスニングでミスっている( ゚Д゚)



アビメ100に全くとどきませんな・・・(´・ω・`)









で、12月のアビメ。

201512abime.jpg



リスニング
PERFECT!!

リーディング
PERFECT!!



やりました\(^o^)/

アビメ100を何とか達成!(^^)!

やっぱ取れると嬉しいですね。












ちなみに2014年はアビメ100が7回出てます。


で、昨年の2015年はアビメ100が3回・・・。





いや、こうしてみると、

我ながら2014年は出来過ぎてますね。

TOEICの神様が降りていたのでしょう。











神様~~~~~~!!

もうちょっと頑張って~~~~!! ←そうじゃない





いつもお読みいただきありがとうございます!
よければ応援のクリックお願いします(^^)/

TOEIC ブログランキングへ

テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

第206回TOEIC公開テスト 結果

昨日、ネットで昨年12月のTOEICの結果が閲覧可能になりました。





12月のTOEICは、30回満点達成を賭けた大一番だったのですが・・・











201512score.png


なんとか満点取れたーーーーー( ;∀;)

これで30回達成です!(^^)!


2019年くらいに達成する予定だったので、大幅に繰り上げです。

ちょっとテンションが上がりました。

今後も頑張って回数を積み重ねていきたいと思います。





さて、30回取ったはいいのですが、

何故自分は30回という数字にこだわっていたのか?

なんてことをふと疑問に思いました。

この目標、いつから考えていたのだろう? ってことです。



※ 以下、ダラダラ書いております。


一昨日の記事でも書いたように、自分はあまり目標を立てるのが得意ではありません。


例えば、私は2010年の10月に初満点を取得しているのですが、その時も「満点が目標!!」という感じで受験したわけではありません。多分。

どちらかというと、「え、まじで?満点?ラッキー?」という感想だった気がします。

当時某英会話スクールで講師をしていて、「TOEIC満点講師」というものに憧れてはいましたが

「まだ自分にその呼び方は早いっす。無理っす。」みたいな感じでした。

その直前の3回は、1年にわたって毎回965点だったので、「TOEICってうまくできてるなぁ」なんて思っていました。

「やっぱ満点は甘くないぞ」みたいな。

で、その当時は正直「死ぬまでに満点取ろ~」くらいに考えていました。

勉強も割とゆるやかにやっていただけですね。

それもあって、初めて満点が出たときには「ラッキー」という感想になったわけです。

真面目に勉強し始めたのはその後です。
いや、それまでもゆるく勉強は続けていましたよ(^^;

満点を取ったことで、「引き返せなくなった感」が自分の中で出てきました。

だって学校で、「先生満点なんですね!!」とか言われるわけですよ。

心の中では「いや~、運が良かっただけっす」とか思っているわけで。

そこで、自分の満点がただのラッキーだったという確信を得るために、2011年1月にTOEIC受験をしました。多分。

めちゃ変な動機ですが、そういうことって多分満点取った方ならやってみたくなりますよね? 

そしたら次の回も満点ですよ。おいおい、みたいな。

これは何かの間違いだと思いながら受けたその後4回のTOEICでもことごとく満点。
当時は毎回受験していたわけではないですが。

初めての満点以来、真面目に勉強していたとはいえこれは出来過ぎている。

「超強運の持ち主か、自分は」みたいに考えていました。

で、このころから満点の回数が気になり始めました。

1回、2回、3回、と積み重ねていくと、「え、どこまで行けるの?」みたいな感じになってきます。

2012年の10月に980点を取った時には「ほら、やっぱり」となりました。

同じ年の11月では運よくまた満点を取ることもできましたが、その後3回連続で985点です。

よかったよかった、自分はまだ満点の実力ではないぞ、みたいな謎の感情さえあったような気がします。

いや、悔しいかどうかで言えば多分悔しかったんでしょうけど。

で、2012年11月で7回目の満点だったのですが、この時に自信を持って「満点だ」と思って取っていたわけではありません。

ここまでの満点は「何で満点とれたの?」くらいの感想でした。
(ちなみに当時は全問正解=満点だと勘違いしていたのも「何で?」という感想につながっていました)


とはいえ、結果として満点が出ているので「また満点取れるかも」みたいな欲も出てくるわけです。

あ、私ですか? パチンコしてて大当たりが出たら辞められなくなるタイプです。
分かっているのでパチンコをしたことはないですが(笑)

ともかく、そのころ知っている限りで

「TOEIC満点何回!!」とか言っている人といえば、イングリッシュモンスターの菊池さん

だったんです。




この本の発売が2011年の1月で、テレビなどにも出演されていたような気がします。。

で、私もどこかで「イングリッシュモンスターはTOEIC満点30回(以上?)」みたいな情報を知ったわけです。

多分私が7回取ったころにはもう30回どころじゃなかったと思うのですが、とにかく「世の中にはTOEIC30回も満点を取った頭おかしい人がいる」という情報が脳に刻まれていたわけです。

そのときに考えたのが「よ~し、死ぬまでにTOEICで30回くらい満点取ろ~」でした。

期限がゆるいですが。

2013年からほぼ毎回受験していますが、それは回数を意識し始めたからです。

30回という目標を明確に意識し始めた時期が具体的にいつかは覚えていませんが、早く10回取りたいな~、とかそのくらいの欲はありました。

でも一方で、もう何回か満点取ってるし、下手な鉄砲も数うちゃ当たるから、とりあえず受け続けようってことで2013年からはほぼ毎回受験することにしました。

そしたら3連敗の後、また7回連続で満点が出ました。

この頃は既に学校でTOEICも教えていましたし、そのクラス準備が自分の勉強にもなっていて有利に働いたと思います。

あと、確か10回目あたりから「お、今回は満点かも」という回が出始めます

満点回数が2ケタに到達して、「これくらいできた感があれば満点かな~」という雰囲気がわかったということです。

そのころに、「自分が35になるまでに30回を目指そう!」とぼんやりと考え始めたんだと思います。

で、前回の12月のTOEICで達成できました。

無事目指していた(当時の)菊池さんに追いつくことができました。

めでたしめでたし。

とは、ならない( ;∀;)

とりあえず、単純に菊池さんはもう満点60回とか達成しちゃっている。
まあこれは年功序列なのでいいでしょう。←偉そう

でも、実際にお会いしたことはないのでわかりませんが、30回取ったころの菊池さんの英語レベルに自分が追いついてるとはとても思えないんですよね。

自分が胸を張って「満点30回で~す!(^^)!」とか言うのはまだ早いな、と。

さらに、ブログを始めていろいろな方とお会いして、TOEIC関連の情報とか、英語の情報をよく見るようになったんですが、世間を知れば知るほど自分はまだまだだなと思います。

で、去年を思い返してみると、かなり勉強量が減ってるんですよ( ゚Д゚)

テストの結果にも如実に現れていて、若干の自覚症状もあったんですけど、だんだん英語力下がってる(´・ω・`)

多分私の英語力のピークは一昨年くらいでしょう。

次もう一段階ピークを持ってくるにはどうしたらいいかな?

次のピークは前回のピークよりも大幅アップさせたいな、と思っています。

あと、死ぬまでにはTOEFLiBTと英検で満点欲しいですし。←また期限がゆるい。

悩むまでもなく、まあ勉強するしかないですね。

今年からちゃんと勉強し始めたら(去年の暮れくらいからやりはじめていますが)

次のピークは多分5年後くらいにくるはず!!(完全に感覚)


というわけで、今後も頑張ろうと思った次第です。




あ、最後に。
VOZEさんJunさんHBKさんをはじめ、TOEIC関係の勉強会でお会いした方々がたくさんいます。
この方々に会っていなかった場合、どこか途中でTOEIC受験を辞めていたと思います。
30回の区切りということで、御礼申し上げます。
今後ともよろしくお願いいたします。



いつもお読み頂きありがとうございます!
よければ応援のクリックお願いします(^^)/

TOEIC ブログランキングへ

テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

第206回TOEIC公開テスト 感想

1日遅れですが、昨日のTOEICの感想です。

今回の名古屋はマイナーフォームでした。

全体レベル 普通

Part 1 やや難
Part 2 難
Part 3 やや難
Part 4 普通
Part 5 やや易
Part 6 普通
Part 7 single passage やや易
Part 7 double passage 普通


以下Partごとの感想です。

※以下の文章での初級中級上級のくくり
初級者 = TOEIC700点未満の方
中級者 = TOEIC700以上~900未満の方
上級者 = TOEIC900以上の方


Part 1 やや難
今回は、3~4問ほど、初級者の方には難しいかな?と思える問題がありました。物が主語の文が確か二つでしたね。正解も含めて、ちょっと長めの描写文が多かった気がしました。主語 動詞 目的語 に加えて、場所を表す表現もその後ろに続いていたりしました。
例:One of the women is watering some plants near the fireplace.
(女性のうちの一人が暖炉の近くで植物に水をやっている)
という文で、写真では暖炉でなくコンロの近くで水をあげてる、みたいなひっかけ(?)もありました。
SVO以外もきっちり聞き取りたいのとともに、単語力も重要ですね。

Part 2 難
今回は疑問詞だけで取れる問題は少なかった印象です(今回具体的には数えられませんでした)。中盤から後半にかけては、ひねった答えがかなり多かったです。Where に対して場所を答えなかったり、ですね。ちょっと難しめの問題に対して、初級から中級の方は、毎回のことですが、消去法をうまく使うといいと思います。今回は3つの選択肢のうち消去法で2つに絞れる、みたいなものが多かった印象です。2つに絞れたらスコアは上がりますから、まずは消去法、というイメージですね。ただ確実に正解を取ろうとすると、消去法だけではきついので、中上級から上級の方は色々な会話パターンに慣れるのも重要です。

Part 3 やや難
今回も、設問と選択肢が長かったという印象です。選択肢が文になっているものが7問、1つのセットで2問も選択肢が文になっているものもあり、自分としてもちょっと気合いを入れて読みました。スピーキングスピードが速いと感じた方は、おそらくイギリスかオーストラリアの発音に慣れていないだけだと思うので、そういう中級以上の方はちょっと公式問題集のイギリス人、オーストラリア人の問題を集中的に聴くトレーニングをしてもいいかもですね。ちなみに私は最近イギリスのドラマを見るようになったので、今回は聞き取りが難しいとは感じませんでした。

Part 4 普通
ここを普通にした理由は、設問と選択肢が短かったからです。先読みはしやすかったと思います。あとはPart 3 と同じです。

Part 5 やや易
文法問題(動詞などの変化形や、品詞問題)は15問ありました。この数に代名詞とか接続詞とかは入れていないので、広義の文法問題だと20問以上あったと思います。で、この文法問題が今回は素直だったと思うことと、語彙も難しいものがなかったのでやや易しいかなと思いました。中級以上の方は、今回文法問題が難しかったと感じた場合、文法対策はもっとしておいた方がいいと思います。あと、139と140の語彙は難しめですが、上級者なら知っておきたい単語です。

Part 6 普通
上級者ならできれば全問正解したいですね。中級の方もできれば全問正解したいです。語彙も文法も難しいものはありませんでした。

Part 7 single passage やや易
文の量が少なくなっていたと思います。また、前半170番くらいまでは、ややこしい問題もなかったと思います。

Part 7 double passage 普通
正解の根拠になる本文で、使われている語彙と文法が難しい箇所がありました。3つ目のセットの194番と195番に関わるところですね。初級から中級の方はここで最後苦しめられたかもしれません。他は普通だったかなと思います。
あとこれはシングルかダブルか忘れましたが、語彙の言い換え問題はちょっと難しかったかもしれませんね。


というわけで、今回はリスニングが難しく、リーディングが易しめでした。
リーディングも、問題自体はそこまでひねくりまわしているような問題は多くなかったと記憶していますが、本文中の語彙(問題に絡むかどうかに関わらず)は難しかったような気がします。普段からの語彙強化も大事ですね。今後語彙のレベルがどうなるかはわかりませんが。

私自身に関しては、今回はリーディングはおそらく満点、リスニングはちょっと自信がありません。まあリスニングに関してはいつも自信ないんですけど。


というわけで感想は以上です!

今年最後のTOEICが終了しました。
次回1月の試験を受ける方はまた今日から頑張っていきましょう!


いつもお読みいただきありがとうございます!
よければ応援のクリックお願いします(^^)/

TOEIC ブログランキングへ

テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

第205回TOEIC公開テスト 結果

TOEIC公開テスト、11月の結果が昨日ネットで閲覧可能になりました。


20151115score.png

無事、通算29回目の満点でした!(^^)!

目標の30回まであと1回です!



あ、でもあんまり目標を意識するとベタな失敗をしそうなので、無心で受けます(;´・ω・)

実力通り出せればスコアはなんでもOK。くらいの気持ちで受けようそうしよう(´・ω・`)



今週もみなさん頑張りましょ~(^^)/


いつもお読みいただきありがとうございます!
よければ応援のクリックお願いします(^^)/

TOEIC ブログランキングへ

テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

第204回 TOEIC公開テスト 結果

昨日、ネットで10月25日のTOEICの結果表示が始まりましたね。

私の結果 ↓
20151025score.png


というわけで、通算28回目の満点取得できました!(^^)!
今回は多分満点だろうと思っていたので、予想通りでよかったです。

30回まであと二回!!
一昨日のTOEICも多分満点な気がするので(もちろん結果が返ってくるまでわかりませんが)12月も満点だったら、無事年内に目標達成ということになります。

完全な思い付きですが、もし年内に30回達成できたら、現行の形式のTOEIC残り3回(1月、3月、4月)はPart 3 と Part 4 を先読みなしで満点狙ってみます。

とか言ってると、年内30回達成できなかったりしそうですが(´・ω・`)
ま、その場合は1月からも引き続き先読みします。

いや、年内に達成できるはず!多分(←弱気)。

いずれにせよ、がんばります。


いつもお読みいただきありがとうございます!
よければ応援のクリックお願いします(^^)/

TOEIC ブログランキングへ

テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

第205回TOEIC公開テスト 感想

今日もTOEIC公開テストを受験してきました!

感想を書いていきます。

今回名古屋はマイナーフォームでした。

全体レベル やや易

Part 1 易
Part 2 易
Part 3 やや難
Part 4 やや難
Part 5 普通
Part 6 やや難
Part 7 single passage 普通
Part 7 double passage 普通



以下Partごとの感想です。

※以下の文章での初級中級上級のくくり
初級者 = TOEIC700点未満の方
中級者 = TOEIC700以上~900未満の方
上級者 = TOEIC900以上の方


Part 1 易
今回、正答はどれも簡単なものでした。主語が人間で、能動態で、時制が現在進行形のもの(男の人が~しています、みたいなの)が9つというボーナスステージ状態でした。
人間でないものが主語のものも1つありましたが、これも簡単でした。
受け身の文が一つもないというのは珍しいですね。
「いや、そんなにシンプルなはずがない」と深読みしてしまうと、魅力的な誤答はあったのでひっかかってしまうかも、とは思いましたが、初級者の方も9~10問狙える回でした。

Part 2 易
難化してきたな~、とこの間まで思っていましたが、前回はやや易しく感じましたし、今回も易しかったので、今後どうなるかな?と思っています。
文頭の疑問詞だけを聞き取って答えられたり、依頼に対する素直な応答だったり、消去法でひとつに絞れたりするボーナス問題が12問。初級者の方もここはしっかり取っておきたいところです。え~、何それ、と思った500点くらいの方は、パート2対策をしておきましょう。
今回の難易度で「結構難しい」と思った中級以上の方は、消去法とか細かいことは一旦忘れて、単純なリスニング力を伸ばしましょう。公式問題集のPart 2 の問題を音読やシャドウイングしたりすると、リスニング力アップでき、ついでに色々なパターンにもなれることができるのでお勧めです。
ちょっとひねってあるな(新しい返し方だな)、と思った問題は4問で、このあたりがリスニング中級と上級を分けるラインなのかなと思いました。

Part 3 と 4 両方やや難
Part 3 と 4 は、どちらも後半に音声自体が聞きにくい問題(内容が難しい問題)が含まれてはいましたが、今回「難しいかも」と感じた理由は、設問と選択肢です。
これは前々回(203回)の時にも感じました。
設問が長かったり、選択肢が長かったです。読みにくい構文もありました。
選択肢が文になっているもので、全て受け身だった問題なんかもあり、初級の方は答えを選びにくかっただろうと感じました。
今回のPart 3 と 4 はリーディング力が問われたパートでした。
ここでいうリーディング力というのは、限られた時間内に「何が問われているか」「選択肢の意味することは何か」を素早く理解する速読力?的なもののことです。Part 5 以降のリーディングセクションほど凝った構文はもちろん出ていません。
というわけで、Part 3 と 4 を確実に伸ばしたいという方は、英語の音声を聞くだけではなく、短い文を一瞬で理解できるようにする練習をするといいでしょう。
例えば、
1.公式問題集の問題と選択肢をPart 3 と 4 全てを一気に読んでタイムを計ってみる。
(ちゃんと理解して読む、ということです。目を通すだけではないです)
2.引っかかった(スピードが遅くなった)問題文や選択肢を読み込む。
3.もう一度すべてを通して読んでタイムを計ってみる。
4.あとは3を繰り返してどんどんタイムを縮める。
みたいな方法があります、参考までに。

Part 5 普通
定番の品詞問題あり、語彙も特に難しいわけではなく、あまり印象に残りませんでした。130番台に「え、こんな簡単な文法問題が?」みたいなのもありました。難しかったかな?と思ったのは3問くらいでしょうか。140番だけは消去法で解きましたが、それ以外は普通かなと思いました。ひょっとしたらやや易しいくらいかもしれません。

Part 6 やや難
ちょっと語彙が難しめでした。あと、空欄を含む文でひとつ厄介な(特に初級~中級の方が文構造をつかむのに苦労しそうな)文法問題がありました。
とはいえ、文書の内容自体は分かりやすいものだったので、上級者の方はここで間違えたくはないレベルだと思います。

Part 7 single passage 普通
1問目にいきなりでかいスマホがあって、新形式のTOEIC意識してるのかな~、と思ったTOEICkerは私だけではないでしょう(笑)設問のキーワードを見つけ、探しに行けるタイプの問題もそこそこあり、初級者の方もがんばれば得点できそうに感じました。が、探しに行った先に難しめの語彙がごろごろしているようなものもあったりもしました。「解ける!」なのか「語彙的に理解できないからあきらめる!」なのかの判断力が必要ですね。
書きながら思い出しましたが、文書の中で使用されていた語彙レベルは今回高めだったような・・・。

Part 7 double passage 普通
問題としてはひねりもなく普通かなと思いました。
あとはsingle passage と同じような感想です。
そういえば最近、single passage でもdouble passage のようなクロスレファレンス問題(文書の中で正解の根拠が2か所以上に散らばっているもの)がちょこちょこ出ますね。
ひとつ、求人の問題で面白い職種が募集されていました。ひょっとしたら一般的になじみのない仕事なのかもしれません。私は運が良く、2~3年前にちょうど全く同じタイプの仕事の求人広告を見ていて、登録だけしていたのでイメージが湧きやすかったです。この仕事になじみがなかったら、「どんな仕事?」となる方も多いのかもしれません。背景知識があったのでお得感がありました。



感想は以上です。

というわけで、今日TOEIC受験された方、お疲れ様でした!
また12月に向けて頑張っていきましょう!


どうでもいい話↓
今回、私が受けた会場は、めちゃくちゃ小さい教室でした。横5列、縦3列で15人しか受験者がいないという。
試験管との距離もめちゃ近いんですね。
で、思ったんですよ。
ついにTOEIC協会(?)のブラックリスト入りをして隔離されたんじゃないかと。
試験中、変な動きをしないか厳しくチェックされるんじゃないかと。
やった~!あの有名なTEX加藤さんは常に厳重に見張られているって聞いているぞ。
私もついにTOEICの監視下に!(^^)!
とかわけのわからない喜びに満ちていたのですが、試験官が途中でウトウトしていらっしゃったり、全然ゆるかったのでただの自意識過剰です。はい。失礼しました。


いつもお読みいただきありがとうございます!
よければ応援のクリックお願いします(^^)/

TOEIC ブログランキングへ

テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

第204回TOEIC公開テスト 感想

本日TOEICを受験してきました。

今回の私の難易度の感想ですが・・・
あてにならないと思います。

理由は後で書きます。


が、一応感想は感想なので書いていきます。

全体のレベルとしては、易しいと感じました。

Part 1 普通
Part 2 やや易
Part 3 易
Part 4 普通
Part 5 易
Part 6 普通
Part 7 single passage 易
Part 7 double passage 普通


以下Partごとの感想です。

※以下の文章での初級中級上級のくくり
初級者 = TOEIC700点未満の方
中級者 = TOEIC700以上~900未満の方
上級者 = TOEIC900以上の方


Part 1 普通
単語としては全体的に簡単なものばかりだったと思います。ただ、表現の方法(動詞の使い方など)は少しひねってあったなと思いました。もっとも、文の中の主語、動詞、目的語がしっかり聞き取れていれば消去法で解ける問題ばかりでした。特に初級から中級の方に関しては、名詞(主語と目的語)と動詞に注意を払って選択肢を絞るという方法が有効な回だったのではないかなと思います。ちなみにちょっと正解が難しめだなと思ったのは3問です。

Part 2 やや易
今回、この応答問題は非常に短い文が多かったです。「文が長くて何を言っているのかわからない。混乱した!」ということはあまりなかったと思います。その代わりに、ものすごく簡単だな、定番だなと思えた問題は12問でした。文の冒頭(疑問詞)だけ聞き取って答えに辿り着ける問題は、そのうち8問だったと思います。最初の10問は比較的簡単で、中盤から徐々に難しくなっていくオーソドックスな構成でした。文が短いわりに答えが分かりづらかった、という方(多分中級~上級の方)は、様々な応答に慣れる必要があります。中級の方は問題集を解く際、間違えた問題だけを見直すのではなく、「へ~、こういう返し方もするんだ」と思った表現のリストを作っておくという対策をするといいかもしれません。上級の方は、ドラマなどを見てどんどん色々なやり取りに触れるとTOEICでも意外な応答を素早く理解できる力がつくと思います。

Part 3 易 
Part 4 普通

「会話はどこで行われているでしょう?」とか「この人の職業はなんでしょう?」みたいな会話の概要を問う問題がPart 3と4を通して多かった印象です。ひとつひとつのフレーズや単語に惑わされずに、「この人たちは何を話しているのか?」というアクティブに聞く意識を常に持っていればこの手の問題は解きやすいですね。一方で、もう少し具体的な問題、例えば「彼はこの後何をするでしょう?」みたいなものに関しては、案外ややこしい言い換えを使っているなと感じました。
ちなみにPart 3 が易しく感じ、Part 4 が普通だと感じた理由は、話の内容がPart 4 の方がちょっと難しかったからです(音が速いとかそういうことではありませんし、問題の言い換え等がPart 3 よりも難しいわけでもありませんでした)。


Part 5 易
品詞問題や時制、態、代名詞、前置詞、接続詞など私が「文法問題」と認識した問題は40問中27問ありました。品詞問題などでは文法知識さえしっかりしていれば難なく解ける問題が多かったです。ただ品詞問題の選択肢の単語自体は難しめのものも多かったですね。「意味は取れないけれどもある程度自信を持って解けた、」みたいな問題が初級~中級の方は多かったかもしれません。初級~中級の方で今回のレベルの品詞問題が難しい場合は、文法問題集をしっかり解いて(その後もちろん理解して)おくとスコアアップは速いでしょう。語彙問題は多少難しめの単語もありましたが、全体的には易しいと感じました。

Part 6 普通
ちょっと単語自体が難しめの問題も1問ありましたが、それ以外は普通でした。1文書目の1問目は、単語は簡単なのですが、その前の文をしっかり理解しておかないと選びづらい問題でした。たしか4文書目の最後の問題、副詞を選ぶ問題は文章の流れを読んでおく必要があるなと感じました。中級以上の方はPart 6 は文章全体の意味をとりながら読んでおけば10~11問取れるレベルかなと思いました。

Part 7 single passage 易
最初の3文書は文章自体がかなり短かったですね。「TOEICの長文の分量がどんどん増えている!」という傾向からは逆行した回だったのかなと思います。ただ、設問と選択肢は若干ややこしく、1文書目の2問目と2文書目の2問目でいきなり時間がかかった初級~中級の方は多かったと思います。後半にはひとつ内容自体がややこしい文章がありました。上級の方はこのレベルが普通に読めるようになるのを目指したいですね。

Part 7 double passage 普通
内容自体がややこしいものが2文書、ただそのうちの一つは設問自体は解きやすいものだったようです。文章量としては普通かなと思いました。私自身はダブルパッセージの単語の言い換え問題で、1問迷ってしまったものがあります。最後の1つに絞り切れなかったのですが、直感に従って解きました。




以下、今回のTOEICに関するとりとめのない感想です。

今回はリスニングは、アメリカ英語のナレーターが私の中では目立っていました。
アメリカ発音って、まぁるいんですよね。
まぁるいって、意味が分からないと思うんですが、RとWの発音が非常に強く発音されるので、ドーナツみたいにまぁるい発音になるんですよ。
この例えは余計意味が分からない気もしますが(´・ω・`)
今日のアメリカ人ナレーターは
まぁるいドーナツに、さらに若干粘度の高いクリームを塗りたくってみました。新発売!
みたいなブワブワの発音でした。
私はイギリスやオーストラリアよりはアメリカ発音になれているので、この人の言っていることは非常に聞きやすかったですね。
多分、イギリスとオーストラリアの人の登場回数は少なかったと思います。
もしくは、なまりがほとんどなかったのか。



ちなみに今回私が全体的に難易度を低めに感じた理由は二つあると思っています。
ひとつ目は、最近ずっとドラマを字幕なしで見ていたこと。
一生懸命集中して英語を聞くことに慣れていたので、集中力が続きました。
そしてドラマに比べるとTOEICのスピーキングスピードは緩やかなので、聴きやすかったです。
そういえば英検も最後の問題以外は同じことを感じました。
上級の方でTOEICのリスニングで聞き取れない部分が多い方は、ドラマとか見るといいかもですね。
高地トレーニング的なものです。
ふたつ目の理由は、最近TOEFL用の学習と英検受験をしたこと。
TOEFL用の学習に、久しぶりに速読練習をしていました。
長文の構文を全て分析して、何度も読み込んでスピードを上げていくという方法なんですが、これは効いたと思います。
TOEFLと英検は、若干複雑な文法が頻出です。
ちゃんと主語と動詞を見抜く、分詞のかかりかた、関係代名詞と先行詞、など分析しないとなかなか意味が入ってきません。
単語が学術的だから文の構造が把握できないと意味が取れない、というのもあります。
TOEICは、文構造を理解していなくても単語が分かりやすいので「なんとなく」で意味を取りがちです。
でもその「なんとなく」というのは危険です。
「なんとなく理解できている受験者」が解けないラインの問題が結構あるのです。
なんとなく意味は取れてたのに問題を間違ってしまう。
そういう方は、一度ちょっと難しめの文章で文構造を見抜く練習、トレーニングをするとミスが減ります。
難しい構造の文を読むことに慣れていると、普通の文(TOEICのような)を読むスピードも上がりますし。




そういえば今日Part 1の写真で、2人の男性と1人の女性が写っているものがありましたが、奥にいる男性がスマホを持っているように見えたのは気のせいでしょうか。
写真を見て「スマホっぽいな~」と思ったのでさらにじっくり見たのですが、正体は分かりませんでした(´・ω・`)
以前からそういう写真はあったのかもしれませんが、TOEICにもデジタル化の波が押し寄せていますね(;^ω^)
あ、もうひとつ、10番目の写真はなんだかかわいそうでしたね。人手不足の会社なのかな?なんて思いました。



さて、今回の私ですが、多分満点取れていると思います。
リスニングはいつも通り自信がないのですが、リーディングは多分ノーミスでしょう。
あとはスコア発表を待つだけですが。


とにもかくにも、本日TOEICを受験された皆様、お疲れ様でした。
11月の公開テストはもうすぐそこまで迫っているので、また次回に向けてがんばりましょう!



いつもお読みいただきありがとうございます!
よければ応援のクリックお願いします(^^)/

TOEIC ブログランキングへ

テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

第203回TOEIC公開テスト 結果


昨日、9月に行われた第203回TOEICのインターネット閲覧が開始されました。

今回の私のスコアは・・・

20150913score.png


というわけで!

無事!今年5回目!5連続で満点を取ることができました(>_<)

が・・・

なんと、いつの間にかスピーキングテストとライティングテストのスコアが消えています(T_T)

受けたのが2013年8月と、2年前なので、2015年8月(か9月)から表示されなくなったのでしょう・・・。

2013年の8月に初めてスピーキングテストで満点を取ることができ、個人的には満足したので受けるのをやめたのです。

でも、スコアが表示されなくなると寂しいものですね(/_;)

これはもう一回受けなさいという天の啓示に違いありません。
↑ただ期限が切れただけ

まあ、受けるとしても、2016年になりそうです。
おそらく、次に受けたらS170W180とかで出ると思います。
またそこから頑張らねば ←受験前に勉強する気はあまりでない



それはともかく!今週末は英検です。

英検は今回、1級だけを受けることにしました!

英語教師さんのブログで「第一回英検コンペ」の参加者募集が行われています。

英検1級を受験予定の方も、そうでない方も自宅から参加できます。

興味がある方は是非。




いつもお読みいただきありがとうございます!
よければ応援のクリックお願いします(^^)/

TOEIC ブログランキングへ

テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

第203回TOEIC公開テスト 感想

昨日、TOEIC公開テストが行われました。

名古屋の会場はマイナーフォームだったようです。


今回のマイナーフォームは、難しい回でした。

900点以上保持の上級者も、リーディングでくじけた方が多かったようです。


パートごとの難易度を私なりにつけてみると

Part 1 普通
Part 2 やや難
Part 3 普通
Part 4 難
Part 5 普通
Part 6 普通
Part 7 single passage 難
Part 7 double passage やや難


以下Partごとの感想です。

※以下の文章での初級中級上級のくくり
初級者 = TOEIC700点未満の方
中級者 = TOEIC700以上~900未満の方
上級者 = TOEIC900以上の方


Part 1 普通
1問目に「え、これってそんな単語で言い換えるんですか」という問題があったり、8問目か9問目に「え、そんな簡単な表現が答えになるの」という問題があったり、ちょっと変な感じがしました。3問くらいは多くの方が迷う問題だと思ったので、難易度は普通としました。ただ、TOEICで頻出と言われる表現ばかりだったので、対策をしていれば初級の方でも9問くらい取れたでしょう。対策なしで受けた初級の方は7~8問の正解になるのではないでしょうか。中級の方は9問、上級者は10問取っておきたいレベルでした。


Part 2 やや難
前回まで「WH疑問文で簡単なものが○問」と数えていましたが、今回は数えることができませんでした。
イギリス人女性の声が聞き取りづらかったですね(私は特にイギリス英語、オーストラリア英語が苦手です)。30問ある中で、前半15問は比較的セオリー通りの答えが多かったのですが、その中にも2~3問「あれ?こんな序盤にそんなひねった応答?」という問題がありました。初級~中級の方は、こういうポッと出題される難しめの問題にくじけず、気持ちを切り替えられるといいですね。このような問題で上手に消去法が使えると安心です。上級者の方は、今回序盤で消去法を使ってしまった場合、少しリスニングの練習量を増やす必要があります。20問目~30問目は相変わらず難しい問題でした。


Part 3 普通
確か、イギリス人女性が相変わらず聞きにくかったと思いますが、問題自体は比較的素直だったのではないかなと思いました。


Part 4 難
特に7セット目から10セット目の音声が、内容が分かりづらいものでした。ここの内容がきっちり聞き取れた方は、リスニング力に自信を持ってもいいと思います。


Part 3と4と共通で、一点気になることがあります。ここ数回、いやひょっとしたらもっと長いかもしれませんが、公式問題集とかなりずれてきている部分があります。設問文です。
今回はPart 3 Part 4 両方で選択肢は短かったのですが、設問文はかなり長かったですね。
言い回しも公式問題集と相当変わってしまっています。
もちろん、普段からPart 5以降のリーディング練習をしている方にとっては大きな負担にはなりませんが、リスニングに頼って得点している方にとっては設問文がネックになってスコアに影響する可能性があります。
具体的には、What does the man say he will do next? みたいなもの(間接疑問文)が増えていること、疑問文の中に接続詞が含まれていることなどが挙げられます。
公式問題集Vol.6 Test 1の70番(これは前置詞のせいで少し長くなっている例)みたいな感じの設問文がいくつかありました。
設問が長いと、先読みがつらくなってきます。「耳がいいのでPart 1, 2 で点が取れるけどPart 3, 4 は苦手かも」というタイプの方は、リーディングの練習(短文を素早く読む練習など)をしておく必要がさらに出てきています。




Part 5 普通
今回は文法問題は非常に素直だったと記憶しています。文法的に考えれば問題は解けるけれども、意味を取ったときに「へ~、こういう言い方もあるんだ」というような表現もありました。語彙問題は難しめでしたが、これらは中級の方が迷うレベルの語彙ですね。上級者の方で「語彙問題が辛い」と思った方は、少し難しめの単語集などをやるといいかもしれません。


Part 6 普通
ここは文をしっかり読んでいけば迷うような問題はなかったのですが、まあいつも通りあまり記憶にありません。
今回は文章が短かったので、初級者の方も全文読みで解けるといいですね。


Part 7 single passage 難
1セット目と2セット目から、少し難しい問題が出ていました。解答の根拠をみても「本当にこれだろうか・・・」と思ってしまうような微妙な問題のことです(難易度がめちゃくちゃ高いわけではないですが)。
ここは直観を信じてサクッと3セット目以降に取りくむことができたかがポイントでした。(2セット目はいきなりarticleでしたし)
3セット目~7セット目はいつも通りだと思います。徐々に難しくなっていく感じでした。
8セット目と9セット目は非常に難しかったですね。それぞれ解答根拠の場所はわかるのに、答えの選択肢をひとつに絞るのが難しい問題でした。


Part 7 double passage やや難
1セット目が、ダブルパッセージの中では格段に難しかったと記憶しています。
「一体これは何の文章だろう」と思った方が多いのではないでしょうか。
2セット目~3セット目は、簡単か普通。
4セット目は難しかったと思います。難しかった理由は、登場人物が多すぎることでした。各人物が何者でどういう状況なのかをすぐにイメージしづらかったですね。人物の関係がすぐにわかった方は上級者でも少ないかもしれません。英語で表される人物名に慣れていない方には特にきつい問題でしたね。普段の練習から「登場人物は○○と○○がいて・・・」とイメージする癖をつけておくといいでしょう。



さて、今回の私ですが、Part 2 で2~3問、Part 3 で2問、合っているか自信がありません。今度こそ久しぶりにリスニングで495点を逃すかも・・・・(T_T)
イギリス人女性の声に完全にやられました。ほんと聞き取りづらい・・・(´・ω・`)
BBCとか聴いてイギリス発音練習しようかな・・・と思ったくらいです。
Part 3 とPart 4 では先読みのリズムが狂って、2セットほど先読みができませんでした。


リーディングは、おそらく495点取れていると思います。
1問くらい間違っている気はしますが。
シングルの8セット目9セット目、ダブルの1セット目で大きく時間をロスしました。
実は今回、ひとつ裏目標を設定していました。
『リーディングを60分で解く(15分余らせる)』ということです。
普段大体5分くらい余るのですが、1~2年前くらいは10分から15分余ることが多かったです。
最近は大きく時間を余らせて追われることがなかったので、少し問題への取り組み方を変えました。
どう変えたのかというと、リーディング中に脳内音読をしないように努めました。
普段文章は全文べた読みをしており、それを変えるつもりはないのですが、脳内音読をやめることでリーディングスピードを上げれば、時間が余るはずです。
そうすれば見直す時間も十分に取れますし、スコアが安定するだろうと考えました。
Part 5とPart 6は、脳内音読をやめたおかげで15分で解き終えることができました。
普段は20~25分かかっていることを考えるとかなりはやく解けたと言えるでしょう。
Part 7 の48問に60分も残っている状態だったので、「10分は余らせることができる」と思っていたのですが、シングル後半~ダブル前半で大幅に遅れ、結局全ての問題を終わらせた時には終了2分前でした。
疲れていたので見直しも全くできませんでした。
いつも通りに解いていたら、もしかすると最後まで終わっていなかったかもしれません。


さて、10月も公開テストがあります。
良かった人も良くなかった人も、気持ちを切り替えて頑張っていきましょ~。


いつもお読みいただきありがとうございます!
よければ応援のクリックお願いします(^^)/

TOEIC ブログランキングへ

テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

第201回・202回 TOEIC公開テスト アビメ

アビメ入手が極端に遅れて、6月と7月まとめて確認することになりました (;・∀・)

アビメオール100だといいなぁと思いつつ封を開けると・・・
(まあ、7月はたぶんリーディング1問間違えたので期待していませんでしたが)



第201回(6月)の分
abime20150628.png

お、おしい!リスニングで一番下の項目が97%。

なんか悔しいです。








第202回(7月)の分
abime20150726.png


なんと!
リーディングで(多分)1問ミスしたにもかかわらず!
アビメオール100です!(^^)!

針の穴を通す正確さでノーカウント問題をミスしたのでしょう。


というかアビメオール100の時、そういうの多いです(;^ω^)

だから素直に喜んでおきます(^^)



今月はTOEICはないですが、9月の公開テストは結構近いですね。

次回もアビメオール100目指して頑張ります。



いつもお読みいただきありがとうございます!
よければ応援のクリックお願いします(^^)/

TOEIC ブログランキングへ

テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

第202回TOEIC公開テスト 結果

今日は7月のTOEICの結果がネットで公開されましたね。

私の結果は・・・

toeicscore20150726.png


いや~、よかったです(;´∀`)



テスト終了後、リーディングで1問(たぶん)間違いが発覚していたので、

今回はリーディング490ありうるな、と思っていました。


リーディング満点は、少なくとも1問は間違ってもいい回だったようですね。


とりあえずこれで、現在4連勝です。













ところで今日も甲子園で高校野球が行われていましたね。

高校球児たちがその日その日、一球一球に真剣に向き合う姿は、感動を誘いますね。


そんなわけで、準決勝進出校も出そろったようです!





準決勝進出校は以下の高校です!!





仙台育英 (2年ぶり25回目)

早稲田実業  (5年ぶり29回目)

東海大相模 (2年連続10回目)

関東第一 (5年ぶり6回目)

Jet Bull (4回連続26回目)








うん、違和感がない!! ←ある



はい、ちょっと思いつきでやってみました(´・ω・`)

もういたしません。



冗談はともかく。

私は自己最多の8回連続満点を超えたいと思いつつ、そうは言っても、TOEICだって一回一回の勝負です。

今回の結果がよくても次回良いとは限りません。 心してかかります。

今回よかった方も悪かったかたも、9月のTOEICはまた新たな気持ちで臨みましょう!




いつもお読みいただきありがとうございます!
よければ応援のクリックお願いします(^^)/

TOEIC ブログランキングへ

テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

初渡米

今日から、生まれて初めてのアメリカに来ています。
期間はおよそ一週間です。
今日からは内容短かめに、写真アップしていくことにします。
もはやTOEICブログになってない



これはサンフランシスコの空港にあったサイン。
動く歩道のものです。
アメリカは左が歩く、右が止まるなんですね。
アメリカのこと全くわからないので、ちょっとずつ勉強?していくことにします。


お読みいただきありがとうございます!
よければ応援のクリックお願いします(^O^)/

TOEIC ブログランキングへ

第202回TOEIC公開テスト 感想

TOEIC公開テストが本日行われました。

私はメジャーフォームでした。


全体的な感想としては、やや難くらいでしょうか。

どちらかというとリスニングが難しく感じました


パートごとの難易度の感想は、


Part 1 やや易
Part 2 普通
Part 3 やや難
Part 4 やや難
Part 5 普通
Part 6 やや易
Part 7 single passage 普通
Part 7 double passage 難



以下、Part ごとの感想です。


※以下の文章での初級中級上級のくくり
初級者 = TOEIC700点未満の方
中級者 = TOEIC700以上~900未満の方
上級者 = TOEIC900以上の方



Part 1 やや易
今回は1問目から9問目までがおおよそ簡単でした。ものすごく簡単なものが3問、普通かなと思ったものが6問です。10問目のものは、ある程度慣れている方でないと難しい問題でしたので、初級~中級の方は9問正解だと安心できますね。900点台後半を狙うのであれば10問目も間違いたくない問題でした。初級の方でも9問正解を狙えた回でしょう。


Part 2 普通
今回は、
①簡単な問題(Can you~? Sure! などの決まり文句や、文頭のWHだけを聞けば答えられるもの)
→ 10問出題
②ものすごく簡単ではないけど、消去法をうまく使えば解ける問題
→ 7問出題
③比較的難しく、ちゃんと文の意味を取らなければ解きづらい問題
→ 10問出題
でした。
問題の難易度は最後の10問の中に難問が多数あるというオーソドックスな展開でした。初級の方は消去法をうまく使えるといいですね。中級の方は、今回くらいの難易度であれば消去法を1問も使わずにストレートに答えがわかるように学習するといいですね(激難問題はありませんでした)。上級者は30問中やはり25問以上取っておきたいところです。
ちなみに、前回は7問もあった「付加疑問文、否定疑問文」ですが、今回は4問しかありませんでした。公式問題集と同じくらいの数ですね。
前回に比べて難易度は下がっていますので、初級の方も中級の方も、ここで手ごたえを感じていると得点が期待できます。


Part 3 やや難
一人、こもった声の男性がいましたね。レコーディングの問題なのではないかと思ったくらいです。Part 3 は設問と選択肢が長めのものが多かったです。これはPart 4にも言えることなのですが、最近少し設問の文自体が以前と変わっていると思います。以前は、「What does the man ask the woman to do?」のような問題がかなり出ていましたが、そういう決まりきった設問文が減っています。初級~中級の方で先読みをされている方は、多様な質問文をパッパッと理解できる練習を増やしていくと対応できるでしょう。


Part 4 やや難
こちらはPart 3 ほど設問と選択肢が長くはありませんでしたが、内容が難しかったですね。話の筋を一生懸命追う必要がありました。言い換え表現も工夫された問題が多かったのですね。Part 3 から4にかけて、今回は少し難しかったので、どんどん気にせず次の問題に進めた(先読みをどんどんしていく)方はちょこちょこある簡単な問題を落とさずに済んだと思います。しかしPart 3, 4 はやはりリーディング力とリスニング力両方が試されるパートですね。


Part 5 普通
文法問題(品詞、時制、関係代名詞、代名詞)の問題が15問、接続詞か前置詞かを問う問題が4問ありました。中級~上級の方が難しい(分からない)と感じる問題は5問くらいでしょうか。初級者の方には後半の語彙が難しいでしょうから、ある程度いさぎよく諦めることが必要ですね(これは毎回Part 5 に言えることですが)。


Part 6 やや易
いつも通りあまり覚えておりません・・・。空欄よりも後ろを読まなければ正解がわからない問題は、1問もなかったと思います。


Part 7 シングルパッセージ 普通
前半は比較的文も短く、スイスイ進めたと思います。が、7セット目~9セット目は難しかったですね。ここで一気にペースダウンしてしまった方は多いと思います。これも前回と同じパターンでした。なかなか難しいところなのですが、初級~中級の方は、文章をパッと見た段階で、「これは難しい」「これは解けそうだ」という判断をできるだけ早くすることがスコアアップにつながります。毎回同じことを言っている気もしますが。


Part 7 ダブルパッセージ 難
ここをなぜ「難」だと思ったか、ですが、最初の2セットの問題文が長く、また設問も難しかったからです。ここでもペースダウンしてしまった方が多いと予想します。どちらかというと191~200の問題の方が簡単でした。



さて、今回の私ですが、Part 3, 4 で2問、Part 5 で2問、Part 7 で1問、確信を持てない問題がありました。うまくいけば満点ですが、985点が出るのでは、と思っています。あと全くどうでもいいことですが、なんとここ3回、トイレに行っていません。ちゃんと某栄養ドリンクを飲んでいるのですが・・・。カフェインに耐性がついたのかもしれません(笑)


あと、もうひとつ!

なんと、Part 7 でC2プロジェクトSiobhanさん が登場していました!!!
アイルランドの女性の名前でした。記事の中で長いコメントをしていらっしゃいました。
テンションが上がりました( *´艸`)
確か前回、Junさん も登場していたのですが・・・

私はいつ登場できるのでしょうか・・・。HBKさん と私、どちらが先に出演できるかな。


というわけで、今回も受験された方、お疲れ様でした!!

8月はTOEIC公開テストはありません、次回は9月ですね。

夏を有効に利用して学習を進めていきましょう!



いつもお読みいただきありがとうございます。
よければ応援のクリックお願いします(^O^)/

TOEIC ブログランキングへ

テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

第201回TOEIC公開テスト 結果

TOEIC20150628score.png



というわけで、無事3連続満点でした!

満点25回目です。

今週末もTOEICですが、なんとかこのまま連続していきたいところです。

ん?今年あと7月、9月、10月、11月、12月と5回ありますね。

満点30回が見えてきました。

うれしいです。

でも先が見えてきたときほど、気をつけないと足元をすくわれます。

落ち着いて試験に臨むことにします。




よければ応援のクリックお願いします(^O^)/

TOEIC ブログランキングへ

テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

第201回TOEIC公開テスト 感想

昨日TOEICを受験してきました。

名古屋で受験された方はメジャーフォームを受けているはずです。

全体的な難易度としてはやや難に感じました。

パート別では

Part 1 易
Part 2 難
Part 3 やや難
Part 4 普通
Part 5 やや難
Part 6 普通
Part 7 single passage やや易
Part 7 double passage 普通


といったところです。
(ちょっとtwitterと変えました)

※以下の文章での初級中級上級のくくり
初級者 = TOEIC700点未満の方
中級者 = TOEIC700以上~900未満の方
上級者 = TOEIC900以上の方


Part 1 やや易
TOEICに少し慣れていないと知らない言い方というのはありましたが、基本は簡単な文ばかりでした。初級の方も8~9問取れたのではないでしょうか。中級以上の方は全問正解したい回でしたね。

Part 2 難
前回と比べ難易度が格段に上がりました。受ける回によって難易度の上下が一番激しいのはこのPart 2ではないかと思います。今回難しかった理由は(難しい回はいつもそうですが、)文頭だけ聞き取って一発で答えに辿り着ける問題の少なさです。今回は5問しかありませんでした。この場合、特に初級者の方のポイントは、消去法ということになるでしょう。中級~上級の方は消去法は確実に使えているでしょうから、ポイントは疑問文ではない文に対する応答を問う問題です。
前回の受験後に気になった、付加疑問文と否定疑問文の数については今回調べてみました。これら二つは区別せず数えたのですが、全部で7問ありました。公式問題集では平均4問出題されるのですが、やはり少し多くなってきているのでしょう。およそ4問に1問が付加疑問文か否定疑問文ということがあるということですから、これらが苦手な方は一度整理しておくといいでしょう。

Part 3 やや難
今回は8セット目に厄介な問題がありました。非常に選択肢が選びづらかったですね。本文で話された言葉と選択肢との間に隔たりがあったと思います。話を聞きながら状況をイメージしておけるかどうか、というのが中級の方の課題です。これができるようになると上級の入り口が見えてきます。あとはやはり先読みできるかどうかでしょう。

Part 4 普通
厄介な問題はPart 3と同じくありました。が、このころにはナレーターの声に慣れていたので普通に感じました。実際にはPart 3とあまり難易度は変わらない気もしてきました。初級~中級の方はもしかすると逆に(Part 3 より4の方が難しいと)感じたかもしれません。Part 4 に入るころに疲れてしまっている場合です。もしそうであれば、普段から英語を読む、聞くという時間を増やして英語の体力をつけると効果があります。疲れているから、本来は解けた問題を解けていない、というのはもったいないですから。

Part 5 やや難
難しい単語、というのはありませんでしたが、熟語(一応ここでは、二単語以上でひとつの意味を作るフレーズ、例えばdue toとかのことです)を問う問題が難しめであったこと、品詞問題が一筋縄ではいかなかったこと、この二点から今回はやや難と判断しました。熟語に関しては、上級者の方でも選びづらかったものもあるようです。

Part 6 普通
特にありませんが、今回は時制の問題がそこまでひねくれていませんでしたね。Part 5 と違い文脈から判断しなければならない問題があるため、初級~中級の方は単純な読解力を上げていく必要のあるパートです。

Part 7 single passage やや易
1セット目から6セット目までは素直な(というか易しい)問題でした。問169から途端に難易度が上がりました。特に8セット目の記事は多くの方が「何の文なのだろう?」と思っただろうと予想します。初級の方は特に、自分自身の解答スピードを意識して、辛そうであれば次の問題に移ることが重要ですね。

Part 7 double passage 普通
1、2セット目が簡単、3セット目は難しい、4セット目は普通くらいの難易度でした。3セット目は上の文書が表になっていたので一見すぐ解けそうなのですが、下の文書をしっかり理解しないと解けない問題でした。なかなかイメージしづらい問題だったのではないでしょうか。


少し補足と思ったことを書いていきます。

Part 2 での消去法
上で書いたように、最近のTOEIC Part2では文頭だけを聞き取って一発で答えられる問題が多い回と少ない回の差が激しいです。
これはどんな問題かを例に出します。
問1
Where is the cafeteria?
(A) At two o’clock.
(B) George loves coffee.
(C) It’s on the second floor.

問2
Where is the cafeteria?
(A) It starts at eleven.
(B) Because I’m hungry.
(C) I’m not quite sure.

問3
Where is the cafeteria?
(A) I put it on your desk.
(B) Won’t it?
(C) Just around the corner.

正解は、3問とも(C)です。
問1はいいですね。
問2は消去法を使えば楽に解けます。(A)がat eleven からwhenへの返答、(B)はbecauseからwhyへの返答だと考えれば、(C)は場所を答えていないとはいえ正解だと分かります。
問題は問3ですね。(A)は設問文をまるごと理解していないと選んでしまう可能性がありますし、(B)はさらっと否定疑問文が使われ、うっかり聞いているとなんだかわからない可能性があります。(C)も場所を表す有名なフレーズではありますが、知らないと選びづらい答えです。
今回のTOEICでは問2(消去法が役に立つ)パターンと問3(消去法だと苦しい)パターン両方が出題されていました。残念ながらそれぞれいくつかを数える余裕はありませんでしたが。
スコア500点くらいの方は、まずは頑張って問2のパターンまでしっかり解けるようにすべきです
それ以上の方は、いかに問3パターンを解けるようにするかが今後スコアアップのカギになってきます。

Part 5 の解き方
文法問題は多くの方が「先に選択肢」を見るという解き方をしていると予想します。TOEIC本ではそれが推奨されているからです。
ここでいう文法問題とは選択肢が
(A) beautiful
(B) beauty
(C) beautifully
(D) beautify
のように、似ているものです。(代名詞問題とか時制、態の問題も含みます。接続詞、前置詞問題は含みません)
これは何故先に選択肢を見て選ぶと効果があるのか、というのを少し具体的に説明します。
日本語で考えてみましょう。

~の持っている--------花が~
(A) 美しい
(B) 美しさ
(C) 美しく
(D) 美しくする

これは答えは(A)ですね。(日本語ではDも入るような文脈もあるような気もしますが・・・)
すぐに正解が分かります。
TOEICで品詞問題を選択肢を先に見る方法で解く、というのはこのように解いているのです。
ただこればかりだと間違えてしまったり、迷う場合もあります。
例をひとつだけあげます。

空欄に形容詞が入るな、と分かったところで選択肢が
(A) beautify
(B) beautifying
(C) beautified
(D) beautifies
となっていたら、ちょっと困る方は多いと思います。
(B)の現在分詞も、(C)の過去分詞もどちらも形容詞として使えるからです。

この場合、結局文の意味全体を理解して解く必要性が出てくる可能性があります。
で、今回のTOEICでは、空欄前後だけだと間違ってしまう文法問題がそこそこ出題されていました。
スコアが~500くらいの方は、当面は選択肢を先に見る解き方でもいいと思います
それ以上の方は、この解き方で解いている場合、Part 5 の正解率が頭打ちになる可能性があります。スコアアップするのには、少しずつ全文読むという解き方にシフトしていくことをお勧めします。

あともう少し書こうと思いましたが、ちょっと長くなりましたので今日はこれくらいにしておきます。


なにはともあれ!

昨日TOEIC受験をされた方はお疲れ様でした!

少し休んで、また気を新たに学習を進めていきましょう!

ちなみに今回の私ですがリスニングで3問ほど自信がありません。
リーディングもなんだか・・・と思っています。
まあ、結果を待つのみですね。

では。

テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

第200回TOEIC公開テスト アビメ

5月の公開テストは第200回という記念すべき回でしたが・・・

アビメが返ってきました!!


201505abime.jpg


というわけで!

久しぶりの全問正解(?)です!

素直にうれしいですね。

次回からもこうありたいものです!

テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

Jet Bull

Author:Jet Bull
TOEICは満点ですが、まだまだ英語学習は続けています。

自分自身の学習を継続しながら、名古屋(金山駅付近)にてTOEICスクールも運営しています。
学校ホームページ
学校ブログ


↑監修させて頂いた通称「だけ問L」


↑執筆協力させて頂いた通称「澤トレ」

現在C2プロジェクトに参加中。

過去のTOEICなどの成績↓
【TOEIC公開テスト】
2009/03 965(L485 R480)
2010/01 965(L480 R485)
2010/10 990
2011/01 990
2011/06 990
2011/07 990
2012/01 990
2012/07 990
2012/10 980(L490 R490)
2012/11 990
2013/01 985(L495 R490)
2013/03 985(L495 R490)
2013/04 985(L495 R490)
2013/05 990
2013/06 990
2013/07 990
2013/09 990
2013/10 990
2013/11 990
2014/01 990!全問正解!
2014/03 985(L495 R490)
2014/04 990!全問正解!
2014/05 990!全問正解!
2014/06 990!全問正解!
2014/07 990 アビメ100%
2014/09 990 アビメ100%
2014/10 990
2014/11 990
2014/12 990 アビメ100%
2015/01 病欠orz
2015/03 985(L495 R490)
2015/04 990
2015/05 990 アビメ100%
2015/06 990
2015/07 990 アビメ100%
2015/09 990
2015/10 990
2015/11 990
2015/12 990 アビメ100%
2016/01 990
2016/03 990 アビメ100%
2016/04 990
2016/05 990
2016/06 990
2016/07 990
2016/09 990
2016/10 990
2016/11 990
2016/12 990
2017/01 990

(以下は認定証紛失し、捜索中)
2002年頃 330
2005年頃 455
2007/03 730
2008/03 730
2009/01 965

【TOEIC SWテスト】
2012/03 S170 W200
2012/09 S180 W190
2012/11 S180 W190
2013/02 S190 W180
2013/04 S190 W190
2013/08 S200 W190

(認定証紛失分、捜索中)
2010/08 S140 W180(うろ覚え)

【TOEFL iBT】
2014/06 109
2014/07 101

【英検】
2010/3 1級及び準1級合格
2015/1 1級及び準1級合格
2015/2 1級2次不合格(55)
2015/3 1級1次合格 2次辞退
2016/1 1級1次合格 2次辞退
2016/2 1級合格

カテゴリ
Bull Twitter
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる